高校生 バイト お金。 高校生がアルバイトをする13のメリット、デメリット【利点・欠点】

みんなの給料どのくらい?高校生バイトの平均事情あれこれ!

高校生 バイト お金

高校生アルバイトの時間・収入制限は?注意点を教えます! 高校生になったら、やってみたいと思っていたバイト探しを始める人も多いかと思います。 しかし、高校生がバイトをする時にはいくつかの大事な注意点があります。 バイトを決める前に、トラブルになるようなポイントをチェックしておきましょう。 高校生に定められている労働時間帯 高校生の場合、18歳以下と言う事で就業時間は労働基準法によって明確に決められています。 その為、どれだけ自分がバイト時間を確保したいと思っていても、その労働基準法によって限度が生じてしまうと言う事が起こってしまいます。 18歳未満の場合、深夜帯の時間、つまり午後10時から翌日午前5時までの間はバイトをする事は出来ないと定められています。 これは、365日間、満18歳になるまで適応される時間となります。 その為、学校のない夏休みぐらい遅くまで働きたいと思っても、また、早朝バイトで時給が良いものがあったとしても、この時間帯にバイトを入れる事は出来ません。 ・・となると、誕生日が早い人の場合、高校3年生の4月に満18歳になるかと思います。 そうなると、高校生でも満18歳なので、この労働基準法は適応外となるのでしょうか? 確かに労働基準法から見れば、高校3年生であっても18歳以上になれば、時間に関係なくバイトを入れる事ができると言えるのですが、やはり、満18歳であっても高校生は高校生と言う事から学校側で禁止されている場合がほとんどです。 雇用主も年齢に関わらず高校生だと言う事を重視して、午後10時から翌日午前5時までバイトを入れる事はありません。 高校生に決められた労働時間 深夜のバイトができないと言う事以外にも労働基準法では、高校生のバイト時間に細かな設定が行われています。 例えば、労働時間が6時間を超える場合においては、少なくとも45分の休憩時間を与えられる事になります。 また、8時間を超える場合においては、少なくとも1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えなければならないと定められています。 その為、この休憩時間を確保できないようであれば雇用主に確認する必要があります。 その他、原則として1週間の労働時間は40時間以内となり、1日の労働時間は8時間を超えてはいけません。 そして、原則として休日は毎週1日取らなければいけないと定めされています。 これは、もちろん、夏休みなどといった長期休みでも適応される事となります。 その為、夏休みだからと思いっきりバイトを入れてお金を貯めたいと思っても、この条件内でのみのバイト料となってしまいます。 その事を知らずに夏休みを迎え、夏休みの予定を立ててしまうと自分の予定とは大幅に違った夏休みを迎えてしまう事も十分に考えられるのです。 そのような事にならないように高校生の場合、1日の労働時間、そして、1週間の労働時間が定められていると言う事を知ったうえでバイトの予定を立てていく事が大切になります。 実際の高校生のバイト時間 実際、バイトをしている高校生はどういった勤務時間でバイトを行っているのでしょうか。 平日で考えた場合、例えば、学校近くでバイトを見つけたとしてバイトに入る事ができる時間は17時と言った感じが多く、それから21時ごろまで働く高校生が多いようで平日平均4時間と言ったバイト時間の高校生が多くなっています。 もちろん、22時まで労働基準法で考えればバイトを入れる事は可能ですが、多くの場合、21時を目途にしている場合が多いようです。 やはり、雇用主から考えても、22時ギリギリまで働かせるといった事に抵抗を感じてしまう人が多いからではないでしょうか。 また、高校生の本業はあくまでも、勉強です。 それにもかかわらず、22時までバイトを入れてしまうと、その後、帰宅し食事や入浴などを済ませると翌日の学校の準備もままならない事にもなりかねません。 そう言った負担を考えても遅くても21時が限度だと言えるかと思います。 このような時間帯でバイトを入れている高校生が多いものの、やはり、学業との両立を考え、2時間から4時間未満の抑えている高校生も多くなっています。 これらは、あくまでも平日のバイト時間です。 その為、休日は限度いっぱいの時間でバイトを入れる高校生も多く、その場合は1日8時間バイトをする事になります。 実際の高校生のバイト収入 高校生のバイト収入はバイト時間に比例していると言っても、やはり、夏休みなどの長期休みの間は収入がアップするという高校生が大半です。 ただし、授業がある月のバイト収入となれば、2万円以上3万円未満と言った高校生が大半となり、やはり、そう簡単に高校生がバイトで多くの収入を得る事は難しいと言えるようです。 中には10万円近く稼いでいる高校生もいるようですが、このような金額は稀な場合だと思って良いかと思います。 高校生の場合、どれだけ頑張っても学校生活を考えると5万円から6万円程度が精一杯のバイト収入ではないでしょうか。 やはり、それ以上の収入をバイトで得ようと思う場合、体への負担や学業への負担も大きくなってしまうと言えると思います。 高校生に人気のバイト先 限られた勤務時間でのバイトとなる高校生において、どのようなバイト先が人気となっているのでしょうか。 男女ともに人気なのがコンビニとなります。 コンビニの場合、24時間休むことなく開いているお店と言う事で、高校生にあった時間帯での勤務が可能になっていると言う事が人気の理由です。 実際、知り合いでも昼間は主婦がパートタイムで働き、夕方、主婦が自宅に帰りたい時間帯に高校生のバイトを入れる事でうまくシフトを回す事ができているようです。 このような理由から、コンビニをバイト先に選ぶ高校生が多いようですね。 その他、仕事自体もさほど難しいような事はなく、また、学校近くでも家の近くでも見つけやすいバイト先であると言う事も大きな理由なのかもしれません。 次に人気のバイト先がレストランなどといった飲食店となります。 この場合もランチタイムは主婦のパート。 そして、ディナータイムは高校生のバイトと言った形でシフトを組んでいる事が多く、結果、高校生がバイトしやすい環境になっていると言えると思います。 その他にも、販売店やスーパーのレジなどといったバイト先を選んでいる高校生も多く、自分にあった働き方を行う事ができるバイト先を好んで選んでいる傾向があるようです。 高校生のバイトで時間以外に注意する事とは? 高校生の場合、労働基準法で定められている労働時間以外にも収入面で注意しなければいけない事があります。 高校生の場合、あくまでも親の扶養に入っています。 その為、その扶養内で働く事が理想となります。 そうしなければ、親の税金負担が増えてしまう為です。 その為、年間103万円を超えないように調整しながらバイト時間を決める事が大切になります。 ・・とは言っても、高校生で年間103万円の収入を得ようと思うと、それは大変なことです。 その為、一部の高校生以外は、さほど気にする必要はないかと思います。 まとめ 高校生がバイトを行う際の注意事項となります。 高校生の場合、労働基準法で定められている労働時間を守りバイトをすることが鉄則です。 また、中には高校独自でバイトに関する取り決めが行われている場合もあります。 その為、それらを必ず守ってバイト選びから、バイト時間の設定までをするようにしましょう。

次の

バイト禁止の高校生におすすめ!バイト以外でバレないで稼げる方法!

高校生 バイト お金

軽作業(梱包・検品・仕分け) ネット通販の人気とともに増えている軽作業。 食料品や服飾品、本など様々な商品に傷や不備がないかチェックする「検品」、箱や段ボールに商品を詰める「梱包」、配送先ごとに商品を振り分ける「仕分け」などがあります。 いずれも単純作業で覚えやすく、お中元やお歳暮シーズンなどには短期募集が増えるので、長期休みを利用して気軽に働けます。 単発の募集では給料が日払いされることが多いです。 試験監督・採点・アドバイザー 進路が決まった高校生に人気なのが、試験監督・採点・アドバイザーのアルバイト。 主に小学生~高校生の模擬試験・学力テストの採点を行うお仕事です。 バイトを募集している企業が採点マニュアルを用意しているケースが多いので未経験でも困ることは少ないでしょう。 中には宿題の丸つけをしたり、分からない所をアドバイスしたり、実際に生徒と触れ合って勉強をお手伝いする求人も。 一方、送られてきた答案をPC画面上で添削する在宅の採点バイトもあるので、自分に合った働き方ができるのが特徴です。 元気に自信あり! てきぱき働く飲食店のアルバイト カフェ ホールとキッチンで仕事が分かれています。 ホール係は注文取り、ドリンクやフードの提供、片付け、会計、清掃など。 キッチン係はドリンク作りやフードの盛り付けなどをします。 仕事は全般的にシンプルで覚えやすく、初心者におすすめ。 夕方からシフトを組めるお店が多く、学校帰りの空いた時間に働けます。 また、将来カフェを開きたい目標のある高校生は、きめ細かい接客やノウハウが学べる、個人店でのバイトがおすすめです。 ファーストフード ハンバーガーや牛丼などのファストフード店は、注文取りや会計、提供メニューの調理などが中心ですが、まれに街頭でクーポンやチラシを配布することもあります。 ほとんどのファストフードチェーンは研修で仕事を基礎からしっかり学べ、カウンターでの接客や提供メニューの調理法などもマニュアル化されているところが多いため、高校生が働きやすい環境といえます。 週1日からの勤務が可能だという店舗も多く、学業や部活と両立しやすいです。 ファミレス お客様と接するホール係と調理するキッチン係の2つに分かれています。 ホール係はお客様の案内、注文取り、ドリンク作り、料理の提供、テーブルの片付け、会計、店内の清掃などを行います。 キッチン係は、高校生の場合は主に調理補助を担当し、仕込みや下ごしらえ、簡単な盛り付け、皿洗いなどを行います。 どちらの仕事も教育システムが整っているので安心。 従業員割引で食事できたり、まかないが提供されたりするお店もあります。 居酒屋 ホール係はお客様の案内、注文取り、料理やお酒の提供、片付け、会計、清掃などを行います。 キッチン係は調理補助から皿洗いまで行うこともあれば、大型店などでは「切る」「焼く」「揚げる」など、特定の役割を任されることもあります。 週末はもちろん、忘年会シーズンなどは特に忙しく、高校生ならではの元気な受け答えと、てきぱきとした対応が求められます。 ただし、22時から翌朝5時までは勤務不可。 お客様へのお酌も禁止されています。 さわやかな笑顔でお客様に対応! 接客アルバイト コンビニ 商品の販売はもちろん、公共料金の支払い代行、各種チケットの発券といったレジ業務、唐揚げなどレジ横にある商品の簡単な調理、品出しなど、仕事は多岐にわたっています。 ですが、多くのコンビニチェーン店は仕事のマニュアル化が進んでおり、ポイントがまとめられているので覚えやすいです。 店舗が多く、自宅の近辺から職場を探しやすいため、保護者に安心してもらいやすい点も高校生にはぴったり。 シフトの融通が利き、学校生活と両立しやすいです。 スーパー、弁当・惣菜販売 仕事はレジ業務やお客様対応、商品陳列、清掃、棚卸しなど。 惣菜やお弁当コーナーの担当になれば、簡単な調理やパック詰めを行います。 職場には社員やベテランのパートがいる場合が多く、わからないことや困ったことが起こった際も随時サポートしてくれるので心強いです。 勤務はシフト制で、1日2~3時間程度の短時間からでも働ける場合が多く、融通が利きやすいのもポイント。 福利厚生で買い物の割引制度を設けているお店もあります。 カラオケ 受付や会計などのカウンター業務、機材の使用方法の説明や入退室のアナウンスといったお客様対応、ドリンクやフードメニューの調理と提供、部屋の清掃、機材のメンテナンスなど。 研修やマニュアルが整っており、高校生でも働きやすいことから若い世代のスタッフが多いです。 明るい雰囲気で楽しく仕事ができ、またプライベートでも仲良くできる人間関係を築けるのも魅力です。 勤務はシフト制で、学校生活を優先しやすいです。 書店、CD・DVD販売 レジ業務、接客、品出し、陳列、清掃などのほか、中古店ではお客様の持ち込んだ品の査定もします。 多くのチェーン店で研修制度やマニュアルが用意されており、高校生でも仕事を身につけられる環境が整っています。 店内には多ジャンルの書籍やCD、ゲームなどがそろい、読書や音楽が趣味という人には魅力的な職場です。 どこに陳列するかを楽しみながら覚えられ、お客様対応もスムーズにこなせるようになります。 高校生に人気のアルバイト 職種ランキング 男子高校生・女子高校生それぞれに「働きたいアルバイトの職種」をアンケート調査しました。 男子・女子ともに1位は「飲食・フード」、2位は「販売・接客・サービス」という結果に。 これらはファミレスやファストフードなどのホール係やキッチン係、コンビニのスタッフなどが該当しますが、普段から親しみのあるお店が多く、働きやすいのかもしれませんね。 3位は、男子は「軽作業」、女子は「アパレル・ファッション関連」という結果が出ており、男子は力仕事、女子はおしゃれと、得意なことを活かして働いている高校生が多いようです。 優先したい条件をきちんと定めることで、納得のいくバイトに出合えそうです。 女子高校生に人気のバイトTOP10 バイト探しのコツ 高校生のアルバイトは、勤務時間に制限があるため、コンビニやファストフード、ファミレスなど、業種が少し限られてしまいます。 近所や最寄り駅付近のお店に「高校生歓迎」のアルバイト募集の張り紙がないか、近くを通る際にチェックしてみるとよいでしょう。 また、求人サイトで検索するのも手軽でおすすめです。 「高校生OK」などの条件を選択すると、該当する求人が一覧で見られます。 その際、「旅行へ行きたいから、時給のよい仕事で効率よく稼ぎたい」「同世代の仲間と楽しく働きたい」「将来の目標に向かって、経験を積める仕事をしたい」など、希望する条件に優先順位をつけて探すと、より納得のいく仕事に出合えるでしょう。 興味のあった「カフェバイト」で、旅行費用を貯めることができました! 友達との国内旅行の費用を貯めるためにバイトを探していたのですが、どうせなら興味のある分野で働こうと思って「カフェ」を選びました。 店内がすごくおしゃれなのでテンションが上がり、楽しい気持ちになります。 しかも、接客術だけでなく年上のアルバイトや正社員の方との対人関係まで学ぶことができ、社会勉強にもなりました。 「コンビニバイト」でたくさんの人と出会い、友達の幅が広がりました! 高校の部活仲間やクラスメイト以外にも友達を作りたくて、いつも利用している「コンビニ」でバイトを始めました。 作業は思った以上に大変でしたが、学校や地元が違う人たちと出会うことができ、新しい発見もたくさんありました。 今ではそこで知り合ったアルバイト仲間とすごく仲良くなり、休日も一緒に過しています。 友達が勧めてくれた「引越しバイト」のおかげで楽しい時間を過ごせました! 友達から「引越しバイト」の楽しいエピソードを聞き、一緒にやってみることに。 仕事はかなりハードでしたが、みんなと食べるご飯が美味しかったり、疲れが達成感に変わったりとやりがいは大きかったですね。 また、経験豊富な年上のスタッフとも交流でき、いろいろと勉強に。 バイトを紹介してくれた友達との友情も深まった気がします。 メリット 高校生歓迎のアルバイトは研修制度が充実している傾向にあり、初心者でも安心して始められるのが大きなメリットです。 社会経験の少ない高校生を採用することに慣れており、教育係のスタッフが段階的に仕事を教えてくれるため、無理なく仕事を覚えられます。 また同世代が多いため、相談しやすい環境も心強いです。 デメリット アルバイトに時間を取られるため、その分自由な時間は減ってしまいます。 部活や塾もあればさらに忙しく、せっかくお金を貯めたのに、友達と遊んだり、趣味を楽しんだりする時間がないなんてことも。 お金はこの先も稼げますが、高校生でいられる時間は二度と戻ってきません。 自分の時間を大切に、学業との両立を考えてバランスよく働きましょう。 授業や部活、プライベートと両立することは可能でしょうか?• 「高校生歓迎」と書いているバイトの場合、シフトが自己申告制もしくは自由に組めるところが目立ちます。 募集側が高校生の事情をよく理解しているので、自分のスケジュールに合わせやすいでしょう。 高校生だと安い時給で働かされるイメージがあるのですが、大丈夫でしょうか?• 社会人や大学生と比べて少し時給が安くなっていますが、都道府県ごとに最低賃金が設けられているので、一定金額より下がることはありません。 ちなみに、18歳以上であれば、居酒屋など高時給の夜勤系アルバイトに就ける場合があります。 一時的にお金が必要なので短期間バイトをしたいのですが、お金が貯まったらすぐに辞めることはできますか?• 高校生歓迎のアルバイトでは、忙しさを考慮して短期・単発系のバイトが多くなっています。 ただ、長期バイトを前提に募集しているところもあるので、事前にチェックしておきましょう。 高校生の労働時間に制限はありますか?• 18歳未満であれば、午後10時から午前5時までの深夜タイムは勤務できません。 さらに時間帯に関係なく、労働時間は1日8時間以内、週40時間以内と定められており、これを超えると法律違反となります。 病欠のスタッフの代わりなど急な勤務をした場合は、必ず規定時間を超えて働いていないかを確認しましょう。 バイトの掛け持ちはできますか?• 長期バイトの掛け持ちは、時間的にも体力的にもきついと感じる人が多く、両立するのは容易ではありません。 しかし、工夫をしながら長期バイトと短期バイトを組み合わせている人もたくさんいます。 長期バイトのシフトを軸に、空いている休日や連休などに、日雇いや繁忙期のみ募集するスポットの仕事を入れるのもよいでしょう。 高校生でも所得税はかかりますか?• 高校生であっても、バイトの年収が103万円を超えると所得税がかかります。 勤労学生控除を申請すると上限が年収130万円になりますが、勤労学生であるかどうかにかかわらず、103万円を超えると親の扶養から外れ、親の負担する税金が増えてしまうので要注意。 これらの負担を回避したいなら、バイトの給料は103万円以内にするのが得策でしょう。 履歴書の書き方 履歴書の記入で最も悩んでしまうのが志望動機です。 ポイントは、仕事への意欲をしっかり伝えること。 たくさんあるバイトの中からこの仕事のどこに魅力を感じたのか、自分の性格や特技を絡めながらまとめるとよいでしょう。 またアルバイト歴は、業務経験としてアピールできるので記入するのが好ましいです。 面接での対応 面接では、週に何日、何時から何時まで勤務できるのか、テスト期間中に休みは必要か、いつから働き始められるかなど、採用した場合の働き方を具体的に質問されます。 長く働き続けるためにも、無理な回答はNG。 「テスト期間はお休みさせてください」など、正直に答えましょう。 服装や髪形は清潔感を心がけて。

次の

高校生アルバイトの労働時間や条件、働き方の気を付けるポイント

高校生 バイト お金

人が生きていくには、お金が必要です。 お金がないと欲しい物が買えません。 ジュースも買えません。 スマホゲームもデートもできません。 ついにはホームのない人になり、 公園で草を食べる生活になります。 大人だったら働いて稼げばいいですが、未成年の人は学校もあって自由に仕事もできません。 ある意味、子供の方が不自由なのです。 大学生はもちろんのこと、高校生や中学生でも「もっとお金が欲しい!」という人が多いはずです。 親がお小遣いをくれないのなら、 『海賊王に、おれはなる!』の精神で、自力でお宝を掴みに行くしかありません。 しかし 海賊行為は犯罪です。 タイーホ案件です。 やっちゃいけないことだし、おかしな実を食べるとお腹を壊すので、当ブログでは推奨しません。 お金は清く正しく合法的な手段で稼ぎましょう。 そこで今回は 中学生・高校生・大学生でもできる内職や、 お金を稼ぐ方法を紹介します。 お金が欲しい学生さんは参考にしてください。 お金を稼ぐ基本的な方法 お金を稼ぐ基本といったら、やはりアルバイトです。 中学生だと厳しいかもしれませんが、高校生や大学生ならバイトで稼ぐのが一番です。 アルバイトの魅力は、必ずお金を稼げることです。 内職の多くは成功報酬制のため、成果が出ないと働いても収入が得られません。 その点、 時給制のアルバイトは確実に稼げるのが魅力です。 ネット上にはアルバイト求人サイトがたくさんあるので、なるべく求人数が多くて使いやすいサイトで仕事を探してみましょう。 近年はバイト決定でお祝い金がもらえるサービスもあります。 例えば アルバイトEXでは、 対象者全員に現金3万円&最大15万円のお祝い金をプレゼントしています。 これは業界No. 1の金額です。 しかもアルバイトEXは23のメディアと提携し、 国内100万件の求人を扱っています。 求人数においても国内No. 1を誇ります。 一般的なアルバイトだけではなく、内職や在宅ワークの求人も数多く取り扱っているので、お金が欲しい人は参考にしてください。 他にもマッハバイトでは バイト決定で全員必ず5,000円~1万円のお祝い金を支給しています。 最低でも必ず5,000円はもらえるので嬉しいです。 私も学生時代に何度か利用しましたが、かなりお得なサイトです。 ネットを利用した内職 「お母さんがバイトをさせてくれない」 「人に雇われてお金を稼ぐなんて、ブタだね!」 「働いたら負けかなと思ってる」 という方は、 ネットを利用してお金を稼ぐ方法があります。 パソコン&スマホを利用すれば、大学生はもちろん、高校生や中学生でも手軽にお金を稼ぐことができます。 中には 高校生でも1ヶ月で数十万円の大金を稼ぐ人もおり、高収入を得られる可能性も皆無ではありません。 ネットでお金を稼ぐ長所としては・・・ ・自宅にいながら稼ぐことができる ・人に雇われずに稼ぐことができる ・ノルマがなく、自分のペースで取り組める ・外で働くよりも高収入が狙える ・親や学校に内緒で稼げる といった点が挙げられます。 中学生や高校生だと稼ぎ方がある程度制限されますが、 外で働くよりも自由度は高いです。 また楽しく遊びながら稼ぐこともできます。 外で働けない人は、ネット内職やネットのお小遣い稼ぎをしましょう。 中学生・高校生からできる内職&お金の稼ぎ方 誰でも簡単に稼げるのが、ポイントサイトです。 ポイントサイトは子供からお年寄りまで誰でも気軽にお金を稼ぐことができます。 一部のポイントサイトは年齢制限がありますが、 中学生以上ならほぼ問題なく利用できます。 しかも完全無料なので、安全性も高いです。 ただポイントサイトによっては、あまり稼げないサービスも多いです。 どうせ利用するなら高収入を狙えるサイトを使いましょう。 ポイントサイトでもうまく使えば1ヶ月に10万円以上稼ぐことは可能だし、中には複数のサイトを利用して月100万円以上稼ぐ人もいます。 PCやスマホを有効活用し、コツコツ稼いでみてください。 長く続けていると稼ぎ方が分かるようになり、収入はどんどん増えていきます。 以下に私が愛用しているポイントサイトを紹介します。 どれも大手で高収入が狙える有名サービスです。 ぜひ参考にしてください。 ちょびリッチでお金を稼ぐ 年齢制限は12歳以上なので、中学生・高校生・大学生でも利用できます。 ちょびリッチは 約330万人が利用する大手優良ポイントサイトです。 特に近年は非常に勢いがあり、私も重宝しています。 稼ぎ方としては、10種類以上のゲーム、アンケート、覆面モニター、友達紹介、サービス利用、データ入力やデータチェック、記事作成などの在宅ワークと非常に豊富です。 様々な稼ぎ方ができるのが魅力です。 トップクラスの会員になると、 1ヶ月で30万円以上稼ぎます。 在宅ワークのコーナーもあるので、きちんと利用すれば毎月安定的に稼ぐこともでき、内職や副業としても活用できます。 一方で初心者の人でも成果を出しやすいので、未成年の方にもおすすめです。 パソコンだけでなく、スマホでもお金が稼げます。 特におすすめは毎月開催されている爆弾ランキングキャンペーンです。 最高賞金は30万円&総額80万円以上の特大イベントです。 これは毎月実施されているので、うまくいけば高額の賞金を毎月獲得できます。 高額ではありませんが、私も過去に1~2万円を8回もらいました。 誰でも無料で参加できるので、ぜひチャレンジしてみてください。 ポイントは 2pt=1円で1,000pt(500円)から現金と交換できます。 今なら 無料会員登録した月の月末までに1ptでも獲得すると、250円の特典がもらえます。 1ptなんて簡単なので必ず特典をGETしてください。 *特典は翌月中にプレゼントされます。 こちらは 700万人以上が利用する業界最大手のサービスです。 「ポイントサイトの中ではモッピーが一番稼げる」 と言われるほど稼ぎやすさに定評のあるサイトです。 実は私もネットの口コミを見て利用し始めた一人です。 現在は月4万円ほど稼いでいます。 稼ぎ方の種類はちょびリッチとほぼ同じで、多彩な稼ぎ方ができます。 自分の好きな時に好きな方法で稼ぎましょう。 モッピーの場合、 毎月50万円以上稼ぐ会員もいます。 ポイントサイトの常識を超えた高収入を稼げるのが、大きな魅力です。 といってもすぐにこんな大金が稼げるわけではありません。 千里の道も一歩から。 簡単に諦めず、コツコツ続けていくことが大切です。 無料で稼げるゲームも揃っているし、お得に稼げるキャンペーンも多いです。 だから毎日楽しくお小遣い稼ぎができると思います。 スマホ版も優秀なので、スマホユーザーにもおすすめですね。 1サイトで1ヶ月500円ぐらいなので、複数のサイトに登録しても数千円が限界です。 ただ空き時間を利用してコツコツ回答すれば、多少のお小遣いにはなります。 そのためメインではなく、サブ的に利用するといいでしょう。 またネットアンケートだけでは大して稼げませんが、会場アンケートや個別インタビューなどに参加すれば、結構稼げます。 1回参加するだけで 数千円~1万円以上もらえるので、会場アンケートなどの参加を目的に利用するのもいいかもしれません。 覆面モニターは買い物や外食をよくする人におすすめです。 支払った代金の30%~200%がキャッシュバックされるので、節約になります。 多くの覆面モニターサイトは18~20歳以上という年齢制限がありますが、最大手のファンくるは16歳以上と低い制限になっています。 高校生ぐらいの方で覆面モニターに参加したい人は、ファンくるがおすすめです。 案件数も多くて人気の高い超有名サービスです。 大学生からできる内職&お金の稼ぎ方 大学生にもなれば比較的自由にアルバイトもできるし、ポイントサイト以外にも様々な内職やネット副業でお金を稼ぐことができます。 ここでは大学生以上でできる代表的な稼ぎ方を幾つか紹介します。 在宅ワークでお金を稼ぐ 多くの在宅ワークは 18歳以上という年齢制限があります。 そのため高校生では不可ですが、大学生以上なら利用が可能です。 在宅ワークは 自分の趣味や特技を活かした稼ぎ方ができます。 将来の就職も視野に入れて活動できると、より有益なものとなります。 ただ在宅ワークの場合、悪質業者や詐欺も少なくありません。 そのため安全で信頼できるサービスを利用することが大切です。 以下におすすめの在宅ワーク求人サイトを紹介しておきます。 在宅ワークでお金を稼ぎたい方は、ぜひお役立てください。 治験でお金を稼ぐ 自由な時間が多い大学生なら、治験バイトでお金を稼ぐことも可能です。 治験の場合、 1日平均1万円の報酬が得られます。 3週間の入所で 50万円以上稼げることもあり、高収入を得られるのが魅力です。 治験に参加するには 最初に健康診断などを受ける必要があり、少々面倒です。 また治験は大都市圏で行われるため、地方の人は参加しにくいです。 最初は少し面倒ですが、大金が稼げるので時間がある人におすすめです。 女性が高収入を稼ぐ方法 女性の場合はチャットレディやテレフォンレディで稼ぐこともできます。 これらは18歳以上(高校生不可)という募集条件が一般的に設けられているので、大学生以上なら稼ぐことが可能です。 チャットレディの場合、 時給は3,500円~8,000円以上。 テレフォンレディでも 時給2,000円~4,000円程度が得られます。 さらに 即日払い・週払いもあるので、即金で稼ぐことも可能。 ノルマやシフトもないので、 自分の好きな時に働けるのも魅力です。 これならちょっとした空き時間を利用してお金を稼ぐこともできます。 パソコンやスマホ越しに話をするだけなので安全性は高いし、若いほど有利で稼ぎやすい職業なので大学生~20代の女の子に最適です。 「でも知らない男の人と話をするのはちょっと怖い」 という人にはメールレディがおすすめです。 メールレディならLINE風の画面でメールのやりとりをするだけなので簡単です。 他人にもバレにくいので、こっそり稼いでいる人も多いです。 アフィリエイトでお金を稼ぐ方法 ネットの内職や副業で忘れてならないのが、アフィリエイトです。 ブログやSNSにネット広告を掲載し、収入を得る稼ぎ方です。 アフィリエイトの場合、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)というサービスを利用しなければなりませんが、これには18歳以上という年齢制限があります。 そのため中学生や高校生は利用できません。 しかし大学生なら利用可能です。 しかも 完全無料で費用は1円もかからないので、リスクもありません。 安全性も高いです。 おまけに高収入を狙うことも可能です。 凄腕アフィリエイターになると、 1ヶ月で1,000万円以上稼ぐ人もいます。 大学生でも月100万円以上稼ぐ人もいるので、一攫千金を狙いたい人におすすめです。 ちょっとしたお小遣い稼ぎから本格的なビジネスまで、自分のスタイルに合った稼ぎ方ができるのが魅力です。 アフィリエイトができれば就職をせずに在宅ビジネスで生計を立てることも可能です。 学生時代にぜひ挑戦してみてください。 アフィリエイトで稼ぐ場合は、 A8. netというサービスがおすすめです。 netは初心者でも使いやすく、広告の種類も豊富です。 そのため非常に稼ぎやすく、月100万円以上稼ぐ人も大勢います。 9年連続でアフィリエイト満足度1位を獲得しており、そのサービスの質は他社を圧倒しています。 まさに業界No. 1のサイトです。 netなら無料ブログサービスも提供しているので、現在ブログを持ってない人でも今日から無料でアフィリエイトを開始できます。

次の