しら も と あやな。 和食 しら田

しらはる

しら も と あやな

主な活動内容 書道教室 食事会(月1回) 生花教室 保育園児との交流(随時) 歌や踊りの訪問(随時) スポーツ・レクリエーション(隔月に1回程度) 行事・イベント 花見(4月) 地域交流会(5月) 納涼祭(7月) 敬老会(9月) ぶどう狩行楽(10月) クリスマス会(12月) 初詣(1月) どんどん焼(1月) 豆まき(2月) 事業所の紹介• 富士山が一望出来る屋上庭園。 富士山、朝霧高原、白糸の滝、 至近の風光明媚な立地。 採光に配慮したゆとりと暖かみのある居室。 広く明るい食堂、デイルーム。 おいしいお食事(飲み込みの悪い方でもおいしく食べることができるソフト食等も対応しております。 ) ショートステイ ご自宅で生活する高齢者の方に、短期間施設に宿泊していただき、食事、入浴、排泄等の介護サービスや機能訓練を提供します。 2・4人部屋を中心とした既存型になります。 障がいのある方が利用可能なショートステイも行っております。 *送迎サービスを実施していますので、ご相談ください。 お問い合わせ しらいとショートステイ TEL 0544-54-0168(代) FAX 0544-54-2338 E-mail 開設年月日 H11. 1 利用定員 20床(既存型) 営業日 年中無休 実施地域 富士宮市・富士市 ケアサポートセンター 介護を必要とされる方やそのご家族が、安心して生活できるように相談に応じます。 介護保険でのサービスを利用するために必要な居宅サービス計画を作成(無料)し、より良いサービスをご利用できるように支援します。 お問い合わせ しらいとケアサポートセンター TEL 0544-54-0168 FAX 0544-54-2338 E-mail 開設年月日 平成11年10月1日 営業日 月〜金曜日(但し、国民の祝日及び12月29日〜1月3日を除く) 営業時間 8:30〜17:30 実施地域 富士宮市・富士市 デイサービスセンター 日帰りでご利用していただき、食事や入浴、健康チェックや機能訓練等のサービスを提供します。 「一般型」と、認知症の方を対象にした「認知症型」があります。 *送迎サービスを実施していますので、ご相談ください。 保育園慰問 フラダンス慰問 ご利用者制作 作成品 お問い合わせ しらいとデイサービスセンター TEL 0544-54-1569 FAX 0544-54-2338 E-mail 開設年月日 H11. 1 利用定員 一般型:25名(月〜土曜日)、15名(日曜日) 認知症型:12名 営業日 年中無休(但し正月3が日を除く) 営業時間 8:30〜17:30 サービス提供時間 9:30〜16:40 実施地域 富士宮市 主な活動内容 水曜日(月1回)/書道教室 木曜日(月1回)/生花教室 スポーツ・レクリエーション(月2回程度、専門職員による指導) 園芸療法 行事・イベント 運動会(6月) 七夕週間(7月) デイ夏祭り(8月) 敬老週間(9月) 焼き芋(11月) クリスマス会・そば打ち(12月) どんどん焼き(1月) バレンタイン週間(2月) 事業所の紹介• ゆとりある空間で、バラエティに富んだレクリエーションを行い、明るい雰囲気で一日を過ごしていただいております。 認知症の方もご利用でき、また、車椅子の方も、安心してご利用いただけるよう、入浴設備・送迎車輌もととのっております。 お試しデイも行っております。 (食事代690円のみ)お気軽にお問合せ下さい。 訪問介護事業所 ヘルパーや介護福祉士等がご自宅に訪問して、食事、入浴、排泄の介助や炊飯、掃除、洗濯といった日常生活のお手伝いをします。 *通院、病院内での付き添いや外出支援等、介護保険で認められない訪問介護サービスを自己負担で提供することもできますので、ご相談ください。 (基本料金(30分):1,200円) *障害者総合支援法による障がいのある方へのヘルパー派遣も行っておりますので、ご相談ください。 お問い合わせ しらいとヘルパーステーション TEL 0544-54-0168(代) FAX 0544-54-2338 E-mail 開設年月日 H12. 1 営業日 年中無休 実施地域 富士宮市 訪問入浴事業所 ご家族の介護だけではご自宅で入浴することが困難な方に対して、浴槽を搭載した移動入浴車がご自宅を訪問して入浴のサービスを提供します。 看護師による健康チェックも行います。 *障害者総合支援法による障がいのある方への訪問入浴事業も行っておりますので、ご相談ください。 *初めて当事業所の訪問入浴をご利用するという方には、体験利用を行っています。 1 営業日 月〜金曜日(但し正月3が日は除く) 営業時間 8:30〜17:30 実施地域 富士宮市、富士市.

次の

うなぎ しら澤

しら も と あやな

概要 [ ] (北アルプス)の側の端に当たる。 がある歌(うた)の集落を中心に、西の市振(いちぶり)地区までが 親不知、東の勝山(かつやま)地区までが 子不知(こしらず)とよばれており、併せて 親不知子不知ともよばれる。 市振から勝山までは約15程の距離である。 日本海に面する断崖は、の北端が日本海によってされたために生まれたもので、崖の高さは300〜400ほどある。 かつてとの間を往来する旅人は、この断崖の下にあるに沿って進まねばならず、古くから(越路)最大の難所として知られてきた。 波間を見計らって狭い砂浜を駆け抜け、大波が来ると洞窟などに逃げ込んだが、途中で波に飲まれる者も少なくなかったといわれる。 地形的に軍事的な要衝にもなっていた。 3年()のでは、朝廷側が親不知西側の市振で防衛線を展開。 越後側から進軍してきたを迎え撃ったが、1日のうちに撃破されている。 江戸時代、制度が始まると主が親不知を往来した。 参勤交代時には、富山県側の新川郡から400-500人の波除人夫が集められ、人垣により波濤を防いで通行した。 この2路線はいずれも防災対策からのちにルート変更が行われており、この区間には放棄された旧線・旧道が散見される。 1971年(46年)、国道8号東口付近から()が開通し、標高ゼロメートルから北アルプスの縦走に挑める登山道の玄関口となった。 (昭和63年)には、が開通した。 北陸自動車道は用地の問題から付近を海上高架橋により通過しており、難所におけるルート選定の苦労を偲ぶことができる。 また、その一方で道路から断崖絶壁と砂浜、岩礁、洞窟が織りなす海岸美を堪能することもでき、景勝地となっている。 なお、(27年)に開通したは、この区間の山側を青海トンネル・新親不知トンネルをはじめとするトンネルで通過している。 名称の由来 [ ] 「親不知」の名称の由来は、幾つの説がある。 一説では、断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みることができない程に険しい道であることから、この名が付いたとされている。 また、以下のような伝承もある。 後に助命されたは五百刈村(現在の)でとして暮らしていた。 都に住んでいた妻はこのことを聞きつけて、夫を慕って2歳になる子を連れて京都から越後国を目指した。 しかし、途中でこの難所を越える際に、連れていた子供を波にさらわれてしまった。 悲しみのあまり、妻はその時のことを歌に詠んだ。 「 親不知 子はこの浦の波枕 越路の磯の 泡と消え行く」 以後、その子供がさらわれた浦を「親不知」と呼ぶようになったとする伝説もある。 ギャラリー [ ]• , p. 106. 107. 『とやまの歴史』富山県、1998年、p43-44。 宇奈月町史編纂委員会編「宇奈月町史」p. 578 宇奈月町 1969年• 108. 大正元年10月12日鉄道院告示第29号(『官報』第61号、大正元年10月21日、印刷局)• 糸魚川観光協会ホームページ 2017年7月1日閲覧• 糸魚川市. 2006年10月5日時点のよりアーカイブ。 2009年11月26日閲覧。 これらの伝承を基にしたものに、合唱曲『 親しらず子しらず』(作詞、作曲)がある 参考文献 [ ]• ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ・ - フォッサマグナの反対側に当たる側の断崖。 この付近の東名高速道路も海上を通っている。

次の

しら石 (しらいし)

しら も と あやな

概要 [ ] (北アルプス)の側の端に当たる。 がある歌(うた)の集落を中心に、西の市振(いちぶり)地区までが 親不知、東の勝山(かつやま)地区までが 子不知(こしらず)とよばれており、併せて 親不知子不知ともよばれる。 市振から勝山までは約15程の距離である。 日本海に面する断崖は、の北端が日本海によってされたために生まれたもので、崖の高さは300〜400ほどある。 かつてとの間を往来する旅人は、この断崖の下にあるに沿って進まねばならず、古くから(越路)最大の難所として知られてきた。 波間を見計らって狭い砂浜を駆け抜け、大波が来ると洞窟などに逃げ込んだが、途中で波に飲まれる者も少なくなかったといわれる。 地形的に軍事的な要衝にもなっていた。 3年()のでは、朝廷側が親不知西側の市振で防衛線を展開。 越後側から進軍してきたを迎え撃ったが、1日のうちに撃破されている。 江戸時代、制度が始まると主が親不知を往来した。 参勤交代時には、富山県側の新川郡から400-500人の波除人夫が集められ、人垣により波濤を防いで通行した。 この2路線はいずれも防災対策からのちにルート変更が行われており、この区間には放棄された旧線・旧道が散見される。 1971年(46年)、国道8号東口付近から()が開通し、標高ゼロメートルから北アルプスの縦走に挑める登山道の玄関口となった。 (昭和63年)には、が開通した。 北陸自動車道は用地の問題から付近を海上高架橋により通過しており、難所におけるルート選定の苦労を偲ぶことができる。 また、その一方で道路から断崖絶壁と砂浜、岩礁、洞窟が織りなす海岸美を堪能することもでき、景勝地となっている。 なお、(27年)に開通したは、この区間の山側を青海トンネル・新親不知トンネルをはじめとするトンネルで通過している。 名称の由来 [ ] 「親不知」の名称の由来は、幾つの説がある。 一説では、断崖と波が険しいため、親は子を、子は親を省みることができない程に険しい道であることから、この名が付いたとされている。 また、以下のような伝承もある。 後に助命されたは五百刈村(現在の)でとして暮らしていた。 都に住んでいた妻はこのことを聞きつけて、夫を慕って2歳になる子を連れて京都から越後国を目指した。 しかし、途中でこの難所を越える際に、連れていた子供を波にさらわれてしまった。 悲しみのあまり、妻はその時のことを歌に詠んだ。 「 親不知 子はこの浦の波枕 越路の磯の 泡と消え行く」 以後、その子供がさらわれた浦を「親不知」と呼ぶようになったとする伝説もある。 ギャラリー [ ]• , p. 106. 107. 『とやまの歴史』富山県、1998年、p43-44。 宇奈月町史編纂委員会編「宇奈月町史」p. 578 宇奈月町 1969年• 108. 大正元年10月12日鉄道院告示第29号(『官報』第61号、大正元年10月21日、印刷局)• 糸魚川観光協会ホームページ 2017年7月1日閲覧• 糸魚川市. 2006年10月5日時点のよりアーカイブ。 2009年11月26日閲覧。 これらの伝承を基にしたものに、合唱曲『 親しらず子しらず』(作詞、作曲)がある 参考文献 [ ]• ロム・インターナショナル(編)『道路地図 びっくり! 博学知識』〈KAWADE夢文庫〉、2005年2月1日。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 ・ - フォッサマグナの反対側に当たる側の断崖。 この付近の東名高速道路も海上を通っている。

次の