グロー エージェンシー。 システムエンジニアリングサービス事業なら|株式会社エージェントグロー

株式会社グローエージェンシー 全ての求人情報一覧

グロー エージェンシー

企業理念の浸透:"中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える"事を理念に掲げています。 新しく六本木のアークヒルズサウスタワーに引っ越しました。 このオフィスはかなり立派なオフィスです。 正直派遣会社には分不相応に感じます。 共益費等を考慮すると月300万程度でしょうか、年間にすると3600万。 これに敷金もかかります。 内勤の数名程度しか使わないオフィスにエンジニア十数人分の給与に当たるお金が毎月消えていきます。 派遣エンジニアとして働いている私としてはこれはデメリットでしかありません。 だって利用しませんから。 家賃が300万だった場合社員数は約150人なので一人頭2万。 これからオフィス代として売上から消費されます。 今回の件で会社の本当の方針というのが見えた気がします。 利益が出て「よし綺麗なオフィスに引越しだ!」という会社と「オフィスの家賃を抑えて、その分エンジニアに還元だ!」という会社のどちらが派遣エンジニアのことを考えているのでしょうか。 口コミ投稿日:2019年05月31日 勤務時間・休日休暇:待機時も給与100%保証してくれます。 ただし賞与がその分減額となります。 減額は賞与の計算式通りであれば、大体待機時の月給+会社負担分の社会保険料分となります 交通費があれば交通費も。 なので賞与の前借りといった感覚です。 丸々1か月待機となったら年収はがっくり下がります。 「SES会社の中には待機時月収の60%しか支給しない会社もある」と批判しているが、エージェントグローの場合、年収ベースでみればボーナス額を下回らない 目標粗利率を下回らない 限り会社の保証はほぼ0%、どころか会社負担分の社会保険料もあるのでマイナスになるかと思います。 交通費、待機時の給与が実質自己負担であれば待遇はほぼフリーランス。 収入面で言えばフリーランスのほうがずっと良いと思う。 単金からとられる金額を見れば、例えばミッドワークスは手数料10%、エージェントグローは40% マージン率。 待遇がほぼ同じであれば収入面でこの差は大きいと思う。 口コミ投稿日:2020年02月11日 企業理念の浸透:「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」というミッションを掲げています。 これを聞くと、今までと違う独立した環境で仕事ができる!と思いがちですが、実際に案件に参画する際は、大手SIerのn次請けとして参画する場合もあります。 働いていて、ITあるあるな理不尽な事もあります。 「これでは何も変わっていないのでは?」と思うこともあります。 しかし、確かに変わっているのです。 一般のSES企業では指示された現場に行くしかないところが、自分のやりたい仕事を選んで現場に行くことが出来ます。 自分に合わない現場であれば、変えることもできます。 IT業界の多重下請け構造が嫌いな自分には、それでも疑問が残りました。 「業界の体質を変えるような改革こそが、エンジニアのメリットになるのではないか?」なら、どうすれば実現できるのか。 ハッキリ言って業界の構造を急に変えることは出来ないと思います。 それでも変えていきたいなら、まず改革する為の1歩を踏み出すしかないのではないでしょうか。 その1歩を踏み出すのは中々出来ることではないと思います。 それだけでも、この会社を見守っていきたいと思うようになりました。 口コミ投稿日:2019年06月17日 入社理由・入社後の印象:入社前は給与の高さ、業界を変えるという理念に共感して入社した。 都合の悪いこともしっかりと共有していますとのことで安心していた。 入社後は結論ありきの、自分を正当化するための主張が多いように感じた。 例えばブログに他社より給与が高いという根拠が入社後の想定年収が50-100万円あがった人が大半だからだと。 多くが別のSES会社から転職していると言っている、なのでそもそも年収が下がるのがわかっていてエージェントグローに面接する人がどれだけいるかということを考えれば根拠にならない。 他にも給与UPに関しては役員と社員それぞれ10万円上げた場合役員は年間120万に対し、社員の場合2億かかるから給与UPは難しい旨のこと言っているが試算がおかしい。 役員報酬に関しては170816のブログで4千万とあり、倍々に増えているという口コミから上昇額は4千万円と仮定する。 役員報酬の増額分で還元率あげられるのではないかと疑問に思う。 試算と実態がかけ離れすぎている。 会社の主張を通すために無理やりな根拠を上げることが多くついていけないと思った。 口コミ投稿日:2020年02月15日 給与水準:単価に応じて給与を支払っている会社の中でも低い還元率です。 リツアンSTCとIDHが70%、メイプルシステムズとリベラルエンジニアズが65%と低くても65%の会社が多い中でエージェントグローは約60%と低い。 業界平均マージンが約40% 給与還元率60% であり、社員に単価減少時の給与減額というリスクを負わす代わりに高めの給与を設定する会社がほとんど。 還元率70%の会社と比べ年収は70~100万さがる。 IDHやメイプルはここより社員数が少なくて還元率は高い。 原因は役員報酬と家賃が高額なことにあると思う。 高い役員報酬や使わないオフィスのために、自分の年収が100万下がってもエージェントグローに行きたいというエンジニアは多くはないと思うので応募者は減るのではないかと思われる。 還元率に対する口コミも複数あることから不満を持っている在籍社員の方もそれなりにいるのではないか。 還元率も低い上、待機時の保証もない、案件はパートナー企業からの紹介で中抜きもされる、これといった強みもないので将来性は不安が残るところ。 口コミ投稿日:2020年02月15日 入社理由・入社後の印象:まず検討している方には是非いろいろと納得した上で入社してほしいと思います。 個人的に良いところ、イマイチというところを記載します。 もしかしたら、間違っているとろこもあるかもしれないので他の方のクチコミも参考にしていただけたらと思います。 【良いところ】・給与の計算が開示されており明確・下限保証制度。 下限をわっても会社が負担してくれます。 現場と都合がつけば長期休暇も気にせずできます。 【イマイチなところ、誤解しがちなところ】・給与は極めて平均的だと思います。 是非ご自分で計算してみてください。 ・固定残業代30時間。 残業30時間越えなくても現場との契約の上限時間を超えたら、割り増し分の金額が会社には入っているはずなのに、エンジニアには30時間超からしかもらえない。 給与割合の高さが一番の売りですが、正直業界最高水準といううたい文句には疑問があります。 他にも、交通費は全額支給と書いているが賞与から減らされるので、実質自己負担となる。 自由に案件が選べるとは言っているが結局やりたいことより家から近いことを条件に仕事を探すことになった。 残業代についても条件によっては実質払われない場合もある。 たとえば単価が月額固定制の場合、残業代が発生しても売り上げは変わらない。 コスト 人件費 だけ上がるのでボーナスが減ることになる。 退職した際もボーナスと同じ計算で退職金として出してくれれば良いが、出してくれないので、ボーナスをもらうまでやめにくい状態となっている。 これは会社負担分の社会保険料を含めた額になります。 なのでおおよその年収は下記式より求まります。 7=1. 15年収の早見表 小数3以下切り捨て 単金 万円 年収 万円 50365. 2155401. 7360438. 2665474. 7870511. 30賞与はエンジニアの粗利率から求められます。 粗利率は原価によって決まり、原価には給与 残業代込み の他に交通費、会社負担分の社会保険料が含まれます。 これがどういうことかというと賞与は月々の交通費、残業代分減らされて支給されます。 なので、残業代で年収が大きくあがることはありません。 口コミ投稿日:2018年12月27日.

次の

会社概要|株式会社エージェントグロー

グロー エージェンシー

企業理念の浸透:"中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える"事を理念に掲げています。 新しく六本木のアークヒルズサウスタワーに引っ越しました。 このオフィスはかなり立派なオフィスです。 正直派遣会社には分不相応に感じます。 共益費等を考慮すると月300万程度でしょうか、年間にすると3600万。 これに敷金もかかります。 内勤の数名程度しか使わないオフィスにエンジニア十数人分の給与に当たるお金が毎月消えていきます。 派遣エンジニアとして働いている私としてはこれはデメリットでしかありません。 だって利用しませんから。 家賃が300万だった場合社員数は約150人なので一人頭2万。 これからオフィス代として売上から消費されます。 今回の件で会社の本当の方針というのが見えた気がします。 利益が出て「よし綺麗なオフィスに引越しだ!」という会社と「オフィスの家賃を抑えて、その分エンジニアに還元だ!」という会社のどちらが派遣エンジニアのことを考えているのでしょうか。 口コミ投稿日:2019年05月31日 勤務時間・休日休暇:待機時も給与100%保証してくれます。 ただし賞与がその分減額となります。 減額は賞与の計算式通りであれば、大体待機時の月給+会社負担分の社会保険料分となります 交通費があれば交通費も。 なので賞与の前借りといった感覚です。 丸々1か月待機となったら年収はがっくり下がります。 「SES会社の中には待機時月収の60%しか支給しない会社もある」と批判しているが、エージェントグローの場合、年収ベースでみればボーナス額を下回らない 目標粗利率を下回らない 限り会社の保証はほぼ0%、どころか会社負担分の社会保険料もあるのでマイナスになるかと思います。 交通費、待機時の給与が実質自己負担であれば待遇はほぼフリーランス。 収入面で言えばフリーランスのほうがずっと良いと思う。 単金からとられる金額を見れば、例えばミッドワークスは手数料10%、エージェントグローは40% マージン率。 待遇がほぼ同じであれば収入面でこの差は大きいと思う。 口コミ投稿日:2020年02月11日 企業理念の浸透:「中小企業で働くITエンジニアの労働環境を変える」というミッションを掲げています。 これを聞くと、今までと違う独立した環境で仕事ができる!と思いがちですが、実際に案件に参画する際は、大手SIerのn次請けとして参画する場合もあります。 働いていて、ITあるあるな理不尽な事もあります。 「これでは何も変わっていないのでは?」と思うこともあります。 しかし、確かに変わっているのです。 一般のSES企業では指示された現場に行くしかないところが、自分のやりたい仕事を選んで現場に行くことが出来ます。 自分に合わない現場であれば、変えることもできます。 IT業界の多重下請け構造が嫌いな自分には、それでも疑問が残りました。 「業界の体質を変えるような改革こそが、エンジニアのメリットになるのではないか?」なら、どうすれば実現できるのか。 ハッキリ言って業界の構造を急に変えることは出来ないと思います。 それでも変えていきたいなら、まず改革する為の1歩を踏み出すしかないのではないでしょうか。 その1歩を踏み出すのは中々出来ることではないと思います。 それだけでも、この会社を見守っていきたいと思うようになりました。 口コミ投稿日:2019年06月17日 入社理由・入社後の印象:入社前は給与の高さ、業界を変えるという理念に共感して入社した。 都合の悪いこともしっかりと共有していますとのことで安心していた。 入社後は結論ありきの、自分を正当化するための主張が多いように感じた。 例えばブログに他社より給与が高いという根拠が入社後の想定年収が50-100万円あがった人が大半だからだと。 多くが別のSES会社から転職していると言っている、なのでそもそも年収が下がるのがわかっていてエージェントグローに面接する人がどれだけいるかということを考えれば根拠にならない。 他にも給与UPに関しては役員と社員それぞれ10万円上げた場合役員は年間120万に対し、社員の場合2億かかるから給与UPは難しい旨のこと言っているが試算がおかしい。 役員報酬に関しては170816のブログで4千万とあり、倍々に増えているという口コミから上昇額は4千万円と仮定する。 役員報酬の増額分で還元率あげられるのではないかと疑問に思う。 試算と実態がかけ離れすぎている。 会社の主張を通すために無理やりな根拠を上げることが多くついていけないと思った。 口コミ投稿日:2020年02月15日 給与水準:単価に応じて給与を支払っている会社の中でも低い還元率です。 リツアンSTCとIDHが70%、メイプルシステムズとリベラルエンジニアズが65%と低くても65%の会社が多い中でエージェントグローは約60%と低い。 業界平均マージンが約40% 給与還元率60% であり、社員に単価減少時の給与減額というリスクを負わす代わりに高めの給与を設定する会社がほとんど。 還元率70%の会社と比べ年収は70~100万さがる。 IDHやメイプルはここより社員数が少なくて還元率は高い。 原因は役員報酬と家賃が高額なことにあると思う。 高い役員報酬や使わないオフィスのために、自分の年収が100万下がってもエージェントグローに行きたいというエンジニアは多くはないと思うので応募者は減るのではないかと思われる。 還元率に対する口コミも複数あることから不満を持っている在籍社員の方もそれなりにいるのではないか。 還元率も低い上、待機時の保証もない、案件はパートナー企業からの紹介で中抜きもされる、これといった強みもないので将来性は不安が残るところ。 口コミ投稿日:2020年02月15日 入社理由・入社後の印象:まず検討している方には是非いろいろと納得した上で入社してほしいと思います。 個人的に良いところ、イマイチというところを記載します。 もしかしたら、間違っているとろこもあるかもしれないので他の方のクチコミも参考にしていただけたらと思います。 【良いところ】・給与の計算が開示されており明確・下限保証制度。 下限をわっても会社が負担してくれます。 現場と都合がつけば長期休暇も気にせずできます。 【イマイチなところ、誤解しがちなところ】・給与は極めて平均的だと思います。 是非ご自分で計算してみてください。 ・固定残業代30時間。 残業30時間越えなくても現場との契約の上限時間を超えたら、割り増し分の金額が会社には入っているはずなのに、エンジニアには30時間超からしかもらえない。 給与割合の高さが一番の売りですが、正直業界最高水準といううたい文句には疑問があります。 他にも、交通費は全額支給と書いているが賞与から減らされるので、実質自己負担となる。 自由に案件が選べるとは言っているが結局やりたいことより家から近いことを条件に仕事を探すことになった。 残業代についても条件によっては実質払われない場合もある。 たとえば単価が月額固定制の場合、残業代が発生しても売り上げは変わらない。 コスト 人件費 だけ上がるのでボーナスが減ることになる。 退職した際もボーナスと同じ計算で退職金として出してくれれば良いが、出してくれないので、ボーナスをもらうまでやめにくい状態となっている。 これは会社負担分の社会保険料を含めた額になります。 なのでおおよその年収は下記式より求まります。 7=1. 15年収の早見表 小数3以下切り捨て 単金 万円 年収 万円 50365. 2155401. 7360438. 2665474. 7870511. 30賞与はエンジニアの粗利率から求められます。 粗利率は原価によって決まり、原価には給与 残業代込み の他に交通費、会社負担分の社会保険料が含まれます。 これがどういうことかというと賞与は月々の交通費、残業代分減らされて支給されます。 なので、残業代で年収が大きくあがることはありません。 口コミ投稿日:2018年12月27日.

次の

株式会社グローエージェンシー

グロー エージェンシー

入社のきっかけはなんですか? 家具家電付きのワンルームの寮が無料で、お給料も良かったので、やってみようと思いました。 今はどんなお仕事をしていますか? スマホなどに使われる部品の検査をしています。 小さな部品で力がいらいない軽作業なので、仕事はすぐに覚えられました。 お仕事の楽しいところ、選んで良かったことを教えてください。 一緒に働いているチームのメンバーが優しく温かい人が多いのでとても働きやすいです。 スキルを磨いていずれは正社員になりたいですね。 逆に、お仕事をしていて大変なことはありますか? 残業が多い繁忙期は大変なこともありますが、頑張った分はしっかりとお給料が高くなるので、やりがいは感じています。 お仕事を探している方へのメッセージをお願いします。 担当の方がすごく親身に相談にのってくれて、質問したことも丁寧に答えてくれるので安心してお仕事ができますよ。 入社のきっかけはなんですか? 給与の高さに惹かれて応募しました。 前職は営業職で製造経験は無く不安が多かったですが、丁寧にサポートしていただけたので、全く問題ありませんでした。 今はどんなお仕事をしていますか? 車を作るメーカーなので、いろいろな部署があるのですが、私は塗装ラインで働いています。 お仕事の楽しいところ、選んで良かったことを教えてください。 自分の知らなかった分野の知識が増えて、キャリアアップ出来たことはとても嬉しいです。 自分の製造した車が街を走っていると思うとワクワクします。 逆に、お仕事をしていて大変なことはありますか? 毎日大変ではありますが、仲間も沢山いるので皆で作業効率をいかに上げていくかを考えています。 お仕事を探している方へのメッセージをお願いします。 経験のない仕事は不安が多いと思いますが、自分の目標や夢の為に まず一歩を踏み出す気持ちが大切だと思います。 私たちは、常に堅実な心と情熱を持ち 素直・謙虚に学ぶ姿勢を怠らず 企業と人 財の架け橋となり、地域社会に貢献します。 一人ひとりが人間力を磨き 続ける事により 一つでも多くの ありがとうを頂けるエージェントであり 続け 永 続的に発展できる企業であり 続けます。 私たちGROW AGENCYは、エージェント(従業員)一人ひとりが 様々な派遣会社や人材関係の会社で実績を積んできた者ばかりです。 その経験豊富なエージェント(従業員)一人ひとりが意見を言い合い改善点を見つけ出し 一つでも多くのありがとうを頂けるように立ち上がりました! 今まで培ってきた経験でご就業までしっかりサポートいたします。 掲載求人はごく一部になり非公開求人も多くありますので まずはお気軽にお問合せください!.

次の