古村 比呂。 古村比呂

古村比呂子宮頸がんで手術成功も後遺症?布施博の再婚相手は最低?

古村 比呂

俳優の古村比呂さん(53)が21日、山口市で「がんと共に歩む」と題して講演し、7年間で3度に及ぶがん闘病体験を語った。 古村さんは2011年末、産婦人科で勧められた検診で子宮頸(けい)がんが見つかり、翌年3月、子宮を全摘出する手術を受けた。 医師に全摘を告げられた際、「子宮がなくなると女の人は何者になるんだろうと考えた。 離婚直後で、3人の子どもはどうなるのか」と振り返った。 手術後は「私に起こっている悪いことをすべて子宮が受け止めてくれた」と考えられるようになったという。 5年後の17年3月、がんの再発が分かり、抗がん剤と放射線治療が始まった。 めまいや発熱といった副作用が激しく、ベッドから起き上がれなくなったが、5月に寛解した。 ところが同年11月、肺とリンパ節に転移が見つかった。 「再々発し、がんと闘う気持ちになれなくなった。 髪や眉、鼻毛までごそっと抜け落ち、後がないという気持ちになった」と明かした。 そんな時、次男や三男から「そんな日もあるさ」と、何げない言葉をLINEなどで掛けられたことが支えになったという。 古村さん自身、抗がん剤治療を….

次の

3度のがん「そんな日も」古村比呂さん救った息子の言葉:朝日新聞デジタル

古村 比呂

女優の古村比呂(53)が1日放送のフジテレビ「ノンストップ!」(月~金曜前9・50)にVTR出演。 今年2月に抗がん剤治療を休止してから現在までの心境の変化を語った。 古村は2012年1月に子宮頸(けい)がんが分かり、3月には子宮全摘出手術を受けた。 その後2017年3月に再発、11月に再々発し、抗がん剤治療を受けていた。 現在は月1回の定期検診と3カ月に1回のCT検査を受けているとし、体調については「(検査結果が)今は安定しているので、このまま様子を見ていきましょう、という状態ですね」と話した。 今年2月から抗がん剤治療を休止したことに「本当にホッとします。 とりあえず(次の検診までの)1カ月間は今の状態が続きますようにと、そういう思いですね」と言って笑顔を見せた。 治療中は、突然鼻血が出たりする不安があったというが「それが今はないと思うと、気持ちもずいぶん違いますね」と明かした。 また、自身の考え方にも変化があったという。 「吹っ切れるようになったというか、プラスに考えていこうっていう気持ちがすごく強くなっていますね」と語った。 最後に「今できることを精いっぱいやっていきたい。 楽しくやっていきたいですね」と前向きな言葉を述べた。 現在は、来年夏ごろの女優復帰を目指し、体力作りをしているという。

次の

古村比呂

古村 比呂

Contents• 古村比呂さんががん再々発!? おっす、由真だ。 この手の私は最近控えめだがアタシの方がいいな? さて、ここに来たって事は知ってるだろうが、 女優の古村比呂さんが癌の再々発を告知した。 お題目は、早期発見だ。 再々発の通り、今回で3回目。 過去のがんについては後程、解説するぜ。 んで、だ。 小林麻央さんの時の読者が今何人残っているか知らんが、 記事内でアタシが何度も愚痴ってたコト。 そうだ、この手のがんの話題は、出るたびに、 余命やステージなどが詮索され検索需要が上がる。 気持ちはわかる、知りたいから調べるんだろう。 アタシだって、気にならないと言えば嘘になる。 カーチャンを癌で亡くしたのは 本当に壮絶で、今も消えずに脳裏に焼き付いている。 だから、この手の話題は 当事者視点で語れるけどメンタル削るのが正直なところ。 で、話題性があって、知りたい人が多こと。 その需要に喰らいついて記事を書くのがブロガーだ。 ま、書くのは仕方ない。 アタシだって自分を正当化しながら書いてる。 もしかしたら、伝えられる事があるかもってな。 ただ、業界長くなってきたけど、 昔から変わらない、個人的に大嫌いな事が一つある。 闘病の辛さをリアルで 知ってもいないのに、素人が書くな、と。 経験者なら、いくらでも書けばいい。 適当な医療サイトでも見れば、文章などいくらでも書ける。 でも、それらの記事には感情が籠もらない。 いつものくだらないスキャンダルならいい。 感情も何も込めずに仕事として黙々やればいいさ。 でも、マジで命に係わる記事は考えろ。 ああ、いつもの病気だな、すまん。 初見ドン引きだから自分なりに思った事や見解を書くよ。 スポンサーリンク 古村比呂の余命やステージや予後は? 基本的にこのブログは私見が多いぞ。 しかも、キャラクターを借りて喋ってる。 キャラクターを動かす訓練のつもりで こうしている部分もあるからな。 きちっと調べはするが、 あくまで書き手の創作活動の延長線だ。 そんな自己満足な内容で、 基本的にノリが物凄く独特なのは否定せん。 そんな少し緩い空気に 付いて来てくれる人だけ読んでくれればいいぜ。 古村比呂の闘病とリンパ節や肺転移 古村比呂さんの癌発覚したのは2012年。 過去の話で完治と思われたから、 委細は省くが子宮を全摘出し、 経過観察と言う事で退院されている。 5年生存率ってあるだろ? これにもちゃんと意味があってな? 今の医学的には5年再発が無ければ、 一応は完治と言う感じで見られるらしい。 以降の再発率は低いって事なんだろうな。 実際、5年以上経過して再発の話は殆ど聞かない。 体質的に、違う癌を発症はあるかもしれんが。 でも古村比呂さんは、 5年目の2017年の3月、最後の年に再発してしまった。 ご存命ではあるが、実質の再スタートだ。 ご本人も涙で会見していたし、そりゃ衝撃だったと思う。 更に今回2018年の2月4日発表されたのが、 2017年の11月に肺とリンパ節に再々発したと言った告知。 早期発見と古村比呂さんは言っているものの、 正直なところ転移に近いと思われる。 肺とリンパ節に早期発見とは言うが、 特にリンパに見つかってしまったのはまずい。 リンパ節に転移してしまうと、 体のあちこちへの転移の可能性が大幅に上がる。 リンパ節は体全体に巡っているから、 体のあちこちにがん細胞を運んでしまうんだ。 この辺がステージや末期がんとの境目になっている事も多く、 正直、古村比呂さんの病状はそれほど良いと思えない。 スポンサーリンク 古村比呂の現在の余命とステージは? 以上のことと、既に肺転移の状況から ステージ4末期である可能性が高いと思う。 あくまで素人と経験則からだから、 話半分以下で聞いてくれた方が助かるけど。 ご本人は再々発・早期発見という言葉を使ってる。 もしかしたら再発分はきっちり消えたのかもしれん、 でも今回、リンパと肺転移 発生? と言う事から、 再発が完治していたとしてもそれを無に帰す状況だ。 子宮頸がんのステージ4の5年生存率は20%。 しかし今回、肺とリンパに発生している事から、 今後増えたり更に転移してしまう可能性は高いと思う。 まだ肺とリンパの癌は気づかないような早期発見。 だから、これ以上広まらないで消える事を祈るしかないか。 発覚が2017年の11月だが、 抗がん剤投与が2018年1月と少し遅れているな。 抗がん剤治療が遅れている理由も、 自分の記憶から色々思い出してみたが・・・。 一番に思いついたのは白血球不足。 このせいで抗がん剤治療を見送る事は多い。 既に古村比呂さんは再発で闘病していたため、 その辺りの数値が芳しくなかったのかもしれんな・・・。 ここから2018年2月28日の追記だが、実際に レッドラインに近いイエローラインで、 ロクに抗がん剤治療が出来ない状態だそうだ。 ・・・これは、覚悟した方が良いかもしれん。 アタシは色んな意味で、嘘は言わないぞ。 無駄に希望を周囲が持つ事の辛さも知っているからな。 決して子宮頸がんの転移ではないから、 そう言い聞かせているような気がしないでもない。 不安を与えないように言葉選んだのかもしれんが。 今現在は髪が抜けてしまってウィッグ使っているようで、 体型的にも癌特有の激やせにはあまり見えないかな。 だから、治療は本当に順調かもしれんが、 抗がん剤ってむくむから太っているように見える事もある。 むくんでいるのに激やせにしか見えない時は、 もう、本当に先が長くない事が多いな・・・。 過去、癌闘病の芸能人を写真で見た事ある人が多いと思うが、 もう、正直、本当に亡くなる前は死相が出ているからな。 そう言う意味では、古村比呂さんの体調はまだ大丈夫と思う。 これからどうなっていくかってところかな。 まあ、散々文句言ってるし、 小林麻央さんの時に同じような事を言われたわけだけど。 アタシが同じ穴の狢なの解かってるよ。 本当に思っているなら、そもそも書かないといいんだから。 でも、なんか、無機質な文章見てると、 書きたくなって仕方なくなってしまうんだ。 己惚れかもしれんけどさ。 では以上。 古村比呂さんの回復を心からお祈りしています。 スポンサーリンク.

次の