ウォー ゾーン ソロ。 【CoD:Warzone】最強おすすめロードアウト構成を紹介!|ウォーゾーン

コール オブ デューティ ウォーゾーン

ウォー ゾーン ソロ

発売元 シリーズ 人数 発売日 2020年3月10日 『 コール オブ デューティ ウォーゾーン』( Call of Duty:Warzone)は、2020年3月10日に配信された、、向けのの。 本作は2019年に発売された『』の一部であるが、プレイするにあたって同作を購入する必要はない。 Warzoneはとが開発し、が配信している。 本作は東部のを大まかに基にしている 架空の都市ヴェルダンスク(Verdansk)を舞台として150人のプレイヤー間でのオンラインマルチプレイヤー戦闘を可能にし、とクロスプログレッションに対応している。 ゲームには「Plunder」と「Battle Royale」の2つのモードがある。 このゲームはヴェルダンスクおよびその周辺の「購入ステーション」で使用される新しいゲーム内通貨システム「キャッシュ」を導入している。 キャッシュと交換でプレイヤーのカスタムクラスに制限付きでアクセスできる「ロードアウト」ドロップを使える。 プレイヤーはまた、キャッシュを使って「キルストリーク」やガスマスクなどのアイテムを購入することもできる。 配信開始時にWarzoneは3人のスクアッドでプレイできた。 ソロモードは1週間後の2020年3月17日に追加され、4人プレイヤーのクアッドは2020年4月8日にシーズン3アップデートの一部として実装された。 本作は批評家から概ね好意的な評価を受け、マップは明確な称賛を受けた。 2020年5月、アクティビジョンはWarzoneが最初の2か月で6000万ダウンロードを突破したことを発表した。 ゲームプレイ [ ] ゲームモード [ ] Warzoneには、「Battle Royale」「Plunder」の2つの主要なモードがある。 Battle Royaleは『』のようなゲームによって広まったジャンルであるが、「Plunder」はゲーム内通貨メカニズムに関連するWarzone特有のモードである。 『』(2018)の「Blackout」モードに続くフランチャイズで二作目となるバトルロイヤルをメインに据えた作品である一方で、ブラックオプス4とは異なり装備可能なガジェットへの依存を減らしており、その代わりに新しいゲーム内通貨「キャッシュ」の蓄積を促進している。 Warzoneは1試合で最大150人のプレイヤーをサポートするが、これは典型的な他のバトルロイヤル作品の最大100人プレイヤーを規模で超えている。 バトルロイヤルモードでは、他のバトルロイヤル作品と同様にプレイヤーは継続的に縮小するマップで争い最後の1人を目指す。 プレイヤーは大規模なゲームマップにパラシュートで降下してそこで他プレイヤーと戦っていくが、ゲームが進行しプレイヤーが排除されると、プレイ可能エリアが縮小し生き残っているプレイヤーはより狭いエリアに追い込まれる。 Warzoneでは、プレイ不可エリアは体力を減少させる緑色のガスで汚染されるため、プレイヤーが安全なプレイ可能エリアに戻らないと、最終的にガスによって死亡する。 他作品とは異なり、Warzoneは車両を特に重視しており、また新しい及びゲーム内通貨メカニズムを導入している。 パラシュートは制限されておらず、パラシュートを開き、切り離しを何回も空中で行える。 ローンチ時のゲームモードは最大3人プレイヤー(トリオ)までのチームをサポートしており、チームメンバーの補充を無効にするオプションがあった。 Infinity Wardは他にも様々なスクワッド数制限のテストに言及していた。 クワッド(4人プレイのスクワッド)とソロBRモードはその後のアップデートで追加され、デュオは後日実装されることが約束されていた。 Warzoneでのキャラクターの死亡は他作品のように必ずしもプレイヤーの敗北とは限らない。 代わりに、Warzoneはプレイヤーがさまざまな方法で利用できるリスポーンメカニズムを提供する。 死亡したプレイヤーは「強制収容所」に移送され、そこで同じく移送された他のプレイヤーと一対一の戦闘が行われ、勝者はゲームにリスポーンする。 ゲーム内通貨システムを使用して、他のリスポーン方法を利用できる。 強制収容所メカニズムによって復活しない場合、プレイヤーはゲーム内通貨を使用して、自分自身または他のプレイヤーのためにリスポーントークンを購入できる。 それに加えて、チームでマップに散らばる多量のキャッシュを捜索して100万ドルを貯める「Plunder」と呼ばれるゲームモードがある。 見つかると、ゲームは延長戦に突入し、すべてのキャッシュの合計が1. 5倍になり、時間切れの際に最も多くのキャッシュを集めたチームが勝者として宣言される。 このモードではプレイヤーは自動的にリスポーンする。 装備 [ ] 全てのプレイヤーは開始時にアタッチメント無しのX16ピストルを持っている。 プレイヤーはマップを探索して地上や指定された場所にある補給箱の中にあるアイテムを探すことで標準的なロードアウト(主武器・副武器、致死・戦術装備、フィールドアップグレード、キルストリーク)の全てのコンポーネントを入手することができる。 Warzoneのゲームモードならではの追加装備としてシールドプレートがあり、プレイヤーのインベントリに5つのシールドを持つことができ、そのうち3つは任意の時点で装着することができる。 プレイヤーはまた、様々な目的で利用できる購入ステーションで使えるキャッシュを取得できる。 モダン・ウォーフェアのマルチプレイヤーモードと共通のカスタムのロードアウトはランダムのロードアウトドロップ(または購入ステーションで購入)を用いて獲得できる。 Plunderでは通常のマルチプレイヤーモードと同様にカスタムのロードアウトでスポーンする。 発表と配信 [ ] Warzoneは2020年3月10日に配信されたが、前月には一連の不具合やゲーム情報の流出が起きていた。 配信1か月前に上にゲームの存在をリークする投稿がなされ、また同月に起きた一時的なソフトウェアの不具合により、プレイヤーはバトルマップの初期バージョンを見ることができた。 配信2日前の2020年3月8日、YouTubeの配信者Chaosは、未発表のWarzone作品のゲームプレイ特集と称した11分間の動画を公開した。 動画は削除され、3月9日にはWarzoneのパブリッシャーのアクティビジョンは、ゲームは3月10日に配信されると正式に発表した。 2020年3月11日、アクティビジョンは最初の24時間で600万人がWarzoneをダウンロードしたことを発表した。 4日後、1500万人以上がWarzoneをダウンロードしたことが明らかになった。 2020年5月5日、アクティビジョンはWarzoneが最初の2か月で6000万ダウンロードを突破したことを発表した。 10点中7点のレビューではマップの種類と規模を称賛し、「WarzoneはCall of Dutyのバトルロイヤルの第2作目となる素晴らしい試みであり、既存の方式に面白いひねりを加えて、ついに独自のアイデンティティを切り開くことに成功した。 本作の(勝てば)死から復活する手に汗握る強制収容所での決闘は試合に留まる方法を増やす一方で、ライバルの部隊を一掃した後も周囲の状況に注意を払うことを余儀なくさせる」と述べた。 はまた10点中7点と評価し、「Call of Duty Warzoneのベータは、即席の満足感の名の下に奥深さへの重大な譲歩がなされているにも関わらず、相変わらずじっくり楽しめる」と述べた。 注記と脚注 [ ] 注記• Snider 2020年3月10日. USA Today. 2020年3月11日閲覧。 Shchur, Michael 2020年3月29日. Ukrainian. Toronto Television YouTube. West, Josh 2020年3月10日. 2020年3月11日閲覧。 CNET. 2020年3月10日閲覧。 ArsTechnica. 2020年3月10日閲覧。 Washington Post. 2020年3月10日閲覧。 Dexerto. com. 2020年3月10日閲覧。 McWhertor, Michael 2020年4月10日. Polygon. 2020年4月21日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月7日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 2020年5月8日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

Windowsの「DirectXで修復不可能なエラーが発生しました」を修正する方法

ウォー ゾーン ソロ

100人以上の兵士が入り乱れる戦場で、最後まで生き残れ。 「モダン・ウォーフェア」の激戦を無料で体感できる、究極の戦場「ウォーゾーン」へようこそ! 無料でゲームを手に入れて、スクアッドを組んで戦場に飛び込もう。 ダウンロード詳細と先行アクセス 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」をお持ちの方は、3月11日00:00より「ウォーゾーン」を入手可能です。 23GBのアップデートをダウンロード後、メインメニューの「ウォーゾーン」パネル これまで「Classified」となっていた どこで から開始できます。 「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア」をお持ちでない場合、「ウォーゾーン」のダウンロードは3月11日04:00より、から無料で行えるようになります。 「ウォーゾーン」のダウンロードサイズは約80~90GBです。 「ウォーゾーン」の始め方 初めて「ウォーゾーン」ロビーに入ると、全てのプレイヤーがTier 1 SAS隊員によるウォーゾーン基本演習を受けることになります。 この演習では「ウォーゾーン」や「コール オブ デューティ」の主要なシステムについて知ることができます。 エイム、射撃、ピン、戦利品回収、契約の完了など、様々な事柄を学びましょう。 アーマーやグレネードといった通常のアイテムに加え、マップ内のサプライボックスや契約の完了によって、キャッシュを獲得することも可能です。 マッチ中に購入ステーションでキャッシュを使えば、仲間を復活させられる自己蘇生キットや、敵の情報を探るUAVなど、戦局を大きく変える便利なアイテムが購入できます。 「ウォーゾーン」で倒されたプレイヤーは「ウォーゾーン捕虜」として強制収容所に送られます。 ここでは1対1の戦闘が行われ、勝者はマッチに復帰することができます。 「BATTLE ROYALE」では最後まで生き残ったスクアッドの勝利となります。 あらゆる手段や戦略を駆使して生き残りましょう。 モード概要:PLUNDER 「PLUNDER」ではキャッシュの獲得量を競います。 ロードアウトを持ち込んでマッチに参戦し、戦いを繰り広げましょう。 このモードにはリスポーン回数の制限がありません。 危険を恐れず全力でぶつかっていってください。 キャッシュは地面に落ちているだけでなく、コンテナやバンクからも入手できる他、倒した敵プレイヤーから奪うことも可能です。 死亡すると所持しているキャッシュの一部が失われます。 手に入れたキャッシュを守るには、デポジットヘリパッドに預けるか、特殊アイテムのデポジットバルーンを使う方法があります。 このバルーンはサプライボックスから入手するか、購入ステーションで買うことが可能です。 いずれかのスクアッドがキャッシュ100万ドルを集めると、ボーナスラウンドが開始されます。 時間は2分間です。 トップの座をかけた最後のチャンスとして、スクアッドどうしが全力でぶつかり合います。 そして終了時点で一番多くのキャッシュを獲得していたスクアッドが、マッチの勝者となります。 一番早く100万ドルを集めることができれば、そのキャッシュは自動で預けられるため、奪われる心配がありません。 あとはそのまま、トップの座を維持するべく収集を続けましょう! Battle. netから「ウォーゾーン」をダウンロードして、「BATTLE ROYALE」と「PLUNDER」をプレイしましょう。 からアクセス可能な無料の「ウォーゾーン」公式戦略ガイドでは、250以上のヒント情報、インタラクティブマップ「Verdansk」、両モードの詳細情報、おすすめロードアウトなどをご覧いただけます。 それでは、オンラインの戦場でお会いしましょう。

次の

基本プレイ無料の『コール オブ デューティ ウォーゾーン』本日配信! 150人が入り乱れる戦場で生き残れ!!

ウォー ゾーン ソロ

コール オブ デューティ: ウォーゾーンとは• グラフィック関連• フレームレート• 高リフレッシュレート環境でプレイしよう!• おすすめPC• コール オブ デューティ: ウォーゾーンとは 無料でプレイできる超人気FPSのバトルロワイヤル 3月11日に新たなバトルロイヤルタイトル『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ: ウォーゾーン)』がPS4、Xbox One、PC向けに突如配信されました。 本作はFPSの大人気シリーズ「Call of Duty: Modern Warfare」のスピンオフとして、基本プレイ無料で遊ぶことができます。 人気シリーズのバトルロワイヤルが無料でプレイできるというのもありますが、世界が新型コロナウイルスの影響で深刻な中、外出を控えるゲーマーたちが殺到したのか、配信後わずか3日目でプレイヤー数が1,500万人を突破しました。 人気過ぎて夜はサーバーにログインできないこともあり、平日の昼間でもログイン待ちが出たときは驚きました。 幸い筆者は一週間ガッツリとプレイしてきましたので、本記事では本作の簡単な特徴と、各グラフィックカードの平均フレームレート計測結果、及びおすすめのスペックやPCを紹介していきます。 Call of Duty: Warzone - トレーラー バトルロイヤル『CoD: Warzone』の特徴 『コール オブ デューティ: ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』は、誰でもプレイできる基本プレイ無料のバトルロワイヤルです。 PC版では「Battle. net」のデスクトップアプリとその登録が必要となります。 ゲームモードは配信当初は「Battle Royale」と「Plunder」の2つのモードのみでしたが、3月18日にソロモードである「Battle Royale Solos」が実装されました。 このソロモードの実装により、味方を気にすることなく、気軽に楽しめるユーザーも増えたのではないかと思います。 ガチ勢を目指す方は昼はソロモードで練習、夜はスクアッドでチームプレイといった楽しみ方も可能になりました。 「Battle Royale」では3人で1チームのスクアッドとなっており、最大参加者数は150人とかなり多く、マップも広大というわけではないので、探索をしていると敵と遭遇する確率は他のバトルロワイヤルと比べて極めて高いです。 そのため、すぐに倒されてもまだ復活するチャンスが残されているのが本作の面白いところ。 バトルロワイヤルゲームと言えば、「PUBG」「Fortnite」「Apex Legends」のこの3つのタイトルが有名ですが、『CoD: Warzone』では、バトルロワイヤルの中にゲームバランスを崩壊しない範囲で、キルストリークやUAVなど、"コール オブ デューティらしさ"をしっかり盛り込んでおり、スピード感も残しつつ、面白く仕上がっています。 特に本作での主な特徴を4つに分けて紹介します。 サプライボックスからレアリティの高い武器を入手 『CoD: Warzone』では、武器にレアリティがあり、この レア度が高いほどアタッチメントが多く装着されています。 レアリティはノーマル、アンコモン、レア、エピック、レジェンドと5種類に別れており、ノーマルやアンコモンではサイトが付いていないことがほとんどです。 武器は道端に落ちていることもありますが、ほとんどがノーマル品です。 レア度が高い武器は上の画像のようなサプライボックスから入手することができます。 このサプライボックスにはキャッシュや戦場で役立つフィールドアップグレードなどが入っていることがあるので、積極的に探索してガンガン開けていきましょう。 敵を倒して奪うこともできます。 購入ステーションから戦況を変えるアイテムを購入 マップ上の購入ステーションでは、所持しているキャッシュで戦況に役立つ防御アイテムや蘇生キット、キルストリークやフィールドアップグレードを購入することができます。 ガスマスクは数秒間ガスによるダメージを無効化し、 UAVは数分間敵の位置を知ることができます。 エアストライクは指定したエリアに爆撃を行うことができるなど、様々な効果があります。 自己蘇生キットは味方の蘇生がなくても自ら蘇生することができ、ソロプレイでも結構役に立ちます。 このキャッシュは建物内に落ちていたり、サプライボックスから手に入れたり、敵を倒したり、契約を完了したりすることでも入手することができます。 フィールドアップグレードやキルストリークを活用して戦況を有利に フィールドアップグレードの「ミューニションボックス」や「ロードアウトドロップマーカー」を使用すれば、 自分用にカスタムしておいたロードアウトを呼び出すことができます。 武器をひたすら集めるよりはキャッシュを集めてロードアウトを呼び出す方が瞬時に装備を固められる場合もあります。 そのほかにも、地面に設置して手動で迎え撃つシールドターレット。 サプライボックスからたまに入手することができるドローンを駆使すれば、一定時間周りを索敵し、敵をマークすることができます。 スクアッドでプレイする場合、優先的に持っておきたいのはダントツでUAVです。 PC版『CoD: Warzone』のグラフィック関連 動作環境と推奨スペック 公式ページにて公開されている『CoD: Warzone』のPC動作環境は以下の通りです。 必要動作環境はGeForce GTX 670、GTX 1650以上とそれほど高くありません。 推奨動作環境でもGeForce GTX 970、GTX 1660以上とミドルスペックくらいで快適にプレイができそうです。 本作では搭載されているグラフィックカードの性能に応じて自動で最適なグラフィック設定に調整することができます。 プリセット設定はありませんが、テクスチャ解像度、テクスチャ品質、シャドウマップ解像度など細かい調整が可能です。 また、DirectX Raytracingにも対応しています。 プリセットが無かったので、3つのグラフィック設定でフレームレートを計測しました。 それぞれ「低」「通常」「高」とし、下記の画像の通り黄色い枠を変更しました。 なお、アンビエントオクルージョン、スクリーンスペースリフレクション、モーションブラー関連は無効にしています。 120Hz駆動と140Hz駆動では、通常の60Hz駆動モニターの2倍以上の映像を描写するので、映像が非常に滑らかに見えます。 特に競技性の高いシューティングでは、激しい視点移動でも、残像が抑えられ、ヌルヌル動くので、目の反応が速くなるという利点があります。 また、細かいエイム調整にも有効に働いてくれるので、シューティングゲームにとって、高リフレッシュレートモニターの力は絶大です。 こういった競技性の高いゲームの上級プレイヤーや有名配信者たちのほとんどは、高リフレッシュレート環境でプレイしています。 逆にあまりキルが取れないと伸び悩んでいる人にも、高リフレッシュレート液晶はかなりおすすめです。 特に『CoD: Warzone』は負荷が軽くフレームレートが出やすいので、120 Hz駆動以上の高リフレッシュレート環境でプレイしやすいタイトルです。 おそらく上位のプレイヤーのほとんどは高リフレッシュレート環境でプレイしていることでしょう。 ウォーゾーンは高リフレッシュレート環境でプレイ! 240Hz駆動対応の高級ゲーミングモニター「ASUS ROG SWIFT PG258Q」でプレイ オプション画面を見るとリフレッシュレートが240 Hzになっているのがわかります 平均120 fps以上出るグラフィックカードを選ぼう おすすめは120 Hz 駆動モニターですが、144 Hzモニター、その上の240 Hzモニターなんかもあります。 ただし、120Hz駆動の恩恵を得るには120 fpsを安定させること、144 Hz駆動の恩恵を得るには144fpsを安定させることが条件なので、下記の平均フレームレート表を参考に、グラフィックカード、高リフレッシュレートモニターを選びましょう。 下表は"平均"フレームレートであるため、常時120 fpsを出したいなら、RTX 2060 SUPERあたりがおすすめです。 デスクトップ 低 通常 高 RTX 2080Ti 255 fps 227 fps 209 fps RTX 2080 SUPER 232 fps 200 pfs 178 fps RTX 2070 SUPER 200 fps 176 fps 159 fps RTX 2060 SUPER 177 fps 149 fps 140 fps GTX 1660Ti 137 fps 120 fps GTX 1660 SUPER 133 fps GTX 1660 131 fps GTX 1650 SUPER 120 fps 120 fps以上のみ表示 おすすめPCとグラフィックカード PC版『Call of Duty: Warzone(コール オブ デューティ: ウォーゾーン)』をプレイするためのおすすめPCとグラフィックカードの紹介です。 ゲーミングPCの中でもエントリークラスで十分でしょう。 ミドルクラスのゲーミング PCを購入しておけば間違いないでしょう。 以下で紹介しているPCは、上記のグラフィックカードを搭載できる、当サイトおすすめのゲーミングPCです。 レビューもしているのでご参考にどうぞ。 当サイトおすすめのデスクトップパソコン.

次の