署名 用 電子 証明 書 用 暗証 番号。 マイナンバーカード「署名用電子証明書暗証番号」とは?忘れた・変更する際の対処方法

マイナンバーカードの暗証番号を忘れた!確認方法&ロック解除まとめ

署名 用 電子 証明 書 用 暗証 番号

更新日:2017年3月9日 公的個人認証サービスとは 公的個人認証サービスは、住民の方が電子署名及び電子証明書を利用して、インターネットで行政手続き(オンライン申請など)をする場合に、本人からの申請に間違いないことを証明し、「他人による成りすまし申請」、「通信途上のデータの改ざん」、「送信否認」などの不正行為を防止する本人確認サービスで、行政手続きをインターネットで安心して行う電子政府・電子自治体の基盤となります。 このサービスを新しく利用するには、マイナンバーカードが必要となります。 このサービスの詳細を知りたい方は以下を参照ください。 電子証明書の種類 マイナンバーカードには、 署名用電子証明書と 利用者用電子証明書の2種類の電子証明書を搭載することができます。 なお、各電子証明書の有効期間は 発行から5回目の誕生日までです。 署名用電子証明書 インターネットを通して電子文書を作成および送信する際に使用します。 「電子文書が利用者が作成した真性なものであり、利用者が送信したものであること」を証明することができ、主にインターネットを通して行う確定申告(e-Tax)等で使用します。 なお、15歳未満の方および成年被後見人の方には発行されません。 発行する方は、英数字を組み合わせた6文字から16文字の暗証番号を設定します。 マイナンバーカードが失効した場合、自動的に失効となります。 転入転居や婚姻等で住所や氏名等記載事項に変更があった場合は、有効期限内であっても自動的に失効となります。 発行から5回目の誕生日よりも前にマイナンバーカードの有効期間が満了となる場合、電子証明書の有効期間はマイナンバーカードの有効期間満了までとなります。 外国人の方で特別永住者および永住者の方以外で、発行から5回目の誕生日より前に在留期間が満了となる場合、電子証明書の有効期間は在留カードの有効期間満了日までとなります。 更新は有効期間満了日の3ヶ月前から可能です。 利用者用電子証明書 インターネットサイトやコンビニ等のキオスク端末等にログインする際に使用します。 「ログインした者が利用者本人であること」を証明することができ、主にやマイナポータル(情報提供等記録開示システム)で使用します。 発行する方は、数字の4ケタの暗証番号を設定します。 マイナンバーカードが失効した場合、自動的に失効となります。 発行から5回目の誕生日よりも前にマイナンバーカードの有効期間が満了となる場合、電子証明書の有効期間はマイナンバーカードの有効期間満了までとなります。 外国人の方で特別永住者および永住者の方以外で、発行から5回目の誕生日より前に在留期間が満了となる場合、電子証明書の有効期間は在留カードの有効期間満了日までとなります。 更新は有効期間満了日の3ヶ月前から可能です。 手数料 無料 注意:ただし、マイナンバーカード再交付等に伴う場合、有料(200円)となります。 電子証明書発行方法 マイナンバーカード未交付の方 まずは、マイナンバーカードを取得が必要となりますので、以下のページを参考に申請を行ってください。 カードを申請する際に、電子証明書も同時に申請することができます。 注意:マイナンバーカードは即日交付できません。 現在、申請からお渡しまでに1ヶ月程度要していますので、e-Tax等の手続きを予定している方は早めの申請をお願いいたします。 マイナンバーカード交付済みの方 本人が有効期限内のマイナンバーカードを持って、市役所または出張所にお越しください。 注意:マイナンバーカードの4ケタの暗証番号が必要です。 注意:本人以外の代理人が申請する場合、即日で発行できません。 電子証明書の暗証番号変更・再設定・ロック解除をするとき 電子証明書の暗証番号を変更したいとき、または暗証番号を失念し再設定を行いたいとき、またカードにロックがかかってしまった場合は、本人が有効期限内のマイナンバーカードを持って、 市役所または出張所へお越しください。 注意:マイナンバーカードの4ケタの暗証番号が必要です。 注意:マイナンバーカードの4ケタの暗証番号が不明な場合は、マイナンバーカードの他に本人確認書類(運転免許証、パスポート、保険証、年金手帳等)をお持ちください。 注意:本人以外の代理人が申請する場合、即日で手続きできません。

次の

マイナンバーカードの署名用電子証明書用暗証番号とは

署名 用 電子 証明 書 用 暗証 番号

スポンサーリンク マイナンバーカード 署名用電子証明書については5回連続で、利用者証明用電子証明書については3回連続でパスワードを間違って入力した場合、パスワードロックがかかってしまい、当該電子証明書は利用できなくなってしまいます。 発行を受けた市区町村窓口にてパスワードのロック解除とともに、パスワード初期化申請をし、パスワードの再設定を行ってください。 (注)パスワードのロック解除をする場合は、顔写真付き公的証明書による本人確認が必要となります。 詳しくは市区町村窓口にお問い合わせください。 面倒なややこしいスマホ上での操作入力ミスなどよくあることです。 怖いので、間違った回数をリセットしたいのです。 リセットする方法 フツーに 入力を求められたときに「正しいパスワードを入力する」 とそれぞれ最大回数の 3回、5回 に戻ります。 などではなく、入力を求めてくるシンプルなカード情報参照アプリなどでリセットしておきましょう。 このアプリを使います。 数回入力ミスをしたマイナンバーカードをかざしてみます。 このアプリ上で「入力を求められて正しいパスワードを入力する」ことでリセットしてみます。 まず、 「マイナンバーカード」-「券面リーダー」から、正しい暗証番号4桁を入力してマイナンカードにかざす。 数秒でカード上のデータを読み込みそれがを表示されます。 次は、 「マイナンバーカード」-「電子証明書を表示」-「デジタル照明用証明書」から、正しい暗証番号6-16桁を入力してマイナンカードにかざします。 数秒でカード上のデータを読み込みそれがを表示されます。 関連ワード: ・・・・・・.

次の

マイナンバーカードの暗証番号を忘れた!確認方法&ロック解除まとめ

署名 用 電子 証明 書 用 暗証 番号

記事内目次• 10万円を給付するのオンライン申請では、 署名用電子証明書暗証番号(6~16桁の数字・英大文字)を入力して電子署名を送信する必要があります。 したものですが、頻繁に使うものではないので、ソラで覚えている方はほとんどいないのではないでしょうか。 特別定額給付金(仮称)のオンライン申請手続きを進めていって、暗証番号間違いで申請ができなかった!という事態になる前に、 あらかじめ暗証番号を確認しておくことをおすすめします。 署名用電子証明書暗証番号を 調べることはできない とはいえ、署名用電子証明書暗証番号がどんな文字列になっているかを 調べることはできません。 市区町村窓口に「私の暗証番号を教えて!」と電話しても、そもそも暗証番号自体は市区町村側に保存されていないので答えられません。 そのため、 署名用電子証明書暗証番号を忘れた、または記録した控えをなくしてしまったという場合は、必要があります。 その場合はの記事でも書いたとおり、郵送申請方式で特別定額給付金を申請するようにしてください。 署名用電子証明書暗証番号が正しいかを確認する方法 あなたが署名用電子証明書暗証番号を 正確に覚えているか、または正確に記録しているかを確認する方法はあります。 この方法で署名用電子証明書暗証番号を確認することは、 オンライン申請手続きを行う環境を整えることにもつながりますので、特別定額給付金のオンライン申請が始まって(5月1日開始と言われています)サイトが混雑する前に、事前準備を行っておきましょう。 なお、ここでは署名用電子証明書暗証番号の確認に重点を置くので、動作環境の整え方はあまり詳しくは紹介しません。 パソコンとICカードリーダ・ライタを使う場合の動作環境を確認 兵庫県伊丹市が、という動画を作成しています。 マイナポータルにアクセスし、パスワード変更画面を開く(パソコンの例) 動作環境を整えた状態でにアクセスし、「ICカードリーダーでログイン」をクリックします。 ICカードリーダ・ライタをパソコンに接続し、マイナンバーカードをセットして「OK」をクリックします。 利用者証明用電子証明書暗証番号(4桁の数字・これもマイナンバーカードを受け取る際に設定したもの)を入力して「OK」をクリックします。 「マイナンバーカードのパスワード変更」をクリックします。 「署名用電子証明書(6~16桁の英数字)」のラジオボタンを選択して「OK」をクリックします。 3つの入力欄は、全て現在確認している署名用電子証明書暗証番号を入力して「OK」をクリックします。 「パスワードを変更しました」という画面になりますが、先ほど「現在のパスワード」と「新しいパスワード」は同じものを入力していますので、 現在確認している署名用電子証明書暗証番号は正しく記録されていたことは確認できました。 もし、「現在のパスワードが間違っています」の表示になった場合は、他に署名用電子証明書暗証番号の可能性がある文字列で試してください。 なお、 5回間違うと暗証番号がロックされてしまい、市区町村窓口でロック解除を行う必要があります。 その場合は、郵送申請方式で特別定額給付金を申請するようにしてください。 マイナポータルにアクセスし、パスワード変更画面を開く(Androidの例) 私の環境の関係上、Androidの場合のスクリーンショットを掲載していますが、iPhoneでも手順としてはほぼ同じとなります。 動作環境を整えた状態でにアクセスし、「スマートフォンのブラウザでログイン」をタップします。 利用者証明用電子証明書暗証番号(4桁の数字・これもマイナンバーカードを受け取る際に設定したもの)を入力して「OK」をタップします。 スマートフォンのNFC読み取り部分にマイナンバーカードをかざします。 ログイン認証の画面になったらマイナンバーカードを離します。 「メニュー」をタップします。 「マイナンバーカードのパスワード変更」をタップします。 「署名用電子証明書」のボタンをタップします。 3つの入力欄は、全て現在確認している署名用電子証明書暗証番号を入力して「OK」をクリックします。 以降はパソコンの場合と同じ手順となります。 福岡県うきは市にまつわるニュースや、IT関連のニュースなどを紹介するblogです。 詳しくはをお読みください。 新着記事• 過去7日間でよく読まれている記事• 投稿日時から記事を探す• 102• 100• 7 カテゴリーから記事を探す• 372• 128• 303• 124• 167• 3 タグから記事を探す.

次の