久しぶり 英語 挨拶。 「久しぶり」の英語|挨拶やビジネスメールでも使える8つの基本表現

「久しぶり お久しぶりです」英語、ベトナム語、中国語、広東語でどういうの?

久しぶり 英語 挨拶

しばらく連絡をしていなかった相手とやり取りするときによく使う「お久しぶりです」はよく使われる挨拶言葉の一つですね。 良く手紙やメールでも使われるだけあって、あまり使い方を気にせずに使っている方も多くいらっしゃるかと思いますが、そもそも「お久しぶりです」が使える期間はどのくらいなのでしょうか? また、「お久しぶりです」は、ごく普通に色々な会話の中で使われる日常的な挨拶ですが、「お久しぶりです」は、目上や上司に使える敬語なのか、また言い換える場合の類義語は何があるのかもすぐに回答できる方は意外と少ないのではないでしょうか。 そこで、今回は 『お久しぶりですの手紙やメールでの使い方』と 『お久しぶりですは上司や目上の方に使える敬語なのか』、『お久しぶりですの言い換えや類義語』などをご紹介したいと思います。。 Topics• 「お久しぶりです」の意味 「お久しぶりです」とは「久し振り」に「お」と「です」をつけた丁寧語です。 「お久しぶりです」の意味は、「前にそのことを経験してから、再び同じことになるまでに長い日数のあったこと」を指します。 「お久しぶりです」の期間 ビジネス以外でも日常的に「お久しぶりです」を使っているかと思いますが、どれくらいの期間のことを指すのかご存知でしょうか? 日頃から顔を合わせている人に対して「お久しぶりです」と言うのはおかしいですよね。 「お久しぶりです」は、前回会ってから・前回連絡を取ってから長い時間空いてしまった時に使われる挨拶言葉で、あくまで目安になりますが、3か月くらい連絡を取っていない相手に対して、「お久しぶりです」を使います。 電話やメールでは何度か連絡はしていたけれど、直接会うのは久しぶりという場合でも、「お久しぶりです」が正しい挨拶です。 なお、前回会ってからあまり時間が経っていないうちに、「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 相手によっては、嫌味や失礼な発言として受け取られる可能性もありますので、注意が必要です。 手紙やメールでの「お久しぶりです」の使い方 「お久しぶりです」は、一般的に同等か目下の人に対して使います。 しばらくの間、相手と会っていなかったときに、「お久しぶりです」と声を掛けることはあると思いますが、手紙やメールでも「お久しぶりです」は使います。 手紙、メールのいずれも文章の一番最初の書き出しで使います。 以下に例文をいくつかご紹介いたします。 「お久しぶりです。 お元気ですか。 「お久しぶりです。 お変わりありませんか。 「お久しぶりです。 いかがお過ごしですか。 「お久しぶりです。 相変わらず、お忙しいでしょうか?」• 「お久しぶりです。 長らく連絡せずに申し訳ございません」 久しぶりに会う、連絡する相手が友人であれば、「お久しぶりです」だけでも再会の喜びや、連絡を取らずに申し訳ないという気持ちは十分に伝わると思いますが、 「お久しぶりです」を使う時は、「いかがお過ごしですか」、「お元気ですか」などの相手に対する気遣いや「長らく連絡せずに申し訳ございません」などの連絡をしなかったことに対する申し訳なさを伝える言葉も一緒に使うのがおすすめです。 「お久しぶりです」は、上下関係を気にしない親しい間柄の相手や友人、ビジネスシーンでは、部下や同僚にとどめておくのが無難です。 取引先や上司、目上の人に対しては、より丁寧な表現である「ご無沙汰しております」を使うのが適切です。 【スポンサードリンク】 「お久しぶりです」は上司や目上の方に使える敬語? 「お久しぶりです」は、先ほどの「意味」の部分でも説明しましたが、「久し振り」と言う単語に対する丁寧語です。 「お久しぶりです」は相手に軽い印象を与えるため、上司や目上の方に使うと失礼に当たることがあります。 また、相手に馴れ馴れしいと感じさせることもあるため、 目上の人や上司に対して「お久しぶりです」は使わないようにしましょう。 ここで使えるのは「ご無沙汰しております」という謙譲語です。 目上の人や上司から「よっ、元気でやってるか?」と、フランクな言い方で問いかけられた場合でも、自分をへりくだり謙遜して「ご無沙汰しております」と返事をしましょう。 「ご無沙汰しております」には、相手を敬い、長い期間会わなかったり、連絡をしないままでいたことを詫びる意味合いも含まてれいるため、「お久しぶりです」よりも丁寧な表現になります。 ビジネスシーンで、取引先や上司に挨拶する場合は、こちらの言葉を使えば問題ないでしょう。 ご無沙汰しておりますとの違い 「お久しぶりです」は丁寧語ですが、普段使いのカジュアルな言い方であり、目上や上司に使える言葉ではありません。 「久しぶり」に対し、 相手に敬意を表すのに一番おすすめの言葉は「ご無沙汰しております」になります。 話す相手やシチュエーションによって言葉を使い分けるように心掛けてみましょう。 「ご無沙汰しております」は目上の人に使える敬語 「お久しぶりです」と同様によく使われる「ご無沙汰しております」との違いは、丁寧語と謙譲語の違いですが、「ご無沙汰」の意味は、次の通りです。 「無」+「沙汰(さた)」からできた言葉で、「沙汰」とは「便り・知らせ」という意味で、類語では「音信(おんしん)」「通信」とも言います。 よく使われる例文で「しばらく音沙汰がない」と言う「沙汰」であり「音信不通」「通信が無い」という意味で多用されます。 つまりは、「ご無沙汰」とは「便りが無い」=連絡をしばらくの間していない、という意味になります。 「ご無沙汰しております」は相手を敬う謙譲表現で、何日か会わなかったことや連絡をしていなかったことに対して、相手にお詫びする気持ちです。 もし相手側から先に言われても、「ご無沙汰しております」とお返事する事を心掛けましょう。 その際に、以下のような文例のように気持ちを込めた一言を添えた形でお返事すると印象もグッと上がります。 こちらこそ大変ご無沙汰しておりまして申し訳ございません。 雑事にまぎれご無沙汰ばかりで心苦しく存じております。 ご無沙汰しておりますが、お変わりございませんでしょうか。 「お久しぶりです」の類語 最後に「久し振り」の類語・類義語には以下のような言い換え表現がありますので、ご紹介します。 久久 久々/ひさびさ• 久方振り ひさかたぶり• しばらくぶり 「久々」、「しばらくぶり」、「久方振り」など、「お久しぶり」と同じ意味の表現はいくつかありますが、挨拶としてはやはり「お久しぶりです」が一般的と言えるでしょう。 まとめ いかがでしょうか? 友人や目下の人に3ヵ月くらい会わなかった場合は「お久しぶりです」でも良いですが、これは丁寧語です。 同様の条件でも、目上の人やビジネスでの取引先に対しての電話やメールでの挨拶などには謙譲語の「ご無沙汰しております」をスマートに言えるといいですね。

次の

「久しぶり」の英語!ネイティブが“Long time no see”より頻繁に使うフレーズとは?

久しぶり 英語 挨拶

英語 で「久しぶり」と挨拶したい! 今回は、ネイティブも普段使う4通りの英会話を紹介します。 どれも、「久しぶりです!」と言いたい時に使えます。 1:Been a long time! 簡単で言いやすいのでオススメの表現方法です。 少し長いですが、私はこれをよく使っていました。 「years」は「long time」と同じように、 長い間、長い期間、長い年月といった意味でも使われています。 4:It seems like years. 「seems like」は、 〇〇のように感じるよ~。 とか〇〇な気がするよ~。 という意味です。 カジュアルにもフォーマルにも使える、普通の言い回しです。 機会があれば、使ってみましょう! 「久しぶり」英語リスニング音声 ・Been a long time! ・It seems like years. a long timeをa whileに変えても同じ意味で使えます。 最近全然、連絡してなかったね~。 と言った感じで、 「久しぶり」という意味で使えますね。 How are you? What are you doing theses days? Are you still studying in Spain? I will take a holiday in the summer. And I was thinking about visiting you. It would be lovely to see you again! I look forward to hearing from you soon. And hopefully we will see each other in the summer time! Yous sincerely Luke お久しぶりです。 元気ですか?最近はどんな感じ? 今も、スペインで勉強しているんですか? 夏にホリデイがあるんだけど、 あなたに会いたいと考えています。 また、会えるときっと素敵だろうな! 連絡くれるの、楽しみにしています。 夏に会えたらいいな! ——————————- こんな感じで、「久しぶりです」と、 とても自然に手紙やメールで使えます。 少し、カジュアルな「久しぶり」を英語で カジュアルに、友達などにメールや手紙を書きたい場合。 「long time no speak」などを使ってもいいです。 上司などには使わないほうがいいですが。 Hello friend. Long time no speak. How are you? 英語で「久しぶり」まとめ どうでしょう?良いフレーズは見つかりましたか? 英会話は何回も声に出して、練習したら上達します。 全部を覚えるのではなく、使いたい時にすぐに出てくるようにワンフレーズをしっかりと覚えてくださいね。 それではこの辺で、イースピ!.

次の

英語で「久しぶり!」「久しぶりに...する」の言い方

久しぶり 英語 挨拶

このコンテンツは、 がネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法を できるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。 こんにちは! 英会話ハイウェイ運営者のアキラです。 「久しぶり」って英語ではどう言えばいいか分かりますか? もしかしたら、英会話の教材で 「Long time no see. 」というフレーズを見たことがあるかもしれませんね。 でも、この 「Long time no see. 」を実際に使っているネイティブは、意外と少なかったりします。 しかも、「Long time no see. 」は、久しぶりに誰かに 会ったときにしか使えません。 久しぶりに寿司を食べたからといって、 「Long time no sushi. 」(寿司を食べるのは久しぶりだ)のような言い方はできないんですね。 残念なことに 「久しぶり」にピッタリ対応する英語は存在しないので、何が「久しぶり」かによって表現を変える必要があるわけです。 この記事では、「挨拶で使う久しぶり」、「~するのは久しぶりだ」、「久しぶりに~する」の3つに分けて、「久しぶり」の使い方を説明します。 言い方を間違えると、誤解されたり会話が成り立たなかったりします。 この記事を読んで、「久しぶり」の英語をマスターしてください。 挨拶で使う久しぶり まずは、久しぶりに友達にバッタリ会ったときや、仕事で久しぶりに取引相手に会ったときなどに使う「久しぶり」の英語を紹介します。 When was the last time we met? 」は、日常的によく使われる表現です。 シンプルに「あれから長いこと経ちました」と言っているだけですが、これで「久しぶりだねえ」という意味を表すことができます。 また、「前に会ったのはいつだっけ?」と質問することで、「会っていない間に何をしていたか」など会話を自然に発展させることができます。 Hello. How have you been? こんにちは。 お久しぶりです。 」もよく使われる表現で、「しばらくぶりですね」という意味があります。 なお、あいさつの定番といえば「How are you? 」(お元気ですか?)ですよね。 これを現在完了形の「How have you been? 」に変えるだけで、「前に会ってから今までどうしていましたか?」という意味になります。 よく会う人に言うとき:How are you? 久しぶりに会う人に言うとき:How have you been? 現在完了形については、『』を読んでください。 久しぶりにお会いできてうれしいです。 (長い期間の後にお会いできてうれしいです) これは、あいさつの定番「Nice to see you. 」に「久しぶり」を加えたバージョンです。 「Nice to see you. 」(お会いできてうれしいです)の後に「after so long」(長い期間の後に)を付けるだけで、前に会ってから長い時間が過ぎたことを表現できるので、「久しぶり」というニュアンスが伝わります。 Wow! It really has been quite a while. わー!本当にすごく久しぶり。 最後に会ったときのこと憶えていないわ。 この英文も現在完了形を使うことで、前回会ってから今までに時間が過ぎたことを表現しています。 「『久しぶり』って英語でどういうのかな?」と考えると、どうしても 「何か決まり文句を言わなきゃ」と考えてしまいがちです。 でも、 日本語の「久しぶり」にピッタリ当てはまる英語はありません。 ムリヤリ「久しぶり」に対応する英語を探さなくても、「前に会ってからの時間の流れ」が感じられる言葉を加えるだけで「久しぶり」という意味が伝わります。 オシャレすぎるから、仕事で久しぶりに会った人なんかに使ったらあかんで! フォーマルなあいさつでこんな台詞を言うたら、「何をそんなに感傷的になっているの?」とビックリされるからな。 ~するのは久しぶりだ ここでは「~するのは久しぶりだ」は英語でどう言えばいいかを紹介します。 たとえば、「運転するのは久しぶりだなあ」というような表現です。 I just booked a flight to Hawaii. ハワイ行きの航空券をさっき買ったの。 海外旅行は久しぶりだわ。 でも、「ハワイに行くことにした」「長いこと海外旅行に行っていない」という文脈から、「久しぶり」という意味が伝わります。 The last time I traveled abroad was 5 years ago. 前に海外旅行に行ったのは5年前だよ。 そろそろ旅行でもするかな。 」は、直訳すると「そろそろ旅行してもいい頃だ」です。 「久しぶり」という言葉はありません。 」が過去形なのは、仮定法過去っていう用法が使われているからや。 仮定法過去については、『』を読んでな。 車の運転をするのは久しぶりです。 (私は、しばらくの間、車を運転していません) この英文も「久しぶり」という言葉はありませんが、「しばらく運転していない」という言葉から、「久しぶりに運転する」というニュアンスを出すことができます。 車の運転をするのは久しぶりです。 (最後に車を運転してから少し時間が経ちました) この英文も「久しぶり」という直接的な言葉は使っていないけれど、「久しぶり」というニュアンスを出しています。 そうやな。 現在完了形は、過去から現在までの時間の流れを表現できるから、「久しぶり」という感覚を表現するのにピッタリやな。 久しぶりに~ 次は「久しぶりに~する」というときの英語表現を説明します。 When I met my niece after a long absence, she seemed quite grown up. 久しぶりに姪に会ったら、彼女はすっかり大人になっていました。 「absence」は、「ずっと会っていなかった」という事実を表すときに便利な単語です。 もう1つ「absence」を使った「久しぶりに」の例文を紹介します。 Last week, our president showed up at the meeting after months of absence. 先週、数か月ぶりに社長が会議に出席しました。 数日ぶり:after days of absence 数か月ぶり:after months of absence 数年ぶり:after years of absence 「absence」以外に、「first」を使うことで「久しぶり」な感覚を表現することもできます。 I visited my parents for New Year for the first time in a long time. お正月に、久しぶりに実家に帰りました。 「first time in a long time」は直訳すると「長い時間が過ぎて初めて」です。 つまり、言い換えると「久しぶりに」という意味です。 I had my first beer after days without it. 久しぶりにビールを飲みましたよ。 (私は、ビールなしの数日後に、最初のビールを飲みました) 数日間ビールを飲まずにいて、今ビールを飲んだということなので、「久しぶりにビールを飲んだ」という意味になります。 久しぶりに飲んでとてもおいしかったことが、伝わる表現だと思いませんか? 学んだフレーズを英会話で使いこなすには? この記事では、「久しぶり」を英語でどう表現すればいいかを説明しました。 「久しぶり」という言葉には、同じ意味の英語が存在しません。 だから、「久しぶり」という意味を伝えるには、いろいろな表現を使う必要があるわけですね。 でも、そのおかげで「どれだけ久しぶりなのか」、「どんな気持ちか」など、表現力豊かに伝えられる自由度があります。 ここで紹介した言い回しを覚えて、友達との会話を楽しんでください。 学んだフレーズを英会話で使いこなすには この記事では、日常会話で役に立つ「久しぶり」の英語フレーズを紹介しました。 でも、よく使うフレーズを覚えただけでは、英語を話せるようにはなりません。 英語を話せるようになるには、そのための勉強をする必要があります。 詳しい勉強法については、メール講座で説明しています。 以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。 気軽に参加してください。

次の