法定耐用年数 外壁塗装。 外壁塗装の塗料の種類と耐用年数について

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?長持ちの秘訣は塗替え&メンテナンス

法定耐用年数 外壁塗装

建物や塗料がどれだけの期間もつかの目安となるものに耐用年数というものがあります。 目安となる期間があると、リフォームのタイミングや、どの建材にいくらかけるのが適当なのかも分かるので便利です。 また、大家さんであれば減価償却費として経費を計上する点でも耐用年数が必要となります。 しかし、外壁塗装に関係する耐用年数には2種類あるのをご存知でしょうか?今回は、その違いについて取り上げたいと思います。 ・塗料の耐用年数と法定耐用年数は違う!? 基本的に「耐用年数」とは物や構造、機械などが利用に耐えられる年数のことを指して用いられます。 簡単に言うと、物の寿命ですね。 この寿命は塗料や外壁材を選ぶ時に目安としてカタログに載せられている期間、耐用年数です。 多くの人はこの年数を目安にしているのではないでしょうか。 しかし、大家さんの場合は、もうひとつの耐用年数も重要な目安となります。 それは「法定耐用年数」です。 法定とあるように、法律で定められたものなので、業者や個人で自由に設定することは出来ません。 法定耐用年数は、原価償却の目安の期間なので、寿命とは違って建物や外壁に問題がなく、まだ耐えられそうな場合でも法的には税務処理上期間が終了してしまう場合もありえます。 ・構造ごとの法定耐用年数 確定申告で原価償却する際に用いる法定耐用年数は、物の種類によって定められています。 例えば、車両や工具、器具、設備ごとに定められています。 建物の場合は構造と、その用途によってのみ違いがあります。 ですから、外壁塗装を行う際には、どの塗料を使おうと、外壁材がどんな種類であっても、その度に法定耐用年数が変わるということはありません。 建替えで構造が変わったり、使う用途が変わったりした場合でなければ、変化がないのです。 具体的な年数は以下の通りです。 他にも、構造や用途によって違いがあるので、国税庁のホームページよりご確認下さい。 ・まとめ 外壁塗装に関係する耐用年数には、寿命を表すものと、確定申告の原価償却を行う際に基準となる法律で定められた法定耐用年数の2種類があります。 一般的に言われる耐用年数は塗料だけでなく外壁材など、様々な建材の年数が関係するので、それぞれの耐用年数を確認しつつ、外壁塗装の時期を決める際などに役立てることもできます。 しかし原価償却を算出する場合は、法定耐用年数のみが基準となることを忘れないようにしましょう。

次の

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?長持ちの秘訣は塗替え&メンテナンス

法定耐用年数 外壁塗装

一般の会社員ではほとんど気にしたことがない確定申告。 しかし、自営業の人や、副業で一定以上の売り上げがある人は確定申告をしないといけません。 この時、事務所や工場(作業場)としての建物を所有していて、外壁塗装をした経費を修繕費、もしくは減価償却費として組み込むことが可能です。 どちらを選ぶかは個々のケースで異なってきますが、節税対策として経費を考えた場合、修繕費か減価償却費かどちらを選ぶ方がお得になるのでしょうか。 外壁塗装の確定申告での扱いについて 確定申告の項目では「修繕費」か「減価償却」のどちらかに充てられる 確定申告で認められる経費として、外壁塗装は修繕費か、減価償却費に組み入れることができます。 とはいえ、申告者の都合や好みによって自由に選べるわけではありません。 条件によって修繕費として計上できるか、減価償却費として計上できるかが決まってきます。 これではどうして修繕費がお得か、減価償却費がお得かを論じる余地はないと思うかもしれません。 しかし、一部の外壁が傷んでいる場合、その部分だけを一部塗り替えるか、必要のない部分も含めて全体を塗り替えるかで、考え方が違ってきます。 そのようなときに、全体を塗り替えて減価償却していくか、一部分だけを塗り替えて修繕費に計上するかを選ぶ意味が価値を持つようになるのです。 経費となるか、減価償却費になるかは、最終的には税務署でどのように判断されるかにもより、税務署と意見が対立した場合、裁判になることもあります。 修繕費としてみなされ計上できるケース 一般に修繕費は、単年度経費として組み込む(計上)ことができ、売り上げから差し引くことができます。 修繕費として認められるには、「原状復帰」が基本になっているということです。 外壁塗装の場合、建物の質を維持するために行う修繕なので、塗る前の状態よりもよくなる、あるいは付帯して何かが付け加えられるということは認められません。 気をつけたいことは、建物の耐用年数が40年で、すでに過ぎている建物に、耐用年数が長いフッ素塗装をしても経費として認められないことがあります。 あくまでも現状維持のための修繕でなくてはなりません。 減価償却としてみなされ計上できるケース 一方で減価償却費は、単年度でなく、法で定められた償却期間において、一定額(ただし、計上できる金額は毎年同じではない)を経費として計上できます。 修繕費と異なる点は、外壁塗装をすることによって、新たな価値を生み出すという点になります。 専門用語としてこのような支出を「資本的支出」といいます。 先ほどの例でいえば、築40年の建物にフッ素の塗料で塗り替えを行い、従来の築年数よりも5年分伸ばすことができたとすると、これは修繕費でなく、資本的支出と見なされ、減価償却の対象になります。 具体的な事例は「経費になるの?外壁塗装工事か固定資産の修繕費となるケース」を参考にしていただきたいと思います。 具体的にどんな場合に修繕費用や原価償却費に振り分けられるの? 一般論ではなくどのような場合に修繕費として計上できるか、減価償却費についても、どのような場合に計上できるか、具体的な事例は「」を参考にしていただきたいと思います。 減価償却とした場合の償却期間はどうなるの? 塗料の耐用年数は償却期間に関係がない 実施予定の外壁塗装、あるいは、すでに行った外壁塗装が減価償却に計上できるとして、その償却期間はどれくらいになるのでしょうか? よく誤解されているのは、「塗料の耐用年数が償却期間に適用される」と勘違いしている場合です。 塗料の耐用年数は効果が保証できなくなる経過年数で、塗り替えの目安となるものです。 耐用年数ごとに塗り替えているからと、毎年減価償却できるわけではありません。 建物の一部とみなされ「法的耐用年数」が定められている 税の考え方としては、外壁は建物の一部であって、塗装だけを切り取って償却期間を設けているわけではないのです。 ですので、減価償却期間は、建物としての償却期間が適用されます。 具体的には、事務所用に限っていえば木造で24年、鉄筋コンクリートなら50年となります。 そのような理由から、建物の改修を行い、その工事の一環として外壁塗装を行った場合には、改修費用と一括して減価償却費として計上されます。 減価償却と修繕費、どちらで計上するのがお得なの? 一概に「どちらが優位」とは言えない 実施した外壁塗装が減価償却か、修繕費にあたるかは、全く自由に選べるわけではなく、最終的には税務署の判断によります。 自分が減価償却費として計上しても認められない、また、その逆もあるので、まずはどちらになるかの条件を見極めることが第一です。 そのうえで、いくつか工夫をすることによって減価償却に計上される経費を一部修繕費に加える、もしくはその逆も可能になる場合があります。 先述した一部の塗装にするか、全面塗装にするかも1つの事例ですが、修繕費として計上されるべき補修を施工してから、翌年に塗り替えを見送ることにより、翌年の塗り替え分を翌年からの減価償却費に充てることができます。 このようにして、ある程度意図的に減価償却費か、修繕費かを振り分けることはできますが、このことによってどのようなメリットがあるのでしょうか。 それは計上できる金額と売り上げにポイントがあります。 減価償却として計上する方がいい場合とは 減価償却費として計上するとメリットが大きいのは、毎年経費を計上できることです。 修繕費となると単年度で大きな金額を計上して差し引くことはできますが、すでに赤字に近い場合は差し引く意味はありません。 これに対して、減価償却費は毎年一定の額を経費として計上できるので、例えば塗り替えを行った年の翌年に大きく売り上げが伸びた場合にでも、経費の部分が大きくなるので、節税になります。 また、修繕費で一時的に大きな金額を差し引いてしまうと、翌年に売り上げがそれほどなくても所得が多い形となり、安定した経営をしていないと見なされる場合があります。 この問題は銀行などから融資を受ける際に不利に働くことがあります。 減価償却している場合は、所得の増減が緩和されるので、その心配は少なくなります。 ただし、外壁塗装の場合、償却期間よりも短いサイクルで塗り替えを行うことが普通です。 そうすると、資産は見かけ上増えていくのに費用計上できる額が少ないため、税金の支払いも増える場合があります。 自分で判断できない場合は、塗装業者や税理士に相談しよう 修繕費や減価償却費についてはややこしい部分があります。 基本的に、原状復帰を目的に同じ塗料を使って施工した場合は、修繕費として扱われます。 しかし、先ほど説明したような全面塗装をした場合でも、ケースによっては修繕費として認められる場合があります。 また、同じ塗装であっても、建物そのものの耐用年数を増すような場合は修繕費として認められないこともあります。 最終的に税務署で判断されることなので、自分で判断できない場合はあらかじめ塗装業者とよく話し合っておく必要があるでしょう。 申告に当たっての専門的な部分については、税理士や直接税務署で相談をするのもよいでしょう。 まとめ 外壁塗装は家を守るために行うものですが、事務所など事業で使っている場合には、経費として組み込むことができます。 売り上げから差し引くことができるので、節税対策にはなりますが、修繕費として一括に計上できるか、減価償却として毎年申告していくのかは判断が難しい部分もあります。 あらかじめどういった税務処理がよいのかを考え、塗装業者と話し合いをして塗装方法などを決定していきましょう。 節税対策の相談にきちんとのってくれる優良業者を探すには、外壁塗装110番がおすすめです。 独自の審査基準を満たした優良業者のみを扱ったサービスですので、安心して利用できます。 まずは一括見積から業者探しを始めてみてはいかがでしょうか。

次の

外壁塗装の耐用年数はどのくらい?長持ちの秘訣は塗替え&メンテナンス

法定耐用年数 外壁塗装

外壁塗装における減価償却の仕組み 事業に使う建物の外壁塗装をする場合は確定申告が必要です。 外壁塗装をした場合、経費を計上する分類は「修繕費用」と「資本的支出」の2つに分かれます。 このうち、「資本的支出」に該当する場合は1度に経費計上ができないため減価償却が必要となります。 それぞれ勘定科目が異なるため注意しましょう。 1-1. 確定申告における外壁塗装の勘定科目 外壁塗装を経費にする場合の勘定科目は「修繕費」と「建物(資本的支出)」の2つです。 勘定科目を決める条件を詳しく解説していきましょう。 修繕費 外壁塗装を収益的な支出と判断する場合は勘定科目が「修繕費」となります。 収益的な支出とは「一部分の修繕」や「壊れた部位を直す」場合に当てはまるでしょう。 「修繕費」で計上する例としては、以下があります。 雨漏り修理• 災害によって破損した部位の修繕• 外壁のひび割れ補修 上記のように一部分の修繕にとどまる工事の場合は修繕費で処理します。 建物(資本的支出) 資本的支出と判断する場合は勘定科目が「建物」となります。 資本的支出には「外壁のデザイン変更」や「建物の資産的価値を高める工事」が当てはまります。 勘定科目を「建物」で計上する例としては「全面的な外壁塗装」や「遮熱塗料の利用」などがあります。 遮熱塗料は一見すると修繕費にも感じられますが、実際には屋根の性能を向上させるための特別な塗料です。 今まで遮熱塗料を使っていなかった場合は「建物」で計上しましょう。 他に「光触媒」や「断熱塗料」を新たに使う際も勘定科目は「建物」となります。 1-2. 外壁塗装の勘定科目を「修繕費」として判断する基準 外壁塗装の費用は資本的支出かどうか判別が難しい場合もあるでしょう。 以下の条件に当てはまるものは資本的支出だとしても修繕費として計上可能と覚えておきましょう。 支出額が20万円未満の場合• おおむね3年以内の周期で修理や改良が行われている場合 この他に「資本的支出か修繕費かが明らかではない場合」であれば、以下の条件のどちらかを満たせば修繕費となります。 支出額が60万円未満の場合• あくまで、修繕費と資本的支出の判断がつかない場合に適用できる条件です。 また、塗装費用の全額を修繕費としなければいけないわけでもありません。 費用の一部分だけが資本的支出である場合は、外壁塗装工事でも修繕費と資本的支出に分けなくてはいけないでしょう。 例としては、外壁の一部補修と屋根の遮熱塗装を同時におこなった場合です。 こういった場合は一部補修が修繕費、屋根の遮熱塗装が資本的支出だと考えられます。 外壁塗装における「修繕費」と「資本的支出」のメリット・デメリット 20万円未満の費用しかかからなかった場合、外壁塗装では「修繕費」にも「資本的支出」にもなりえます。 こういった場合に「修繕費」として一括で計上するか、「建物(資本的支出)」として減価償却するかは迷うことでしょう。 以下では、修繕費と減価償却におけるそれぞれのメリットやデメリットを解説します。 2-1. 修繕費のメリットとデメリット 修繕費のメリットは、費用を支払った年に一括で計上できることです。 一括で計上することで翌年以降に減価償却する手間が省けます。 また、多くの金額を稼いだ年に「修繕費」で外壁塗装を計上すれば、所得額を低くして納税額を抑えることが可能です。 修繕費のデメリットは、外壁塗装が必ず計上できるわけではないことです。 修繕費の金額には上限がありませんが、資本的支出に該当する工事だと原則として20万円未満しか計上できません。 この金額以上の外壁塗装費用は修繕費として計上できないため、基本的に減価償却しなくてはいけないでしょう。 2-2. 減価償却のメリットとデメリット 減価償却のメリットは、赤字を抑制できることです。 修繕費として一度に計上すると、その年の損益が赤字となる可能性があります。 一方で、減価償却なら複数年で費用計上できるため、1年あたりの負担額は少なくてすむでしょう。 負担額を少なくできるということは黒字にしやすいということでもあります。 銀行に事業融資を依頼する際に業績を高く見せられるため、融資が通りやすくなるでしょう。 減価償却のデメリットは費用を一括で計上できないことです。 翌年以降にも経費を計上するため、他にも減価償却をしている項目があると赤字になりやすくなるでしょう。 他のデメリットとして、税務処理が面倒という問題があります。 一度に経費として計上できる修繕費と違って、減価償却の場合は毎年計上しなくてはいけませんし、償却期間も調べなくてはいけません。 償却期間とは、減価償却するための年数のことです。 減価償却のデメリットとして償却期間を自分で決められないという点もあげられます。 償却期間は国税庁が定めています。 「3年で減価償却したい」「15年かけて償却したい」と考えていたとしても自分で期間を選ぶことはできません。 償却期間については「3. 外壁塗装における減価償却に必要な償却年数(法定耐用年数)」の見出しで後述します。 以下に、勘定科目ごとの特徴やメリット・デメリットをまとめましたので参考にしてみましょう。 外壁塗装における減価償却に必要な償却年数(法定耐用年数) 「法定耐用年数」とは、資産の種類や構造、用途によって固定資産に定められた、税務上の耐用年数です。 建物の種類や用途によって法定耐用年数が決まります。 なお、減価償却の際には法定耐用年数が償却年数となります。 外壁塗装には実は法定耐用年数が個別で設定されていません。 そのため国税庁が定めた「建物の法定耐用年数」に応じて償却します。 以下は、外壁塗装で適用されやすい法定耐用年数の例です。 外壁塗装をする建物の構造と用途によって自動的に償却年数が決まります。 例をあげると、塗料の実質的な寿命が20年だとしても国税庁の償却年数が50年と定められている場合があります。 こういった場合は償却期間が50年となります。 ただし「資本的支出となるリフォームを20年に1度はする」といったように、事前にリフォームの期間を計画している場合は償却期間をリフォーム期間に設定することが可能です。 詳しくはが公開しています。 あなたが外壁塗装をする建物がどれに該当するかを確認してみましょう。 まとめ 外壁塗装の資本的支出における減価償却の年数は法定耐用年数と同じです。 また、資本的支出だとしても外壁塗装の費用が20万円未満であるのなら「修繕費」として一括で計上が可能です。 20万円を超える「資本的支出」だと修繕費にはできないため減価償却が必要となるでしょう。 外壁塗装の償却年数は塗料自体の耐用年数ではなく、建物の法定耐用年数が当てはまるため間違えないように気をつけてください。 マンションやアパートだと外壁塗装以外に屋根の雨漏りも気がかりでしょう。 屋根の雨漏りは火災保険が適用できる可能性が高いです。 火災保険を適用した塗装の方法については をチェックしてみてください。

次の