プルーム テック s 使い方。 プルーム・エスの【裏技】決定版!たばこスティックをキック倍増で楽しむ方法、エスの物足りなさはホッチキスが改善してくれました。

プルーム・エスの【裏技】決定版!たばこスティックをキック倍増で楽しむ方法、エスの物足りなさはホッチキスが改善してくれました。

プルーム テック s 使い方

もくじ• プルームS詳細 こちらの 「プルームS」はiQOSやgloと同じように 葉っぱを加熱して吸うタイプの機種です。 高温加熱型ってタイプで葉っぱ を200度で加熱する感じ。 iQOSやgloが300度くらいで加熱してるのでそれよりは低い温度です。 葉っぱを使っているのでニオイは若干出ちゃいますが、 吸い応えなどは以前のプルームテックより格段にアップしてます。 本体の形や使い方 蓋をスライドするだけで電源がONになります。 そこにスティックを差し込んで、 電源ボタンを長押しで加熱開始。 ここの メーターが全部点灯して本体が震えたら吸える合図ですね。 吸い終わったら吸殻を捨てて 本体の蓋をスライドするだけで電源がOFFになります。 途中で吸うのをやめるときも吸殻を抜いて、蓋をスライドするだけでOK! 普通の紙巻と同じ感じの葉っぱ 以前の「プルームテック」や「プルームテックプラス」はカプセルとカートリッジを購入する形でしたが、 「プルームS」は普通の紙巻みたいなスティックを購入します。 こんな感じのやつで、 iQOSのヒートスティックと形状が似てますね。 これを本体に差し込んで加熱するって形です。 プルームSの感想 さっそく高温加熱型のプルームSの感想です! プルームテックプラスと比較するとどんな感じなのかも書いてみます。 あくまで個人的感想ですけど。 吸い応えは圧倒的にこっち 吸い応えに関しては「プルームS」に軍配が上がります。 やっぱり 葉っぱを高温で加熱してるので吸い応えは申し分なし。 こちらは3つのフレーバーがありますが、案の定全部美味しかったです。 iQOSやgloのレギュラー系フレーバーは正直好みじゃないんですけど、 「プルームS」のレギュラーはめっちゃ吸いやすかった。 プルームテックで 吸い応えを求めるなら「プルームS」の方がいいかなと思いますね。 味があまり落ちない gloとの比較になりますが、gloって最初はスゴイ吸った感あるんですけど段々と味が落ちていくんですよね。 吸い応えでいうと 「大 中 小」って感じ。 ただ 「プルームS」は「小 中 大」って感じで 時間が経つごとに味が少しずつ濃くなってきます。 ヴェポライザーも同じような感じで、 時間経過で美味しくなるんですね。 これが結構満足度高くてかなり良いです。 スカスカ感がないってのは嬉しい。 煙の量は少なめ 「プルームS」は「プルームテックプラス」よりも 煙の量は少ないです。 「プルームS」は200度くらいと上でも書きましたが、 葉っぱを熱するだけだと200度じゃ若干温度が低いんですよね。 僕が最近使っているヴェポライザーよりは煙は出ますが、gloよりは出ないって感じです。 煙を吐き出すことで吸った感を得られるって人もいるので、若干そこがネックかも。 ニオイは他機種よりも圧倒的に無い 比較対象となる iQOS、gloよりもニオイは圧倒的に少ないです。 もちろん「プルームテックプラス」よりはニオイは感じられるんですが、それでも全然許容範囲だと思います。 葉っぱの加熱最中に加熱式独特のニオイが若干しますが、それも嫌なニオイじゃないんですよね。 もちろん吸い終わった吸殻も同様です。 これはマジですごいと思います。 ヴェポライザーとかも吸殻は結構臭いんで、 やっぱニオイがないってのは素晴らしいです。 吸殻に関してもう一つ言うと、 これ、どっちが吸った後の吸殻かわかりますか? 見て分かるとおり 全然焦げてないんですよね。 これもニオイが少ない理由だと思います。 あ、一応 上の画像なら右、 下の画像なら下のヤツが吸い終わった吸殻です。 1本で2回くらい吸える 上の画像のように1回吸っても全然焦げてないので、 1本で2回くらい吸えます。 若干味やキック感は薄れるものの、 iQOSやgloに比べたら2回目なのに圧倒的に吸い応えはありますね。 JT的には痛いかもですけど、 代金の節約にはなると思います。 喫煙時間が短いかも iQOSが5分の喫煙時間で プルームSは3分30秒くらいです。 ちょっと喫煙時間短い気がするのが残念ですね。 気付いたらもう終わってるみたいなことがちょいちょいあるので、 個人的にはもうちょい吸えてもいいかな~と思いますね。 バッテリー容量が少ない プルームSは 満充電で吸える本数が10本くらいです。 gloは20本以上は吸えるので、それと比べてもちょっと少ないですね。 glo miniもそうなんですけど、やっぱ 満充電で一箱吸えないのは微妙だと思ってしまいます。 プルームSの感想まとめ!• 吸い応えは他の加熱式にも引けを取らないレベル• 煙は少なめだけど味が落ちないのがgood!• 他機種よりもニオイが全然無い• 1本で2回くらい喫煙できる• 喫煙時間が短いのがネック• バッテリー容量が小さいのも微妙かも って感じ。 喫煙時間とバッテリー容量を除けばかなり満足度は高いです。 この吸い応えでニオイがほとんどないのはマジで強すぎる。 本体の質感もマットな感じで手に馴染むし、大きさもそこまで大きくないので持ちやすいです。 gloみたいに連続で吸えるのも良き! 普通のプルームテックより吸い応えを感じたい場合はこっちが良いかなって思いますね。 まとめ:プルームS、かなり良い 「プルームS」のライバルとなるのはiQOSやgloがメインだと思うんですが、個人的には全然負けて無いと思いました。 iQOSは最近使ってないのでアレですけど、 gloにおいては勝ってる点もあるんじゃないですかね。 全然吸い応えもある上にニオイも少ない、本体もオシャレって観点で個人的にはかなり気に入りました。 紙巻から移行するのに「プルームS」は結構いい感じの選択肢だと思います。 不満点を挙げるとすれば、 喫煙時間とバッテリー容量ですね。 iQOSやgloよりも後に出た商品なので、 ある程度スペックは上回って欲しかったなぁってのが本音です。 「プルームテックプラス」と「プルームS」のどっちを買おうか迷ってる人もいるかもですが、 個人的にはどっちも買うのが最強だと思います。 外出時には「プルームS」を使って、家で吸うときとかは「プルームテックプラス」を使うみたいな。 一つのブランドでシーンによって使い分けることができるって結構強いと思うんですよね。 まぁ どっちか一つに絞りたくて、吸い応えも欲しい!って場合は「プルームS」が良いかと思います! そんな感じでした! プルームテックをすこれ。 そりでは。

次の

シケモクOKなプルームS 連続加熱をしてみる!キック感のメンソールはヤバい

プルーム テック s 使い方

プルームテック S の感想• バッテリー持ちが10本吸うと切れる• アクセサリー類が豊富• コンビニで買える高温加熱式電子タバコ glo や iQOS と比較してプルームテック S はどうなのか? 今コンビニで買える iQOS や glo といった高温加熱式電子タバコと比較してプルームテック S はどうなのか? 高温加熱式というくくりで見ていくとこんな感じだ。 関連記事 味に関しては好みが分かれるので吸ってみないと分からないとは思う。 プルームテックSが他の高温加熱式電子タバコと大きく違うのは吸いはじめより吸い終わりのほうがタバコ感が強くなることだ。 本体の価格は7,980円なので glo より高く iQOS より安いという価格帯だ。 かなり限定的になるが glo が合わなかったという人で iQOS の本体価格は出したくないという人は試してみてもいいと思う。 プルームテック S はアクセサリーが豊富 プルームテック S は アクセサリーが豊富。 プルームテック S にはプルームテック S をより使いやすくしてくれるアクセサリーが豊富なのが他の高温加熱式電子タバコと比べて違うところだ。 プルームテック S は使い方もシンプルで簡単 プルームテック S は本体の 使い方が簡単でシンプル。 というのも画像のように蓋をあけると電源が ON になる。 このように蓋を閉めると電源が OFF になる。 たばこスティックを吸っている途中でやめたいと思ったらたばこスティックを抜いて蓋を閉めれば OK というシンプルな使い方だ。 プルームテック S の味はタバコにより近い プルームSの味は、たばこスティックで決まるわけだが全4種類すべて試した感想から言うと『他の電子タバコに比べてタバコ感が強くキレのある味』だと感じた。 メンソールならメビウス・メンソール・フォー・プルームSで、通常のたばこの味ならメビウス レギュラーテイスト・フォー・プルームSがおすすめだ。

次の

【プルームSの取扱説明書】使い方が写真でわかるガイド

プルーム テック s 使い方

Ploom S(プルームエス)のスターターキット プルームエスのスターターキットがこちら。 付属品はアダプタ・USBケーブル・クリーニングスティックです。 プルームエスのブラック本体。 ちなみに、プルームエスには 「6色の限定カラー」と 「3色の宝石モデル」も発売されています。 たばこスティックの挿入口。 充電ケーブルの接続部はデバイス底面に設置されています。 プルームエスのLEDランプは白。 少しポチャッとしたポップなデザインですね。 価格は 「3,480円」のプルームエス本体はこんな感じでした。 Ploom S(プルームエス)の使い方やスペック プルームエスの使い方は 「グロー」と全く同じです。 たばこスティックを挿入してボタンを長押しすれば加熱準備 40秒 は完了。 たばこスティック1本の喫煙時間は 「3分30秒」となっています。 プルームエスの連続喫煙回数は 「10本」まで。 汚れが付きにくいので、クリーニングは 「約300本に1回」でOKとのこと。 クリーニング方法はデバイスにブラシを挿入してクルクルさせるだけ。 こちらもグローと同じですね。 クリーニング方法も回数も、アイコスに比べると手間いらずなプルームエスだと思います。 加熱時間 40秒 使用可能数 10本 使用時間 3分30秒 14パフ 充電時間 90分 USB micro USB 重量 約95g サイズ 約56mm x 93mm x 25mm 本体価格 1,480円 税込 たばこスティックの吸いごたえ・キック感 実際にプルームエス専用のたばこスティックを吸ってみます。 プルームエスのフレーバーは全6種類で発売されていますが、 今回は 「メンソール」を選択。 ……メンソールの味はグローの 「ダークフレッシュ」に少しだけ似ていますね。 吸いごたえ・キック感もグロースティックと同じくらいで、冷涼感はそれなりに強めです。 煙の量はやや少なめ。 少しだけポップコーン的なニオイはあるものの、不快感は全くありません。 喫煙時間はやや短めですが、たばこスティックの吸いごたえに関してはそこそこ満足でした。 Ploom S(プルームエス)を使ってみた感想 実際にプルームエスを使ってみた感想を一言でまとめると 「ほぼグロー」です 笑 ぶっちゃけ現時点では、アイコスやグローからプルームエスに乗り換えるメリットはあまりないかも。 スティック1本の喫煙時間は3分30秒とやや短め。 このサイズ感で連続10本しか吸えないのも微妙ではあります。 とはいえ、プルームエスのようなポップなデザインの加熱式タバコは他にありません。 あまり本数は吸わない人や、デザイン重視の人にはオススメのデバイスかも。 個人的にはデバイスのスペックが微妙でしたが、たばこスティックのレベルに関してはそこそこ満足です。 個性的なデバイスで加熱式タバコを楽しみたい人は、プルームエスをチェックしてみてください。 最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!.

次の