宅建 過去問。 宅建(宅地建物取引士)の公式過去問+解説

宅建過去問徹底攻略

宅建 過去問

年度別の宅建試験問題です。 50問の通し問題のため難問も混ざっていますので気をつけてください。 中級者用です。 年度別の宅建試験問題と解説 宅建業法で個数問題、細かい肢が増え合格点を下げてきました。 受験者数も多く、宅建試験史上最高の合格点を更新=37点。 受験者数が久しぶりに20万人を超えました。 難問もサービス問題も少なく、バランスの良い年でした。 この年から「宅建士」試験となりました。 士業試験となる前、最後の「宅建」試験。 宅建業法等は易しく、権利関係に難問が増えてきました。 宅建業法に正確な知識を要する個数問題が増えてきました。 2択までは絞れるやらしい問題、ひっかけが増えてきました。 全体的にかなり簡単で、落とせない問題が多めでした。 宅建業法が20問になるなど 現在と同じ出題形式になりました。 この年まで、現在の宅建試験と出題割合が少し異なります。 易しめですが、受験者数20万人を超えて合格点も高い年でした。 各予備校で解答が割れる問題があった波乱を呼んだ年でした。 5点免除制度が緩和され、不動産業者の合格率が上がりました。 この年まで、法令上の制限が10問も出題されていました。 宅建インプリの販売を開始して合格者を多数輩出! この年から、宅建試験の申込みが郵送でも可能となりました。 合格点が上がり、この頃から宅建難易度が上がった気がします。 合格率15%前後の30点で合格が続いた宅建試験安定期。 問題文も短く、単純知識で解ける問題が多かった時代。 難問=単にマイナー知識で、ひっかけ問題はまだ少ない時代。 5点免除制度スタート。 以下、 宅建業法のみ公開中です。 この年まで、現在の宅建試験と出題順等が大きく異なります。 この年まで、宅建受験に高校卒業などの資格制限がありました。 宅建豆知識:昭和63年までマークシートではなく手書き解答。 宅建豆知識:宅建試験開始当初の受験料は500円。 宅建豆知識:過去最高の合格率は昭和34年の 98. 50問の出題で過去最低の合格点= 26点を記録している年。 宅建豆知識:昭和40年までは 宅地建物取引員と呼ばれていた。

次の

解説付き年度別試験問題集

宅建 過去問

最新情報 7月16日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 7月15日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: ミルキー@管理人 《》 総投稿数:2 7月16日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: aiさん 《》 総投稿数:3 7月15日掲示板に新しい投稿がありました。 最終投稿者: 初心者さん 《》 総投稿数:8 7月11日平成15年試験の解説が完成しました。 6月30日平成16年試験の解説が完成しました。 6月12日平成17年試験の解説が完成しました。 5月22日掲示板でのご要望を受けて、解説内の図解を一覧できるページを作成してみました。 4月2日権利関係を5分野から17分野に、宅建業法等を8分野から12分野に細分化しました。 3月21日令和元年試験の解説が完成しました。 3月19日宅建業法を含む全ての過去問題について民法改正済となりました。 2月25日平成18年試験の解説が完成しました。 【2019年】 12月17日いつの間にか過去問道場の利用者が1,000人突破していました。 現時点で1,144人です。 12月5日令和元年の試験問題を追加しました。 10月9日学習成績をSNSで簡単にシェアできる新機能を過去問道場に追加しました。 10月7日平成19年試験の解説が完成しました。 市販過去問集並みの12年分の提供に達しました。 9月10日令和元年試験用の統計問題 問48 対策ページを公開しました。 6月6日平成21年試験の解説が完成しました。 ようやく10年分までアップできました。 3月13日平成22年試験の解説が完成しました。 2月28日平成30年試験の解説が完成しました。 1月22日平成23年試験の解説が完成しました。 【2018年】 12月20日平成24年試験の解説をアップしました。 12月18日過去問道場に問題チェック機能を追加しました。 12月7日平成30年の試験問題を追加しました。 12月5日試験統計に平成30年のデータを追加しました。 11月30日平成25年試験の解説をアップしました。 10月19日平成26年試験の解説をアップしました。 10月15日平成28年試験の解説をアップしました。 10月3日平成27年試験の解説をアップしました。 8月6日平成29年試験の解説をアップしました。 7月30日宅建業法等の出題論点を7つの細目に分類しました。 7月25日平成15年から平成12年の過去問題200問を追加しました。 7月6日新しく宅建試験の過去問解説サイトを公開しました。 後発組ではありますが、今後、解説やシステムを充実させ宅建試験対策の決定版と呼ばれるWebサイトに育てていきたいと思っています。 なお、この問において「消費税等相当額」とは、消費税額及び地方消費税額に相当する金額をいうものとする。 土地付新築住宅(代金3,000万円。 消費税等相当額を含まない。 )の売買について、Aは売主から代理を、Bは買主から媒介を依頼され、Aは売主から211万2,000円を、Bは買主から105万6,000円を報酬として受領した。 Aは、店舗用建物について、貸主と借主双方から媒介を依頼され、借賃1か月分20万円(消費税等相当額を含まない。 )、権利金500万円(権利設定の対価として支払われる金銭であって返還されないもので、消費税等相当額を含まない。 )の賃貸借契約を成立させ、貸主と借主からそれぞれ22万5,000円を報酬として受領した。 居住用建物(借賃1か月分10万円)について、Aは貸主から媒介を依頼され、Bは借主から媒介を依頼され、Aは貸主から8万円、Bは借主から5万5,000円を報酬として受領した。 なお、Aは依頼を受けるにあたって、報酬が借賃の0. 55か月分を超えることについて貸主から承諾を得ていた。 複数の取引業者がひとつの取引に絡む場合でも、媒介報酬額の合計は報酬限度額の2倍(代理と同額)を超えることはできません。 本肢の場合、Aが「211万2,000円」、Bが「105万6,000円」、合計「316万8,000円」を受領しています。 これだと報酬限度額である「211万2,000円」を超えているので、宅地建物取引業法に違反します。 違反しない。 本肢は「店舗用建物」であり「居住用建物」ではない点に注意する必要があります。 居住用以外の建物の賃貸借に際し、権利金の授受が伴う場合、権利金の額を売買代金とみなして報酬を算定することが可能です。 本肢では、それぞれから「22万5,000円」の報酬を受領していますが、その合計額「45万円」は限度額以下であるので、宅建業法には違反しません。 違反する。

次の

【宅建テキスト2020】独学におすすめは?人気の出版社別4シリーズを徹底比較!

宅建 過去問

新着情報 2019-10-6 直前になって申し訳ございません。 ができました。 直前のがんばりは結果に大きく影響します。 次回は民法の大改正もあり大変なことになると予想されますので、ぜひここで頑張って合格を勝ち取ってください。 閲覧くださっている皆さんの健闘を祈るとともに、嬉しいご連絡を楽しみにしております。 宅建過去本試験問題・解答と解説 (メインコンテンツです) 当該年度の出題一覧表がでますので、問題番号をクリックしてください。 解説部分は、詳細にはしらず、受験生目線、実戦的(ヒッカケ事例など)、横断的(類似項目・関連事項)になるよう意識して作成したつもりです。 法改正にあわせ改題・修正等を行い、最新の法令に対応しています。 (が、うっかり見落としもありえますので、お気づきの点がありましたら是非メールか掲示板でお知らせください。 ) 「ワンポイント」は、頻出項目のまとめや、暗記法(ゴロあわせ)、ちょっと豆知識っぽいことなどで、今後充実させていきたいと思っています。 解説部分からリンクさせていることもあります。 「民法重要条文と判例」は、宅建試験で重要と思われる条文とそれにかかる判例をピックアップして簡単に解説しています。 おいおいに書き足していきますので、長い目で見てやってください。 「宅建業法チェック」は、合格の鍵である宅建業法について、基本事項・頻出事項と、それに関連する出題パターンやヒッカケ事例を整理してまとめました。 また問題へのリンクで、実際にどのような形で問われているかを簡単に確認できます。 過去問攻略こそ試験合格への王道 宅建試験に限らず、国家資格などのあらゆる試験でそういわれています。 その理由はいくつも考えられますが、 1. そもそも、ある資格に要求される知識やその水準はほぼ一定である 2. その中で試験を重ねると、出題できる知識が出つくしてしまう 3. また資格試験が選抜試験である以上、受験者層にあわせた難易度設定が必要となる 4. 上記を踏まえると作問者も、過去問を参考にしないと良問を作ることはできない などがあげられるでしょう。 宅建試験の場合、試験は4肢択一の50問ですが、実に出題された肢の7割以上が過去に出題された肢あるいはその焼き直しなのです。 次回の本試験でどのような問題が出題されるかは誰にもわかりませんが、そのうちの 多くの部分がすでに過去問の中に隠れているわけです。 これは当サイトなどで、過去問を見ていってもらえば、すぐに実感できると思います。 過去問攻略(学習)の正しいやり方 過去問攻略というと、過去問をがんがん解いていく勉強というイメージをもたれるかもしれませんが、それは間違った勉強方法です。 実は、「解く=4肢から正解肢を選ぶ」、ということにはほとんど意味がないのです。 肢(頻出事項)は焼き直しとして形を変えて何度も出題されます。 まったく同じ文章で出ることはめったにありません。 4つの肢は出題された知識(事項)という意味で、まったく等しい価値をもっています。 したがって、 正しい過去問攻略とは、1肢1肢について、それが正しいか誤りか理由つきで判断できるようになること。 すなわち、誤りならどこをどう直せば正しくなるか、正しいのであればどういう規定に該当するのか(テキストのどの辺に載っていたとかでもOK)、正誤問わず、関連事項で重要なポイントとしてどのようなことがあるか、などなど。 こういったものが、短いワンフレーズで頭に浮かんでくるようにトレーニングしていくのです。 当サイトでは、「答と解説」としていますが、巷の過去問題集の詳細すぎる解説とは違い、主としてこのワンフレーズ(この肢ではこんなことが頭に浮かんできてほしいかなという一般的なあたり)を記述しています。 なお、このワンフレーズには絶対はありません。 学習の進捗状況などにより変わってくるものです。 その意味では、当サイトの解説は、自分自身のワンフレーズを見つける学習上のたたき台と思っていただいてけっこうです。 当サイトが、こうした過去問攻略の一助になれば幸いです。 お約束なことがら 当サイトのコンテンツは良心に基づいて作成しておりますが、必ずしも内容の正確性を保証するものではありません。 自己責任でご利用ください。 当サイトはリンクフリーです。 連絡不要です。 また別にトップページでなければということもありません。 著作権は放棄していません。 無断転載・盗用はしないでください。 sakura. jp までお願いいたします。

次の