中国 語 翻訳 アプリ。 ‎「Google 翻訳」をApp Storeで

中国語翻訳に使えるアプリ|いつでも、どこでも安心!

中国 語 翻訳 アプリ

もし、あなたが海外旅行などで外国語を使わなければならない場面で、どうしても日本語でしか話すことができない出来事に出くわしてしまった場合に、とても便利になるアプリがあります。 それは今回紹介する 「百度翻訳 Baidu 翻訳アプリ」というアプリです。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを紹介しておすすめする理由がたくさんあります。 まずは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは中国語を日本語に翻訳する機能を持つアプリなのです。 外国人との接客や交流を頻繁にするひとにとっては便利なアプリになります。 一昔前の時代は、外国語レッスンや教材など定期的にお金を支払って、外国語を覚えていたと思います。 そのような方法で外国語を覚えていたひとにとっては、何も問題がないのですが、お金を支払って外国語が理解できなかったひともいたでしょう。 今の時代は、そのような高いお金を払って失敗したという経験をしないで済む方法があります。 そうです。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使って、外国人との接客や交流で活躍すること間違いないのです。 音声や文字で翻訳できますので、問題がないのです。 しかも百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、 無料で翻訳機能を使うことができてしまいます。 外国語レッスンや教材にお金をかける必要が一切ありません。 もちろん百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、追加料金を支払うことなく、すべての使い方が可能です。 翻訳精度も好評ですので、外国人とのコミュニケーションもスムーズに百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの機能使えば行うことができます。 それでは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリをおすすめする理由は説明しながら、機能の紹介をしていきます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、中国Baiduが開発している双方向翻訳アプリです。 中国のバイドゥ(百度)はとても大きい会社です。 一度お使いのアプリをダウンロードできるストアのアプリ検索で「百度」と検索してみましょう。 百度と名のついたアプリがたくさん表示されるでしょう。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの他にも豊富なアプリを中国Baiduは提供しているのです。 バイドゥは、 Baidu Japan(バイドゥ株式会社)を最近立ち上げました。 日本にも進出しているのです。 ですので、中国のアプリだから危険なのでは?ダウンロードするとウイルス感染するのでは?と疑問に思ってしまうのですが、一切そういうことはありませんので安全に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使うことができます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、iTunes Store、Google Storeでダウンロードが可能です。 androidとiPhoneに対応しています。 また百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、中国語の翻訳だけではありません。 全28言語の双方向翻訳に対応しています。 ですので、中国人だけではなくさまざまな国のひととのコミュニケーションにも使用できてしまいます。 双方向翻訳機能を持っていますので、互いに相手の言葉を話せなくても、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声翻訳の認識により話すことができます。 通訳さんがいなくても、これ一つダウンロードしておけば問題ありませんので、通訳が必要なビジネスシーンでも利用できるのです。 それでは、これから使い方と機能や翻訳精度・認識について、詳しくこれから知っていきましょう。 音声チャットは、百度先生というAIと一緒にチャット感覚で翻訳をしてくれます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリだから百度先生なんでしょうね。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを起動すると、画面下に 「会話」というボタンがあるのでタッチします。 すると音声チャットの画面が表示されますので、 分からない中国語を入力すれば、百度先生が日本語に翻訳してくれます。 翻訳精度も高く最近のAIの技術も高くなっていると思います。 また、文字だけではなく写真を添付することも可能です。 中国語が書いてある画像や写真を、百度先生に送ると画像の中国語の内容をすべて翻訳してくれます。 翻訳語は、音声ボタンをタッチすると女性の声が流れますので、その音声を覚えておきましょう。 中国の旅行で必ず、中国料理店に訪れるでしょう。 そこでは、飲食店のメニュー表があるはずです。 最近は中国にも日本人の観光客が増えていきしたので、日本語のメニュー表が用意されているお店が増えていきましたが、すべてがそうとは限りません。 飲食店のメニュー表を見ても、どういう食材でいくらするのかが分からない場合に、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使っていきましょう。 そうすると、メニュー表に何が書いてあるか理解できると思います。 食品アレルギーを持っているひとは特に便利です。 メニュー表を指さして、言葉を使わずに注文するのもいいと思いますが、せっかくですから百度翻訳 Baidu 翻訳アプリで翻訳した 中国語を使って注文するのも、その国に来た感じがして楽しいですよ。 中国語に翻訳されても、その中国語がどうやって呼んでいいか分かりませんよね?そのような場合は、カナルビのような感じで、中国語を読めるようになる機能があるのです。 それがピン音です。 ピン音の表示が、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリでは可能です。 pinyin ピンイン とは、中華民国(台湾)における中国語などの言語をローマ字表記にしてくれます。 このようなピン音の表示ができることにより、中国語をどう発音するのかが簡単に分かります。 翻訳した中国語を音声で再生することができますので、ピン音と確認して発音の仕方を覚えることもできます。 実際に発音してみて、合っているかどうかやってみると中国語をよく学ぶことができそうですね。 それでは、実際に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを普段使っているスマートフォンにダウンロードしていきましょう。 iPhone、iPad、iPod touchをお使いのひとは上のリンクの「「百度翻译-外语词典翻译,英语学习必备」をApp Storeで」をクリックしてアクセスしてください。 App Storeでは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリがダウンロードできます。 android版の百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、復活することがあるかもしれません。 その場合は、こまめにアプリ検索から「百度」と検索して、ダウンロードできる状態になっているか確認してみるといいでしょう。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声と文字の翻訳ができると理解しましたね?しかし翻訳できるといっても、認識が悪い、精度が低いので正しい翻訳ができないのでは?と疑問に思いますよね。 無料で、百度翻訳は使えるのですから、認識や精度など不安ですよね。 それでは、そんな 音声・文字翻訳の精度はどうなのか?認識はきとんと正しくできるのか?について、実際に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリをインストールして、試してみました。 注意点がいくかありますので、先に説明していきます。 音声翻訳についてですが、これはご自分の声や発音の違いよって認識する具合が変化します。 ですので、認識に関しては、ご自分の声による部分によって個人差があると思います。 そこを理解したうえで、参考にしてくださいね。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声翻訳の精度を見ていきましょう。 まずは、音声を翻訳する前に操作を説明していきたいと思います。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを起動させて 「マイクアイコン」をタッチして、マイクを起動させます。 この状態から、翻訳したい言語の音声を吹き込みます。 スマートフォンのマイク部分に、口を近づけておいてください。 また翻訳する場合の周囲が騒がしくないか確認をしておきましょう。 今回は、音声で日本語から中国語に翻訳をしました。 試しに、時計屋での中国人との接客のシーンに遭遇したときの例えで説明します。 「今はこの腕時計が一番人気があります」と音声翻訳に向かって、日本語で吹き込みました。 すると少々音声翻訳処理が開始します。 そうすると次の画面では、きとんと中国語に文字で翻訳することに成功しました。 そのまま翻訳された文字を画面にある 「スピーカーマーク」をタッチします。 そうすると、音声が流れます。 その音声を中国人のお客さんに、聴かせるのです。 そうすることで、言葉が分からない同士でコミュニケーションを取ることができるのです。 いくか音声翻訳をしましたが、長文になるにつれて精度が落ちていく感じがしました。 「東京駅までの行き方を教えてください」「please show me directions to Tokyo station」ときとんと音声翻訳できる場合もありますが、何度か同じ言葉をいっても発音などの影響で翻訳が変化するようです。 今度は英語に翻訳してみました。 するときちんと英語に翻訳できました。 今回は翻訳が正常にできましたが、他に検証をしていきました。 「桜島駅からzepp大阪ベイサイド行き方を教えてください」と中国語に翻訳をしてみました。 すると 「请告诉我从樱岛站到zepp大阪湾沿岸怎么走」と中国語に翻訳されました。 一見正しく翻訳されているように見えますが、これを日本語に翻訳すると 「桜島駅からzup大阪湾沿いにはどう行けばいいか教えてください。 」となります。 多少意味は分かると思いますが、肝心な部分が抜けていますので、百度翻訳の精度はまだまだなようですね。 この後も15個ほど翻訳しましたが、 6個ほどしか正しく翻訳することはできませんでした。 正しく翻訳する確率は低めなようです。

次の

中国語翻訳で一番使えるアプリとサイトは?|中国メモ

中国 語 翻訳 アプリ

もし、あなたが海外旅行などで外国語を使わなければならない場面で、どうしても日本語でしか話すことができない出来事に出くわしてしまった場合に、とても便利になるアプリがあります。 それは今回紹介する 「百度翻訳 Baidu 翻訳アプリ」というアプリです。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを紹介しておすすめする理由がたくさんあります。 まずは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは中国語を日本語に翻訳する機能を持つアプリなのです。 外国人との接客や交流を頻繁にするひとにとっては便利なアプリになります。 一昔前の時代は、外国語レッスンや教材など定期的にお金を支払って、外国語を覚えていたと思います。 そのような方法で外国語を覚えていたひとにとっては、何も問題がないのですが、お金を支払って外国語が理解できなかったひともいたでしょう。 今の時代は、そのような高いお金を払って失敗したという経験をしないで済む方法があります。 そうです。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使って、外国人との接客や交流で活躍すること間違いないのです。 音声や文字で翻訳できますので、問題がないのです。 しかも百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、 無料で翻訳機能を使うことができてしまいます。 外国語レッスンや教材にお金をかける必要が一切ありません。 もちろん百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、追加料金を支払うことなく、すべての使い方が可能です。 翻訳精度も好評ですので、外国人とのコミュニケーションもスムーズに百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの機能使えば行うことができます。 それでは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリをおすすめする理由は説明しながら、機能の紹介をしていきます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、中国Baiduが開発している双方向翻訳アプリです。 中国のバイドゥ(百度)はとても大きい会社です。 一度お使いのアプリをダウンロードできるストアのアプリ検索で「百度」と検索してみましょう。 百度と名のついたアプリがたくさん表示されるでしょう。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの他にも豊富なアプリを中国Baiduは提供しているのです。 バイドゥは、 Baidu Japan(バイドゥ株式会社)を最近立ち上げました。 日本にも進出しているのです。 ですので、中国のアプリだから危険なのでは?ダウンロードするとウイルス感染するのでは?と疑問に思ってしまうのですが、一切そういうことはありませんので安全に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使うことができます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、iTunes Store、Google Storeでダウンロードが可能です。 androidとiPhoneに対応しています。 また百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、中国語の翻訳だけではありません。 全28言語の双方向翻訳に対応しています。 ですので、中国人だけではなくさまざまな国のひととのコミュニケーションにも使用できてしまいます。 双方向翻訳機能を持っていますので、互いに相手の言葉を話せなくても、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声翻訳の認識により話すことができます。 通訳さんがいなくても、これ一つダウンロードしておけば問題ありませんので、通訳が必要なビジネスシーンでも利用できるのです。 それでは、これから使い方と機能や翻訳精度・認識について、詳しくこれから知っていきましょう。 音声チャットは、百度先生というAIと一緒にチャット感覚で翻訳をしてくれます。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリだから百度先生なんでしょうね。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを起動すると、画面下に 「会話」というボタンがあるのでタッチします。 すると音声チャットの画面が表示されますので、 分からない中国語を入力すれば、百度先生が日本語に翻訳してくれます。 翻訳精度も高く最近のAIの技術も高くなっていると思います。 また、文字だけではなく写真を添付することも可能です。 中国語が書いてある画像や写真を、百度先生に送ると画像の中国語の内容をすべて翻訳してくれます。 翻訳語は、音声ボタンをタッチすると女性の声が流れますので、その音声を覚えておきましょう。 中国の旅行で必ず、中国料理店に訪れるでしょう。 そこでは、飲食店のメニュー表があるはずです。 最近は中国にも日本人の観光客が増えていきしたので、日本語のメニュー表が用意されているお店が増えていきましたが、すべてがそうとは限りません。 飲食店のメニュー表を見ても、どういう食材でいくらするのかが分からない場合に、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを使っていきましょう。 そうすると、メニュー表に何が書いてあるか理解できると思います。 食品アレルギーを持っているひとは特に便利です。 メニュー表を指さして、言葉を使わずに注文するのもいいと思いますが、せっかくですから百度翻訳 Baidu 翻訳アプリで翻訳した 中国語を使って注文するのも、その国に来た感じがして楽しいですよ。 中国語に翻訳されても、その中国語がどうやって呼んでいいか分かりませんよね?そのような場合は、カナルビのような感じで、中国語を読めるようになる機能があるのです。 それがピン音です。 ピン音の表示が、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリでは可能です。 pinyin ピンイン とは、中華民国(台湾)における中国語などの言語をローマ字表記にしてくれます。 このようなピン音の表示ができることにより、中国語をどう発音するのかが簡単に分かります。 翻訳した中国語を音声で再生することができますので、ピン音と確認して発音の仕方を覚えることもできます。 実際に発音してみて、合っているかどうかやってみると中国語をよく学ぶことができそうですね。 それでは、実際に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを普段使っているスマートフォンにダウンロードしていきましょう。 iPhone、iPad、iPod touchをお使いのひとは上のリンクの「「百度翻译-外语词典翻译,英语学习必备」をApp Storeで」をクリックしてアクセスしてください。 App Storeでは、百度翻訳 Baidu 翻訳アプリがダウンロードできます。 android版の百度翻訳 Baidu 翻訳アプリは、復活することがあるかもしれません。 その場合は、こまめにアプリ検索から「百度」と検索して、ダウンロードできる状態になっているか確認してみるといいでしょう。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声と文字の翻訳ができると理解しましたね?しかし翻訳できるといっても、認識が悪い、精度が低いので正しい翻訳ができないのでは?と疑問に思いますよね。 無料で、百度翻訳は使えるのですから、認識や精度など不安ですよね。 それでは、そんな 音声・文字翻訳の精度はどうなのか?認識はきとんと正しくできるのか?について、実際に百度翻訳 Baidu 翻訳アプリをインストールして、試してみました。 注意点がいくかありますので、先に説明していきます。 音声翻訳についてですが、これはご自分の声や発音の違いよって認識する具合が変化します。 ですので、認識に関しては、ご自分の声による部分によって個人差があると思います。 そこを理解したうえで、参考にしてくださいね。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリの音声翻訳の精度を見ていきましょう。 まずは、音声を翻訳する前に操作を説明していきたいと思います。 百度翻訳 Baidu 翻訳アプリを起動させて 「マイクアイコン」をタッチして、マイクを起動させます。 この状態から、翻訳したい言語の音声を吹き込みます。 スマートフォンのマイク部分に、口を近づけておいてください。 また翻訳する場合の周囲が騒がしくないか確認をしておきましょう。 今回は、音声で日本語から中国語に翻訳をしました。 試しに、時計屋での中国人との接客のシーンに遭遇したときの例えで説明します。 「今はこの腕時計が一番人気があります」と音声翻訳に向かって、日本語で吹き込みました。 すると少々音声翻訳処理が開始します。 そうすると次の画面では、きとんと中国語に文字で翻訳することに成功しました。 そのまま翻訳された文字を画面にある 「スピーカーマーク」をタッチします。 そうすると、音声が流れます。 その音声を中国人のお客さんに、聴かせるのです。 そうすることで、言葉が分からない同士でコミュニケーションを取ることができるのです。 いくか音声翻訳をしましたが、長文になるにつれて精度が落ちていく感じがしました。 「東京駅までの行き方を教えてください」「please show me directions to Tokyo station」ときとんと音声翻訳できる場合もありますが、何度か同じ言葉をいっても発音などの影響で翻訳が変化するようです。 今度は英語に翻訳してみました。 するときちんと英語に翻訳できました。 今回は翻訳が正常にできましたが、他に検証をしていきました。 「桜島駅からzepp大阪ベイサイド行き方を教えてください」と中国語に翻訳をしてみました。 すると 「请告诉我从樱岛站到zepp大阪湾沿岸怎么走」と中国語に翻訳されました。 一見正しく翻訳されているように見えますが、これを日本語に翻訳すると 「桜島駅からzup大阪湾沿いにはどう行けばいいか教えてください。 」となります。 多少意味は分かると思いますが、肝心な部分が抜けていますので、百度翻訳の精度はまだまだなようですね。 この後も15個ほど翻訳しましたが、 6個ほどしか正しく翻訳することはできませんでした。 正しく翻訳する確率は低めなようです。

次の

中国語翻訳アプリのおすすめは?翻訳精度で徹底比較!(Google,VoiceTra,百度,はなして翻訳)

中国 語 翻訳 アプリ

のべ 31,830 人がこの記事を参考にしています!• 今すぐ中国語を翻訳してほしい。 アプリやサイトを探しているけど、どれがいいのかが分からない。 無料で使える翻訳の精度が高いおすすめサイトを知りたい。 そんなあなたのお悩みを、この記事が解決します!中国語のプロトレーナーおすすめ、無料で使いやすいアプリ、サイトをまとめました。 最近は無料であっても、精度の高いアプリやサイトが増えてきました。 中国語の学習や、中国への旅行や主張で役に立つものばかりなので、いざという時のためにも、お気に入りを備えておきましょう。 中国語をマスターしたい方は、オンライン無料講座がおすすめ!忙しい方でも効率よく学ぶことができます。 発音のコツなども細かく説明してくれるので、ぜひ気軽に受講してみてください。 精度が高い!無料の中国語翻訳おすすめアプリ まずは、おすすめの中国語翻訳アプリを紹介します。 「 中国語の翻訳に対応している」・「 精度が高い」・「 無料で使える」という3つの基準をクリアしたアプリだけをご紹介していきます。 アプリはスマートフォンで気軽に利用できます。 外出先や移動中など場所を選ばす使用できることが大きなメリットです。 1-1. このアプリの特徴は、 入力での翻訳、音声での翻訳、さらにカメラを使っての翻訳も可能なことです。 特にカメラを使っての翻訳は、入力する手間が省けとても便利ですね。 カメラを使う翻訳には、スマートフォン内に保存されている写真から翻訳する機能とは別に、 「リアルタイム カメラ翻訳」という機能があります。 これは、 カメラを向けるだけで画像内のテキストを読み取り翻訳してくれる驚きの機能です。 勉強をする際の中国語のテキストや、旅行中のレストランのメニューなど使い道がたくさんありそうですね。 是非試してみてください。 1-2. 翻訳方法は、文章・音声・カメラ・画像に対応しています。 まずは、 自分の言語を選択し、音声チャットを使って喋るとそのまま中国語に翻訳してくれます。 また漢字がわからないため検索できない時でも、その 漢字を写真に撮って、中国語の部分をなぞると翻訳してくれるありがたい機能も付いています。 翻訳したいけど読み方や発音が分からないときは、カメラや画像による翻訳が便利です。 1-3. 小声でも拾ってくれるので大きな声を出せない、家族の人が寝ている間や、大勢の人がいる場所でも利用しやすいでしょう。 外国語で作成されているサイトですが、アプリストアのアイコンさえ分かれば利用できます。 ここまで翻訳に役立つアプリを紹介してきましたが、翻訳したい中国語の漢字が分からないときはとても困りますね。 そんな時は手書き入力や音声入力を活用してみましょう。 手書き入力や音声入力について詳しく解説している記事があるので、操作に迷った人は以下のリンクを参考にしてみてください。 Android用とiPhone用それぞれ紹介しているので、どのスマートフォンでも活用できます。 中国ゼミのこちらの記事もご参照ください。 『』 2. 中国語翻訳おすすめWebサイト 続いて、中国語翻訳のおすすめWebサイトを見ていきましょう。 Webサイトのメリットはパソコンで作業をする際に活用できること。 選考基準はこちらもアプリと同じく、 「中国語の翻訳に対応している」・「精度が高い」・「無料で使えること」の3つを重視しています。 2-1. excite 中国語翻訳 URL: こちらの翻訳サイトの便利な点は、翻訳した中国語を印刷できること。 特に仕事で使うときには便利ですね。 2000文字程度までは対応しているので、仕事の資料作りにも活用できます。 2-2. Google翻訳 URL: こちらはおすすめアプリでもご紹介しましたが、サイト版もおすすめです。 Googleのアカウントにログインの上使用すると、翻訳した履歴や翻訳内容の保存機能が利用できます。 同じ事を繰り返し調べるときに便利ですね。 また、簡体字と繁体字の両方に対応しているので、使い分けも可能。 大手検索サイトだけあり、収録している語彙数が多いこともおすすめポイントです。 2-3. weblio 中国語翻訳 URL: こちらの翻訳サイトは、多くの辞書の単語や表現を収録しているので、割と自然な中国語に翻訳することができます。 サイトをまるごと翻訳する機能もあります。 一番のおすすめポイントは、なんと言っても翻訳した中国語を音声で聞けること。 さらにその再生スピードが自分の好みに変更できる点です。 中国語が上達し、少し早口の中国語にも慣れておきたいと思ったら、こちらの機能を活用してみてください。 2-4. Papago URL: こちらの翻訳サイトは最初は英語で表示されますが、表示言語を英語から日本語に変更することで、日本語でも利用できます。 また、共有ボタンを押すとFacebookや、LINEでシェアする機能もあります。 勉強仲間がいたらSNSでシェアをして楽しく勉強できそうですね。 2-5. 百度翻訳 URL: こちらは中国の検索大手「百度」が運営している翻訳サイトなので、中国語で作成されています。 中国語表記だと少し難しく感じるかもしれませんが、中国人が運営している翻訳サイトだけあって、中国語の語彙数は豊富です。 他の翻訳サイトでは翻訳できないときも、百度であれば翻訳してくれる可能性があるので、ぜひ試してみてください。 これまで紹介した中国語翻訳サイトは、それぞれのサイトに特徴があります。 ぜひあなたの目的、好みに合わせてご活用ください。 上記で紹介した以外にも便利なサイトやアプリがあります。 以下のリンクからチェックしてみてください。 中国ゼミのこちらの記事を併せてご覧ください。 『』 まとめ. 翻訳アプリやサイトで中国語力アップ! 最近は無料の翻訳アプリやサイトでも、精度が高く、実用的で便利なものがたくさんあります。 実際に仕事で使っている人もいますし、中国語学習にとても役立ちます。 翻訳サイトや翻訳アプリを利用すれば、好きなときに翻訳したり、新しい表現を覚えたりすることができます。 語学の勉強で一番大切なことは継続させること。 やはり「継続は力なり」です。 いつでも勉強できるアプリやサイトでスキマ時間にコツコツ学び続ければ、中国力は自然とアップしますよ。 中国語学習を継続させ、マスターしたいあなたは、無料で受講できる中国語講座がおすすめです! 三宅裕之(監修・執筆) HSK・中国語検定合格&中国語発音スクール「フルーエント中国語学院」学長 シナジープラス株式会社代表取締役 20万部の書籍出版、5,000人以上の指導経験、文部科学省にて5年連続の講義実績を持つ語学とコミュニケーション力の開発プロフェッショナルトレーナー 早稲田大学商学部在学中に、中国財経大学にて中国語を学ぶ。 完全にゼロからのスタートから、4ヶ月で中国語の大学入学レベル、9ヶ月で大学院入学レベルに到達。 大学卒業後、ベネッセコーポレーションにて、中国語検定開発などを行った後、株式会社ジャパンビジネスラボ代表取締役に就任。 2004年より米国コロンビア大学大学院にて、多文化多言語教育を研究。 帰国後、シナジープラス株式会社を設立。 「フルーエント中国語学院」「バイリンガルズ英語学院」を開校し、語学だけでなく、コミュニケーション能力そのものを上げていく指導を行う。 2011年、中国蘇州にて諧楽吉教育諮詢有限公司を設立。 中国人・日本人への異文化リーダーシップ教育、日本人向け中国語教育などを展開している。 2016年よりシンガポール在住。

次の