誕生 花 11 月。 誕生月の花

11月21日の誕生花

誕生 花 11 月

11月といえば、何を思い浮かべるでしょうか。 色づく紅葉を見ながら、あったかい飲み物を口にして、ホッと一息つけるような情景が浮かんできませんか。 これからくる寒い冬に向けて、冬支度に忙しい方もいるでしょうし、夏のにぎやかな雰囲気もすっかり落ち着いた秋の季節に、寂しさや切なさを感じる方も多いのではないでしょうか。 この時期に生まれた人の性格はどんな性格なのか?気になりますよね。 1月から12月まである誕生日占いの中でも、今回は11月生まれに注目し、解説していきます。 11月の異名・誕生石・誕生花・誕生色 誕生日にはそれぞれ、異名やその月に対応する誕生石や、誕生花、誕生色などがあります。 11月生まれの性格の特徴に入る前に、11月の様々な情報をご紹介しておきます。 11月の異名 11月の異名は「霜月」です。 「霜降月」や「霜見月」・「雪待月」などの冬の訪れを思わせるような素敵な名前があります。 美しい赤や黄色の紅葉から、雪の降る真っ白な景色があとずれる手前の季節。 吐く息も白くなり、人恋しさの募る季節でもあります。 11月の誕生石 11月の誕生石は「トパーズ」が有名です。 トパーズの和名は「黄玉(おうぎょく)」で、色はレモンイエローが人気です。 その宝石言葉は「友愛・希望」という意味があります。 そしてもうひとつ、「シトリン」も11月の誕生石とされています。 和名は「黄水晶(きすいしょう)」でこれも輝くイエローカラーで人気な石です。 太陽を象徴するシトリンは「繁栄・富貴」をもたらす。 11月の誕生花 誕生花はその月によって、一つではなく複数存在しますが、11月の代表的な誕生花は、「椿」と「ブバルディア」です。 椿の花言葉は「完璧な魅力・誇り・美徳」です。 ブバルディアの花言葉は「羨望・清楚・知性的魅力」です。 どちらも、凛とした魅力のあるお花ですね。 11月の誕生色 11月の誕生色は「恋染紅葉(こいそめもみじ)」です。 オレンジがかった赤や、深く鮮やかな色味は、質のよい伝統的な着物屋、原宿の伴次郎が発信の日本色とされています。 因みに、誕生月の色をご紹介しましたが、誕生日の色も存在します。 11月生まれの人は、どの日付であっても、スモーキーな緑や茶、黄色や赤が多いようです。 11月生まれの基本性格 11月の人は星座占いでいうと、蠍座や射手座の人になりますが、11月1日~22日まで11月の大半が、さそり座という事になりますよね。 蠍座の人は洞察力に優れ、一度相手が言った事やした事は、しっかりと覚えているという執念深い面もあるということは、よく聞くお話だと思います。 では、11月生まれの人の性格傾向はどうなのか見ていきましょう。 物静かで落ち着きがある 11月生まれの人は、冬に差し掛かる手前の季節のため、暗いイメージを持たれがちです。 しかし、暗いというよりも「静けさを好む」ため、落ち着いて見られることが多いようです。 この背景には、忙しい12月に差し掛かる頃に、十分に構ってもらえなかったという幼児期がある関係で、自然と大人な振る舞いが身についたといわれています。 なので、自分の事は自分でするという自立心も自然と芽生え、どこか大人びていてスマートな印象を人々に与えますが、軟弱ではなく、エネルギーや行動力もしっかりとあるタイプです。 そのため、実は自信家な面も持っています。 静けさとエネルギッシュな野性的な部分が混在しているので周囲を魅了してしまいます。 距離感は大切にする 11月生まれの人の人間関係は、付かず離れずな少しドライな関係を築く人が多いようです。 しかし、孤独ではなく、友人や仲間は多い方で、人当たりも良いので一人でいても嫌な印象を与えません。 物腰も低く、偉そうな態度は決してとらず、相手の立場や状況をしっかりと踏まえたうえで柔軟に対応していきます。 流されやすいわけでもなく、自分の意思や考え方の軸をしっかりともっているために、上手に距離感を保ちながら人と関わっていきます。 鋭い洞察力 11月生まれの人は、頭の回転が速く、周囲がドキリとするような鋭い洞察力を持っています。 相手の心理や気持ちをすぐに察知し、理解することができるので仕事やプライベートでも周りの人達に安心感を与え、信頼されることも多いでしょう。 どうすれば印象が良いのかを瞬時に考え、自分をコントロールできるため、年上・年下限らず懐に入ることができ、気に入られることも多いようです。 しかし、その読み過ぎる性格のため、過度に周りの目を気にしてしまい神経質な面も持っています。 過去に一度失敗してしまったことや、コンプレックスなどに敏感で、引きずってしまうデリケートな面もありますのでストレスをため込みやすい性格といえます。 決めたことには一途 11月生まれの人は、猪突猛進タイプなオタク気質の一面を持っています。 その気質は熱しやすく、冷めやすいので、軽い気持ちで物事をはじめない傾向にあり、「コレをやるんだ!」ときめたことはまっすぐ一途にわき目も降らずに猪突猛進にハマるようです。 探究心にあふれているため、一度興味をもってしまえば一つの事に熱中しすぎて周りが見えなくなり、食事や睡眠などを忘れ没頭し生活リズムが乱れることもあります。 そして、興味をもったことには金に糸目をつけずに投資する部分もみられます。 大人のような雰囲気と子供のようなピュアで野性的な部分ももっているため、どことなくミステリアスで魅力的な人も多いでしょう。 束縛してしまう 11月生まれの人は、真面目で責任感も強い性格です。 一本筋が通らないことは嫌いますし、物事に手を付けるときはキッチリと責任をもって行動し、誠実に対応します。 完璧主義者なだけに周りの人にも、自分と同じようにするよう期待しがちになります。 とくに恋愛面や家族においては、密接な関係になることで甘えもでてしまうため、相手への独占欲が強くでてしまい、束縛という形の愛情表現をしがちになります。 それだけ大切にするのですが、相手にとってみれば息苦しくなってしまうことも少なくないようです。 11月生まれの運命 11月生まれの運命や仕事運・金運・恋愛運などの運勢も気になるところだとおもいます。 11月生まれの人は、運気にどのような影響があるのしょうか…。 それぞれご紹介していきます。 11月生まれの仕事運 11月生まれの人の仕事運は、着実に実績を積む優秀なタイプです。 先読みする能力に長けているため、理論と直感の両側面で未来を予測し、長期的なプランを練ってシュミレーションしながらひとつひとつの結果を着実に出していきます。 その仕事のスピードは、スロースタートではありますが、工程が丁寧で確実な道を選ぶために周りからの信頼も厚く、自身も納得のいく答えを努力して導きだしていきます。 ときに、何か月も何年もかかるようなプランであっても粘り強く、腰を据えて実績を積む傾向にあるため、たとえ要領がよく器用なライバルがいても、最後は決して負けません。 そういう意味で、どっしりとしているので、上司の人から引き立てがあったり、部下や後輩からも頼りにされますので、人のトップに立ったり出世しやすい傾向にあります。 11月生まれの金運 11月生まれの人は、先祖や人から大切なものを受け継ぐとい星のもとにいます。 先祖代々の不動産や遺産かもしれませんし、結婚を機に配偶者から家や貴金属などを受け継ぐ形となったりするかもしれません。 また、お店の後継者や土地の持ち主となることも考えられます。 いずれにせよ、全く新しい所からのスタートという形よりも、受け継ぐ形で成功していく可能性があります。 それは、11月生まれの人の誠実で努力家な面に対する、厚い信頼の気持ちでもあるのです。 人気者で周りから慕われ、自分磨きも怠りませんので、生活していくお金にはそうそう苦労しないようです。 11月生まれの恋愛運 11月生まれの人の恋は、基本性格にもあったように、一途で猪突猛進タイプです。 好きになるまでには、ジワジワと時間がかかりますが、一度好きになってしまうと一直線に突き進みます。 そして、女性の場合は特に世話好きな面もありいますので、あれこれと相手のスペースに入り、世話をします。 その反面、嫉妬も強いほうですので、カラッと明るく見せかけていても、内心は嫉妬の気持ちでいっぱいになっていることもあります。 器が大きく、温かく包みこんでくれますので、その優しさや強さが魅力だったりもします。 男性の場合も同じく、負けず嫌いで嫉妬しやすいことから束縛に走りがちになりますが、普段はクールで紳士的に振る舞いますので、人気が高く、よくモテます。 11月生まれと相性が合うのは? 相性は実は誕生月だけではなく、誕生日や日ごとに変わってしまうため、細かくは判断しきれないのです。 基本的に、自分と同じ季節に生まれた人との相性はなじみやすく、春と夏、秋と冬、といった隣り合わせの季節であるとお互いを尊重し合える関係となれるようです。 逆に、夏と冬のような反対の季節であれば、課題は多いけれどお互いにないものをもっているために、認め合うことができればよいパートナーとなれるようです。 認め合うことができなければ、大きく反発してしまいますので相性は悪いという結果になりやすいのです。 吉とでるか、凶とでるかはお互いの気持ち次第のようですね。 まとめ 11月生まれの占いは、占星術とは少し違った意味がありました。 おとなしい反面、自信家な面ももっていたり、意外と力があったりと、ミステリアスな11月生まれのひとはとっても魅力的でした。 また、生まれた月によって、対応している花や石なども全く違いますし、同じ秋生まれでも9月や10月とは、また違った意味合いになります。 そして、対応している石や花は11月生まれの人にとってラッキーアイテムとなりますので、ぜひ取り入れて運気を上げるようにしてみてくださいね。

次の

誕生月の花

誕生 花 11 月

誕生花はいくつもの説があります。 11月の誕生花は、「チューリップ」だと思っていたのに、他のところで見たら、「忘れな草」だった・・・なんて事も。 誕生花にはいくつか説がありますが、これは花屋さんの事情が関係しているようです。 たくさんある誕生花の中から、自分の好きなものを覚えておいてはいかがでしょうか。 6800円 4200円 2062円 735円 714円 1円 銀木犀 ぎんもくせい /高潔、蕎麦 そば /あなたを救う、西洋カリン/唯一の恋 背高泡立草 せいたかあわだちそう /生命力、ルピナス/母性愛 菊 きく /清浄、ブリオニア/拒絶 11月4日 サフラン/歓喜、オンシジウム/野心的な愛、小谷渡り こたにわたり /真実の慰み 11月5日 コルチカム/華美、松葉菊 まつばぎく /勲功、松葉牡丹 まつばぼたん /心の扉 11月6日 11月7日 11月8日 11月9日 11月10日 11月11日 11月12日 11月13日 11月14日 11月15日 11月16日 11月17日 11月18日 11月19日 11月20日 11月21日 11月22日 11月23日 11月24日 11月25日 11月26日 11月27日 11月28日 11月29日 11月30日 誕生花が1日1つではないように、花言葉も何種類もあります。 どうして1つではないんだろうと不思議に思っていましたが、花言葉の由来というのは、その花を見てどう感じたかで花言葉が決まったようです。 そのため、地域や伝説や小説などから引用したもの、また、世界各国の花言葉があるので調べてみると何種類も出てくるというわけです。 ドラマ「風のガーデン」で出てきた花言葉も、今は亡き緒形拳さん演ずる貞三先生がインスピレーションで決めた花言葉でしたよね。 そもそもは、倉本先生が考えたものなんですが。 風のガーデンでは、チューリップの花言葉は『皇后陛下の衣装箱』でした。 さまざまな花の色を持つチューリップならではの花言葉ですよね。

次の

11月25日の誕生花(おすすめ名言や花言葉)何の日

誕生 花 11 月

花の特徴: 別名をジョウゴバナ(漏斗花)と呼ばれています。 独特の漏斗状の花が、草木染めの僧衣のような色合いを帯びて群れて咲きます。 日本には大正時代に渡来して、近年、切り花として用いられることが多くなりました。 初夏から秋に咲く花はオレンジが基本ですが、黄花の品種も出回っているようです。 耐寒性が無いので冬は室内の日当りの場所に置いておきましょう。 行き来が少なくなっても、おりにふれて便りを出し、昔を懐かしむことも。 友情が続くのはあなたの性格のおかげでしょう。 ただ、級友をいつまでも昔のイメージで見るのは、相手には迷惑な場合もあるようです。 人間は変わり続ける存在なのだから、現在の姿も受け止めてあげてみてはどううでしょう。 今日は何の日?.

次の