アウト デラックス サラ。 格闘家久保雄太の妻サラは美人で大金持!悪妻?あげまん?性格が規格外すぎ!

闘う投資家・久保優太が株取引で大損して破産!借金は?

アウト デラックス サラ

中学生の頃から、普通の人とは違う道を歩んできた 山下さんは、タオルで拭ききれないほどの汗をかきながら取材現場に訪れました。 「収録で最後に、DA PUMPの『U. 』を踊ったんです……」。 水を飲みながら、ゆっくりと話を始めます。 「幼少期の話からですか……うーん、まあ、ずっといじめられっ子でしたね」 幼い頃から母子家庭だった山下さんは、保育園にお泊まりをしないといけない日もあったのだそう。 「お母さんは忙しくて話をする時間がないから、先生に相談したりして。 先生は優しかったです。 誕生日にランドセルをくれたり……背負ったら、僕の頭が大きいせいで後ろにひっくり返っちゃったんですけど」 保育園の頃から「声が高い」ということでからかわれていた山下さん。 小学生になってからもそんな状況が続き、次第に不登校気味になっていったのだそう。 「この(湾岸)スタジオの近くにあるクロネコヤマトの子会社でも働いてたときがあるんですよ」。 山下さんにとって、仕事の合間にとても大切な楽しみがありました。 「しょっちゅうフジテレビとかいろんな局の番組観覧に行っていました」。 山下さんは昔からテレビっ子で、特にバラエティが好きだったのだそう。 「特に好きだったのは、『爆笑レッドカーペット』。 シンクロのコーナーが好きで、それをずっと見ていたら夜になって、という流れでした」。 それだけテレビが好きだったということは、いつかは自分も出てみたいという思いはあったのでしょうか? そう聞くと、山下さんは語調を強めて「いや、全く、それはないです!」と答えます。 「番組は見たことがなかったし、オーディションも受かるとは思ってなくて」。 これまで周囲から浮いてしまう原因となっていた「高い声」が、今や多くの人々に愛される魅力となっています。 それについてご自身はどう感じているのでしょうか。 「もう、不思議でしょうがないです。 (この声のせいで)つらいこともたくさんありましたから。 でも番組の収録で共演者のみなさんと会うと自然と嬉しくなって、だから、もっと続けられたらいいなって」 「なんだろう……いや、まだちょっとわからないですね。 そのアウトがどこからどこまでなのかわからないっていうか」 番組のオーディションへの応募も「アウトっていう意味はよくわからなくて、ただ芸能人に会えるんだって、それだけでした」とテレビっ子らしい理由があったのでした。 番組出演によって周りの様子は変わったのでしょうか。 「今はもうあんまりないですけど、前は話しかけられたり、ファンレターとか洋服のプレゼントをもらったりしてました。 ……あ、でもこの間志村けんさんの舞台を観に大阪に行ったら、見てるよとか、サインくださいとか、すごく話しかけられたんです。 それはびっくりしたけど、嬉しかったですね」 いまは毎週木曜日に収録のための休みをもらい、そのほかの日は清掃員の仕事をしているのだそう。 「収録は毎回すごく楽しいです」と嬉しそうに語ります。 「僕はもうずっと、本当にずっと居場所がなくて、やっとここに拾ってもらった、というか。 ずっと下を向いて生きてきたんですけど、ここにきてやっと上を向けた感じで……だから本当に助かってます」 けれど、最初に番組に出演した頃は、悩むこともあったといいます。 「最初の放送がYouTubeにあがっていて、そのコメント欄を見たら、悪口が書いてあって、僕はこのまま出ていいのかなって思いました。 周りには考えすぎだって言われるんですけど」。 匿名の心無いコメントもあれば、「応援しています」という手紙と一緒に届くプレゼントもある。 テレビ番組に出演するとなると、どうしても避けられないことなのかもしれません。 今後番組で何かやりたいことはあるのでしょうか。 「僕は芸能人じゃなくて一般人なので、これからも普通にずっと出させてもらいたなって思います。 番組が続く限りはずっと。 それだけなんです」 取材・文=園田菜々.

次の

久保優太・久保サラ夫妻がアウトデラックス!戦う投資家に妻の仕事は…

アウト デラックス サラ

中学生の頃から、普通の人とは違う道を歩んできた 山下さんは、タオルで拭ききれないほどの汗をかきながら取材現場に訪れました。 「収録で最後に、DA PUMPの『U. 』を踊ったんです……」。 水を飲みながら、ゆっくりと話を始めます。 「幼少期の話からですか……うーん、まあ、ずっといじめられっ子でしたね」 幼い頃から母子家庭だった山下さんは、保育園にお泊まりをしないといけない日もあったのだそう。 「お母さんは忙しくて話をする時間がないから、先生に相談したりして。 先生は優しかったです。 誕生日にランドセルをくれたり……背負ったら、僕の頭が大きいせいで後ろにひっくり返っちゃったんですけど」 保育園の頃から「声が高い」ということでからかわれていた山下さん。 小学生になってからもそんな状況が続き、次第に不登校気味になっていったのだそう。 「この(湾岸)スタジオの近くにあるクロネコヤマトの子会社でも働いてたときがあるんですよ」。 山下さんにとって、仕事の合間にとても大切な楽しみがありました。 「しょっちゅうフジテレビとかいろんな局の番組観覧に行っていました」。 山下さんは昔からテレビっ子で、特にバラエティが好きだったのだそう。 「特に好きだったのは、『爆笑レッドカーペット』。 シンクロのコーナーが好きで、それをずっと見ていたら夜になって、という流れでした」。 それだけテレビが好きだったということは、いつかは自分も出てみたいという思いはあったのでしょうか? そう聞くと、山下さんは語調を強めて「いや、全く、それはないです!」と答えます。 「番組は見たことがなかったし、オーディションも受かるとは思ってなくて」。 これまで周囲から浮いてしまう原因となっていた「高い声」が、今や多くの人々に愛される魅力となっています。 それについてご自身はどう感じているのでしょうか。 「もう、不思議でしょうがないです。 (この声のせいで)つらいこともたくさんありましたから。 でも番組の収録で共演者のみなさんと会うと自然と嬉しくなって、だから、もっと続けられたらいいなって」 「なんだろう……いや、まだちょっとわからないですね。 そのアウトがどこからどこまでなのかわからないっていうか」 番組のオーディションへの応募も「アウトっていう意味はよくわからなくて、ただ芸能人に会えるんだって、それだけでした」とテレビっ子らしい理由があったのでした。 番組出演によって周りの様子は変わったのでしょうか。 「今はもうあんまりないですけど、前は話しかけられたり、ファンレターとか洋服のプレゼントをもらったりしてました。 ……あ、でもこの間志村けんさんの舞台を観に大阪に行ったら、見てるよとか、サインくださいとか、すごく話しかけられたんです。 それはびっくりしたけど、嬉しかったですね」 いまは毎週木曜日に収録のための休みをもらい、そのほかの日は清掃員の仕事をしているのだそう。 「収録は毎回すごく楽しいです」と嬉しそうに語ります。 「僕はもうずっと、本当にずっと居場所がなくて、やっとここに拾ってもらった、というか。 ずっと下を向いて生きてきたんですけど、ここにきてやっと上を向けた感じで……だから本当に助かってます」 けれど、最初に番組に出演した頃は、悩むこともあったといいます。 「最初の放送がYouTubeにあがっていて、そのコメント欄を見たら、悪口が書いてあって、僕はこのまま出ていいのかなって思いました。 周りには考えすぎだって言われるんですけど」。 匿名の心無いコメントもあれば、「応援しています」という手紙と一緒に届くプレゼントもある。 テレビ番組に出演するとなると、どうしても避けられないことなのかもしれません。 今後番組で何かやりたいことはあるのでしょうか。 「僕は芸能人じゃなくて一般人なので、これからも普通にずっと出させてもらいたなって思います。 番組が続く限りはずっと。 それだけなんです」 取材・文=園田菜々.

次の

久保優太サラ夫婦(K

アウト デラックス サラ

K-1の現ウェルター級王者でありながら、株取引で億単位を稼ぐ億トレーダーとして有名になり、「闘う投資家」と呼ばれるようになったのです。 さらに、妻のサラさんが超お金持ちのお嬢様であることも注目され、フジテレビ系列『アウトデラックス』に夫婦で出演し、現在でも準レギュラーとして不定期で出演を続けています。 このように順風満帆な人生を過ごしてきた久保優太さんですが、2019年9月から10月にかけて株取引で失敗し、破産して借金まで作ってしまいました。 闘う投資家・久保優太さんの素顔と破産の真相に迫ります。  久保優太ってどんな人? 久保優太さんのプロフィールは、次のとおりです。 【名前】 久保優太(くぼゆうた) 【生年月日】 1987年10月19日 【出身地】 東京都立川市 【血液型】 A型 【身長】 175cm 【体重】 67kg 【趣味・特技】 キックボクシング、株取引 【高校】 都立小平西高校卒業 【最終学歴】 亜細亜大学 【職業】 プロキックボクサー(K-1ジム五反田チームキングス所属) 久保優太さんは、8歳でテコンドーを始め、15歳でキックボクシングに転向すると、一気に才能が開花し、弟の久保賢司さんと共に無敗で注目されるようになりました。 そして、その勢いのまま、『初代K-1 WORLD GPウェルター級王者』『GLORY -65kg SLAM王者』『WPMO世界スーパー・フェザー級王者』など、数々のタイトルを獲得しています。 ちなみに、2019年3月時点の戦績は、「60戦 48勝(19KO)10敗 2分」です。 プライベートでは、食事会で出会ったお嬢様のサラさんに一目ぼれして結婚しましたが、久保優太さんは一度離婚しているため、サラさんとは再婚となります。  闘う投資家・久保優太が株取引で大損した真相 久保優太さんは、幼い頃、山一証券に勤めていた祖父から株やお金の話を聞いて育ってきたため、株取引に興味を持っていました。 その後、22歳でK-1デビューを果たし、数々のタイトルを獲得すると、2013年、25歳の時に賞金100万円を元手に株取引を開始します。 すると、株投資の才能を発揮し、わずか1年半で1億円にしたのです。 あまりにも儲かったため、金銭感覚がおかしくなって金遣いが荒くなった時期がありましたが、気を引き締め直してトレードを続けた結果、利益は5億円を超え、「闘う投資家」と呼ばれるようになります。 K-1のウェルター級王者ですが、格闘技はアルバイト感覚で、ファイトマネーの交渉もしたことがなかったとのこと。 こうして、金銭的に不自由のない裕福な生活を続けていた久保優太さんですが、2019年9月から10月にかけて、「負けられない」との思いで株の損切りしなかった結果、2億2000万円の損失を出し、借金4000万を作ってしまいました。 この時、大好きな祖母が亡くなっており、このことが心理的に影響を及ぼしたのかもしれません。 父親も事業に失敗しており、それが原因で両親が離婚しているため、自分と父親が重なり辛くなった久保優太さんは、失踪します。 しかし、心配した妻・サラさんが、SNSで「久保優太を発見したら100万円」という行動に出たため、観念しました。 闘う投資家・久保優太の再起 妻から、「またゼロから頑張ればいいじゃん」と言われて心救われた久保優太さんは、サラさんの親族に借りて借金を返済しました。 それでも、サラさんの親族に4000万円の借金をしています。 借金返済のために、フェラーリや高級時計などを手放すことも決意しましたが、さらに、YouTuberデビューもしました。

次の