宮本から君へ 漫画。 【漫画】死んでも意地とプライドを貫く『宮本から君へ』がめちゃくちゃ面白い

映画『宮本から君へ』 池松壮亮スペシャルインタビュー

宮本から君へ 漫画

【ストーリー】 テレビドラマ化もされた新井英樹の人気漫画を池松壮亮主演、 ヒロイン役を蒼井優のキャストで実写映画化。 監督は『ディストラクションベイビーズ』の真利子哲也。 文具メーカーで働く営業マン・宮本浩は、笑顔がうまくつくれない、気の利いたお世辞も言えない、なのに、人一倍正義感が強い超不器用な人間。 会社の先輩・神保の仕事仲間である、自立した女・中野靖子と恋に落ちた宮本は、靖子の自宅での食事に呼ばれるが、そこに靖子の元彼・裕二が現れる。 裕二を拒むため、宮本と寝たことを伝える靖子。 怒りで靖子に手を出した裕二に対して、宮本は「この女は俺が守る」と言い放つ。 この事件をきっかけに、心から結ばれた宮本と靖子に、ひとときの幸福の時間が訪れる。 ある日、営業先で気に入られた真淵部長と大野部長に誘われ、靖子を連れて飲み会に参加した宮本は、気合いを入れて日本酒の一升瓶を飲み干し、泥酔してしまう。 見かねた大野が、真淵の息子・拓馬の車で送らせようと拓馬を呼びつけた。 そこに現れたのは、ラグビーで鍛えあげられた巨漢の怪物だった。 泥酔する宮本と、宴会を楽しむ靖子、二人の間に人生最大の試練が立ちはだかる。 【スタッフ】• 監督:真利子哲也• 脚本:真利子哲也、港岳彦• 撮影:四宮秀俊 【キャスト】• 池松壮亮• 蒼井優• 井浦新• 一ノ瀬ワタル• 柄本時生 【情報】• 製作:日本• 上映時間:129分• 公開日:2019年9月27日.

次の

宮本から君へ : 作品情報

宮本から君へ 漫画

そんな宮本は通勤途中、 駅のホームで一目ぼれしたトヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子(華村あすか)に声をかけるタイミングをうかがっていた。 甲田は、 宮本 の同期である田島薫(柄本時生)が「次元が違う」と言うほどの美人。 意を決して、宮本は駅のホームで甲田に声をかける…。 tv-tokyo. 「ヒロくん、勤めるようになって変わったよ」と言われて。 宮本浩は、未熟で営業スマイルひとつできず、自分が社会で生きていく意味を悩んでいた。 学生時代はスポーツが出来るとか、人気があるとか、なんか楽しかった。 でも会社では何もそんなの関係ない。 自分には営業の素質もない。 電車の中での会社を盗み聞きし、名前はトヨサン自動車の受付嬢・甲田美沙子だとわかった。 それから3ヶ月たち、話しかけるチャンスはあっても何も言えない。 しかしある日、同僚と朝まで飲んだ勢いで駅のホームで大声で声をかけた。 「僕の!!名前は!!宮本浩です」「僕と!!朝は!!話!!したいです」 それがきっかけで毎朝、電車の中で甲田美沙子と会話するようになった。 ある日、甲田美沙子の友達・祐奈が宮本浩に会いたいという理由で3対3の合コンを持ち掛けられ、同期の田島薫と大芝を連れていった。 祐奈は人見知りですぐパニクる性格だった。 合コンは田島が盛り上げる。 そのうち店の冷房が寒くて、祐奈が上着を取ろうとしたとき、はずみで宮本浩のジャケットが落ちたとき、ポケットに仕込んであったコン〇ームがヒラヒラとフルーツポンチに着水した・・・ 宮本浩の会社でのあだ名は「ポンチ」となり甲田美沙子は朝のホームに現れなくなった。 台風の日。 宮本浩は街で偶然祐奈を見つけ、食事をする。 祐奈は宮本浩が甲田美沙子に初めて話しかけた行動力を尊敬していて、終電がなくなりホテルへ。 しかし宮本浩には『惚れた女以外は抱かない』と中学時代に誓ったので、一緒に寝ても抱かなかった。 彼女はポンチ事件を起こっていたが許してくれた。 しかも誕生日にはプレゼントもくれた。 ある日、甲田美沙子の提案で仕事をさぼって海へ行った。 砂浜で甲田美沙子は体を寄せてきたが「昨日の夜ね、付き合っていた人に捨てれらちゃった」と言ったとたん宮本浩は怒って離れた。 泣き出す甲田美沙子。 宮本浩は服を脱いで冷たい海に入り「甲田美沙子が普通のやつなんかに捨てられちゃダメだろ、悲しむな、自分に怒れ。 がんばれ」と叫んだ。 宮本浩は女性が失恋したときに優しくするのが許せない性格だから。 会社の人に見つからないように駅の出口を変えて、店で一緒に朝食を食べてから出勤するようになった。 一方、宮本浩は仕事では同僚や上司たちの「人間は完全じゃないからしょうがない」という言い訳が臆病者の逃げ道に思えて許せなかった。 同じ臆病者なら人間だから完全になれると信じたい。 土曜のデート。 甲田美沙子は初お泊りする気でいるが、宮本浩はいま抱くのは自分に都合が良すぎて卑怯だというこだわりから、いったんは断るも、甲田美沙子に泣かれて抱いた。 そんななか、甲田美沙子の短大時代のサークルの集まりがあり、元彼氏も来るが、行かないのはシャクだと言うから、宮本浩は「そう思うなら行け」と背中を押した。 しかしその後、甲田美沙子は宮本浩の前に現れなかった。 走り出す電車の中に見つけたが、彼女は顔を伏せた。 その後、元彼氏とやりなそうと言われたと手紙で謝罪された。 区切りをつけられない宮本浩は、自動車メーカー・トヨサンに行き、受付するフリをして受付嬢の甲田美沙子に「用などありません!さようなら!ありがとうございました!」と言って帰った。 しかしライバル「ニチヨン」の営業マン益戸景が手ごわく、マルキタは劣勢に立たされる。 宮本浩は化粧品メーカーのOL綾部栞と出会う一方で、同僚・中野靖子と間で揺れていく。 明るい性格の綾部栞に惹かれていくが、進展はなかった。 恋愛関係になったのは、心に深い傷を抱える中野靖子のほうだった。 中野靖子との恋も順調だったが、宮本浩が泥酔したその横で、中野靖子がレ〇プされる事件が発生。 犯人は泉谷建設の馬淵部長の息子・拓馬だったが、宮本浩は返り討ちにされ前歯を数本折られる。 レ〇プ被害にあい身も心も傷ついた中野靖子。 さらに追い打ちをかけるように妊娠が発覚。 子供の父親は、元彼氏・裕二か、宮本浩なのか、出産しないとわからない状態。 宮本浩は復讐を誓い、馬淵部長から息子の居場所を聞き出し、いざ対決。 屈強な拓馬に指を折られるなどボコボコにされるが、素手で急所をひねりつぶし一気に形勢逆転。 拓馬を全治2~3ヶ月のボコボコにし謝罪させた。 復讐を果たした宮本浩は中野靖子に再会し、結婚を申し込んだ。 宮本浩は「家族のために金を稼ぐ」という働く目的ができた。 会社命令で上司とともに馬淵部長に謝罪に行き、馬淵部長も謝罪したのだった。 母親は中野靖子の妊娠を見抜き、何の説明もしようとしない息子の態度に悲しむ。 次に、中野靖子の故郷・小樽へ行き、彼女の両親にできちゃった結婚の挨拶。 母と妹は祝福してくれたが、上京するときにこういうマネはしないと約束したのに、選択の余地のない話をいきなり持ってきては筋が通らないと、祝福しなかった。 東京に戻ると、宮本浩は街で偶然、甲田美沙子と再会する。 祐奈は英会話スクールのオーストラリア人の彼氏がいるという。 甲田美沙子自身はというと、復縁した彼氏に昨日またフラれたといい、宮本浩はわざと憎まれ口をきいて別れた。 だが神保先輩の会社は、嫁には内緒だがもうすぐ潰れるという。 春、宮本浩が仕事中、中野靖子が自宅アパートで破水した。 陣痛に耐えながら必死になって電話をかけるが、夕べ宮本浩のせいでおぼしたビールのせいで壊れていた。 そのうち子供が出てきはじめ、中野靖子は「宮本!」と叫ぶ。 すると胸騒ぎがした宮本浩が仕事を抜けて自宅に駆け付けた。 救急車を呼ぶが間に合わず、部屋で無理やり出産した。 男の子だった。 そして宮本家は幸運に恵まれ、LOTO6で1億円をあてて11人を子供をもつ大家族になり、テレビの大家族シリーズにも出演。 1億円は「幸せは半分でいい」という持論から、嫁の靖子の反対を押し切って5000万円を慈善団体に寄付した。 甲田美沙子と結婚するかと思いきや、中野靖子と結婚して幸せになったのでした。

次の

映画『宮本から君へ』あらすじネタバレと感想。ドラマの最終回後を池松壮亮×蒼井優共演で「男・宮本の生き様」をふたたび

宮本から君へ 漫画

Contents• あらすじ 大学を卒業して都内の文具メーカー・マルキタの営業マンになった宮本浩は、未熟で、営業スマイルひとつ出来ず、自分が社会で生きていく意味を思い悩んでいる。 山手線の渋谷駅で毎朝見かける美しい女性に恋をした宮本は、その女性がトヨサン自動車の受付嬢である甲田美沙子であることを突き止めアタックし、いったんは成功するもののすぐにその恋は破れてしまう。 失恋の痛手を忘れようと、仕事に打ち込もうとするが、ライバル営業マン・益戸の嫌がらせを受けて大口の仕事を奪われてしまう。 マルキタを辞めて独立した先輩・神保の知人である中野靖子と恋に落ち、靖子と腐れ縁にある風間裕二に向かって「この女は俺が守る」と宣言した宮本は、靖子と結ばれてやっと幸福な時間を手に入れることが出来るが、取引先の部長の息子で大学ラグビーの花形選手・真淵拓馬に靖子をレイプされてしまう。 その時、泥酔して寝ていた宮本は、すぐそばで靖子がレイプされていたのに気付かず、靖子に絶縁される。 怒った宮本は、力の差が歴然としている拓馬に復讐を誓うのだった。 () 物語は新卒の文具メーカー営業の 宮本の成長の物語です。 宮本が仕事、プライベートを通して 人間的に成長する様が描かれます。 成長物語とは言いましたが、 実際に 宮本が成長していっているかというと そこは人によって意見がわかれるかもしれません。 というのは、 宮本が仕事だったり、 プライベートで 結果を出しているかというと なんともいえないんですね。 ただ、主人公 宮本ががむしゃらに挑んでいくなかで、 様々な人に支えられ、 自ら道を切り開いていく様からは 彼の目に見えない成長を感じ取れると思います。 暑苦しい熱血主人公 宮本という男 主人公の宮本は、 熱血の営業マンなのですが どこか冷めたところもあり、 義理堅いようで、 義理を欠くようなこともする。 会社人間のように バリバリ仕事をするんですが、 時には 仕事をほっぽりだすこともあるんです。 これだけの内容だと良くわからないですよね? でも実際、宮本はそんな人間なんですね。 宮本は何かに縛られることがなく、 自分の心のおもむくままに行動しているんです。 この主人公の行動の中には、 なにかに縛られているようなもいのがないんです。 行動原理が、 自分がソレやりたいから という一言に尽きるんです。 そのために 周りの人が迷惑を被るだとか、 そのことについてはあとで考えるんですね。 言ってしまえば 非常にわがままな男なんです。 話の最初の方の宮本は うじうじとずっと悩んでいる男なんですね。 それが、物語の中盤以降からは 開き直ったような男になり、 最終的にある一つの考えを持つようになります。 序盤と終盤とでこんなに人が 変わるのかというくらい人が変わっているんですね。 それはおそらく、 最初は暗くうじうじと悩んでいた宮本も、 終盤の気合たっぷりの開き直った宮本も、 根底は全く同じなんだと思うんです。 結局、彼の中にあるのは、 自分は何者になれるのか という想いなんだと思います。 うまく立ち回ることを考えず、 自分とは何かということを一生懸命考える姿がすごくいいです。 恋愛と仕事 この話は、 宮本の恋と仕事についての話が多く書かれています。 ただ、宮本は不器用な男なため、 恋をしているときは、 仕事はあまり身が入ってません。 基本的には 恋愛優先です。 ただ、恋がうまくいっているときは 仕事もうまくいきます。 恋がダメになると、 一緒に仕事もダメになるんです。 実際の僕たちもそんなものかもしれませんね。 ヒロイン的な娘は3人(4人?)くらいでてくるのですが、 みんなそれぞれタイプが違いますが 非常に魅力的な人ばかりです。 宮本は女の子の扱いは慣れてませんから、 それぞれの子にいい意味でも悪い意味でも振り回されます。 その中で、 宮本はまた一層悩み、 もがいていきます。 いい上司、先輩、同僚 その行動から、 非常に自分勝手と言える宮本なんですが、 周りの人間関係には恵まれています。 みんな 宮本の成長を見守ってくれるというか、 宮本の行動を止めないんですね。 なので、宮本は自由に行動でき、 自分のやりたいようにやれるのです。 みんなとにかく優しい! 宮本の自分勝手な行動にも めんどくさがらずに付き合ってくれるんです。 こんな仲間がいるのは幸せなことですね。 ハッピーエンドとは限らない 作者の趣味なのか、 いいことが続くと悪いことが起きるように描いています。 特に物語の終盤で、 付き合っていた恋人に大事件が起こります。 その時の衝撃は、 当時読んでいた人にトラウマを植えつけたそうです。 物語全体を見回しても、 いいことの方が少なかったように思えます。 でも、宮本は結果にはこだわりません。 自分を出し尽くしたどうかで自分の満足度を決めています。 なのでハッピーエンドじゃなくてもいいんです。 いわゆるグレーエンドって感じですね。 でも、このように、 客観的に見たらハッピーエンドではないかもしれないけど、 主人公は満足しているようなものをみると、 物事の善し悪しというのは、 ただの事象に過ぎず、 結局大切なのは 自分がどう思うかなんだな ということがわかります。 最近の投稿• 最近のコメント• に ほけきよ より• に より• に ほけきよ より• に たに より• に ほけきよ より アーカイブ• 17 カテゴリー• 116• 499• 2 メタ情報•

次の