ファブル 漫画。 ザ・ファブル次回第219話「デザートの男…。」のネタバレ予告画像

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ファブル 漫画

5人の方が「参考になった」と投票しています。 シリアスとギャグの緩急が凄い とにかくめちゃくちゃ面白いです。 出会えて良かったと心から思える作品。 予想以上にコメディ要素満載で、フフッと笑いながら読めます。 ギャグのセンスがとても高い。 誰よりも最強なのに、プロとしてヘタレを演じきろうとする主人公に笑わされます。 かと思うと、シリアスムードに突入したときのかっこよさたるや… そのギャップにやられます。 1巻の時点ではそこまで好きになると思わなかったのですが、話が進むにつれて主人公の魅力がどんどんどんどん溢れてきて、可愛さもかっこよさも群を抜いて大好きになってしまいました。 シリアスなときと平和なときの落差が激しくて、だからこそその両方が輝くんだなと思います。 非常にエンターテイメント性の高い作品です。 かと思えばジーンとくるシーンもあります。 本当に「うまい」としか言いようがない… キャラの一人一人の魅力が輝いています。 本当に本当に、読んで損のない作品です。 これを読まないで何を読むのかというぐらい…。 大人になって、ここまで夢中で漫画を読んだのは久しぶりで、漫画ってこんなにワクワクさせてくれるものだったなって思い出させてくれた作品です。 超おすすめです。 50人の方が「参考になった」と投票しています。 それを聞いた時、やっぱりね!と思いました。 面白いのですよ、本当に! 伝説にまでなる凄腕の殺し屋ファブル 通り名? が仕事をお休みして一般人として生活する物語です。 その設定がまず楽しい。 彼がこの作品の最大の魅力と言えるでしょう。 主人公は冷酷無比なのかと思いきや、ちゃんと情を持ち合わせています。 感覚が普通とはズレている為、そこが可笑しかったり、哀しかったりで、心がワッサワッサと揺さぶられます。 設定上シリアスなお話かと思えば、そんな事もありません。 パートナー洋子さんの存在が良いスパイスとなって、くすりと笑わせてくれますよ。 素敵な女性なんです。 洋子さんは。 個人的に、南先生の描かれる完全超悪な人物が清々しい程のゲスっぷりで楽しいです。 それをファブル兄さんが、さっくり解決してくれるので気分爽快!痛快!のバイオレンスコメディ。 きっと、老若男女問わず楽しんで頂けるのではないでしょうか。 最後に。 南先生は大変な覚悟を持ち、こちらの連載に心血を注がれたという記事を拝読しました。 この様な素晴らしい作品を世に出して頂き、感謝しかありません。 これからも連載を楽しみにしています。 ファブル兄さん、大好き!• 18人の方が「参考になった」と投票しています。 これは文句無しの話題図書 ネタバレありのレビューです。 絵柄や雰囲気から、取っ付き難い印象があるかとは思いますが、全くそんなことは無く。 凄腕の伝説の殺し屋、ファブルが休暇を頂くお話です。 やたらめったら身体能力が高く、自身が殺し屋として育てられてきたこともあり、それ以外の生き方を知らない佐藤明 仮名。 ボスからは、休暇中の殺生は絶対にダメと言われたので、それを素直に聞き入れますが、トラブルに巻き込まれそうになったら、身体能力を活かし、不殺で成敗します。 個人的には、佐藤明の描くイラストがとても好きで、本人はずっとポーカーフェイスで、何故そんなに笑われるのか、あまり理解出来ないようですが、回を重ねる毎に少しずつ、佐藤明に人間としての味が出てきたように感じます。 3人の方が「参考になった」と投票しています。 面白すぎる ネタバレありのレビューです。 無料分を読んで、その後すぐに全話購入してしまいました。 作者のインテリジェンスな部分が全面に表れていて、素晴らしい。 暗い話かと思いましたが、いろいろ盛り込まれており、ひさひざのヒット。 やはり一流の作家はちがいますね。 サスペンスやアングラ組織などの話はかなり好きな方ですが また新ジャンル。 バリエーション豊富な内容でそれぞれのキャラクターの立場に自然と立たせてくれる、なかなか 無いですね。 意外だったのがヨウコ強い! くろちゃんいいキャラ! こちらの作者の他の作品もアップ願います!絶対読みたいので全話即買いします!•

次の

人気漫画『ザ・ファブル』映画化、岡田准一が“伝説の殺し屋”に

ファブル 漫画

殺し屋が普通の日常生活に溶け込もうとするドタバタと 時折やって来る刺客との紛争を描いた王道ハードボイルド漫画。 どこか淡白ながら質感表現、人物の描き分けなどが丁寧に施された年季を感じさせる絵柄と 大阪の街、映画のような独特のパース表現などがとてもマッチしている。 主人公たちが住んでいる家や行きつけのバー、職場など。 いい漫画というのは、まず「舞台」を描いてくれる。 どれくらいの間取りでどんなものが置いてあるか、誰がどの辺りに居るか。 物語はここから始まるんだと読者に提示し、その期待感を煽るのが上手い。 ネームのギチギチに詰まった感じもなく、しっかりと世界観に浸りながら読むことが出来る。 終始安心して読ませてくれる王道漫画だった。 漫画家としても、人間としてもベテランな 作者の味が出まくってる作品です。 面白い、ワクワクする。 笑える、ドキドキする! 強いて近いジャンルを個人的に挙げるならば マッド. ディモンの 『ジェイソン・ボーン』 のシリーズではないでしょうか。 『ボーン・アイデンティティ』 『ボーン・スプレマシー』 『ボーン・アルティメイタム』 の三部作に痺れた御仁ならば、 この漫画にも間違いなく痺れると 思います。 あれに、ジャン・レノの 『レオン』を合わせて、 日本の大阪風味を足した感じ。 伝わるかなぁ。 でも、この大阪要素がとても重要。 人情と薄情が紙一重のような 東京の下町にも通ずる、 なんとも粋で温かく、 冷酷なくらい厳しい スーパーマンのように、 強さを隠して日常を生きようとする、 生まれついての殺しの天才。 ナチュラル・ボーン・ヒットマン まだ、六巻くらいまでしか読んでないですが 現時点では 本名があるのかないのかも解らない 物心ついた時から プロの殺し屋。 が、大阪で〝普通の人〟を目指して 生活する物語。 連載中の現行マンガタイトルで 一番好きかもです。 読み始めたら、止まらない。 この宣伝文句、 何度も聞きましたが、 これは本物でした。

次の

ザ・ファブル(1) (ヤンマガKCスペシャル)

ファブル 漫画

「ファブル」は "fable" 「ファブル」は " fable" という英語をカタカナで表記した言葉です。 " fable" の意味 それでは、その "fable" はどういう意味なのでしょうか? "fable" には次のような意味があります: 名詞• 教訓を伝える道徳的な内容の短いお話。 擬人化された動物が主人公であることが多い。 伝説、神話。 伝説的な人物や偉業を伝える物語。 神話的あるいは超自然的な人物や出来事に関する物語。 作り話、事実に基づかない話、嘘 動詞• (事実でないことを)事実であるかのように語る。 嘘をつく。 〈古い用法〉 寓話を語る。 寓話を作る。 「ファブル」の意味 漫画「ザ・ファブル」の「ファブル」は、 「 神話」あるいは「 伝説」という意味である可能性が高いでしょう。 ひょっとすれば、 「寓話」や「作り話」という意味も込められているのかもしれませんけれど。

次の