木下 医師。 木下医師(木下博勝)のパワハラ内容は?病院はアイコールメディカル在宅クリニックで場所はどこ

【文春砲】木下博勝医師をミヤネ屋はスルー?ジャガー横田旦那はパワハラで降板か?

木下 医師

引用: では、実際に木下医師はどんなパワハラを行ってきたのでしょうか。 数が多すぎて、実際は報道されている以上にあると思いますが、以下をご覧ください。 なお、引用は全てです。 「ほぼ毎日木下先生と行動を共にしていて、そのたびに木下先生から厳しい叱責を受けていました。 頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的にありました。 地獄のような日々でした」 「新人助手の教育も兼ねていたので、3人で訪問診療へ行ったのですが、いつも通り木下先生の当たりはきつかったです。 でも、特に理不尽だなと感じたのが、診療が終わって車に戻ったときの木下先生の発言です。 新人助手が診療バッグを車のトランクに積んでドアを閉めたら、閉めたときの音が気に食わなかったのか、木下先生が僕に対して突然怒りだしたんです」 〜その時の様子〜 ドン(ドアを閉める音) 木下氏「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。 考えろ」 Aさん「はい、すいません」 木下「『はい』って言ってるけどな、 鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。 お前、払えると思ってんのか慰謝料」 Aさん「すいません、払えません」 木下氏「絶対払えないよ、お前。 反省してる風に見えないんだよ、お前」 新人助手「すいません、先生、私が乗ったから」 木下氏「いや、普段から注意しないと。 こいつは軽く注意しても分からない人間だから。 こいつのためなのよ。 とんでもない人生送ってきたからこう言ってるから」 「週刊文春デジタル」ではこのほかにもパワハラ音声を公開している。 音声には、木下氏が助手席のシートを「ドン、ドン」と蹴る音もおさめられていた。 しかしAさんは 「この音声はほんの一部に過ぎません」と続ける。 「車中では僕は運転席に、木下先生は後部座席に座るのですが、後ろから罵声が飛んでくるんです。 例えば 段差を越える時に『段差があります』と事前に伝えないと『お前、なにやってんだよ!』と、ブレーキの踏み方が気に入らないときも『誰を乗せていると思っているんだ!』と怒鳴られます。 そんなときは決まって助手席のシートを蹴り飛ばしたり、頭を小突いたりしてくる。 事故を起してしまったら大変なことになりますし、運転中はいつも緊張していました。 木下先生は医者が一番偉いという考えなんです。 助手の僕が気を遣うのは当たり前で、『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句でした。 病院には内科の先生が多いのですが 『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すこともありました。 『外科医は体育会系なんだ』と僕への暴言や暴行を肯定するような物言いをすることもありました」 「 患者さんの前でも『お前、ふざけんなよ!』とよく怒鳴られました。 驚いた患者さんやご家族が取りなしてくださることもあったのですが、木下先生は『こいつのためなんですよ。 こいつは学がないから僕が教育してあげているんですよ』と言う。 木下先生の顔を潰すわけにはいかないので、僕も『そうなんです。 ありがたいです』と合わせるしかありませんでした。 木下先生がいない時、患者さんから『この前は大丈夫だった?』と声をかけていただくこともよくありました。 患者さんにご心労をかけてしまって、心苦しかったです」 面倒な書類仕事が嫌いで、他の常勤の医師に木下先生が記入すべき書類を押しつけていました。 注意しても『もう1人がやるからいいじゃない』と悪びれることもありませんでした。 「同僚の先生が治療を担当していた患者さんやその家族に対して『あの先生は何でこんな治療をしているんだ。 あの先生はダメだから、信用してはいけない』と悪口を言うんです。 そんなことを言われたら患者さんは不安になり、こちらが提案する診療方針を受け入れてくれなくなってしまいます。 患者さんによっては命取りになりかねません。 そんなことが続き、ノイローゼになってしまった先生もいます。 木下先生の言動が原因で、2人の医師が病院を辞めてしまいました」 という、相当に高圧的な態度でパワハラをしていたそうです。 医者なのに患者さんに心労かけるって、何がしたいんでしょうね・・・。 体育会を理由にパワハラを正当化してほしくもありません。 体育会のイメージが悪くなります。 ちなみに、こちらから木下医師のパワハラについてニュースが見れます。 特に強烈なパワハラ「木下セット」 怒号や高圧的な態度は、まあTHE・パワハラって感じもしますが、木下医師のパワハラは車内でのものがインパクトありますね。 パワハラを受けていた被害者の方は細心の注意を払ってドアの開閉をしていたはずなので、正直やっかみがしたかっただけのように感じます。 ただ、それだけではなかった・・・。 以下をご覧ください。 Aさんは木下氏の機嫌を損ねないように細々としたことにも気を遣っていたという。 「木下先生と訪問診療に回る朝は、必ず30分早く出勤して車のエアコンを季節に合わせて調整しておきます。 先生専用のスリッパ、車に乗るとき用のクッション、『にっぽん烏龍』のペットボトルを2本用意します。 以前、にっぽん烏龍が用意出来ず、他のお茶で代用したことがあったんです。 すると『あの烏龍茶がないと診療に出られない。 買ってこい』と言われて……。 周辺の店では見つからず、あらゆるコンビニや量販店に電話をして、隣の市まで買いに行きました。 烏龍茶を探している約2時間、患者さんをずっと待たせてしまいました。 もちろん患者さんは激怒され、僕が謝罪しました」 なんかもう、言葉にならないを通り越して哀れみに近い感じですね。 普通、烏龍茶を探して2時間なんてかけますか? もちろん被害者の方は精神的な圧力で必死に探したでしょうし、非難される対象ではありません。 これを強制させたこと、そして被害者の方が「そうしなければ・・・」と思い込んでしまうほど日常的にパワハラを繰り返していたことが、木下医師の落ち度でしょう。 木下医師のパワハラに対して、スタッフが申請した損害賠償とは? これまで、大変な心労と戦ってこられたのでしょう。 スタッフが一大決心し、木下医師に対して損害賠償を行いました。 その内容がこちらです。 損害賠償金は300万円です。 木下医師の給料ではおそらく余裕で払える金額だと思うので、お金で賠償してほしいというよりも一刻も早く辞めたいという思いが強かったのではないでしょうか。 なお、損害賠償を行う前の悲しい心境も吐露されています。 「事務員らがカルテへの記入など書類仕事を木下先生に依頼するときには、『書類ですので、どうぞよろしくお願いします』と言って必ず両手で書類を渡していました。 そうしないと、どんな大事な書類でも目の前で放り投げられてしまうんです。 機嫌が悪いときは、机の上にある物も一緒に事務員に対して投げつけてくる。 そんな態度に恐怖を感じ、『木下先生とは働けない』と言って、事務員2人と看護師3人が辞めてしまいました」 木下医師のパワハラが原因で、1人が自殺未遂。 その時の態度が・・・ 仕事は生活の大部分を占めているもので、パワハラを受ければどんどん心が蝕まれていきます。 そして、木下医師のパワハラでも心を壊し、自殺未遂をしてしまった方がいたようです。 「今年の春からスタッフのCさんが休職していたんです。 それ以来連絡がとれていなかったのですが、ある日、Cさんの親族から自殺未遂をしたという連絡がありました。 Cさんは《木下先生のせいで働きたくても働けない》といった内容の文章を残していたようです。 木下先生にもこのことを伝えると、最初は驚いた様子でしたが 『これでもう(Cさんと)一緒に回らなくて済むね』、『訴訟とかでこっちに来なきゃいいけどなー』と言い放った。 あまりの酷い発言に、耳を疑いました」 医師としての腕も三流以下・・・木下医師の仕事ぶりは? パワハラは絶対に許されないものですが、それだけ偉そうにするんだから、仮に医師としての腕がよかったら0. 0000001%くらいマシじゃないですか。 そんな僅かな希望さえかき消すほど、木下医師は医者としての腕(というか態度)がひどかったようです。 オンコールではその日に患者さんを診た医師が駆けつけるルールなのですが、 木下先生は緊急の場合でも『看護師に行かせろよ、わざわざおれが行く必要あるか』などと言って行こうとしてくれないんです。 僕らがなんとか頼み込んで行ってもらうのですが、 患者さんの前でも不機嫌さを隠すことはなくずっと無愛想なまま。 患者さんに聴診器すら当てずに帰ることもありました。 特に夜間のオンコールには頑として対応しない。 木下先生が担当している患者さんの容体が急変して電話をしても、 『今は赤坂で飲んでいるから行けない』と1度も対応したことはありませんでした」 患者が木下氏を信頼できないと感じるのは当然の成り行きだろう。 次第に患者から「木下NG」が出るようになっていった。 「医師としての責任感のなさや患者さんへの冷たい態度、Aさんへの暴言などを目の当たりにした患者さんから 『木下先生には診察してもらいたくない』といったクレームが頻繁に寄せられました。 病院自体を替えるという患者さんも1カ月に4、5人はいました」(同前) 心労を重ね憔悴していくスタッフや、患者からのクレームを見かねて、 経営陣は木下氏に対して2019年5月頃に自主退職するよう求めたという。 「スタッフへのパワハラや患者さんからのクレームが問題になっていますと伝え、辞めてくれないかとお願いしました。 すると木下先生は『なんでそんなひどいことを言うの?』と自分には非がないという態度で、なかなか辞めてくれなかった。 それでも退職を求め続けた結果、なんとか2019年8月31日での退職が決定しました。 過去には不倫疑惑もあった木下医師。 昔から人柄はひどかったのかもしれない 実は、木下医師は約5年前である2014年に沖縄に愛人がいるとスクープされたことがあります。 しかもこのとき、妻であるジャガー横田さんは必死に不妊治療をしていた最中だったんです。 なんかもう・・・泣けてきますね。 木下医師のパワハラについて、SNSの反応 今回の木下医師のパワハラについて、SNSでの反応をまとめてみました。 え、この人に「気弱で優しい夫」のイメージなんてないわ。 いつも「典型的なモラハラ夫っぽいなあ」って思いながら見てる。 年々ジャガー横田さんの目が死んでいってるようにしか見えないし…。 — きたみりゅうじ kitajirushi こんな医者、TVに出さないで欲しい。 >木下「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか?医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。 たぶん家庭でもモラハラ夫なんだと思う。 ジャガー横田さんへのモラハラについて考えている様子も見られました。 自分が病院に行ったとき、こんな医者に診られるのは勘弁願いたいですね・・・。

次の

《暴言音声公開》ジャガー横田の気弱な夫“木下医師”が壮絶パワハラ「ドアの開閉音にも激高し恫喝」元スタッフが損害賠償請求

木下 医師

Contents• 【文春】木下博勝医師の退職理由はパワハラ&モラハラ!訴訟準備も 木下医師は、 2017年4月から2019年8月31日まで「医療法人社団 颯心会」に勤務。 一緒に働いていた准看護師Aさんは、木下医師のパワハラについて訴訟の準備を進めているようです。 「今、木下先生の度重なるパワハラに対して、訴訟の準備を進めています。 弁護士さんに相談して、12月6日付で内容証明郵便も送りました。 この2年間、僕がどういう気持ちだったか、どれだけ我慢したかを本人に伝えたくて。 慰謝料300万円の損害賠償請求と、それに応じない場合には法的措置も辞さないということも通告しています」(同前) テレビで見る木下医師は、妻のジャガーさんに頭が上がらない恐妻家。 しかし、それは作られたキャラクターだったよう。 Aさんは、訪問診療の助手として木下医師にたびたび同行し、繰り返しパワハラを受けていたといいます。 木下先生から厳しい叱責を受け、頭を小突かれたり、蹴られたりすることも日常的。 地獄のような日々だった。 木下先生は後部座席に座り、後ろから罵声を飛ばす。 ブレーキの踏み方が気に入らないと『誰を乗せていると思っているんだ』と怒鳴られる。 木下先生は医者が一番偉いという考え。 『おれを誰だと思っているんだ』が先生の決まり文句だった。 『外科医であるオレは内科医よりも偉い』と話すことも。 患者さんの前でも『お前、ふざけんなよ!』とよく怒鳴らた。 木下先生は『こいつのためなんですよ。 こいつは学がないから僕が教育してあげているんですよ』と言った。 僕も『そうなんです。 ありがたいです』と合わせるしかなく、患者さんに心労をかけてしまった。 にっぽん烏龍が用意出来なかったときは、『あの烏龍茶がないと診療に出られない。 買ってこい』と言われて、隣の市まで買いに行った。 約2時間、患者さんを待たせて、激怒され、自分が謝った。 新人助手がクルマのドアを閉めた音が気に食わず、自分に対して突然怒りだしたことも。 車のドアの件では、Aさんは音声を録音していました。 その音声がこちらです。 32秒あたりから、木下医師の「恫喝」にも聞こえる音声が入っています。 木下氏 「そういう風に閉めたら耳がおかしくなるだろ、お前。 考えろ」 Aさん 「はい、すいません」 木下 「『はい』って言ってるけどな、鼓膜破れたらお前金払えんのか? 医者の給料なんぼだと思ってるんだよ。 お前、払えると思ってんのか慰謝料」 音声には、木下さんが助手席のシートをドン、ドンと蹴る音も収められていたそうです。 ジャガー横田旦那のパワハラ&モラハラで看護師が自殺未遂も また、木下医師が勤務していた病院で管理職に就くBさんも被害を証言。 事務員らが書類仕事を依頼するときは『書類ですので、どうぞよろしくお願いします』と言って必ず両手で書類を渡さないと、目の前で放り投げられてしまう。 機嫌が悪いときは、机の上にある物も一緒に投げつける。 恐怖を感じ、事務員2人と看護師3人が辞めた。 面倒な書類仕事が嫌いで、他の常勤の医師に木下先生が記入すべき書類を押しつけていた。 同僚の先生が治療を担当していた患者さんに『あの先生はダメだから、信用してはいけない』と悪口を言い、患者さんは不安を感じてしまった。 ノイローゼになってしまった先生も。 木下先生の言動が原因で、2人の医師が病院を辞めた。 つまり、木下医師の言動が原因で、事務員2名、看護師2名、医師2名の合計7名が退職したということ。 これは、パワハラというだけでなく、病院全体の利益や信用にかかわる大きな問題です。 しかも、辞めたスタッフの中には自殺未遂をした方も。 「今年の春からスタッフのCさんが休職していたんです。 それ以来連絡がとれていなかったのですが、ある日、Cさんの親族から自殺未遂をしたという連絡がありました。 Cさんは《木下先生のせいで働きたくても働けない》といった内容の文章を残していたようです。 木下先生にもこのことを伝えると、最初は驚いた様子でしたが『これでもう(Cさんと)一緒に回らなくて済むね』、『訴訟とかでこっちに来なきゃいいけどなー』と言い放った。 あまりの酷い発言に、耳を疑いました」• 木下先生は緊急の場合でも『看護師に行かせろよ、わざわざおれが行く必要あるか』などと言って行こうとしない。 なんとか頼み込んで行ってもらうっても、患者さんの前でも不機嫌さを隠すことはなくずっと無愛想なまま。 担当の患者さんの急変にも 『今は赤坂で飲んでいるから行けない』と1度も対応したことはなかった。 『木下先生には診察してもらいたくない』というクレームも多数。 病院自体を替えるという患者さんも1カ月に4、5人はいた。 このような木下医師の言動により、スタッフも憔悴。 患者さんからのクレームを見かねて、経営陣は木下氏に対して2019年5月頃に自主退職するよう求めたといいます。 それを受けて、木下医師は2019年8月31日に病院を退職しています。 文春の記者から事実関係を確認すると、木下医師の所属事務所から文書で回答があったそうです。 スタッフへのパワハラについて「暴言や、まして暴行など、事実無根です」と回答。 Aさんへの言動についても詳しく質問したが、「彼は指示を忘れることが茶飯事で、怒ったり、ほめたり、なだめたり、怒鳴ったり、注意したり、その日の終わりに確認したり、次回までの課題を出したり、何とか彼にとって有益になる方法を模索して試しました」と、あくまで教育の一環だったと主張している。 木下さんの言動が原因で退職した7名と、木下医師の言い分。 どちらが真実なのでしょうか? 被害者の束原さんが実名告白!新しいパワハラ音声が公開されました!.

次の

木下博勝

木下 医師

ジャガー横田さんの夫として、バラエティでは気弱な姿が一躍人気を集めた木下博勝 きのした ひろかつ さん。 しかし、その姿はあくまでメディア用で実際は全く違っているようです。 実家との関係は冷え切っていて、ご自身も浮気を報じられてしまいました。 『良い人』の印象が強いと、こうしたスキャンダルのダメージも大きそうですが…。 一方で、そのルックスが星野源さんにも似ていると話題になっているようです。 木下博勝のプロフィール 芸名:木下博勝 本名:木下博勝 生年月日:1968年1月20日 身長:168cm 出身地:北海道深川市 最終学歴:東京大学大学院医学系研究科博士課程修了 所属事務所:パーフィットプロダクション 今ではオフィシャルブログを持ち、メディア出演や講演など多忙な日々を送っているようですが本業は医師です。 では木下博勝さんはどこの病院に勤務しているのでしょうか。 調べてみると木下博勝さんはいくつかの病院を転々としているようです。 ジャガー横田さんと結婚した当時は東京大学医学部附属病院に勤務していました。 その後は所沢胃腸病院や本間病院、ABCクリニックに勤務していたようです。 残念ながら現在はどこの病院に勤務しているかは不明でしたが、2018年1月1日のブログに 今年も、病院で年を越しました。 引用元: と書いてありましたので木下博勝さんは医師としてどこかの病院に勤務していることは間違いありません。 きっと有名人なので患者が殺到することを恐れて勤務している病院を明かしていないのでしょう。 しかし、2019年6月22日のご本人のインスタグラムでは、埼玉県草加市の病院に出勤されています。 このインスタグラムのプロフィール欄を見ると、鎌倉女子大学教授であることが確認できます。 木下博勝は実家とドライな関係? 幼い頃から医師になるために育てられていたという木下博勝さん。 木下博勝さんの最終学歴は東京大学大学院卒業ですが通っていた大学は杏林大学の医学部。 私立の医学部は6年間で数千万円という学費が必要となるため普通の家庭ではとても払えません。 もしかすると木下博勝さんの父親も医師だったのかもしれません。 親にしてみれば木下博勝さんの事を思って医師にしようとしていたのだと思いますが「親の心子知らず」。 高校時代には厳しい家庭に反発してパンクバンドに熱中になった結果、希望していた医学部の受験に失敗してしまったそうです。 その後、一浪して杏林大学医学部に合格していたんですね。 木下博勝さんの親子関係についてジャガー横田さんは「ドライな親子」と語っています。 幼心にして「なぜこんなにも厳しくするのか」と思っていたことでしょう。 医師になれたことで親子関係が完全するかと思いきや未だに冷え切った関係のままのようです。 木下博勝さんがお母さんに対して同居を提案したものの、それを拒否したとも言われています。 実際、ジャガー横田さんとの結婚もあまり良くは思っていなかったなんてことまで話としては出てきています。 柔和で優しい印象の木下博勝さんなので実家とはドライな関係にあるというのは意外ですね。 木下博勝の浮気がフライデーで発覚 恐妻家で奥さんのジャガー横田さんには従順だと思われた木下博勝さん。 ところが2014年3月のフライデーで木下博勝さんの浮気が発覚してしまいます。 不妊治療の末、2006年に子供を授かった木下博勝さんとジャガー横田さん。 しかし、不倫していた当時は2人目を授かるべく不妊治療を行っている最中だったといいます。 木下博勝さんの不倫相手は沖縄在住で水商売をしていたシングルマザー。 【動画】 ジャガー横田の旦那 木下博勝氏に浮気が発覚!!画像アリ!事… — たまき ゆき qewyjasityka そういえば、彼は『木下教授のサタデーナイトゼミナール』をはじめ、琉球放送の番組に出演することも多いですね。 その女性に木下博勝さんは毎月20万円を振り込むことで愛人契約をしていたそうです。 また「自分の後継ぎにする医師を産んで欲しい」と頼んでいたことも不倫相手の女性に暴露されています。 木下博勝さんはきっと学生時代はあまりモテなかったのでしょう。 それがジャガー横田さんと結婚したことで有名になり言い寄ってくる女性が増え、調子に乗ってしまったのかもしれません。 しかし、所属事務所は「事実無根」とコメント。 木下さん本人も「ありえない」と否定しているようです。 ラインのやり取りについては、女性が怒ってよく切れるので、木下さんが話を合わそうとしていただけだと説明した。 メッセージを一部だけ抜き出して物語を勝手に作っており、一部は木下さんが書いてないものもあるという。 引用元: ただ、ラインのやりとりが実際あったということは認めていますね。 以前にも浮気報道はされていました。 2007年にも、一部週刊誌で浮気が報じられた。 引用元: 不妊治療中の浮気というのが事実なら、離婚されてもおかしくありません。 ですがジャガー横田さんは「夫を信じます」と語り離婚や別居はしていません。 そういえば、日本テレビ系『ぐるぐるナインティナイン』でも、浮気に対して、好きな方に行けば良いというスタンスで話しておられました。 この時語っていたことと概ね同じ対応をしているジャガー横田さんは男らしいですね。 2020年現在では、ご家族でYoutuberになられています。 仲は良さそうですよね。 木下博勝と星野源が似ていると話題に? 「恋ダンス」で世間を賑わせた星野源さん。 歌手だけでなく俳優やバラエティーなど幅広い分野で活躍しています。 そんな星野源さんと木下博勝さんが激似だと話題になっているようです。 見た目の柔らかさと垂れた細目という所は確かに似ているかもしれません。 医学博士としての実績 実は、医学博士としても大変大きな功績を残されています。 2019年1月13日のブログでは、共著した論文の反響が凄まじいことを語っていました。 それが、『福島第一原子力発電所事故後の三春町の小児における安定ヨウ素剤配布後の内服実態調査に関する報告書』です! なんとも、長くて難しそうなタイトルですが、東日本大地震に際して行った調査をまとめたもののようです。 そもそも、『安定ヨウ素を内服することが、内部被曝の予防につながる』という医学的な知識があるようですね。 これに基づいて、大地震の際には、安定ヨウ素が配布されていたそうです。 しかしながら、調査したところ、実際に内服をした方々が予想以上に多かったという結果が判明したとのことです。 たしかに、僭越ながら被災者の方々のお気持ちに立たせていただくと、当時は心から不安だったと思われます。 その時に、『安定ヨウ素』なる多くの一般人にとっては『得体の知れないもの』を飲むよう言われても怖いですよね。 小中学生のときに理科の授業で、じゃがいもと一緒に『ヨウ素』というワードを見たかなというレベルでしょう。 しかし、この論文がメディアに取り上げられることによって、仮に今後、同じような事態が起こったとしても、『安定ヨウ素』を飲む人の増加が期待されます。 まさに未来につながる研究ですよね! また、この論文は、『共著だから』と謙遜されながらも、ひらた中央病院で非常勤として勤務しながら、調査されていたことも報告されています。

次の