高知 看護師 コロナ 自殺。 高知県 新型コロナ関連情報

高知)GWの沈下橋の風景 一年で激変 四万十市 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

高知 看護師 コロナ 自殺

news24. jpg 静岡県浜松市で29歳の看護師が連れ去られ、山中で遺体で見つかった事件で、逮捕・監禁の疑いで指名手配されていた主犯格とみられる39歳の男が、新潟県内のホテルで死亡しているのが見つかった。 自殺とみられる。 この事件ではすでに2人の男が逮捕監禁容疑で逮捕されていた。 news24. html• net この人? 「パンに縫い針」と店長に慰謝料請求 詐欺未遂の疑いで男逮捕/高知 高知南署は9日、詐欺未遂の疑いで、住所不定、無職、芥川豊史容疑者(32)を逮捕した。 逮捕容疑は昨年3月、高知市河ノ瀬町のスーパー「サニーマート土佐道路東店」の店長を当時暮らしていた高知市内の暴力団事務所近くに呼び出し、「購入したクリームパンに縫い針が入っていて口に刺さった」とうそをついて慰謝料をだまし取ろうとしたとしている。 高知南署によると、芥川容疑者は容疑を否認している。 同署は当初、業務妨害事件として捜査していたが、関係者の話などから、芥川容疑者自身が、パンに針を刺し、金をだまし取ろうとした疑いが浮上した。 これ2011年の事件なんで年齢ビンゴ•

次の

【新型コロナウイルス】コロナ不況で自殺累計27万人増 京大研究グループ衝撃試算|日刊ゲンダイDIGITAL

高知 看護師 コロナ 自殺

清流四万十川に架かる高知県四万十市の佐田沈下橋。 昨年の大型連休は家族連れや観光客で混雑したが1年後、橋は静寂の中にあった。 新型コロナウイルスに伴う外出自粛の影響だ。 佐田沈下橋は全長約290メートル、四万十川の沈下橋の中でも人気がある。 昨年の5月2日は海外や全国から観光客が訪れていた。 午前11時過ぎには、半袖やTシャツ姿の人々で都会の駅の通勤ラッシュのような光景だった。 駐車場は県外ナンバーで埋まり、屋形船も満員の客を乗せて川面を進んでいた。 1年後の2日、同じ時刻に橋に向かった。 駐車場に車はなく、橋を歩く人はいない。 上空を舞うトンビの鳴き声と川風だけが聞こえる。 近くの喫茶店「川」には臨時休業の掲示。 四万十川では屋形船を運行する5業者が新型ウイルス感染拡大予防のため、4月18日から今月6日まで臨時運休している。 橋のたもとにある「屋形舟さこや」も臨時運休中だ。 経営者で船頭の荒地秀明さん(54)は「17年営業していますが、連休中にこれだけ人がいないのは初めて。 季節がよくこんなに天気がいいのに悔しい」。 今は再開に向けて船の化粧直しやメンテナンスをしている。 妻の千恵さん(47)は「一刻も早く終息してほしいですが、再開後にお客さんが戻ってくれるかどうか不安です」と話した。 近くの防災行政無線のスピーカーから「コロナウイルス感染拡大防止のために、旅行や帰省など他県との往来を控えてください」という放送が聞こえる。 (笠原雅俊).

次の

神戸新聞NEXT|総合|「死ぬしかない」新型コロナでの自殺予防相談が急増 2カ月で5倍

高知 看護師 コロナ 自殺

「兵庫県いのちと心のサポートダイヤル」など、兵庫県内の自殺予防の電話相談窓口で、新型コロナウイルスに関する相談の受け付けが増えていることが分かった。 感染が拡大した4月に同ダイヤルが受けた相談は320件を超え、2月に比べて5倍以上に増加。 外出の自粛を強いられ、人との関係が希薄となる閉塞(へいそく)感や経済苦などが訴えられ、「死ぬしかない」というSOSも寄せられている。 (杉山雅崇) 兵庫県いのち対策室によると、サポートダイヤルは1カ月に2千件前後の相談を受けている。 今年は新型コロナに関連した相談が増え、2月は62件だったが、感染が広がるにつれ3月には153件、4月は321件と急増した。 一方、神戸市の「自殺予防と心の健康電話相談」もコロナに関する相談が続く。 2月は4件と全体の2%ほどだったが、4、5月はそれぞれ約2割を占める50件、60件となった。 相談内容をみると、収入の激減や勤め先の新型コロナ対策での心労などが打ち明けられ、外出自粛で一転した生活の不安と、ウイルスへの恐怖などがにじむ。 臨時休校中に自宅にいる子どもの世話で精神的に追い詰められる娘を心配し、「どうすればいいか」と尋ねる女性もいた。 また「人と自由に会えないのでつらい」「コロナの報道ばかりで、だんだん心が弱る」といった相談のほか「店を廃業した。 貯金を切り崩しているが、このままでは死ぬしかない」と切実な訴えがあった。 神戸市の担当者は「当初は漠然とした悩みが多かったが、時を経るごとに失業など、具体的になっている」と語る。 こうした新型コロナがもたらした実情を、自殺予防活動に取り組む「ゲートキーパー支援センター」(伊丹市)の竹内志津香さんも危惧する。 「自粛と、深刻な事態を伝える報道の連続で、心理的な影響を受けている。 カウンセリングなどで一度立ち直った人がコロナでメンタルを悪化させる恐れがある」と指摘する。 その上で「緊急事態宣言は解除されたが、時間が経過してから心の健康を害する人が出てくる可能性は高い」とも訴える。 兵庫県いのちと心のサポートダイヤルTEL078・382・3566、神戸市の「自殺予防と心の健康電話相談」TEL078・371・1855 【記事特集リンク】.

次の