古語 変換。 古文辞書

中古日本語

古語 変換

歴史的仮名遣いの文章入力法 入力法について 歴史的仮名遣いの文章をパソコンなどで大量に入力するのは大変です。 どういう方策があるでしょうか。 1.普通の入力ソフトで行う方法(推奨) 歴史的仮名遣い用の変換辞書を入手して入力ソフトに登録します。 例: (歴史的仮名遣教室) MS-IME、Google日本語入力用のフリーソフト。 2.自動書き換えソフトを利用する方法 「仮名遣い変換」で検索すると現代仮名遣いの文を歴史的仮名遣いに書き換えてくれるオンラインソフトが複数見つかります。 ただ書き換え精度は万全とは言えないようですので注意が必要です。 3.原文をコピーペーストする方法 入力しようとする歴史的仮名遣いの文章がネット上などに存在するのであれば、それをコピーして利用するのも手です。 場合によっては不要な書式を取り去るために一旦「メモ帳」などに移してさらにコピーペーストします。 4.入力ソフトを購入する方法 それぞれ一長一短ありますが、以下を参考にして下さい。 例: (JustSystems Corporation) (有限會社申申閣) 参考:MS-IMEでの特定文字入力法 「ゐ」「ゑ」「ゎ」の入力 wyiと入力すると「ゐ」、wyeと入力すると「ゑ」が得られます。 あるいは、wiと入力すると「うぃ」と表示されますが変換するとすぐに「ゐ、ヰ」が得られます。 weと入力すると「うぇ」と表示されますが変換すれば「ゑ、ヱ」が得られます。 また、xwa または lwa と入力すると「ゎ」と表示され、変換すると「ヮ」が得られます。 入力設定が「かな入力」に変更されている場合は「い」の変換候補の中から「ゐ、ヰ」を、「え」の変換候補から「ゑ、ヱ」を、「わ」の変換候補から「ゎ、ヮ」を選ぶ。 一旦使用すれば次からはすぐに変換されます。 Microsoft Wordで縦書きの文を入力するときには2文字以上の繰り返しを表す細長い「く」の字様の符号(くの字点)を使用することができます。 また、より簡単には次の方法を取ることもできる。 旧漢字を入力するソフトや、テキスト中の新漢字をまとめて旧漢字に置き換えるソフトなどもあります。 ネット上でお探し下さい。 濁点非表示やカタカナの文の入力について 濁点非表示の変換辞書は大変非効率的なものとなってしまいます。 またカタカナ辞書も使いにくいものです。 一旦ふつうに文を作成した後、ソフトなどを利用して文字を一括差替えすることをお勧めします。

次の

古文辞書

古語 変換

Weblio古語辞典は、古文に登場する古語について調べることができる無料のオンライン古語検索サービスです。 約23000語の古語が登録されおり、古文の助動詞の活用や古典の用例の訳をはじめ、様々な古語の意味を調べることができます。 古文辞書の主な特長• 古語・古文の「 意味」を調べられます• 古語の「 品詞」が分かります• 活用する古語の場合、その古語の「 活用形」および「 活用の種類」が分かります• 活用する古語については、その古語の「 語幹」を調べられます• 古典作品における古文の「 用例」が表示されます• 古文の用例の「 出典情報」や「 現代語訳」を調べられます• 古語・古文の「 成り立ち」が分かります 古語辞書の中で、古文の解説をする際に、下記のようなラベルを利用している場合があります。 活用 … 古語が、活用形ごとにどのように活用するかを表す• 分類 … 古語・古文のカテゴリを示す• 出典 … 表示されている古文の用例の出典元を示す• 鑑賞 … 古典文学や和歌などの古文作品の背景を解説する• 語法 … 古語が、古文の中でどのような使われ方をするかを示す• 品詞分解 … 古語が、複数の品詞から成る場合に、品詞を分解して示す• なりたち … 古語が、複数の品詞から成る場合に、語の構成を解説する• 語の歴史 … 歴史的にその古語がどのような変遷を経て来たかを解説する• 参考 … 古語・古文を理解する上で、参考になる情報を示す• 注意 … 古語・古文についての注意事項を解説する.

次の

古文辞書

古語 変換

歴史的仮名遣いの文章入力法 入力法について 歴史的仮名遣いの文章をパソコンなどで大量に入力するのは大変です。 どういう方策があるでしょうか。 1.普通の入力ソフトで行う方法(推奨) 歴史的仮名遣い用の変換辞書を入手して入力ソフトに登録します。 例: (歴史的仮名遣教室) MS-IME、Google日本語入力用のフリーソフト。 2.自動書き換えソフトを利用する方法 「仮名遣い変換」で検索すると現代仮名遣いの文を歴史的仮名遣いに書き換えてくれるオンラインソフトが複数見つかります。 ただ書き換え精度は万全とは言えないようですので注意が必要です。 3.原文をコピーペーストする方法 入力しようとする歴史的仮名遣いの文章がネット上などに存在するのであれば、それをコピーして利用するのも手です。 場合によっては不要な書式を取り去るために一旦「メモ帳」などに移してさらにコピーペーストします。 4.入力ソフトを購入する方法 それぞれ一長一短ありますが、以下を参考にして下さい。 例: (JustSystems Corporation) (有限會社申申閣) 参考:MS-IMEでの特定文字入力法 「ゐ」「ゑ」「ゎ」の入力 wyiと入力すると「ゐ」、wyeと入力すると「ゑ」が得られます。 あるいは、wiと入力すると「うぃ」と表示されますが変換するとすぐに「ゐ、ヰ」が得られます。 weと入力すると「うぇ」と表示されますが変換すれば「ゑ、ヱ」が得られます。 また、xwa または lwa と入力すると「ゎ」と表示され、変換すると「ヮ」が得られます。 入力設定が「かな入力」に変更されている場合は「い」の変換候補の中から「ゐ、ヰ」を、「え」の変換候補から「ゑ、ヱ」を、「わ」の変換候補から「ゎ、ヮ」を選ぶ。 一旦使用すれば次からはすぐに変換されます。 Microsoft Wordで縦書きの文を入力するときには2文字以上の繰り返しを表す細長い「く」の字様の符号(くの字点)を使用することができます。 また、より簡単には次の方法を取ることもできる。 旧漢字を入力するソフトや、テキスト中の新漢字をまとめて旧漢字に置き換えるソフトなどもあります。 ネット上でお探し下さい。 濁点非表示やカタカナの文の入力について 濁点非表示の変換辞書は大変非効率的なものとなってしまいます。 またカタカナ辞書も使いにくいものです。 一旦ふつうに文を作成した後、ソフトなどを利用して文字を一括差替えすることをお勧めします。

次の