葉酸サプリメント おすすめ。 【市販】薬局・ドラッグストアで購入できる葉酸サプリ|人気おすすめ8選|葉酸妊活サプリ情報局

葉酸サプリ徹底比較ガイド|今1番おすすめは?ランキング調査!

葉酸サプリメント おすすめ

葉酸ってなに?妊婦・妊活中になぜ必要? 葉酸とは、水溶性ビタミンであるビタミンB群の一種でプテロイルモノグルタミン酸という栄養素を指します。 ビタミン12と一緒に赤血球を生成する栄養素で、胎児には必要不可欠な栄養素になります。 そのため、妊婦の方や妊活をされている方は摂取する必要がある栄養素なのです。 葉酸の摂取が必要な理由は、葉酸が欠乏することで貧血が起こりやすくなる・動脈硬化の原因となるホモシステインの量が増えてしまうためです。 それ以外にも、葉酸は胎児の成長に大量に消費するのです。 葉酸が不足すると胎児の成長に支障が出てしまい、新生児障害(神経管閉鎖障害:神経組織の形成に支障が出ることで、身体や脳の機能障害や形成不全を起こす障害)等のリスクが出てきてしまいます。 リスクを防ぎつつ母子共に健康に過ごすためにも、 特に妊娠初期の場合は、葉酸の積極的な摂取が必要です。 もちろん妊娠初期以外の方や妊活中の方も、葉酸を摂取しておくことでお母様もお子様も健康を維持できるため、是非摂取してみましょう。 葉酸はサプリから摂取しないとダメ!?【厚生労働省】も推奨している! 葉酸摂取に関する研究結果 葉酸摂取をすることで胎児の成長をサポートし、 神経管閉鎖障害など身体や脳の機能障害・形成不全のリスクを低減することができます。 国際クリアリングハウス(ABS情報交換センター)の調査報告によると、日本における神経管閉鎖障害の発症率は3. 59% 2007年~2011年 程となっています。 この事態を受けて、様々な会社が葉酸サプリメントを発売するようになったのです。 普段から食事や健康には気を遣っているので大丈夫・食事からでも十分な栄養が撮れるのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 次に、食事だけで必要な葉酸を摂取するのは難しい・おすすめできないというお話をしたいと思います。 サプリから葉酸を摂取しなければならない理由 一見、葉酸は普段の食事から摂取し、健康に気を付けて過ごせていれば問題はない・十分に摂取ができると思うかもしれません。 ですが、葉酸は食事だけから必要量を摂取することが難しいのです。 理由は、 「天然葉酸」と「合成葉酸」の吸収率の違いにあります。 「天然葉酸」とは食材に含まれる葉酸のことで、消化管の酵素によって分解・吸収されるタイプです。 体内への吸収効率は摂取量の半分程度で、また 加熱調理時に熱で分解されやすいのが特徴です。 「合成葉酸」とはサプリメントなどの栄養補助食品に含まれる葉酸で、天然葉酸とは別物になります。 合成葉酸は吸収の段階で分解されないため、 体内への吸収効率が高いのが特徴です。 吸収量は摂取量の85%程度と言われています。 このように、「天然葉酸」と「合成葉酸」の2つは吸収時の分解有無や体内への吸収効率が異なります。 「天然葉酸」だけでは葉酸の摂取量が不足する可能性があるため、 「合成葉酸」が含まれる葉酸サプリの摂取が重要なのです。 食べ物だけで葉酸を摂取するのは難しい!&おすすめできない理由 次に、葉酸を食事から摂るとなった場合の具体的な量をお伝えしましょう。 一見、すぐ摂取できるのではと思いがちですが、食事だけでこの量を摂取するのは大変難しいです。 葉酸の摂取量を食べ物に換算すると、 枝豆93個分、アボカド3個などに換算されます。 ほうれん草やレバーなどにも含まれており、 ほうれん草で換算すると何と2. 5kg程度になります。 また、食事で葉酸だけ摂取すれば良いものではなく、他の栄養素もバランスよく摂取する必要があります。 他に必要な栄養素としては、ビタミンD・カルシウム・マグネシウム・鉄・ビタミンCなどがありこれらをバランス良く摂取することで母子ともに健康に過ごすことができます。 栄養不足による身体機能低下のリスクを減らすことができるのです。 そのため、葉酸が入った食べ物ばかりを食べるのではなく、葉酸を含めた様々な栄養をバランスの良い食事で摂取することが大事なのです。 調理・食事は栄養を逃してしまう 葉酸は食べ物の摂取だけでなく、サプリメントでの摂取も必要です。 その理由は、食事で摂取する「天然葉酸」は加熱によって含有量が減ってしまうこと、体内吸収率も含有量の半分程度になるため、規定量の摂取が難しいためです。 葉酸は水溶性ビタミンであるビタミンB群の1種で、加熱による栄養流出が発生しやすいのが特徴です。 例えばほうれん草の場合だと、炒めた場合の残存率が本来の含有量の8割程度、 ゆでた場合の残存率が本来の含有量の半分程度。 (単独で調理した場合の数値) それに加えて、食べた場合の体内吸収率が含有量の半分程度のため、炒めた場合の葉酸摂取量は40%程度。 ゆでた場合の葉酸摂取量は25%程度になってしまいます。 このように 葉酸が入った食べ物を調理して食べても、規定量を摂取するのはかなり難しいのです。 そのため、 葉酸は食事だけで摂取するのではなく、サプリメントを併用して摂取することが重要です。 サプリメントで摂取することで、体内で分解されずそのまま葉酸が吸収されるため正確な摂取量も把握できます。 1日に必要な葉酸をきちんと摂取することができるのです。 葉酸サプリがもたらす様々な効果とは? 効果 葉酸は、赤ちゃんの発育に欠かせない栄養素であり、 赤ちゃんの機能障害を防ぐ栄養素でもあります。 妊娠中に飲むことで胎児の発育をサポートしてくれ、妊娠していない女性に対しても栄養補給として大きな役割を果たします。 また赤血球の生成作用があるため、 貧血予防にも役立ちます。 葉酸以外の栄養も必要! 妊娠中はただ葉酸を摂取すれば良いのではなく、他の栄養素をバランスよく摂取することが重要です。 そのため、サプリメントを選ぶ際は複数の栄養素が入っているものを選ぶと良いでしょう。 一度に複数の栄養素を摂取できるため、効率よく栄養を摂取できます。 葉酸以外の栄養素はビタミンやミネラル、鉄などの栄養素が必要になります。 ビタミンはビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンDなどがあり、それぞれ重要な役割を果たします。 ビタミンB6は妊娠中の悪心・悪阻を予防する働きがあり、ビタミン12は貧血防止や疲労感軽減、ビタミンCは抗酸化や鉄の吸収促進、ビタミンDは歯や骨の形成促進の役割を果たします。 特に、ビタミンDはカルシウムの吸収をサポートするため、カルシウムとセットで摂取するのが必須です。 マグネシウムも身体機能の維持に欠かせない栄養素のため、含まれているとより良いでしょう。 鉄分は15mg、カルシウムは210mgを摂取目安としています。 ビタミンB6は1. 3mg、ビタミン12は2. また、ビタミンBとビタミンCは水溶性ビタミンのため過剰摂取は起きにくいです。 ですが、一度に大量摂取すると体内の吸収上限を超えてしまうため、サプリメントに含まれている場合は時間を分けて摂取するのが良いでしょう。 ビタミンDは脂溶性ビタミンのため、過剰摂取すると中毒症状を引き起こす可能性があります。 規定量を超えないように摂取しましょう。 このように、葉酸以外の栄養素も摂れる葉酸サプリメントは非常におすすめです。 妊婦・妊活中に飲むのは必須!けど、いつから・いつまで飲むべき? いつから飲むべき? 葉酸は妊娠中に必須な栄養素ですが、葉酸サプリの摂取はいつ頃から始めたら良いのでしょうか。 結論から言うと、 飲み始めのタイミングは妊娠前~妊娠初期が推奨されています。 一見、葉酸サプリは妊娠初期から飲むイメージがありますが、実は妊娠前から飲むのが一番おすすめなのです。 「妊娠が発覚してから、飲めば良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、葉酸不足で起こりやすい神経管閉鎖障害のリスクを減らすには、妊娠前から葉酸を摂取することが重要なのです。 万が一、妊娠が発覚したけど葉酸サプリをまだ飲んでいないという場合は、その時点から葉酸サプリを摂取し始めましょう。 妊娠中期以降に摂取した葉酸は、栄養を届けるための血液を作る働きがあります。 他にも、早産リスクの低減や貧血予防の働きがあります。 いつまで飲むべき? 葉酸サプリの摂取は、妊娠前・妊娠初期から飲み始めてからいつ頃まで飲めばよいのでしょうか。 葉酸サプリは妊娠前・妊娠初期から飲み始め、 出産後及び授乳期まで摂取するのがおすすめです。 出産後・授乳期に葉酸を摂取すると、体力・身体機能回復と母乳の質を良くする働きがあります。 妊娠前や妊娠中の葉酸は胎児の栄養補給や身体リスクの防止の働きがありますが、出産後や授乳期に葉酸サプリを飲むことで、出産でダメージを受けた子宮や体力の回復がスムーズになるのです。 また、出産後に葉酸サプリを飲むことで、ホルモンバランスの乱れによるうつ症状や自律神経の乱れを防止し、出産後に起きやすいと言われるマタニティブルーを予防してくれるのです。 赤ちゃんに母乳を与える際も、葉酸が非常に重要な役割を果たします。 摂取した葉酸は母乳を通じて赤ちゃんに届けられ、葉酸以外の栄養も届けることができます。 葉酸サプリを飲む上での注意点とは? 水かぬるま湯で飲む 葉酸サプリを飲む上での注意点の1つ目は、 水かぬるま湯で飲むことです。 葉酸サプリも薬と同様、水かぬるま湯で飲むことで成分を変化させることなく、栄養を摂取することができます。 お茶、コーヒー、紅茶などで飲んでも問題はありませんが、渋みのもとであるタンニンが葉酸の吸収率が若干低下すると言われています。 そのため、お茶やコーヒーなどと一緒に摂取すること自体は問題ありませんが、できる限り水かぬるま湯で飲むのがベストです。 ジュースと一緒に飲むのも控えたほうが良いでしょう。 過剰摂取にならないようにする 葉酸サプリを飲む上での注意点の2つ目は、 過剰摂取に気を付けることです。 妊娠期間中に葉酸サプリで葉酸を摂取するのは良いことですが、1日の規定量を超えて摂取するのは控えましょう。 理由はサプリメントに含まれている葉酸は、食品に含まれる葉酸よりも吸収率が高いためです。 規定量を大幅に超えて摂取し続けると、胎児に悪影響が出る可能性があります。 100%悪影響が出ると断定はできませんが、1日の摂取目安量を守って摂取したほうが安全です。 葉酸サプリを選ぶ上での重要ポイント! 葉酸サプリは数多く販売されていますが、どのような基準で選ぶと良いのでしょうか。 そこで、この項目では選ぶ基準を5つに分けてご紹介します。 適切な量を摂取できるか 葉酸サプリを選ぶポイントの1つ目は、 適切な量を摂取できるかどうかです。 食事からとる天然葉酸は特に摂取上限値はありませんが、サプリメントで摂取する合成葉酸には摂取上限値が設定されており、合成葉酸の1日の摂取上限値は1000mgとされています。 葉酸サプリを摂取する際は1粒に1000mg入っている必要はないですし、毎日必ず1000mg摂取しないといけない訳ではありません。 飲むサプリメントの説明書を必ず読み、1日の摂取量を守って摂取していれば問題ありません。 葉酸サプリは製品によって配合量や1日の摂取量が異なるため、必ず製品説明を読んだ上で摂取しましょう。 万が一、心配な場合は産婦人科医が監修した製品を選ぶと安心です。 合成葉酸かどうか 葉酸サプリを選ぶポイントの2つ目は、 合成葉酸かどうかです。 合成葉酸は「モノグルタミン酸」で構成された葉酸のことで、葉酸サプリに含まれる葉酸は合成葉酸になります。 葉酸サプリは、その合成葉酸を配合した栄養補助食品。 食事では推奨されている摂取量を摂取するのが難しいことから、妊娠有無や妊娠週を問わず積極的な摂取が推奨されます。 葉酸サプリに含まれる葉酸は体内への吸収率が85%あることから、葉酸の摂取不足を解消しやすいのが利点です。 食事に含まれる天然葉酸は調理時に流出してしまうこと、食材を生産する段階で収穫時期や栽培時の天候条件などで葉酸の含有量が多少変動する可能性があります。 それと比較すると合成葉酸は、時期や状態を問わず安定して栄養補給ができるのがポイントです。 GMP認定工場でつくられているか 葉酸サプリを選ぶポイントの3つ目は、 GMP認定工場でつくられているかです。 葉酸サプリは毎日継続して飲むもののため、高品質で安全面に配慮したもののほうが良いですよね。 その品質や安全面の基準が分かるのが、GMP認定工場での生産有無です。 GMP(Good Manufacturing Practice)認定工場とは、原料選定~出荷の全ての段階で、適正基準を満たした工場を指します。 そのためGMP認定工場で製造された製品は、高品質で製品状態も安定しているというお墨付きが付いているのです。 尚、GMPの表示は義務ではないため、表示がないサプリメントも多いです。 安全面を特に重視する場合は、GMPの表示があるサプリメントを選ぶと良いでしょう。 葉酸以外の栄養素も豊富か 葉酸サプリを選ぶポイントの4つ目は、 葉酸以外の栄養素も含まれているかです。 葉酸サプリは葉酸単独で含まれているサプリメントと葉酸以外の栄養素を複数含んだサプリメントがあり、複数栄養素が入ったサプリメントを選ぶと効率良く栄養を摂取できます。 妊娠中は葉酸以外にも必要な栄養素がたくさんあります。 DNA合成や赤血球の生成作用があるビタミンB12、葉酸の活性化や抗酸化作用があるビタミンC、悪阻など妊娠時の症状を抑えるビタミンB6などがあります。 そのため、ビタミンB類やビタミンCが複数配合されたサプリメントを選ぶと効率よく摂取できます。 加えて、鉄分やカルシウム、ビタミンDなども重要な栄養素です。 これらは、骨の形成や赤血球の生成に欠かせないため、一緒に含まれているとより良いでしょう。 天然素材でつくられているか 葉酸サプリを選ぶポイントの5つ目は、 天然素材で作られているかどうかです。 サプリメントに配合されている葉酸は、化学合成で作られたタイプと食べ物から抽出した葉酸を加工したタイプに分かれています。 合成葉酸と言うと一見、化学合成で作られたタイプのように思えますが、実は2種類あるのです。 化学合成で作られたタイプが全て悪い訳ではありません。 しかし、妊活や妊娠中は消化時の負担が比較的軽い「天然由来」の葉酸サプリを選ぶと良いですね。 葉酸サプリが天然由来で作られているかどうかは、製品の原材料欄を確認してみましょう。 具体例を挙げると、原材料欄に「葉酸(酵母由来)」や「葉酸含有酵母」などと表示されていれば、酵母から抽出した葉酸という意味になります。 より詳しく知りたい方は、販売元の公式サイトで確認してみると良いでしょう。 いかがでしたでしょうか。 葉酸サプリは飲みやすさも重要ですが、 安全性や品質を最優先にした選び方をすると特に良いでしょう。 まとめ 葉酸は食事から摂取するものとサプリメント等から摂取するものの2種類があり、日々の食事だけでは葉酸の十分な摂取が難しいです。 そのため、葉酸は食事とサプリメントを組み合わせて、摂取するのが望ましいと言えます。 世の中には美容成分などを含め、競って成分の多さをアピールするサプリメントも多いですが、本当に必要な栄養素ではない、余分なものを摂ってしまうリスクもあります。 特にビタミン・ミネラルなどは、サプリメントによる過剰摂取のリスクが問題視されることもあります。 その点、今回1位でご紹介したパティ葉酸サプリは、濃縮された無農薬野菜からビタミン・ミネラルを摂取しているので、過剰摂取のリスクが少なく、大変安心です。 パティ葉酸サプリは、成分の多さをアピールするその他のサプリとは一線を画し、良質で必要な栄養素のみを入れている硬派なサプリメントといえるでしょう。 葉酸サプリに興味を持っている方は、ぜひおすすめ商品を覗いてみてくださいね!.

次の

葉酸サプリクラブ【2020年最新版】

葉酸サプリメント おすすめ

新しい細胞を作るのに必要な栄養素 葉酸は胎児 赤ちゃん の成長に欠かすことができない「DNAを作る役割」を担っています。 DNAとは細胞分裂をするときに遺伝子情報を伝える物質のことです。 私たち人間は日々、細胞分裂を繰り返しながら新しい肌や髪の毛が作られています 切り傷などが数日経てば塞がるのは細胞分裂のおかげです。 そして受精卵も細胞分裂を繰り返しながら、少しずつ胎児の形となり、赤ちゃんとして成長していきます。 葉酸が不足することで、 正常な細胞分裂が行われなくなり、胎児や赤ちゃんの成長を滞らせる可能性があります。 また、過度な葉酸不足で最も恐ろしいのは 胎児の先天性障害「神経管閉鎖障害」です。 葉酸不足による神経管閉鎖障害の発症リスクに関しては、厚生労働省のサイトでも確認することができます。 【参考サイト】 厚生労働省「」 この細胞分裂やDNAの合成、先天性障害が起きるのは 妊娠初期のときです。 妊娠初期は女性も妊娠の自覚症状がありません。 つまり 妊娠がわかってから葉酸サプリを飲み始めても遅いということになります。 このような理由から妊娠を希望する女性は、妊活中のときから葉酸サプリを摂取することが推奨されています。 葉酸に関する疑問を解消できたら、あとは自身の好みなどに合わせて実際に使用する葉酸サプリを選んでいきましょう。 ここでは妊活中や妊娠中の女性におすすめできる葉酸サプリ5選をご紹介します。 makana(マカナ) makana マカナ を特におすすめしたい人は妊娠中ではなく、妊活中の人です。 高品質の日本産マカ100%使用のmakanaは女性のホルモンバランスを整えるなど、妊娠に必要な体作りを徹底サポートします。 またタンパク質、脂質、炭水化物 糖質 、ビタミン、ミネラルの5大栄養素が含まれたスピルリナや妊娠力低下の原因にもなる冷えを解消する金時しょうが、その他国産野菜やフルーツ30種類を配合しています。 makannaに直接妊娠させる効果はありませんが、 makanaを飲むことによって高い確率で妊娠しやすい体質を作ってくれます。 もちろん妊活中や妊娠中に必要な葉酸 400ug もしっかり配合されていますので、妊活中から産後まで使用することができます。 厚生労働省が推奨する葉酸400ug、貧血を予防する鉄15mg、代謝や体温を高める効果があるマグネシウム136mg、骨を強くしたり、細胞分裂を促す効果があるカルシウム241mgなどが配合されています。 またビタミンB群やビタミンC、D、Eなどのビタミン類もしっかり配合されているため、 妊娠中から産後まで長期に渡って使用できる葉酸サプリといえるでしょう。 「配合量は多すぎても少なすぎてもダメ」という管理栄養士が監修しているため、過剰摂取や不足の心配もありません。 美的ヌーボープレミアムに含まれているDHAやEPAはオメガ3脂肪酸と呼ばれる不飽和脂肪酸の一種で卵子の質を向上させる効果があるといわれています。 またDHAには神経細胞の働きをサポートする力があるなど、産後うつのリスクを下げることも期待されています。 ビタミン類も豊富に配合されていますので、 妊娠力アップだけではなく、美容や健康にも良い影響を与えてくれるでしょう。 コース 価格 単品購入 9,396円 税込 定期便コース 6. AFCは配合成分だけではなく、ニオイや粒の大きさなど飲みやすさにも考慮しているため、利用しやすいという声もよく聞かれます。 1個あたりの価格が安価なのも魅力的であり、継続しやすい葉酸サプリといえます。 AFCは女性100人以上の声を参考にして開発されたサプリメントなので、ユーザー目線の立場で開発されている葉酸サプリを求めている方にはおすすめです。 コース 価格 単品購入 1,944円 税込 3個セット 5,184円 税込 6個セット 9,072円 税込 ベルタ葉酸サプリ 葉酸サプリメント市場でトップクラスの売上を誇るのがベルタ葉酸サプリです。 葉酸400ug、27種類のビタミンやミネラル、20種類のアミノ酸、鉄分、カルシウム、21種類の野菜を配合しています。 またベルタ葉酸サプリにはプラセンタエキスやコラーゲンといった厳選美容成分が6種類配合されているため、 ホルモンバランスの乱れによる肌の不調などにも大きな効果を見込むことができます。 酵母葉酸100%ですので、通常の合成葉酸と比較すると吸収率が良く、効率的に葉酸を摂取したい女性にはおすすめです。 この疑問に対する回答ですが「産後にも葉酸サプリは推奨されている」です。 ではなぜ出産後にも葉酸サプリが必要になるのか?ここでは産後の葉酸サプリの必要性を2つご紹介します。 産後の葉酸サプリは質の良い母乳を作る 葉酸サプリは質の 良い母乳を作る上でも役に立ちます。 母乳の原料はママの血液です。 前述のように葉酸は造血の働きがあるため、必要分をしっかり摂取することで血液の量や質がアップする可能性が高まります。 「質の良い血液=質の良い母乳」と考えられていますので、授乳中に葉酸をしっかり摂取することで赤ちゃんのすこやかな成長を促すことができます。 産後の葉酸サプリはママの体力回復につながる 産後の葉酸サプリは赤ちゃんだけではなく、 ママ自身の体力回復のお手伝いもしてくれます。 よく「出産のダメージは交通事故並み」といわれますが、子宮が妊娠前の状態に戻るまでは通常約6週間〜8週間かかります。 また産後はホルモンバランスが乱れがちになるため、産後うつや抜け毛に悩まされるママも少なくありません。 葉酸サプリは正常な細胞分裂をサポートしたり、ホルモンバランスを整える働きがあるため、産後の傷ついた体を回復させるには適しています。 葉酸サプリの選び方を徹底解説! 添加物の有無 葉酸サプリは葉酸を中心に、妊活中や妊娠中に役立つ栄養素が豊富に含まれています。 一方で注意しておきたいのは「添加物」です。 葉酸サプリで使われることが多い主な添加物には以下のようなものがあります。 ショ糖脂肪酸エステル• 結晶セルロース• 香料 これらが含まれた製品は当然、政府が定めた品質基準をクリアしているため、口にしてもすぐに体に異常をきたすものではありません。 ただし、乳糖は日本人の約85%が分解しにくいといわれており、ショ糖脂肪酸エステルは毒性はないものの、大量摂取になると下痢の症状を引き起こす可能性もあるとされています。 また一部専門家の間では添加物はお腹の赤ちゃんにも悪影響を及ぼすことが指摘されています。 このような理由から添加物による影響をゼロにしたい方は、無添加の葉酸サプリを選ぶとよいでしょう。 葉酸の種類 葉酸サプリによる効果をより高めたい場合は葉酸の種類にも注目することを推奨します。 葉酸の種類には「ポリグルタミン酸型」と「モノグルタミン酸型」があります。 ポリグルタミン酸型は天然由来の原料から作られており、モノグルタミン酸型は人工的に作られた合成葉酸です。 そしてこの2つの中で厚生労働省が推奨しているのはモノグルタミン酸型の葉酸です。 理由としては体内においての吸収率が関係しています。 ポリグルタミン酸型の葉酸は体への吸収が約50%ですが、モノグルタミン酸型の葉酸の吸収率は約85%ということがわかっています。 つまり 葉酸の効果、効能をしっかり得たい場合は吸収率が高いモノグルタミン酸型の葉酸を摂取するのがおすすめということになります。 ただし、モノグルタミン酸型の葉酸サプリを使用するときは一度原料をチェックしましょう。 合成されている葉酸の原料がもともと食品などであれば問題はありません。 一方、原料に石油や化学薬品などが使われている場合は人体に悪影響を及ぼす可能性もあります。 葉酸以外に配合されている栄養素 妊活中、妊娠中は葉酸以外にもさまざまな栄養素を摂取する必要があります。 具体的には先ほども取り上げた貧血を予防する成分でもある鉄分、赤血球や新しい細胞作りをサポートするビタミンB群、子宮内膜を厚くする効果があるビタミンEなどがあります。 この他にも赤ちゃんが成長するために欠かすことができないミネラルやカルシウムなどの栄養素も大切です。 評価の高い葉酸サプリには葉酸以外の栄養素も含まれていることが多いです。 前述のように妊娠中はつわりなどの影響で食欲が低下する時期もあります。 このようなときに葉酸サプリにさまざまな栄養素が含まれていれば、効率的に栄養補給をすることができます もちろん通常の食事から必要な栄養素を摂取することも大切。 また葉酸サプリに必要な栄養素がしっかり含まれていれば、毎日の食事メニューも細かな栄養管理は不要となります。 「妊活中、妊娠中は葉酸サプリから必要な栄養素を摂取したい」という方は、葉酸以外に配合されている栄養素にも注目してみましょう。 葉酸サプリを摂取するときの 注意点は「過剰摂取」です。 妊活中、妊娠中の女性は一般の人よりも葉酸摂取量を増やすことを推奨されています。 しかし、ときどき誤った使い方をして推奨量よりも多く葉酸を摂取してしまう方がいます。 葉酸の過剰摂取は発熱、蕁麻疹、かゆみ、呼吸障害などの症状をもたらす葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。 またビタミンB12欠乏症の発見が困難になるというデメリットも忘れてはいけません。 ビタミンB12欠乏症は巨赤芽球性貧血 悪性貧血 などを引き起こします。 葉酸を摂取していると貧血は改善傾向に向かうため、陰に隠れているビタミンB12欠乏症の発見が遅れがちになります。 貧血でもないのに手足のしびれや神経症状が現れた場合は、ビタミンB12欠乏症の可能性がありますので、このようなときは速やかに病院で診察を受けるようにしましょう。 その他、葉酸の過剰摂取が長期に渡って続くと子どもの喘息リスクが高まるという専門家もいます。 葉酸の1日推奨摂取量は以下のとおりです。 時期 1日推奨量 妊活中 640ug 妊娠中 480ug 授乳中 340ug 【参考サイト】 厚生労働省「」 ご覧のように妊活中、妊娠中、産後の葉酸推奨摂取量は政府が公開する資料にも記載されています。 ちなみに過剰摂取の目安となる耐容上限量は18歳〜29歳の女性で900ug、30歳以降の女性は1,000ugとされています。 葉酸サプリにも1日摂取量などが記載されていますので、用法容量を守って飲むようにしましょう。 まとめ.

次の

妊婦さん必見!おすすめ葉酸サプリ比較ランキング

葉酸サプリメント おすすめ

母子手帳にも、葉酸の重要性について記述されるようになりました。 妊娠初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害という先天障害になるリスクが高まります。 妊娠初期は妊娠に気づかない女性も多いことから、妊活中から十分な葉酸を摂取することが望ましいとされています。 引き続き、葉酸の摂取を意識するとよいでしょう。 葉酸サプリをはじめ、一般的にサプリメントの多くには添加物が使用されています。 添加物と聞くと、身体に悪いものというイメージがあるかもしれませんが、国内で使用されているものは、安全を保つための基準が定められています。 しかし、サプリメントを過剰に摂取したり、複数のサプリメントを同時に摂取したりすると、身体に悪影響が出てしまう可能性もあります。 たとえば、添加物のなかには「賦形剤(ふけいざい)」というものがあり、サプリメントを決まった形状に整える際に使います。 賦形剤として使用されることの多い乳糖は牛乳由来の成分で、過剰に摂りすぎると下痢が起こることがあります。 セルロースやマグネシウムといった賦形剤も、過剰摂取によって体調に変化を与える可能性が考えられます。 妊娠中は貧血になりやすく、私も検査に引っかかって鉄のサプリメントを飲んでいましたが、この商品なら葉酸に加えてたっぷりの鉄を摂取できるので一石二鳥です。 モノグルタミン酸型の葉酸を配合しているので葉酸の吸収効率も良いですよ。 また、におい軽減のために植物由来の素材でコーティングされています。 つわりで食が進まない方には嬉しいポイントですね。 女性の葉酸摂取が習慣化しているフランスやアメリカで支持を集めている、モノグルタミン酸型の葉酸です。 鉄分や美容成分など、葉酸以外にも女性にとってうれしい成分を豊富に含んでいます。 厳選した国産野菜を原料として使用している点や余分な添加物を使用していない点も特長です。 においを抑えるためにコーティングするなど、飲みやすさにもこだわっています。 1ヶ月からの定期購入も可能なので、気軽に試せる商品ですよ。 合成の葉酸は、天然に存在する葉酸よりも体内への吸収率が高くおすすめです。 また、葉酸だけでなく女性が不足しやすい鉄やカルシウムも配合されています。 妊娠中つわりでつらいときにこのサプリメント一つで栄養が補完できるのは有難いですね。 また、原料の最終加工国まで開示しているのはとても信頼できます。 お手頃価格でリピートしやすいのも魅力的です。 mitete葉酸サプリは、こだわりの品質と手頃な価格が魅力の葉酸サプリです。 粒の大きさは飲みやすいといわれている8mmで、においをおさえるコーティングがされています。 販売会社は50年近くの歴史を持ち、薬剤師・管理栄養士や妊娠出産経験のあるスタッフのサポートを受けることができますよ。

次の