ボリューム シャドウ コピー サービス。 ボリュームシャドーコピー設定方法。Windows ServerのVSS

解決済み:ボリュームシャドウコピーサービスエラー

ボリューム シャドウ コピー サービス

miyuki101010 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 0x807800A1, 0x800423F3 エラーでバックアップが失敗になってしまうのですね。 これは、バックアップ処理のどのタイミングでエラーになるでしょうか。 それとも今回初めての実行でエラーになってしまったのでしょうか。 まずは一般的なトラブル対応として、以下のようなことを確認してみてはいかがでしょう。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 返信ありがとうございます! これは、バックアップ処理のどのタイミングでエラーになるでしょうか。 システム ファイルの破損を検出・修復する以下コマンドを実行してみる >実行してもダメでした 「 」 >これも試しましたが、システム構成の所で必ずフリーズしてしまい何度も強制終了するハメに…。 もう疲れたのでパソコンを初期化しようと思い、初期化しようと思ったらWindowsメディアがいるとなるので回復ドライブを作成しようと思っても、 「このPCでは回復ドライブを作成できません」となります。 必要のないくつかのファイルが見つかりません。 PCが起動できないときに問題をトラブルシューティングするには、Windowsインストールディスクまたはメディアを使用してください。 と表示されます。 もう、このPCは何かが壊れていて、使えないのでしょうか? 今回このようになった経緯としては、Windowsの更新が自動で行われてからです。 その後、PCがうまく立ち上がらない事が続き、これはおかしいと思い、慌ててバックアップをとろうと思ってこの状態になっています。 更新がダメだったのかと思い、更新前に戻しています。 何をやっても上手くいかずどうすればいいのやら…。 ご回答お願い致します! miyuki101010 さん、ご返信ありがとうございます。 クリーン ブートを試そうとしてもフリーズしてしまうのですね。 回復ドライブ作成もエラーになってしまうとのことで、修復できない破損などが発生しているのかも知れません。 初期化用の Windows メディアについて、「」の手順でインストール メディアを作成することができます。 インストール メディアを作成し、「」を試してみてはいかがでしょう。 上書きインストールでは保存してあるデータや個人設定などはそのまま引き継がれますが、もしそれでも解消されないようであれば、重要なデータなどを手動で別媒体にコピーした上で Windows 10 の再インストールを行われた方が良いかも知れないですね。。。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の

バックアップ保存先の空き容量があるにもかかわらず Windows Server バックアップが失敗する

ボリューム シャドウ コピー サービス

miyuki101010 さん、こんにちは。 マイクロソフト コミュニティへの投稿ありがとうございます。 0x807800A1, 0x800423F3 エラーでバックアップが失敗になってしまうのですね。 これは、バックアップ処理のどのタイミングでエラーになるでしょうか。 それとも今回初めての実行でエラーになってしまったのでしょうか。 まずは一般的なトラブル対応として、以下のようなことを確認してみてはいかがでしょう。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。 返信ありがとうございます! これは、バックアップ処理のどのタイミングでエラーになるでしょうか。 システム ファイルの破損を検出・修復する以下コマンドを実行してみる >実行してもダメでした 「 」 >これも試しましたが、システム構成の所で必ずフリーズしてしまい何度も強制終了するハメに…。 もう疲れたのでパソコンを初期化しようと思い、初期化しようと思ったらWindowsメディアがいるとなるので回復ドライブを作成しようと思っても、 「このPCでは回復ドライブを作成できません」となります。 必要のないくつかのファイルが見つかりません。 PCが起動できないときに問題をトラブルシューティングするには、Windowsインストールディスクまたはメディアを使用してください。 と表示されます。 もう、このPCは何かが壊れていて、使えないのでしょうか? 今回このようになった経緯としては、Windowsの更新が自動で行われてからです。 その後、PCがうまく立ち上がらない事が続き、これはおかしいと思い、慌ててバックアップをとろうと思ってこの状態になっています。 更新がダメだったのかと思い、更新前に戻しています。 何をやっても上手くいかずどうすればいいのやら…。 ご回答お願い致します! miyuki101010 さん、ご返信ありがとうございます。 クリーン ブートを試そうとしてもフリーズしてしまうのですね。 回復ドライブ作成もエラーになってしまうとのことで、修復できない破損などが発生しているのかも知れません。 初期化用の Windows メディアについて、「」の手順でインストール メディアを作成することができます。 インストール メディアを作成し、「」を試してみてはいかがでしょう。 上書きインストールでは保存してあるデータや個人設定などはそのまま引き継がれますが、もしそれでも解消されないようであれば、重要なデータなどを手動で別媒体にコピーした上で Windows 10 の再インストールを行われた方が良いかも知れないですね。。。 引き続き、解決に向けて手助けをさせていただきます。 問題の解決に役立った場合は、その返信を回答としてマークしてください。

次の

ボリュームシャドウコピーサービス (VSS) 情報と VSS の問題のトラブルシューティング

ボリューム シャドウ コピー サービス

これらのオプションは、VSS バックアップのすべてのライタに影響しますが、転送可能な VSS バックアップには適用されません。 注: VSS の詳細については、 「Microsoft Volume Shadow Copy Service ユーザ ガイド」を参照してください。 [ボリューム シャドウ コピー サービス]タブの[ファイル システム バックアップ]グループ ボックスでは、ファイル システム バックアップ時の CA ARCserve Backup によるオープン ファイル処理方法を指定します。 これらのオプションは、ライタにもコンポーネントにも適用されません。 [VSS を使用する] -- CA ARCserve Backup に、オープン ファイルのバックアップ処理で VSS を使用するよう指定します。 このチェック ボックスがオフの場合、オープン ファイルの処理には VSS サポートではなく、CA ARCserve Backup Agent for Open Files (使用可能な場合)が使用されます。 CA ARCserve Backup Agent for Open Files が使用できずに[VSS を使用する]もオフの場合は、従来のバックアップが実行されます。 ただし、バックアップできないオープン ファイルがある場合は、バックアップは完了しません。 [VSS失敗時、標準バックアップに戻る] -- VSSバックアップの作成に失敗した場合は、CA ARCserve Backup で通常のバックアップを実行するよう指定します。 注: このオプションを使用するには、ソース コンピュータへの CA ARCserve Backup Agent for Open Files のインストールおよびライセンス取得が必要です。 以下の動作に注意してください。 ソース コンピュータに CA ARCserve Backup Agent for Open Files がインストールされ、ライセンス取得されている場合は、このオプションが指定されており、かつ VSS バックアップが失敗したときに、このエージェントを使用してオープン ファイルが処理されます。 ソース コンピュータに CA ARCserve Backup Agent for Open Files がインストールされていないか、ライセンスが取得されていない場合は、このオプションが指定されているかどうかにかかわらず、従来のバックアップ方式として VSS バックアップ処理を実行します。 [ライタおよびコンポーネント]グループ ボックスを使用すると、CA ARCserve Backup でのライタおよびコンポーネントの処理方法を指定できます。 ライタ固有のオプションが指定されている場合を除き、これらのグローバル オプションはすべてのライタに影響します。 ライタ固有オプションの設定の詳細については、「Microsoft Volume Shadow Copy Serviceユーザ ガイド」を参照してください。 [ ライタに組み込まれたファイルを、ファイル システム バックアップで除外する] -- コンポーネントに属しているファイルを、従来のファイル システムのバックアップから除外します。 このオプションには以下の利点があります。 VSS によってすでにバックアップされているファイルのバックアップを回避できます。 従来のバックアップから一部のファイルが除外されるため、従来のバックアップで処理されるファイル数が減り、処理時間を短縮できます。 グループとして処理するファイル(ライタまたはデータベース アプリケーションと関連付けられたファイルなど)に関する問題が発生しないので、バックアップの成功率が向上します。 従来のバックアップには、ファイルをまとめて処理するメカニズムはありません。 [ ライタで除外されたファイルを、ファイル システム バックアップで除外する] -- コンポーネントによるバックアップから除外したファイルを、従来のファイル システムによるバックアップからも除外します。 アプリケーションに関連付けられているファイルの中には、バックアップしてはならないファイルがあります(Windowsページ ファイルなど)。 各ライタは、関連付けられているアプリケーションにこのようなファイルが存在するかどうかを認識しています。 このオプションを選択すると、従来のバックアップを実行する際に、CA ARCserve Backup がこの情報を利用できるようになります。 [ コンポーネント ファイルのバックアップ失敗時、ライタ バックアップを中止する] -- いずれかのコンポーネントのバックアップが失敗した場合は、ライタのバックアップをキャンセルします。 コンポーネントのバックアップは、そのコンポーネントに含まれるファイルが 1 つでも正常にバックアップされなかった場合に失敗します。 このオプションを選択すると、バックアップの整合性が保たれ、ライタに関連付けられているコンポーネントの数に関係なく、ライタに関連付けられているすべてのファイルがバックアップされて初めてバックアップが成功したとみなされます。 All rights reserved.

次の