我々 だ 大 脱走。 Minecraftの主役は我々だ!とは (マインクラフトノシュヤクハワレワレダとは) [単語記事]

【第12話】目指すは武器庫!監視の目をかい潜れ!【マイクラ大脱走】

我々 だ 大 脱走

ブッシェルは英軍の航空兵が収容されていた北区画を統括しており、脱走委員会 the Escape Committee を指揮して収容所の弱点と脱走機会を探ることに傾注していた。 (脱走は捕虜の義務である以上、脱走の)計画を表明すべきという法律家である立場に基づいて、ブッシェルは脱走委員会を招集した。 ブッシェルはその計画の規模で出席者を驚かせ、一人一人に脱走のためにあらゆる力を注入するという熱い決意を吹き込んだ。 彼は力強く語った。 「この部屋にいる誰もが借りてきた時間を過ごしている。 本来なら我々全員は死ぬべきだったのだ!神が我々にこの余分な時間を生き長らえさせてくれているのは、ドイツ野郎に生き地獄を味合わせてやるためだ・・・。 北区画では脱走用の主トンネルの掘削に注力している。 個別に企画されたトンネルは許されない。 3本のクソ深くクソ長いトンネル、トム、ディック、ハリーを掘るのだ。 どれかは成功する!」 もしドイツ側にこの中の1本が見つかっても歩哨は他に2本が同時進行しているとは想いもよらないであろうことから、これらのトンネルを同時に並行して掘ることには利点があった。 この計画の最も革新的な側面は単に掘削の規模では無く、ブッシェルがこれらのトンネルで脱走させようとしていた人員の数であった。 これまで計画されたどの脱走計画でも1かせいぜい20名程であったが、ブッシェルが考えていたのは200名を越える数で、全員が民間人の服装であらゆる偽造書類や逃走に必要な道具を持つことになっていた。 これは前例の無い企てであり、前代未聞の組織力が必要とされた。 大脱走の立案者であるロジャー・ブッシェルは、秘匿名称の「Big X」を受け継いだ。 トンネル「トム」は、ある建物の大広間の暗い角から掘り始められ、「ディック」の入り口は洗濯場の一つの排水溜めに巧妙に隠された。 「ハリー」の入り口はの下に隠された。 600名以上の捕虜がトンネル掘削に関与した。 トンネル掘削 地震計測用マイクロフォンによる探知を防ぐためにトンネルはかなり深い、地表から約30フィート 9 m 下に掘られた。 このトンネルは非常に小さなもので僅か2フィート 0. 6 m 四方しかなかったが、各トンネルには空気ポンプの収納場、作業場と中継地点として大きな空間が掘られた。 トンネルの砂礫質の壁面は、収容所中から集められた木板で補強された。 木板の主要な供給元は捕虜のベッドであり、当初1床のベッドは20枚の底板でマットレスを支えていたが、脱走の実行時には僅か8枚程が残されているだけとなっていた。 木製の家具からも数多くの木板が集められた。 「ハリー」の入り口。 建物の壁の跡が示されている。 その他にも様々な物が集められた。 その一つがから捕虜宛に支給された元々はが入っていた製の缶であった。 缶の金属は、様々な種類の工具やシャベル、立てのような物に仕立て上げられた。 ろうそくは収容所で出されるスープの表面に浮いたを濾し、小さなブリキ容器に入れて作り、ろうそくの芯には古く擦り切れた布地を利用した。 しかし、クリム缶の主要な用途は3つのトンネル全てで広範囲に設けられた換気用ダクトへの利用であった。 トンネルが長くなるに連れ、作業を容易且つ安全に行えるように数多くの技術発明がなされた。 ある重要な課題は、掘削作業者が呼吸し、その灯火を灯し続けるだけの十分な酸素を送り込むことであった。 第37飛行隊のボブ・ネルソン(Bob Nelson)少佐の発明によるダクトを通じて新鮮な空気をトンネル内に送り込むポンプが製作された。 ポンプの製作には、ベッドの主要部材、やといった奇妙な品がクリム缶と共に使用されていた。 後には電灯が設置され、電気は収容所の送電系統から拝借していた。 掘削作業者は、より迅速に土砂を運べるように小型のもトンネル内に備え付けた。 このトロッコは、12カ月間に凡そ140 (200)の土砂を運び出す重要な要素であり [ ]、掘削作業者が掘削現場に到着するまでの時間を短縮することにもなった。 捕虜は3本のトンネル分の土砂を捨てる必要があった。 土砂を捨てるためにとられた通常の方法は、そっと地面に撒き散らすだけであった。 古い靴下で作られた小さな袋が捕虜のズボンの内側に取り付けられていた。 捕虜は歩きながら土砂を地面に撒き散らし、時には収容所内で栽培を許可された小さな菜園に捨てた。 2人の捕虜が普通に会話をしながら一人が地表を掘り返し、もう一人が土砂を捨てた。 捕虜は土砂入りの靴下でできる膨らみを隠すためにを着ており、その様子が動物を思い起こさせるためと呼ばれた。 25,000回に上ると思われる土砂捨て散歩のために200名以上の捕虜が募集された。 ドイツ側は何か重要な事態が進行していることに気付いていたが、トンネルを発見しようという全ての試みは失敗した。 脱走計画を諦めさせる試みも行われ、計画に関わっている容疑の強い上位19名が予告なしにスタラグ VIII-Cへ移送された。 しかし、この中でトンネル掘削に深く関与していたのは僅か6名であった。 ドイツ側がこの手法で土砂を捨てる捕虜を非常に的確に見逃さないようになってきたため、最終的に捕虜はこれ以上同様の方法で土砂を捨てることはできないと感じていた。 「ディック」の出口になる予定の地点に収容所の拡張部分が建てられるとこのトンネルを埋め戻す作業が始められた。 埋め戻しに使われた土は、他の2つのトンネルから出た土砂である。 このため土砂の問題はしばらくの間は起こらなかった。 トンネルの入り口は非常に巧妙に隠されていたため、「ディック」は地図、切手、偽造の旅行許可証、やドイツ軍の制服や民間人の背広といった衣類等の様々な種類の物を収納する倉庫にも使用された。 驚くべきことに幾名かの友好的な歩哨が、列車の、地図や偽造するのに必要な多量の公式書類の入手に協力した。 最初から民間人の服だったものの何着かは、、、を賄賂に使いドイツ人スタッフから入手した。 これらの品は、脱走した捕虜がより容易に(可能であれば列車で)収容所から立ち去ることに使用された。 後に捕虜は土砂を隠す場所に不足をきたし、雪が積もると土砂を地面に撒き散らすことはできなくなった。 劇場の座席の下には巨大な囲われた空間があったが、劇場は捕虜の恭順宣誓の下に提供された道具や資材を使用して建てられており、恭順宣誓は不可侵(道具を決して他の目的に使用しないといったようなこと)のものと考えられていた。 内部で「法的助言」が求められ、SBOは劇場自体は恭順宣誓に拘束されないという判断を下した。 13番の座席が開閉式にされ、土砂の問題は解決した。 戦争が進行するに連れドイツの捕虜収容所には米兵捕虜の数が圧倒し始めた。 ドイツ側は米軍航空兵専用の新しい捕虜収容所を建設することを決めた。 米兵捕虜を含むなるべく多くの者を脱走させるために残された2本のトンネル掘削へ力が注がれたが、この急激な活発化が歩哨の注意を引き9月に「トム」の入り口がこの収容所で発見された98番目のトンネルとなった。 森に隠れてペンギンを監視していた歩哨がトムのあるバラックから土砂が運び出されることに気が付いたのであった。 「ハリー」の作業は中止され、1月まで再開されなかった。 なお発見された時期を同じくして、ロジャー・ブッシェル少佐発案の元、鉄条網切りによる単独の脱走が25名ほどにより試みられたが、鉄条網を切る時に見つかる等したため成功することはなかった。 「ハリー」トンネルの完成 「ハリー」はに完成したが、幾人かがトンネル「トム」の掘削作業に従事していた米軍捕虜が7カ月早くもう一つの区画に移された。 「大脱走」に参加した米軍の戦争捕虜は実際には一人もいなかった。 好天が成功の大きな要因であるため事前にこの脱走は夏に決行されるように計画されていたが、1944年初めにゲシュタポが収容所を訪れ、脱走予防措置の強化を命じたためブッシェルはトンネルが完成し次第早急に脱走するように命じた。 トンネル掘削に参加した600名の捕虜のうち200名のみが脱走できる予定であった。 捕虜は2つのグループに分けられ、「常習犯」(serial offenders)と呼ばれる最初の100名のグループは偽の身分を保証され、この中にはを流暢に話せる者や脱走経験者が含まれていた。 加えてこの中の70名はトンネル掘削に最も貢献したと考えられる者であった。 2番目のグループの100名は成功の見込みはほとんど無く、参加を決めるためにはクジを引かねばならなかった。 「ハード・アーサーズ」(hard-arsers)と呼ばれたこれらの捕虜はドイツ語をほとんど又は全く話せず、最小限の偽造証明書や道具しか身に付けていないため夜間に移動する必要があった。 捕虜は、漆黒の闇に紛れて立ち去れるように月の出ない夜になるまで1週間待たねばならなかった。 ついに3月24日の金曜日に脱走計画は開始され、夜の訪れと共に脱走者はトンネルのある第104号バラックに移ってきた。 捕虜にとり不運なことにハリーの隠し扉が凍り付いていることが分かり、ドアを開けるために1時間半の遅れが生じた。 更に大きな妨げは、トンネルの長さが想定よりも短い距離で終わっていることであった。 計画ではトンネルは森の直ぐ傍まで延びているはずであったが、午後10:30に最初の捕虜は木の茂りよりも手前の監視塔に近い場所で地上に出た(アラン・バーゲス:Alan Burgessの著書『The Longest Tunnel』によるとトンネルは計画通りに森には到達していたが、木の茂りが隠れるには不十分な程まばらであったという)。 気温は氷点下で地面には雪が積もっており、捕虜が隠れるために這った後には黒い跡が残った。 歩哨を避けるために計画された1分おきに1人の脱走のペースは落とされ1時間当たりに10人強とされた。 100番以降の番号を割り当てられた捕虜は夜明け前に脱走できそうになかったので戻されることになった。 各々のバラックに戻ろうとするところを発見されるかもしれないので戻る捕虜は自身の制服に着替えてから暫く睡眠をとった。 その後、空襲により収容所の(トンネルも)照明が落とされ、更に脱走のペースが鈍った。 午前1時頃にトンネル内で崩落が起こったが修復された。 これらの問題にもかかわらず76名がトンネルを這い抜け、とりあえずの自由を得た。 の午前4:55、ついに77人目がトンネルから出てくるところを歩哨の一人に発見された。 森の中にいた捕虜は駆け出したが、森の端までたどり着いたばかりの受勲者の少佐は立ち上がり投降した。 トンネルの入り口が何処か分からない歩哨はバラックの捜索を始めたが、これで捕虜は偽造書類を焼却処分する時間ができた。 第104号バラックは最後に捜索されたバラックの一つであり、歩哨は犬を連れていたにもかかわらずトンネルの入り口を発見できなかった。 最後に歩哨のシャルリ・ピルツ(Charlie Pilz)が出口からトンネルを遡ったが、反対側の端で閉じ込められてしまった。 ピルツは助けを求め始め、捕虜は入り口を開けて助け出してやった。 ついに入り口が判明した。 脱走者が直面した当初の問題は、彼らのほとんどが昼間になって駅が歩行者用地下トンネルの側壁の奥まったところにあることが分かるまで列車の駅を発見することができなかったことであった。 その結果、彼らの多くは夜行列車に乗りそこない、徒歩での移動か昼間にプラットホームで列車を待つかのどちらかに決めざるを得なかった。 もう一つの予期せぬ問題はこの3月がこの30年間で最も寒さを記録したことで、雪は5フィート 1. 5 m の深さに積もり、脱走者は森や原野に身を隠すことができずに道路を使うしかなかった。 脱走後 処刑された50名の国籍 21名 英国人 6名 カナダ人 6名 ポーランド人 5名 オーストラリア人 3名 南アフリカ人 2名 ニュージーランド人 2名 ノルウェー人 1名 ベルギー人 1名 チェコスロバキア人 1名 フランス人 1名 ギリシャ人 1名 脱走の後でドイツ側は収容所の総点検を行い、作戦が如何に広範囲な規模で行われたかを悟った。 4,000枚のベッド用床板が無くなり、同様に紛失した物の明細は90床の2段ベッド、635個のマットレス、192枚のベッドカバー、161枚の枕カバー、52卓の20名用テーブル、10卓の一人用テーブル、34脚の椅子、76脚のベンチ、1,212枚のベッド用補強材、1,370枚の当て木、1,219丁のナイフ、478個のスプーン、582個のフォーク、69個のランプ、246個の水筒、30個のシャベル、1,000フィート 300 m 分の電線、600フィート 180 m 分の縄、3,424枚のタオルであった。 1,700枚の毛布が1,400個以上のと共に使用されていた。 ドイツ人作業員がいない間に放置されていた電線が盗まれていたが、盗難の報告はされていなかった。 この作業員達はにより処刑された [ ]。 脱走事件以後1床のベッドにつき僅か9枚の底板しか支給されず、これも歩哨により定期的に点検された [ ]。 76名の脱走者のうち73名が逮捕された。 当初、ヒトラーは見せしめとして脱走者だけでなくフォン・リンダイナー所長、収容所を設計した建築家、脱走時に任務に就いていた収容所の保安将校と歩哨も銃殺に処することを望んでいた。 、元帥、ヴェストホフ(Westhoff)少将と戦争捕虜に対する責任を負う部門の長であるフォン・グラフェニッツ(von Graevenitz)少将の全員がジュネーブ条約違反となるような処刑に反対した。 最終的にヒトラーは気持ちを収めて、代わりにヒムラーに脱走者の半数以上を処刑するように命令した。 ヒムラーは人選を将軍に任せ、ネーベはまずポーランド人と東欧の脱走者全員を選んでから残りを無作為に選び出したらしい。 50名の脱走者が単独か2名単位で処刑された。 残り23名の脱走者がその他の収容所に送られる前に捕虜のボブ・ネルソン(Bob Nelson)は、同姓のとの縁戚関係を信じたらしいゲシュタポにより他の捕虜とは別にされ、友人のディック・チャーチル(Dick Churchill)もおそらく同様の理由により別にされた [ ]。 17名が「スタラグ・ルフトIII」に戻され、4名はに送られた。 ザクセンハウゼンの4名は3カ月後に再びトンネルを掘って脱走したが、数週間で再逮捕され連れ戻された。 2名はのに送られた。 大脱走に参加した連合国軍航空兵の一覧 ザーガンへ向かう途上にある亡き「50名」の記念碑 ゲシュタポが脱走の捜査を行ったが、脱走に関する目ぼしい新たな情報は見つからなかった。 収容所長のフォン・リンダイナーは解任され、にかけられるところであった。 精神疾患を装い収監を回避したフォン・リンダイナーは、歩兵部隊の副司令官を務めていた時にに向け進軍してくるソ連軍との戦いで負傷した。 終戦時にフォン・リンダイナーは英軍部隊に投降し、2年間「ロンドン監獄」("London Cage")として知られる英国の刑務所に収監された。 英国のが50名の脱走者の処刑に関する調査を行ったときにフォン・リンダイナーは証言を行った。 元々ゲーリングのの一人であったフォン・リンダイナーは、退役申請が認可されなかった後ザーガンの収容所長に任命されていた。 捕虜の取り扱いに関するジュネーブ条約を遵守したフォン・リンダイナーは捕虜の上級将校から尊敬を受けていた。 フォン・リンダイナーはに釈放され、に82歳で死去した。 に新しい「収容所長」のエリッヒ・コルテス(Erich Cordes)中佐は、41名の脱走者が逮捕に抵抗して射殺されたというドイツ軍最高司令部からの公式な連絡を受け取った旨を英軍捕虜の先任将校に通知した。 後にコルテスはフランツ・ブラウネ(Franz Braune)大佐と交替した。 ブラウネはそれ程多くの脱走者が殺されたことに酷くショックを受け、収容所に残っていた捕虜に慰霊碑を建立することを許可し、ブラウネ自身も寄付をした。 慰霊碑は現在もそこにある。 銃殺された捕虜を選別した人物であると信じられているアルトゥール・ネーベは、後に7月20日のへの関与により処刑された。 英国政府は脱走者死亡の件を5月にとしてスイス当局が行った収容所への定期訪問で知り、外務大臣のはににこの知らせを発表した。 この発表後間もなく収容所で英軍の先任将校であった大佐が健康上の理由で英国に送還されてきた。 帰国するとマッセイは脱走の状況と逮捕された脱走者の処刑の真相を政府に報告した。 にイーデンは議会に戦争が終結したらこの件の責任者に戒めの裁きを行うことを確約した。 戦争が終わると英空軍の調査局により大々的な犯人検挙が行われた。 米軍大佐のは、ので米側のであった。 この裁判ではとが犯罪者集団として訴追され、その証人は生き残った数人のドイツ軍の元帥とその参謀達であった。 訴追された犯罪の一つがザーガンの50名の処刑の件であった。 ヘルマン・ゲーリングの参謀であったドイツ空軍のベルント・フォン・ブラウヒッチュ大佐は、この処刑に関して大尉に尋問された。 脱走者の処刑に関与した数名のゲシュタポ将校が死刑に処され、投獄された。 Petersen, Quentin Richard. Selected Recollections Chosen from a Fortunate Life, a continuing memoir. SeniorNet. org. 2009年6月28日閲覧。. , : Serwis Museum. 2009年6月28日閲覧。 2009年6月28日閲覧。 27 、捕虜が自らの意思でこれを放棄する場合を除いて公式に捕虜であることを証明する書類と身分証明書を与えねばならない Art. 17 、とされている。 制服を着用していない如何なる敵性工作員もとして処刑される可能性があり、捕虜の身分を証明する証拠は重要であった。 定例の巡回で発見された場合に身分を暴露する危険があったが、脱走者全員はドイツ側が発行した捕虜証明銘盤と制服の徽章類を民間人の服の下に身につけていた。 War Department Intelligence Service 1944年7月15日. 2007年7月28日時点のよりアーカイブ。 2009年10月21日閲覧。 ドイツの歩哨は捕虜に比べそれほど恵まれた食環境に在るわけではなく、赤十字からの小包は歩哨の配給にも充てられた [ ]。 2009年10月21日閲覧。 Dickens, Monica 1974. Great Escape. Pan Books. 2011年6月3日時点のよりアーカイブ。 2009年6月28日閲覧。 2009年6月28日閲覧。 Jacobson, Ray. 426 Squadron History. Toronto. Harsh, George 1971. Lonesome Road. Norton. afiwi. com. 2009年6月28日閲覧。 1993年11月16日. 2008年6月24日閲覧。 2009年7月31日時点のよりアーカイブ。 2008年6月24日閲覧。 2008年6月24日閲覧。 2004年11月16日放送. 582回,シーズン31. Documentary film interactive guide. 2009年9月27日閲覧。 コンパスは、壊れた製のの破片を溶かしたものと磁化させた髭剃りの刃を細く加工した針からできていた。 一つ一つの底面には捕虜により「Made in Stalag Luft III - Patent Pending」と記された [ ]。 2004年5月24日. の2004年4月6日時点によるアーカイブ。 2009年5月27日閲覧。 The Great Escapers. Mainstream Publishers. House of Commons. 19 May 1944. col. 437—439. ; 47 BRITISH AND ALLIED AIRMEN SHOT BY GERMANS, The Manchester Guardian, May 20, 1944, Page 6. House of Commons. 23 June 1944. col. 477—482. Andrews, Allen 1976. Exemplary Justice. London: Harrap. Guilt, responsibility and the Third Reich, Heffer 1970; 20 pages;• Yale University. 2009年6月28日閲覧。 , , Yale University, Retrieved 1 March 2010.

次の

脱走

我々 だ 大 脱走

「ウルフとウルルン」はそこそこ火力が高いうえに射程も長いため、「ウルフとウルルン」の射程外から攻撃できるアタッカーを必ず1体編成しましょう。 「ウルフとウルルン」の射程外から攻撃できるキャラは、入手難易度の低いキャラだと「ネコムート」だけになります。 ガチャ限でカバーできない時は、必ず「ネコムート」を編成しましょう。 赤or黒特性持ちを編成すると楽になる 「シャドウボクサー 黒いカンガルーの敵 」や「イノシャシ 赤いイノシシの敵 」は突破力が高く危険なため、こちらも対策しておくとより楽に攻略できます。 特に「イノシャシ」がかなり強いので、赤対策キャラは編成推奨です。 壁役に赤や黒特性持ちを編成すると、より前線を維持しやすくなるのでおすすめです。 壁を生産する• 資金を貯める• アタッカーを少数生産する• まずは壁だけ生産して敵を足止めしながら、資金を最大まで貯めましょう。 資金が最大まで貯まったら、前線が上がる程度のアタッカーを生産して城を攻撃します。 城攻撃後に出現する敵を一度城に引きつける必要があるため、ここは最低限のアタッカーだけ生産しましょう。 敵を引きつける• 壁を生産する• アタッカーを生産する• ステージが長く前線が不安定になりやすいため、一度敵を自分の城付近に引きつけてから壁とアタッカーを生産して「シャドウボクサー」を倒しましょう。 壁を生産する• ウルルンの体力を削る• アタッカーを生産する• 「ウルルン」単体なら壁だけで前線を維持できるので、無駄なキャラは生産せずに資金を貯めておきましょう。 時間経過で再度「シャドウボクサー」が出現したら、アタッカーをフル生産して「シャドウボクサー」を倒します。 敵の数が増えると前線維持が難しくなるので、「ウルルン」以外の敵が接近してきた時はアタッカーの数を増やして早めに倒しましょう。 壁を生産する• アタッカーを生産する• イノシャシを倒す• 「イノシャシ」「ダチョウ同好会」共に出現を確認したら、手持ちをフル生産して前線を崩される前に倒しましょう。 壁を生産する• アタッカーを生産する• イノシャシを倒す• ウルルンを倒す• 「ウルルン」以外の敵さえ処理すれば前線は押されないので、取り巻きに細心の注意を払いつつ撃破を目指しましょう。 大脱走の立ち回り参考用動画 使用キャラとレベル 20+20 20 20+20 20 30 20+20 30 30 20+10 30.

次の

【第10話】自由時間をもぎ取れ!!射撃訓練で競争だ!【マイクラ大脱走】

我々 だ 大 脱走

概要 [ ] 1943年3月に戦線で乗っていたスピットファイア機がのメッサーシュミット機の機銃掃射を受け、パラシュートで脱出した後にの捕虜となったが、送られた捕虜収容所で体験した脱走計画の詳細 を、戦後に一冊の本「 The Great Escape」にまとめて出版した。 これを読んだジョン・スタージェス監督がすぐに映画化権を買い取り、自ら製作者も兼ねて作られたのが映画「 大脱走」 である。 製作・監督のはこの当時「」「」「」を撮って最も充実していた頃でこの映画が彼の代表作となった。 主演には当時テレビ「拳銃無宿」で活躍して「荒野の七人」から映画スターとして頭角を表していた、同じくテレビ「マーベリック」で活躍していたを起用して、これに同じくテレビ界出身で「荒野の七人」にも出演した、、そして映画「」の、英国俳優で後に映画監督として活躍したなど。 はこの映画の出演時はまだ無名であった。 が好んで描いた「何があってもへこたれない不屈の男たちのドラマ」 であり、また戦争映画のジャンルで脱走を描いた映画としては、他に「」「木馬」「」などがあるが、脱走物としてこの映画は最高作品として評価されている。 のにノミネートされた。 音楽はで、彼が作曲した『大脱走マーチ』( The Great Escape March は、当時ミッチ・ミラー合唱団が歌ってヒットし、また初公開時にがドイツ軍から奪い取ったバイクで草原を疾走するシーンがその爽快さとともに話題となり、この映画の代表的なシーンとしてその後長く記憶されている。 あらすじ [ ] 下のドイツ。 朝靄の中で一群の軍用トラックが道路を疾走しスタラグ・ルフト北捕虜収容所 に到着した。 この新設の捕虜収容所に中心の捕虜が送られてきたのだが、これらの捕虜の中に脱走常習犯が多数含まれていた。 ドイツ軍は絶え間なく発生する脱走に手を焼き、常習犯を集めて、脱走がきわめて難しい収容所を作っていた。 鉄条網には近づけず、監視しやすいようにだだっ広く、唯一隠れられそうな森までは100mはありそうで、新任の所長を始め、選りすぐりの兵隊が監視にあたっていた。 捕虜を運ぶ一群のトラックが収容所に到着して、直後にフォン・ルーガー所長(ハンネス・メッセマー)は、連合軍捕虜の先任将校ラムゼイ大佐(ジェームズ・ドナルド)に対して「この収容所から脱出することは不可能だ。 無駄な悪あがきは辞めて、おとなしくせよ」と述べると、大佐は「脱走して敵軍を混乱させるのは将兵の義務である」として所長に迎合せず屈しなかった。 収容された男達は、何回も脱走を繰り返してきた札付きの強者達で、初日から収容所外に作業へ行く捕虜に紛れて脱走を試みる連中であったが、さすがに看守長シュトラハヴィッツに軽くあしらわれてしまう。 のバージル・ヒルツ()は、監視台と監視台との間の鉄条網に盲点があることを見抜き、グローブとボールを持ってきて、さり気無くボールを鉄条網の傍に投げ入れて、立ち入り禁止区域に入ったが見つかり、機銃掃射を受けたが助かった。 その大胆不敵な振舞いからさっそく所長に目をつけられて独房に放り込まれる始末で、その場で所長を侮辱したアイブスも独房入りとなった。 そのような中、数時間後、ロジャー・バートレット()がに連れられて収容所に到着する。 彼は「ビッグX」と呼ばれる集団脱走の計画立案・実行のリーダーで筋金入りの男だった。 到着したその日の夜、ロジャーは馴染みのあるメンバーを集めて空前の脱走計画を説明する。 今回新しい収容所に来た捕虜の中にはロジャーが驚くほど各種のスペシャリストが揃っており、3本のトンネルを掘って250名もの捕虜を脱走させるという彼の大脱走計画に一同は驚くが、皆の意思は一致した。 このメンバーに義勇兵として英空軍に参加していたのアンソニー・ヘンドリー()も加わり、物資調達係として調達屋の才能を発揮する。 道具もなく24時間監視されている中、彼らは盗んだり隠したり謀りながら作業を進め、工夫と智恵と技術を駆使していく。 のセジウィック は機械の製造屋としてトンネルに空気を送り込むなどの装置を器用に作るなど活躍し、脱走者の服装を多数に何種類も揃える仕立て屋もおれば、写真入りの身分証明書などのニセ物を作る偽造屋、各トンネルのスタート位置から目標とする森までの距離を測りトンネル内でどれ位の距離を掘ったかも測る計測屋、掘った土をカムフラージュする分散屋、警備の裏をかくための偽装と緊急情報を発信する警備屋がいて、非常に訓練され組織だった行動を示していく。 3本のトンネルを掘るのはダニー とウイリー ジョン・レイトン で、ダニーは暖炉の下をめくって最初に穴を開ける作業の時に17という数字を書き入れた。 自分が掘る17番目の脱走用トンネルであった。 これは3本のトンネルの内の「トム」であり、他に下水の排水会所の底から穴を掘った「ハリー」、そしてもう一つが「ディック」 という名称をトンネル名にした。 統率の取れた脱走計画が進む中、一匹狼のヒルツは、独房で親しくなったアーチボルト・アイブズ(アンガス・レニー)とモグラのように掘り進める形で再度単独脱走を試みるが失敗しアイブスと共に再び独房入りとなった。 アイブズは精神的に追い詰められていった。 ロジャーの計画は順調だったが、いかんせん収容所内では脱走後の逃走経路がわからない。 ロジャーは更なる単独脱走計画を持つヒルツに、一旦脱走して捕虜収容所の外部の情報をつかんで再度捕虜になるという無茶な要望をするが、当然ヒルツは断わった。 そしてヒルツが何人脱走させるのかと尋ね250人と聞いて跳び上がるように驚く。 しかし脱走に向けての作業は進められていった。 トンネル掘りでは「トム」が最も進み、途中からロジャーは他のトンネルを中断して「トム」1本に絞って掘り進められた。 やがてトンネルの完成も間近な中、7月4日のを迎えると、ヒルツ、ヘンドリー、ゴフ )の三人のアメリカ人は収容所内を行進し、こっそり発酵・蒸留したを皆にふるまってひと時のお祭りを演出する。 だがお祭り騒ぎの最中に、収容者が屋外へ出て無人になった宿舎をシュトラハヴィッツの部下が見回りして、偶然「トム」が発見されてしまう。 皆が茫然自失となった時に失意のアイブスは正気を失い、立ち入り禁止区域に入ってフェンスをよじのぼっていくところを監視台から撃たれて殺される。 ロジャーは中断していた別のトンネル「ハリー」の作業再開を命じ、アイブスの死を目の前で見せつけられたヒルツは、ロジャーに申し出てただ一人脱走する。 目的は逃げることではなかった。 数日後にヒルツはわざと捕まって収容所に戻り三たび独房に入るが、その間に不眠不休の作業の結果、トンネル「ハリー」が目標に到達して、脱走計画が具体化した。 そして脱走決行の当日に独房からヒルツが戻り、ロジャーたちは重要な外部情報を手に入れることができた。 しかしその当日の夜、脱走を決行するため先頭を切ってトンネルを通り地上を覗いたヒルツは驚愕する。 収容所から近くの森までの距離をおおよそ100mと計算していたが、上がって見るとトンネルは予定された森まで届いておらず、出口が通じたのは監視兵に見つかりやすい草地の真ん中であった。 ここでヒルツの発案でロープを森の中に通してトンネル内につなぎ、ロープで合図を送って、トンネルを抜け出るタイミングを伝えるやり方で収容所内をパトロールするドイツ兵の目をごまかしつつ、彼らはなんとか次々に脱走していった。 だが76人目の測量屋カベンディッシュがトンネルを抜け出たところで躓いて倒れ、その物音をドイツ兵の歩哨が聞きつけ、近づいてきて周囲を監視したため、脱出行動を一時停止してじっと様子を窺うこととしたが、いっこうに「地上へ出てよし」のロープの合図が来ないことにしびれを切らした77人目のグリフィス(仕立屋)がトンネルを抜け出て地上に出たところで歩哨に発見されて脱走が発覚する。 翌朝ルーガー所長は脱走者が76名に達したとの報告を受けて愕然とする。 その表情をラムゼイ大佐は誇らしげに見るのであった。 収容所の脱走に成功した捕虜達は、様々な手段で逃走を続けていった。 ロジャーとマック、エリック、ヘンドリーとコリンらは列車で、ウイリーとダニーはボートで、セジウィックは自転車で、そしてヒルツはバイクで。 ヘンドリーとコリンは列車にゲシュタポが乗ってきたので走っている列車のドアから飛び降りて、その後飛行場から練習機を盗み出して空へ飛び立った。 ロジャーとマックはを装い列車内の検問は無事に切り抜けたが、到着駅での検問でゲシュタポのクーンが二人に気づいた。 それを近くから見ていたエリックが咄嗟にクーンに組み付き、彼が拳銃を取り出したところで自身の胸に当てて引き金を引かせて死亡させて、自らは駅を警備していたドイツ兵に射殺された。 エリックは捨身になってロジャーとマックを助けたのだった。 セジウイックは自転車から停まっていた貨物列車に乗り移りフランスへ向かった。 ウイリーとダニーは川辺にあったボートに乗って、オールをひたすら漕いで海を目指した。 ヒルツはドイツ軍の伝令が乗ったバイクを転覆させて制服を奪い、バイクを疾走させた。 しかし途中でドイツ軍に偽者だと気付かれ、道路から野原を突っ切って逃げて行った。 しかし、ドイツ国外及び占領地域外に達する前に、脱走者たちは国中に配備されているドイツ兵に次々に逮捕されてしまう。 練習機を盗んだヘンドリーとコリンは一路を目指したが途中で失速して墜落し、コリンは迫って来た追っ手に撃たれて死亡し、ヘンドリーは捕まる。 ロジャーとマックは再度検問を受けた際もフランス人を装い、無事通過できたと思った一瞬の気の緩みから思わぬ言葉の罠に嵌まり、走って逃げたが捕まってしまう。 そしてヒルツもスイスとの国境線まで達したが執拗なドイツ軍の追走を受け、鉄条網に突っ込んでホールドアップした。 その悲報は収容所で待つラムゼイ大佐にルーガー所長から伝えられ、収容所の仲間全員にラムゼイ大佐は50名の名前を読み上げた。 ウイリーとダニーのボートはやがて港に着き、中立国の貨物船に乗った。 セジウイックはでレジスタンスの助力を得て、目的地のへ国境を越えていった。 脱走に成功したと思われる者はこの3名であった。 悲しみに沈む収容所にまずヘンドリーら10名が戻り、ヘンドリーは50名が犠牲になったことを知ってラムゼイ大佐にこれだけの犠牲を出してまで脱走を試みる価値があったのか疑問をぶつける。 それに対してラムゼイ大佐は「見方による」と答えた。 そしてヒルツも連行されて戻ってきた。 所長を解任されたルーガーは車から降りてきたヒルツに「ベルリンに先に行けるのはどうやら君の方だ」と述べた。 脱走にまた失敗したヒルツだが、ゴフからグローブとボールを受け取り、独房に向かった彼の反骨と闘志は消えることはなかった。 原作による脱走の経緯 [ ] ポール・ブリックヒルの原作によれば、以下の通り。 1942年春、200名の捕虜がに新設された「」(東収容所)に移される。 1942年暮れ、ロジャー・ブッシェルが「第三空軍捕虜収容所」に移される。 1943年4月1日、「第三空軍捕虜収容所」内に新設された「北収容所」に700名の捕虜が移される。 1943年4月11日、123号ブロックの「トム」、122号ブロックの「ディック」、104号ブロックの「ハリー」の三つのトンネルのはねぶたの位置が決まり、トンネル掘りが始まる。 1943年6月10日ごろ、「第三空軍捕虜収容所」を造った軍捕虜が戻り、「北収容所」の南側でアメリカ人用の収容所の建設が始まる。 1943年7月4日、ジェリー・セイジとデヴィ・ジョーンズの二人のアメリカ人捕虜が、赤十字慰問品の乾ブドウを発酵させた乾ブドウ酒を蒸留し、を祝って酒をふるまう。 1943年夏、「トム」のはねぶたが収容所のグレムニッツの捜索によって発見される。 また、アメリカ兵が隣接した新設の収容所に移される。 25名程が実行したが、成功した者は無かった。 1944年1月7日、ロジャーが委員会を招集し、3ヶ月間封印していた「ハリー」の掘削を再開することを決定する。 1944年1月10日、「ハリー」のはねぶたを開く。 1944年1月14日、「ハリー」に作業班が入る。 1944年2月10日、「ハリー」に第2中継所が完成する。 1944年3月24日、数日前に完成していた「ハリー」によって脱走が決行される。 脱走予定者は220名。 地上に出ると森から10フィート手前であった事が判明し、ロープによる合図で監視兵の動向を知らせる方式を取ることに決定。 発見されるまでに76名が脱走に成功する。 1944年4月上旬、脱走決行時まで収容所長であったフォン・リンダイナーの後任、オズベルト・ブラウンが脱走兵のうち50名が射殺されたことを捕虜側のリーダー、マッシーに通告する。 ロジャーの名も名簿に記されていた。 射殺された50名は証拠隠滅のために火葬され、2週間後には遺骨が収容所に届く。 1944年6月、無事に帰国を果たしたロッキー・ロックランドとジェンス・マラーより偽名で手紙が収容所に届く。 その後、ボブ・ヴァン・デア・ストックも同様に無事を知らせた。 1944年7月、「北収容所」では新たなトンネル「ジョージ」が掘り始められた。 1944年冬、「ジョージ」が鉄条網の外に達したが降雪により脱走不能になったため、非常用の脱出口として確保する。 1945年1月26日、ソ連軍の攻勢によってが収容所に迫り、雪中の撤退が始まる。 1947年7月1日、裁判所で50名中46名の射殺に関与したなどの18名のが行なわれ、15名に死刑判決が下る。 1948年2月26日、判決を受けた14名の刑が執行される。 1948年10月11日、最後まで不明であった4名の射殺に関与した2名が、軍事裁判にかけられる。 登場人物 [ ] 捕虜 [ ] 英国空軍 [ ] ラムゼイ 収容所における連合軍捕虜の先任将校 The SBO で階級は大佐。 捕虜側の代表としてドイツ側との連絡役を負う。 常に沈着冷静であり、ルーガー所長からも信頼されている。 バートレットたちを陰ながらサポートする。 ロジャー・バートレット 通称「ビッグX Big X 」。 集団脱走計画の中心人物で階級は少佐。 脱走した捕虜の捜索にドイツ軍の兵力を割かせ、ドイツ軍の後方かく乱を目的として250名もの集団脱走計画を企てる、頭脳に秀でた脱走のカリスマ。 捕虜収容所では脱走用トンネル三本を計画し、それぞれ「トム」、「ディック」、「ハリー」と命名した。 結局捕まり移送中に休憩でトラックから降りた時に、マックに「組織作りにトンネル作業が私の生きがいだった。 今思うと幸せだった」と語った。 それが最期の言葉であった。 サンディ・マクドナルド(マック) 通称「情報屋 Intelligence 」。 地獄耳の情報通で階級は大尉。 収容所内のあらゆる情報を収集、脱走メンバーに伝達する。 語学に堪能で、脱走前にフランス語やドイツ語の会話能力の試験を担当した。 ロジャーの参謀格として行動を共にする。 スコットランド出身。 脱走後ロジャーとフランス人になりすまし、バスに乗る直前にフランス語を話す担当官の検問を受けた際に一瞬の心の緩みから、担当官の「Good luck」の言葉掛けに「Thank you」と答えてしまう。 ウィリアム・ディックス(ウィリー) 通称「トンネル王 The Tunnel King 」。 階級は大尉。 脱走計画では無二の親友ダニーと共にトンネル掘りを担当し、脱走の際に、かつてのトラウマから脱走を拒むダニーを説得し、脱走に成功する。 優しい性格が特徴。 コリン・ブライス 通称「偽造屋 The Forger 」。 階級は大尉。 戦時中は航空写真の分析・解析を担当していた。 バードウォッチングが趣味で、ミルクティーを愛する典型的な英国紳士。 身分証の偽造などの精密作業が原因で視力が衰えて(進行性近視)、ほとんど失明状態となってしまった。 ロジャーが脱走の足手まといになるとして脱走のメンバーからはずそうとしたが、ヘンドリーが反対してそして彼の助力で脱走に参加した。 エリック・アシュレー=ピット(エリック) 通称「分散屋 Dispersal 」。 彼だけは英国海軍航空隊の士官で、階級は少佐。 トンネルから出した地中の土と屋外の土とを混ぜて誤魔化すのにズボンを使った方法を考え付き、土処理をうまく分散させて脱走計画に貢献した。 脱走後に乗った列車が到着した後の検問でロジャーに気が付いたゲシュタポのクーンを殺し、自ら犠牲となってロジャーを助けた。 デニス・カベンディッシュ 通称「測量屋 The Surveyor 」。 階級は大尉。 トンネル掘りの作業音の偽装のために合唱隊を組織し、その指揮も担った。 彼の測量が正確でなかったことが脱走時に大変な問題となる。 また、脱走時トンネルから出た際に躓き転んでしまい、ドイツ兵に気づかれるきっかけとなっている。 グリフィス 通称「仕立て屋 Tailor 」。 軍服、カーテン、毛布やそのほか所内のあらゆる物を駆使して脱走用の平服やコート、ドイツ軍の制服などを仕立てていく。 脱走の順番待ちの際、彼が合図を待たずして飛び出してしまった為、集団脱走が露見してしまった。 ソレン 「警備屋 Security 」。 看守のドイツ兵達の行動を常に監視、合図ひとつですぐに脱走のための準備作業を中止したり、偽装できる警戒体制を敷く。 ニモ 「陽動役 Diversions 」。 脱走はできたものの、ドイツ軍に見つかり逮捕されて収容所へ連れ戻される。 アーチボルド・アイブス エンドクレジットでは「モグラ The Mole 」と表記。 階級は中尉。 序盤でルーゲル所長に対して侮辱的な行為に出たためにヒルツと共に独房行きとなった。 その後もヒルツとコンビで脱走、逮捕、独房行きを繰り返す。 小柄 自称身長5 で地元ではをしていた。 ノリの良い明るい表情とは裏腹に、長年の収容所暮らしで精神的に追い詰められていた。 独立記念日に彼が取ったある行動によって、一匹狼を貫き通していたヒルツが集団脱走計画に協力するきっかけとなった。 スコットランド出身。 英国空軍所属 その他 [ ] ルイス・セジウィック 通称「製造屋 The Manufacturer 」。 オーストラリア人で階級は中尉。 トンネル掘削用のツルハシ・シャベルからエアダクトまで、所内のあらゆる物を利用して脱走用の諸道具を作り上げる。 集団脱走の際には誰よりも大きなトランクを持って参加する。 ダニエル・ヴェリンスキー(ダニー) 通称「トンネル王 The Tunnel King 」。 ポーランド人で階級は大尉。 脱走計画では脱走用トンネルの掘削作業を担当する。 子供の頃からの閉所・暗所恐怖症でありながらも、そのことを押し殺してトンネルを掘り続ける。 作業中に頻発する落盤事故からトラウマが甦り、一度は脱走を拒んだが、ウィリーの説得で参加を決意する。 ウィリーの無二の親友で、屈託のないやさしい男である。 アンソニー・ヘンドリー 通称「調達屋 The Scrounger 」。 米国人だが、ヒルツたちのような米軍所属ではなく、英空軍の義勇飛行隊、いわゆる「イーグルスコードロン」所属であり、ゴフがそのようにヒルツに言っているシーンがある。 階級は大尉。 自身を「ちょろまかし屋」と自称する通り、わずかな隙を見てドイツ軍の物資を掏る術に長けており。 集団脱走計画では脱走に必要な材料や道具の調達を担当し、保険証などの調達についてはおっちょこちょいな看守のウェルナーを部屋へ誘い、首尾よく財布ごと盗んだ。 収容所に来てすぐに年齢も国籍も全く違う偽造屋のイギリス軍士官コリンと親しくなる。 その友情から、脱走前に視力に異常を起こしたコリンを庇いつつ、脱走後に乗車した列車から二人で飛び降り、軍用飛行場から練習機を盗み、一路アルプス山脈を越えてスイスを目指す。 ヘインズ ニモと同じ「陽動役 Diversions 」。 ニモと行動を共にすることが多い。 その「ケンカ」の時、セジウィックに「カナダのコソ泥」と言われている。 脱走時はドイツ兵になりすまし、事前にマックによる検問突破のための会話訓練の際に、「ハイル・ヒトラー」と敬礼して見せたが簡単な英語のトリックに引っかかって注意された人物。 脱走には成功したものの、ゲシュタポに逮捕され処刑される。 米国航空兵 [ ] バージル・ヒルツ 通称「独房王 The Cooler King 」。 陸軍航空隊大尉。 本作の主人公格。 単独行動を好む一匹狼。 野球が趣味で、独房でもボールとグローブは欠かさない。 脱走に執念を燃やしており、独房にいる間は彼の脱走への試みが篭ったボールの音を日夜鳴り響かせていた。 入隊前は大学でを専攻、学費の足しに祭で に参加していたらしい。 ドイツ捕虜収容所に送られて早々、ルーガー所長と対立して20日間の独房行きとなる。 以前の収容所では 17回も脱走を試みた、とルーゲル所長宛ての報告書にあり、ヒルツが「18回だ」とルーガー所長の発言を訂正したのは、この収容所に来るトラックからも脱走を試みた時の一回を加えたものである。 独房で隣同士となったアイブスとはスピード競技の選手の経験がある者同士で意気投合した。 ゴフ 階級は中尉。 ヒルツに「第14収容所のなじみがいない」と言っている。 中盤でヒルツ、ヘンドリーと共に独立記念日のために芋から蒸留したウオッカ(吹き替えでは焼酎)を密造する。 ヒルツが独房へ送られるごとに、愛用しているボールとグローブを手渡していた。 それはラストシーンまで続く。 捕虜収容所 [ ] フォン・ルーガー 所長 The Kommandant。 ドイツ空軍大佐。 「腐った卵を一つの籠に」という思惑で捕虜を集めたが、結果脱走のプロたちの集いとなってしまった。 「捕虜の本分は逃走による敵地かく乱」との連合軍捕虜の主張に一定の理解を示す。 終盤で多くの捕虜を逃がしてしまったことの責任から解任、左遷される。 人徳者で、ドイツ空軍の軍人であることに誇りを持ち、親衛隊やゲシュタポを快く思っていない。 そのために消極的。 胸元ににおけるドイツ軍の最高勲章、が確認できる。 モデルとなった実在の人物は大佐。 ポーゼン ルーゲル所長の副官。 階級は空軍大尉。 ルーゲルの解任後、後任として所長に就任する。 ハンス・フォン・シュトラハヴィッツ 長。 有能な空軍下士官。 入所初日の脱走も素早く見抜き、「初日だからお互いに愚かな行為が多い」と不問に付す。 ウェルナー 通称「白イタチ The Ferret 」。 看守の一人。 身分証明書の偽造元を調達するために親しげに接してきたヘンドリーに隙を突かれ、あっさり財布を盗まれる。 独立記念日に偶然脱走トンネル「トム」を発見した。 ゲシュタポ [ ] プライセン の脱走捕虜の探索責任者。 かつて脱走者として逮捕したバートレットへ厳しい尋問を加えたが集団脱走組織の全貌は解明できず、空軍捕虜収容所にその身柄を預けに来る。 のちにゲシュタポによって捕まってしまったバートレットと再会を果たす。 ハゲ頭、チョビヒゲ、メガネが特徴。 クーン ゲシュタポの一人。 「ビッグX」の壊滅と、ロジャー・バートレットの逮捕に執念を燃やしている。 空軍捕虜収容所では「脱走したら処刑する」と宣言。 フランスの駅で脱走したロジャーを遠くから発見して拳銃を取り出して近づこうとしたところ、その危機を感じたエリックに妨害され、取り出そうとした拳銃がエリックによって自らの胸に当てられて命を落とした。 その他 [ ] レジスタンス オープンカフェの経営を表向きに、陰でドイツ軍への抵抗運動を続けているフランス人たち。 店に訪れたドイツ軍将校を襲撃する現場で偶然客として居合わせたセジウィックを助け、スペイン入国に協力した。 脱走者76名の行方 [ ] 「50名は逃走中に射殺された」との理由でフォン・ルーガー所長からラムゼイ大佐に50名の名簿が渡される。 ほとんどは逮捕後に収容所へ戻される途中の「5分間の休憩」での処刑であるが、列車終着駅でバートレットを発見したゲシュタポを妨害し射殺されたエリックの名もこの名簿にはあることから必ずしも「5分間の休憩」での処刑のみの犠牲者数ではない。 「今日、11名、君の部下が帰ってくる」と射殺された50名の名簿とともに知らされた再収容される生存捕虜の人数は11名。 第一陣はヘンドリーを含む10名。 第二陣はヒルツ1名。 映像になっている脱走成功者は3名。 トンネル王のダニーとウィリーはボートで海へ出て貨物船に乗り込み、オーストラリア人のセジウィックは仏レジスタンスの協力を得てスペインへ。 因みにポール・ブリックヒル 彼自身はオーストラリア人 の原作でも脱走成功者はロッキー・ロックランド イギリス人 、ジェンス・マラー イギリス人 、ボブ・ヴァン・デア・ストック オランダ人 の3名であった。 そしてそれ以外の脱走者がどうなったのかはラストシーンのヒルツが戻ってくる場面では明らかにされていない。 ただ殺されたのが50名であることはこの映画のラストで「この映画を50名に捧げる」という字幕が最後に出てくるので明確である。 ヒルツが戻された時点ではそれは誰も分からない。 戦後になって原作者のが調べて、17名がもとの収容所に戻り、6名が他の収容所に移されたことになっているが映画では明らかにしていない。 脱出に成功したのが3名であることも戦後にの調査で分かったことで、時系列でいけば港で貨物船に乗船した2人とスペインに逃れた1人も脱出成功はずっと後のことであったが、映画ではヒルツが戻る前にそのシーンを挿入している。 なお当時長編の洋画の放映はカットが当り前で2時間及び2時間半の時間枠で放送されていた。 それを思い切って前後編にしてノーカットで放送されたのはNHKを除いて初めての試みで、以後3時間前後の長編話題作は揃って前後編で2回に分けての放映が普通になった。 またこの大脱走の初回放映時に視聴率は当時の映画部門の最高視聴率を記録し、特に後編は史上初めて30%を超していた。 この後1973年4月、1975年10月、1978年5月、1980年12月にもゴールデン洋画劇場で同じノーカット版が放映されている。 また、同じ音声を利用したカット版一挙放送も大晦日にNHK紅白歌合戦の裏番組として放映されたこともある。 日本語版制作スタッフ:演出:、翻訳:、選曲:、調整:、制作:、解説:• テレビ東京版 - 初放送2000年1月20日21:00-23:24 『』20世紀名作シネマ。 20世紀フォックスに変わってからも当初は日本語吹替音声がなかったが、40周年記念特別編で初めて収録された。 しかし、3時間のフルバージョンではなく2時間半のバージョンが使われたために、劇中の37分間は英語音声日本語字幕に切り替わる変則スタイルとなった。 フジテレビ版のファースト・オンエアの際は日本語音声が3時間ノーカットで収録されたが、DVD化の際に使用許可が下りなかったためである。 それでも一部は日本語字幕となった。 エピソード [ ]• 公開時、マックィーンがバイクでの疾走シーンでスタントなしで自身で行ったと宣伝されたが、実際は映画会社の許可がおりず、危険なスタントについては友人でバイク仲間でもあるバド・イーキンズが代行した。 しかし殆どの疾走シーンはマックイーンが運転しており、捕まる寸前にジャンプする場面や鉄条網 実はゴム製のもの に突っ込む場面はバド・イーキンズが運転していた。 この他に最初にドイツ軍に遭遇してオートバイで追撃される場面で、追っているドイツ軍のバイクの中に実際はマックイーンが運転しているバイクがある。 ハンドルの持ち方がソックリなのですぐ分かる。 ヒルツ マックィーン の乗るバイクはドイツ軍からした物なので本来はでないとおかしいが、終盤の国境越えのジャンプのシーンで重く扱いづらいためTR6にドイツの軍用バイク風の塗装と小改造を施した物で代用している。 映画では偽造屋でやがて視力を失うコリン役を演じたドナルド・プレザンスは、大戦中に英国空軍に所属して撃墜されて捕虜となり、収容されたのが本作の舞台となった第三捕虜収容所のすぐ近くのスタラグ・ルフト第一捕虜収容所であった。 しかも脱走計画まで加わっていたという経歴の持ち主である。 彼は後にTVムービー版「大脱走」にも出演しているが、こちらではドイツ軍将校を演じている。 トンネルを掘ったダニー役のチャールズ・ブロンソンは、役者になる前は炭鉱夫をしていたので、本人は「地でいけた」と語っている。 またスタージェス監督は掘削作業の場面で注文をつける必要は全くなかった。 ブロンソンと同じトンネル掘りのウイリー役を演じたジョン・レイトンは本業は歌手で、当時「霧の中のジョニー」がヒットし、この映画の主題歌「大脱走マーチ」も歌っており、日本でもレコードが発売されている。 そして題名が出た後の共演「co starring」の俳優はジエームス・ドナルド、チャールズ・ブロンソン、ドナルド・プレザンス、ジエームス・コバーン、ハンネス・メセマー、デビッド・マッカラム他で、その他は「with」である。 これが映画の画面に映る配役でありその時点での俳優の格を表している。 したがって初公開時のチラシは監視台のサーチライトを背に受けながら逃げるマックィーン、ガーナー、アッテンボローの3人の顔が描かれていた。 ところが、7年後の1970年のリバイバル公開の時になるとチラシや看板に並ぶスターの順番が全く違っていて、マックィーン、コバーン、ブロンソン、マッカラム、ガーナーの順番となっていた。 それまでの7年間に映画1本の主演を演じるスター俳優が増えて人気も逆転していたからである。 そして30年後のDVDになるとマックィーン、ガーナー、ブロンソン、アッテンボロー、コバーンの順の表示になっている。 マックイーンはすでに大物スターであったが、ジェームス・ガーナーは同じ監督で「墓石と決闘」で主演したが次第に人気が落ち、その後テレビ映画「ロックフォード氏の事件メモ」で復活して、1994年には自身の出世作であった「マーヴェリック」でコバーンと共演し、2004年に「きみに読む物語」に出演している。 「大脱走」出演時は渋い脇役で他の映画では悪役も演じていたジェームズ・コバーンは3年後「電撃フリントGOGO作戦」で人気俳優の座を確保し、1998年「白い刻印」でアカデミー賞助演男優賞を獲得し、2002年に死去している。 全く無名であったデビッド・マッカラムは翌年テレビ映画「0011ナポレオンソロ」で一気にスターとなった。 アッテンボローはその後「」や「」の監督として活躍し、2007年「あの日の指輪を待つ君へ」が最後の作品となった。 また俳優としては「」や「」で好演している。 まことにスターの栄枯盛衰をみる思いだが、1980年に死去したスティーブ・マックィーンに比べて、長く活躍したのは結局ジェームス・ガーナーとリチャード・アッテンボロー いずれもまで存命 であった。 チャールズ・ブロンソンは、当時、デビッド・マッカラムの妻であったジル・アイアランドとロケ地で出会い、後に彼女を妻として迎えることになる。 脚注 [ ] []• 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)201頁• ポール・ブリックヒル自身は実際には脱走はしていない。 その準備過程には関わっていたが途中で閉所恐怖症にかかり脱走には加わらなかった。 前年の日本の映画雑誌でスティーブ・マックイーンの次回作の題名は「大いなる逃走」と紹介され、1963年初頭の映画雑誌で夏公開予定として紹介していた映画の題名は「偉大なる脱走」であった。 「シネマの手帖~250本の名作ガイド~」112P 暮しの手帖社 発行• スタラグ・ルフト第三捕虜収容所とも言われるが、史実では途中で第三収容所内の新設の北収容所に移ったとされる。 脱走したのはこの北収容所からであるが、映画では収容所名は明らかではない。 しかし初公開時のパンフレットのあらすじにはスタラグ・ルフト北捕虜収容所と明記されている。 このディックという名称のトンネルはその後閉鎖されており、ダニーやウイリーが掘っている場面はこの映画では一切描かれず、映画の中では出てこないトンネルである。 「ちょっとbike に乗っていた」とでくだけて答えるヒルツに「Bicycles? 」とでアイブスは訊き返し、それに対してヒルツは「Motorcycles 」と畏まって言い直している。 日本では馴染みがない種目なので大雑把にバイクレースと訳されているが、原語ではアメリカではポピュラーなに出場していたと喋っている。 人数は映像で確認できる。 またヘンドリー帰還時のラムゼイ大佐との「コリンはどうした?」「やっぱり駄目でした。 」との会話から、偽造屋コリンの死は50名の中に入っていないとも解釈できるが、ラムゼイ大佐は50名の名簿の中にコリンの名前があって、その最期を聞きたかったという解釈もできる。 権利元が37分カットした版(1987年3月21日「ゴールデン洋画劇場」再放送時『大脱走 ダイジェスト版』の収録分)しか持っておらず、ノーカット版は個人の所有物であったためで、2時間半のバージョンの音声が使用された。 脱獄前夜のシーンのヘンドリーの『(コリンは)盲じゃない』とダニーの『気が狂って…』という二つの台詞がカットされている。 これで初めて、途中で英語音声に切り替わることなく、日本語吹替音声のみで全編が鑑賞できるようになった。 テレビ映画では「starring」の字幕が出ることが多いが、映画の場合は「starring」の字幕が出ることは少なく、いきなり俳優名が出て、次に「in」という文字の後に題名が出る。 参考文献 [ ]• 『大脱走』• :『』• 映画『』:大脱走の逆バージョン。 イギリスの捕虜収容所からドイツ兵捕虜が大脱走。 『大脱走』初公開時プログラム・1963年インターナショナルプロダクツ発行• 『大脱走』リヴァイバル公開時プログラム・2004年シネカノン発行 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語).

次の