コロナ 赤ちゃん 死亡 日本。 blog.yhathq.com : 新型コロナ、感染急増の日本 最悪の事態恐れる医療従事者

コロナウイルス感染症による人口あたりの死亡者数、日本は欧米諸国より目立って少ないが、アジア諸国中では非常に高い/致死率が5.20%に微増(2020/5/27)

コロナ 赤ちゃん 死亡 日本

新型コロナウイルスに関しては、まだまだ分からないことが多いわけです。 ですから、3月19日に専門家委員会が表明した、日本は感染拡大の加速にはいたっておらず「持ちこたえて」いるが、「オーバーシュート(爆発的な感染拡大)」の危険はあり、依然として厳しい警戒が必要という指摘は、真剣に受け止めないといけないと思います。 日本の新型コロナ対策に関しては、PCR検査の数が抑制されているという指摘があります。 このため今後拡大するかどうかについては、議論があります。 ですが、明らかに指摘できるのは、日本の場合は人口当たりの新型コロナの死亡率が非常に低いことです。 中国の場合は湖北省とその他を通算した平均値はほとんど意味がないので除外しますが、その他、現在まで大規模な感染が発生している国や地域の死亡率と比較すると、日本の低さは明らかです。 03人 人口当たりの死亡率が日本はなぜ低いのか、その理由を考えてみます。 まず考えられるのは、日本社会の特徴です。 例えば、近年は高齢者が「高齢者のみの世帯」で生活している率が高く、若い世代との接触を遮断するのが容易だということです。 例えば、日本の高齢者入居施設の場合は2月の早い段階から家族を含めた入所者以外の訪問を停止して厳格な管理をし、大規模感染は起きていません。 また、大家族が比較的残っている地方は人口密度が低く、反対に人口密集地域では2世帯、3世帯の同居は少なくなっていることが理由として上げられます。 他にも、公衆衛生の概念が浸透しているとか、手洗いの習慣、マスク着用など生活様式の特徴も理由になりそうです。 漠然と説得力を感じるストーリーですが、例えば同じように高齢者の命を奪う季節性のインフルエンザの場合は、例えばアメリカで毎年1万5000人前後の死亡者を出している一方で、日本は3000から5000の死亡者数で推移しています。 そう考えると、社会の特徴だけで説明できるとは思えません。

次の

「新型コロナで死亡する日本人は57万人」米著名シンクタンクが掲載する報告書の中身(飯塚真紀子)

コロナ 赤ちゃん 死亡 日本

世界の1日と日本の1日 1日で生じる出会いと別れ 日本で1日に生まれる赤ちゃんの数は2,934人、死亡する人の数は3,279人。 その差は345人。 若干ですが死者の方が上回っていて、将来の日本の人口減少は避けられなさそうです。 しかし世界の1日の出生数と死亡数を比較すると、出生数が死亡数を大きく上回ります。 驚くべきことに出生数は、死亡数の2倍以上の数になります。 近年その人口増加スピードが、未来の食糧危機を引き起こすと考えられています。 人口増加の爆発的なスピードは、年代別の世界人口の変化を見ると一目瞭然です。 地球で養える世界人口は、一部の学者の中で約80億人と言われていますが、その人口に到達するのは2024年予定です。 食糧問題のタイムリミットは、刻一刻と迫ってきているのかもしれません。 年代別世界人口の変化• 1950年:約25億人• 1960年:約30億人• 1970年:約36億人• 1980年:約44億人• 1990年:約53億人• 2000年:約61億人• 2010年:約69億人• 2020年:約77億人• 2030年:約85億人• 2040年:約91億人• 2050年:約97億人• 2060年:約101億人 世界の1日の〇〇ランキングを見ると中国が婚姻数、離婚数、自動車生産数、死亡者数で断トツです。 さすが世界人口数No. 1の13億人が生活している国だと頷けます。 ちなみに2022年以降は、インドが世界最多の国になると予想されています。 世界同時食糧危機 NHK 1日の出会いと別れの事情 出会い <出生> 世界の1日の出生数:382,351 日本の1日の出生数:2,934 <結婚> 世界の1日の結婚数:74,669組 日本の1日の結婚数:1,917組 <発明> 世界の1日の発明数:678件 日本の1日の発明数:132件 <自動車生産> 世界の1日の自動車生産数:219,432台 日本の1日の自動車生産数:23,010台 <企業設立> 世界の1日の企業設立数:9,377社 日本の1日の企業設立:219社 別れ <死亡> 世界の1日の死亡数:155,099人 日本の1日の死亡数:3,279人 <離婚> 世界の1日の離婚数:18,182組 日本の1日の離婚数:687組 <自殺> 世界の1日の自殺数:1,897件 日本の1日の自殺数:86件 <交通事故死亡者数> 世界の1日の交通事故死亡者数:3,380台 日本の1日の交通事故死亡者数:12台 <企業倒産> 世界の1日の企業倒産数:695社 日本の1日の企業倒産:33社 世界の1日NO. 1の国 1日の発明NO. 1:アメリカ合衆国:332件 1日の企業設立NO. 1:ロシア:1,159社 1日の出生数NO. 1:インド:67,901人 1日の婚姻NO. 1:中国:25,890組 1日の自動車生産NO. 1::中国:50,462台 1日の企業倒産NO. 1::フランス:163社 1日の交通事故NO. 1:エジプト:95人 1日の離婚NO. 1:中国:5,186組 1日の自殺NO. 1:ロシア:124人 1日の死亡者数NO. 1:中国:26,675人.

次の

竹中平蔵「このままいけばコロナ後、日本が世界の先端に立てるかもしれない」 世界が驚く日本の死亡率に希望…

コロナ 赤ちゃん 死亡 日本

世界の1日と日本の1日 1日で生じる出会いと別れ 日本で1日に生まれる赤ちゃんの数は2,934人、死亡する人の数は3,279人。 その差は345人。 若干ですが死者の方が上回っていて、将来の日本の人口減少は避けられなさそうです。 しかし世界の1日の出生数と死亡数を比較すると、出生数が死亡数を大きく上回ります。 驚くべきことに出生数は、死亡数の2倍以上の数になります。 近年その人口増加スピードが、未来の食糧危機を引き起こすと考えられています。 人口増加の爆発的なスピードは、年代別の世界人口の変化を見ると一目瞭然です。 地球で養える世界人口は、一部の学者の中で約80億人と言われていますが、その人口に到達するのは2024年予定です。 食糧問題のタイムリミットは、刻一刻と迫ってきているのかもしれません。 年代別世界人口の変化• 1950年:約25億人• 1960年:約30億人• 1970年:約36億人• 1980年:約44億人• 1990年:約53億人• 2000年:約61億人• 2010年:約69億人• 2020年:約77億人• 2030年:約85億人• 2040年:約91億人• 2050年:約97億人• 2060年:約101億人 世界の1日の〇〇ランキングを見ると中国が婚姻数、離婚数、自動車生産数、死亡者数で断トツです。 さすが世界人口数No. 1の13億人が生活している国だと頷けます。 ちなみに2022年以降は、インドが世界最多の国になると予想されています。 世界同時食糧危機 NHK 1日の出会いと別れの事情 出会い <出生> 世界の1日の出生数:382,351 日本の1日の出生数:2,934 <結婚> 世界の1日の結婚数:74,669組 日本の1日の結婚数:1,917組 <発明> 世界の1日の発明数:678件 日本の1日の発明数:132件 <自動車生産> 世界の1日の自動車生産数:219,432台 日本の1日の自動車生産数:23,010台 <企業設立> 世界の1日の企業設立数:9,377社 日本の1日の企業設立:219社 別れ <死亡> 世界の1日の死亡数:155,099人 日本の1日の死亡数:3,279人 <離婚> 世界の1日の離婚数:18,182組 日本の1日の離婚数:687組 <自殺> 世界の1日の自殺数:1,897件 日本の1日の自殺数:86件 <交通事故死亡者数> 世界の1日の交通事故死亡者数:3,380台 日本の1日の交通事故死亡者数:12台 <企業倒産> 世界の1日の企業倒産数:695社 日本の1日の企業倒産:33社 世界の1日NO. 1の国 1日の発明NO. 1:アメリカ合衆国:332件 1日の企業設立NO. 1:ロシア:1,159社 1日の出生数NO. 1:インド:67,901人 1日の婚姻NO. 1:中国:25,890組 1日の自動車生産NO. 1::中国:50,462台 1日の企業倒産NO. 1::フランス:163社 1日の交通事故NO. 1:エジプト:95人 1日の離婚NO. 1:中国:5,186組 1日の自殺NO. 1:ロシア:124人 1日の死亡者数NO. 1:中国:26,675人.

次の