かね むら りゅう いち。 漢字の部首の種類と部首一覧表《読み方付》|つくり・かんむり・へん・あし など

漢字を部首の画数から検索

かね むら りゅう いち

『東海道五十三次 池鯉鮒』 知立は景行天皇42年()に創建されたの門前町として発展した。 知立神社は延長5年()に編纂されたに記載されているであり、三河国二之宮、東海道三大社(、、知立神社)の一つとして数えられ、大きな影響力を持った。 知立神社の神官でもある永見氏は配下の武士となり知立城を築くなど、土豪としても勢力を広め、長きに亘りこの地を支配した。 戦国時代に入ると永見氏一族からの側室、於万の方()を輩出し結城秀康が誕生。 当時の永見氏は今川家に属した為、()の水野氏や、(愛知県)の、()らに従ったが、永禄3年()、でが討死すると、に従ったが知立城を接収し、天正年間(1573年から92年)には信長に対しての迎賓館的な施設が設けられた。 に入ると、のから数えて39番目の、 池鯉鮒(ちりゅう、での振り仮名は「ちりふ」)宿として整備され、知立城の跡地には寛永年間(1624年から43年)に将軍上洛時の宿泊施設として御殿が設置された。 池鯉鮒宿は物資の集積場としても発展し、馬市や木綿市等が行われ、周辺地域の経済的中心地となった。 天正14年に編纂された記録によれば、池鯉鮒宿には本陣1件、脇本陣1件、旅籠35件、人口1620人との記載がある。 知立市中心部のスカイライン の主要幹線道路(・・・)やの主要路線(・)が通るハブ地域であり人口密度は三河地方で最も高い。 の25圏内に位置する都市でもあり、同市やのベッドタウンの側面もある。 より、の立体交差事業により大規模な再開発が行われている。 市名の由来 [ ] すでに、後半のに「知利布」(ちりふ)とある。 以後のの木簡に「知立」とある。 平安時代の『』に「智立」郷がみえ、江戸時代には「池鯉鮒」という東海道の宿場町として栄えた。 を建てた伊知理生命(いちりゅう)にちなむという説もある。 「池鯉鮒」の名は知立神社の池にコイやフナが多数いたことに由来する(大あんまきで有名な藤田屋のホームページなどに記載)。 地理 [ ]• 池端 1965年、知立・上重原より成立• 弘栄 1965年、知立・上重原より成立• 栄 1965年、知立より成立• 新富 1965年、知立より成立• 長田 1965年、知立より成立• 堀切 1965年、知立・上重原より成立• 昭和 1967年、牛田・八ツ田より成立• 山屋敷町 1970年、知立より成立• 西丘町 1970年、知立より成立• 西町 1970年、知立より成立、一部が刈谷市に編入• 逢妻町 1970年、知立より成立• 宝町 1970年、知立より成立• 桜木町 1970年、知立より成立• 本町 1970年、知立より成立• 中山町 1970年、知立より成立• 新地町 1970年、知立より成立• 長篠町 1970年、知立より成立• 内幸町 1970年、知立より成立• 山町 1970年、知立より成立• 中町 1970年、知立より成立• 牛田町 1970年、牛田・知立より成立• 八橋町 1970年、八橋より成立• 来迎寺町 1970年、来迎寺より成立• 弘法町 1970年、上重原より成立• 上重原町 1970年、上重原より成立、一部がに編入• 西中町 1970年、西中より成立• 新林町 1970年、西中より成立• 谷田町 1970年、谷田より成立• 八ツ田町 1970年、八ツ田より成立• 新池 1979年、山町・長篠町・牛田町より成立• 牛田 1979年、山町・牛田町より成立• 南陽 1979年、牛田町・長篠町より成立• 広見 1979年、新地町・長篠町・山町より成立• 東栄 1979年、内幸町・山町・長篠町より成立• 東長篠 2007年、長篠町・新地町・弘法町より成立• 南新地 2007年、新地町・上重原町・長篠町・弘法町より成立• 宝 2007年、宝町・上重原町・西町より成立• 西 2007年、宝町・西町より成立• 鳥居 2007年、上重原町・宝町より成立• 東上重原 2007年、新地町・上重原町より成立• 弘法 2007年、長篠町・新地町・上重原町・弘法町より成立• 古代からであるのが形成された。 末期には、重原荘が成立。 知立を中心に現在の・・にまで及ぶ広大なで、の重原氏や、が治めた。 ののとしてが置かれた。 には、のやのと結んだ神主永見氏が知立城を居城としたが、ののち軍により落とされる。 江戸時代、旧知立村および旧八橋村に該当する地域は領、残る市域は(後の)領であった。 の39番目のであるとして繁栄し、馬市で有名であった。 沿革 [ ]• 1970年(45年)12月1日 - 知立町が市制を施行して知立市となる(碧海郡が消滅)。 2016年(平成28年)12月1日 - などの「」がに登録。 郡 明治22年以前 明治22年10月1日 明治23年 - 明治45年 大正元年 - 大正15年 昭和元年 - 現在 知立村 知立町 明治39年5月1日 合併 知立町 知立町 昭和45年12月1日 市制 知立市 上重原村 上重原村 牛田村 牛橋村 八ツ橋村 来迎寺村 八ツ田村 長崎村(一部) 西中村 谷田村 行政 [ ] 市長• (2008年12月24日就任、3期目) 歴代市長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初代 中島栄 1970年12月1日 1971年4月27日 旧知立町長 1971年4月28日 1972年11月15日 辞職 2代 永井五三 1972年12月24日 1976年12月23日 3代 藤井章 1976年12月24日 1980年12月23日 1980年12月24日 1984年12月23日 1984年12月24日 1988年12月23日 3代 塚本昭二 1988年12月24日 1992年12月23日 1992年12月24日 1996年12月23日 4代 永田太三 1996年12月24日 2000年12月23日 2000年12月24日 2004年12月23日 5代 本多正幸 2004年12月24日 2008年12月23日 6代 2008年12月24日 2012年12月23日 2012年12月24日 2016年12月23日 2016年12月24日 現職 財政 2019年度(平成31年度)当初予算案 会計名 予算額 前年度対比 一般会計 238億円 0. 2%増 特別会計 95億9,260万円 18. 4%減 企業会計 51億8,690万円 151. 8%増 全会計 385億7,950万円 2. 7%増 広域行政• 消防は、で運営している。 ゴミ処理は、で運営している。 し尿処理は、と共同で運営している。 警察署は、の管轄区域となる。 税務署は、刈谷税務署の管轄区域となる。 議会 [ ] 知立市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:20人• 任期:2018年8月26日 - 2022年8月25日• 議長:田中健(立志会)• 選挙区:知立市選挙区• 定数:1人• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:55,609人• 投票率:44. 97% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 柴田高伸 当 50 現 13,574票 山崎亮璽 落 41 新 10,823票 2015年愛知県議会議員選挙• 選挙区:知立市選挙区• 定数:1人• 投票日:2015年4月12日• 当日有権者数:52,859人• 投票率:45. 63% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 柴田高伸 当 46 現 10,282票 山崎亮璽 落 37 自由民主党 新 7,797票 川嶋太久郎 落 30 新 5,541票 衆議院 [ ]• 選挙区: (、、、知立市、)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 当日有権者数:416,667人• 投票率:60. 施設 [ ] 新地公園 警察 [ ] 本部• 幹部交番• 知立幹部交番(知立市山町) 交番• 前交番(知立市栄2丁目)• 昭和交番(知立市昭和6丁目)• 谷田交番(知立市谷田町) 消防 [ ] 本部• 消防署• 知立消防署(知立市弘法) 医療 [ ] 市内の主な病院• 秋田病院• 富士病院 図書館 [ ]• 1987年10月22日、知立市図書館・歴史民俗資料館が開館。 1995年には碧海5市(知立市・刈谷市・安城市・碧南市・高浜市)在住・在学・在勤者への広域貸出を開始。 1999年には豊田市在住・在学・在勤者に対して広域貸出を拡大。 図書館部分の延床面積は2,477. 43m 2。 2014年度の視聴覚資料も含めた蔵書冊数は225,211冊、貸出冊数は411,941冊、1人あたり貸出点数は5. 郵便局 [ ] 主な郵便局• 知立牛田郵便局• 知立昭和郵便局• 知立本町郵便局• 知立西丘簡易郵便局 文化施設 [ ] 主な文化施設• (パティオ池鯉鮒) 運動施設 [ ] 体育館• 知立市福祉体育館 姉妹都市・提携都市 [ ] 国外 [ ] 姉妹都市• ( ) 2000年(平成12年)2月10日 姉妹都市提携。 フレンドシップ相手国 (愛知万博)では「」が行われた。 名古屋市を除く愛知県内の市町村が120の万博公式参加国をそれぞれとしてフレンドシップ相手国として迎え入れた。 国内 [ ] 友好都市• () 1994年(平成6年)11月7日 友好都市提携 その他• 2012年度まで が中心に呼びかけ、日本国内のが多く住む街のやなどが集まり、外国人住民が多数居住する都市の行政と地域の国際交流のために設立された組織。 知立市は2012年度で退会している。 経済 [ ] 知立駅前の知立中央通り 地方ではが盛んである。 としてがある。 工業 [ ] 主な工業• 本社・本社工場• 愛知工場• 知立工場• 本社・本社工場・谷田工場 商業 [ ] を中心とする地区には商店街が形成されている。 しかし、のおひざ元であるに位置している都市の為、 [ ]近年は郊外型のロードサイド商業施設が多い。 主な商業施設• 知立上重原店• 知立店• 知立店• 三洋堂書店 知立店• 知立店• 知立八ツ田• 知立店• レスパ知立店• 知立店• 知立店• 知立店• テックランド 知立店• ホームセンター 知立店• 知立駅前店・上重原店・宝町店・牛田店・牛田東店 本社を置く企業 [ ] 上場企業• その他の主な企業• テニスラウンジ知立 教育 [ ] 専修学校 [ ] 私立• 中部ファッション専門学校• 高等学校 [ ] 県立• 東海キャンパス 中学校 [ ] 開校年 現在の名称 1947年- 1977年- 1982年- 1947年 知立 知立 知立 1982年 知立南 1977年 竜北• 小学校 [ ] 開校年 現在の名称 1945年- 1967年 1974年- 1976年- 1979年- 1873年 知立 知立 1974年 知立西 1908年 猿渡 猿渡 猿渡 猿渡 1979年 知立南 1976年 八ツ田 1967年 知立東 1908年 来迎寺• その他の学校 [ ] 自動車学校• 交通 [ ] 市内には、()、など幹線道路が通っている。 しかし、主要道路以外の道路は比較的狭く、Y字路やT字路などの変則が多い。 鉄道は、とがそれぞれ通っており、で両線が交差する。 現在、知立駅周辺の事業と三河線の複線化事業が進められているが、財政的な事情により豊田市に比べて進捗度が遅く、一部区間を除いて単線とする計画になっている。 また、市内にはが走っているが、駅はない。 知立駅から名鉄名古屋駅までは快速特急または特急で約20分(神宮前駅(名古屋市熱田区)まで途中無停車)。 急行は一部を除いて鳴海駅(名古屋市緑区)や前後駅(豊明市)などで快速特急または特急を待避するため、知立駅から名古屋方面への急行利用者は少ない。 豊橋方面においては、特急で東岡崎駅に約10分、豊橋駅に約30分。 市南部の地域では刈谷市にあるのやも利用可能。 バス [ ] 路線バス• 知立駅 - 前 - 前 - ・• 名鉄バスの路線は知立駅から北へ向かう愛教大線のみが残っている。 (ミニバス)• 一部は秋田病院や知立団地などを通るため、名鉄バスの廃止区間もカバーしている。 行きリムジンバスが知立駅前から発着している。 道路 [ ] 一般有料道路• - - - - (豊田市) 一般国道 ()• (刈谷市)- - -(刈谷市) 主要地方道• 一般県道• 観光 [ ] 知立市歴史民俗資料館 名所・史跡 [ ] 主な城郭• - 跡地に上重原町公民館がある。 跡 - で落城。 知立市指定文化財。 主な寺院• 知立毘沙門寺• - の寺院。 三河三弘法一番札所。 - の寺院。 本堂・山門・鐘楼が。 樹齢500年以上のイブキが愛知県指定天然記念物。 - の寺院。 が詠んだ八橋にあり、江戸時代末期には八橋の風景を再現した園が造営された。 主な神社• 二の宮。 主な団地• - 外国人居住者が特に多い団地。 来迎寺一里塚 - 旧東海道に設けられた。 愛知県指定史跡。 池鯉鮒大明神常夜燈• 馬市の跡 - 知立市指定文化財。 知立松並木 - 知立市指定文化財。 観光スポット [ ] 主な公園• 大流公園• かきつ姫公園• 源田谷公園• 昭和6号公園• 新地公園• 文化施設• 知立市八橋史跡保存館 文化 [ ] 祭事・催事 [ ] 主な祭事• (、) 名物 [ ]• (三河仏壇) 出身著名人 [ ]• (別名:於万の方、初代藩主のの生母)• (・・元・元・元知立)• (・(現)・元)• 黒柳能生()• (・元)• (元)• (・元プレイヤー)• (・)• (・出場)• (・・ 所属)• (元)• えいた マスコットキャラクター [ ] 知立市のマスコットキャラクターとしてがある。 その他 [ ]• は、市内全域で 0566(刈谷)が使用される。 市内局番は、主に80番台を使用する。 のが本市の自動車には、 が交付される。 脚注 [ ] []• 知立市役所. 2019年4月28日閲覧。 知立市役所. 2019年4月28日閲覧。 神谷慶「子育て環境や教育充実 知立市予算案 市税収入と総額最高」 『中日新聞』2019年2月19日付朝刊、西三河版、12面。 2018年10月27日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2015年4月12日. 2019年4月7日閲覧。 2019年1月27日. 2019年1月27日閲覧。 『図書館のあらまし 平成27年度(平成26年度版)』知立市図書館, 2015年• (あいちフレンドシップ交流アルバム)• 知立市• 『中日新聞』2014年8月8日付 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

登録名字一覧 名字見聞録

かね むら りゅう いち

Mです。 久しぶりにアップします。 では実際に見てみましょう・・・ 人が1人すっぽりと入ってしまいます。 ちなみにこの穴を掘るとこれだけの土砂がでます・・・ ブルーシートの上全てがそれです 手慣れた職人さんが約半日かけて掘り上げます。 これは下水の切替工事の際に本管との取付マス用にほぼ必ず掘る量です。 この他に配管経路や各所にマスを入れる為に掘っていくと一般家庭でおおよそ3~5㎥ほど手掘りをします。 私は㎥の多さに初めて見たときはびっくりしました。 頭で想うのと実際のギャップ、皆さんはどうでしたか? ではまた・・・ カテゴリー• アーカイブ• 6 リンク.

次の

17stroke 釒(かねへん) Chinese characters List|Japanese Kanji Dictionary

かね むら りゅう いち

『東海道五十三次 池鯉鮒』 知立は景行天皇42年()に創建されたの門前町として発展した。 知立神社は延長5年()に編纂されたに記載されているであり、三河国二之宮、東海道三大社(、、知立神社)の一つとして数えられ、大きな影響力を持った。 知立神社の神官でもある永見氏は配下の武士となり知立城を築くなど、土豪としても勢力を広め、長きに亘りこの地を支配した。 戦国時代に入ると永見氏一族からの側室、於万の方()を輩出し結城秀康が誕生。 当時の永見氏は今川家に属した為、()の水野氏や、(愛知県)の、()らに従ったが、永禄3年()、でが討死すると、に従ったが知立城を接収し、天正年間(1573年から92年)には信長に対しての迎賓館的な施設が設けられた。 に入ると、のから数えて39番目の、 池鯉鮒(ちりゅう、での振り仮名は「ちりふ」)宿として整備され、知立城の跡地には寛永年間(1624年から43年)に将軍上洛時の宿泊施設として御殿が設置された。 池鯉鮒宿は物資の集積場としても発展し、馬市や木綿市等が行われ、周辺地域の経済的中心地となった。 天正14年に編纂された記録によれば、池鯉鮒宿には本陣1件、脇本陣1件、旅籠35件、人口1620人との記載がある。 知立市中心部のスカイライン の主要幹線道路(・・・)やの主要路線(・)が通るハブ地域であり人口密度は三河地方で最も高い。 の25圏内に位置する都市でもあり、同市やのベッドタウンの側面もある。 より、の立体交差事業により大規模な再開発が行われている。 市名の由来 [ ] すでに、後半のに「知利布」(ちりふ)とある。 以後のの木簡に「知立」とある。 平安時代の『』に「智立」郷がみえ、江戸時代には「池鯉鮒」という東海道の宿場町として栄えた。 を建てた伊知理生命(いちりゅう)にちなむという説もある。 「池鯉鮒」の名は知立神社の池にコイやフナが多数いたことに由来する(大あんまきで有名な藤田屋のホームページなどに記載)。 地理 [ ]• 池端 1965年、知立・上重原より成立• 弘栄 1965年、知立・上重原より成立• 栄 1965年、知立より成立• 新富 1965年、知立より成立• 長田 1965年、知立より成立• 堀切 1965年、知立・上重原より成立• 昭和 1967年、牛田・八ツ田より成立• 山屋敷町 1970年、知立より成立• 西丘町 1970年、知立より成立• 西町 1970年、知立より成立、一部が刈谷市に編入• 逢妻町 1970年、知立より成立• 宝町 1970年、知立より成立• 桜木町 1970年、知立より成立• 本町 1970年、知立より成立• 中山町 1970年、知立より成立• 新地町 1970年、知立より成立• 長篠町 1970年、知立より成立• 内幸町 1970年、知立より成立• 山町 1970年、知立より成立• 中町 1970年、知立より成立• 牛田町 1970年、牛田・知立より成立• 八橋町 1970年、八橋より成立• 来迎寺町 1970年、来迎寺より成立• 弘法町 1970年、上重原より成立• 上重原町 1970年、上重原より成立、一部がに編入• 西中町 1970年、西中より成立• 新林町 1970年、西中より成立• 谷田町 1970年、谷田より成立• 八ツ田町 1970年、八ツ田より成立• 新池 1979年、山町・長篠町・牛田町より成立• 牛田 1979年、山町・牛田町より成立• 南陽 1979年、牛田町・長篠町より成立• 広見 1979年、新地町・長篠町・山町より成立• 東栄 1979年、内幸町・山町・長篠町より成立• 東長篠 2007年、長篠町・新地町・弘法町より成立• 南新地 2007年、新地町・上重原町・長篠町・弘法町より成立• 宝 2007年、宝町・上重原町・西町より成立• 西 2007年、宝町・西町より成立• 鳥居 2007年、上重原町・宝町より成立• 東上重原 2007年、新地町・上重原町より成立• 弘法 2007年、長篠町・新地町・上重原町・弘法町より成立• 古代からであるのが形成された。 末期には、重原荘が成立。 知立を中心に現在の・・にまで及ぶ広大なで、の重原氏や、が治めた。 ののとしてが置かれた。 には、のやのと結んだ神主永見氏が知立城を居城としたが、ののち軍により落とされる。 江戸時代、旧知立村および旧八橋村に該当する地域は領、残る市域は(後の)領であった。 の39番目のであるとして繁栄し、馬市で有名であった。 沿革 [ ]• 1970年(45年)12月1日 - 知立町が市制を施行して知立市となる(碧海郡が消滅)。 2016年(平成28年)12月1日 - などの「」がに登録。 郡 明治22年以前 明治22年10月1日 明治23年 - 明治45年 大正元年 - 大正15年 昭和元年 - 現在 知立村 知立町 明治39年5月1日 合併 知立町 知立町 昭和45年12月1日 市制 知立市 上重原村 上重原村 牛田村 牛橋村 八ツ橋村 来迎寺村 八ツ田村 長崎村(一部) 西中村 谷田村 行政 [ ] 市長• (2008年12月24日就任、3期目) 歴代市長 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初代 中島栄 1970年12月1日 1971年4月27日 旧知立町長 1971年4月28日 1972年11月15日 辞職 2代 永井五三 1972年12月24日 1976年12月23日 3代 藤井章 1976年12月24日 1980年12月23日 1980年12月24日 1984年12月23日 1984年12月24日 1988年12月23日 3代 塚本昭二 1988年12月24日 1992年12月23日 1992年12月24日 1996年12月23日 4代 永田太三 1996年12月24日 2000年12月23日 2000年12月24日 2004年12月23日 5代 本多正幸 2004年12月24日 2008年12月23日 6代 2008年12月24日 2012年12月23日 2012年12月24日 2016年12月23日 2016年12月24日 現職 財政 2019年度(平成31年度)当初予算案 会計名 予算額 前年度対比 一般会計 238億円 0. 2%増 特別会計 95億9,260万円 18. 4%減 企業会計 51億8,690万円 151. 8%増 全会計 385億7,950万円 2. 7%増 広域行政• 消防は、で運営している。 ゴミ処理は、で運営している。 し尿処理は、と共同で運営している。 警察署は、の管轄区域となる。 税務署は、刈谷税務署の管轄区域となる。 議会 [ ] 知立市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:20人• 任期:2018年8月26日 - 2022年8月25日• 議長:田中健(立志会)• 選挙区:知立市選挙区• 定数:1人• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:55,609人• 投票率:44. 97% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 柴田高伸 当 50 現 13,574票 山崎亮璽 落 41 新 10,823票 2015年愛知県議会議員選挙• 選挙区:知立市選挙区• 定数:1人• 投票日:2015年4月12日• 当日有権者数:52,859人• 投票率:45. 63% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 柴田高伸 当 46 現 10,282票 山崎亮璽 落 37 自由民主党 新 7,797票 川嶋太久郎 落 30 新 5,541票 衆議院 [ ]• 選挙区: (、、、知立市、)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 当日有権者数:416,667人• 投票率:60. 施設 [ ] 新地公園 警察 [ ] 本部• 幹部交番• 知立幹部交番(知立市山町) 交番• 前交番(知立市栄2丁目)• 昭和交番(知立市昭和6丁目)• 谷田交番(知立市谷田町) 消防 [ ] 本部• 消防署• 知立消防署(知立市弘法) 医療 [ ] 市内の主な病院• 秋田病院• 富士病院 図書館 [ ]• 1987年10月22日、知立市図書館・歴史民俗資料館が開館。 1995年には碧海5市(知立市・刈谷市・安城市・碧南市・高浜市)在住・在学・在勤者への広域貸出を開始。 1999年には豊田市在住・在学・在勤者に対して広域貸出を拡大。 図書館部分の延床面積は2,477. 43m 2。 2014年度の視聴覚資料も含めた蔵書冊数は225,211冊、貸出冊数は411,941冊、1人あたり貸出点数は5. 郵便局 [ ] 主な郵便局• 知立牛田郵便局• 知立昭和郵便局• 知立本町郵便局• 知立西丘簡易郵便局 文化施設 [ ] 主な文化施設• (パティオ池鯉鮒) 運動施設 [ ] 体育館• 知立市福祉体育館 姉妹都市・提携都市 [ ] 国外 [ ] 姉妹都市• ( ) 2000年(平成12年)2月10日 姉妹都市提携。 フレンドシップ相手国 (愛知万博)では「」が行われた。 名古屋市を除く愛知県内の市町村が120の万博公式参加国をそれぞれとしてフレンドシップ相手国として迎え入れた。 国内 [ ] 友好都市• () 1994年(平成6年)11月7日 友好都市提携 その他• 2012年度まで が中心に呼びかけ、日本国内のが多く住む街のやなどが集まり、外国人住民が多数居住する都市の行政と地域の国際交流のために設立された組織。 知立市は2012年度で退会している。 経済 [ ] 知立駅前の知立中央通り 地方ではが盛んである。 としてがある。 工業 [ ] 主な工業• 本社・本社工場• 愛知工場• 知立工場• 本社・本社工場・谷田工場 商業 [ ] を中心とする地区には商店街が形成されている。 しかし、のおひざ元であるに位置している都市の為、 [ ]近年は郊外型のロードサイド商業施設が多い。 主な商業施設• 知立上重原店• 知立店• 知立店• 三洋堂書店 知立店• 知立店• 知立八ツ田• 知立店• レスパ知立店• 知立店• 知立店• 知立店• テックランド 知立店• ホームセンター 知立店• 知立駅前店・上重原店・宝町店・牛田店・牛田東店 本社を置く企業 [ ] 上場企業• その他の主な企業• テニスラウンジ知立 教育 [ ] 専修学校 [ ] 私立• 中部ファッション専門学校• 高等学校 [ ] 県立• 東海キャンパス 中学校 [ ] 開校年 現在の名称 1947年- 1977年- 1982年- 1947年 知立 知立 知立 1982年 知立南 1977年 竜北• 小学校 [ ] 開校年 現在の名称 1945年- 1967年 1974年- 1976年- 1979年- 1873年 知立 知立 1974年 知立西 1908年 猿渡 猿渡 猿渡 猿渡 1979年 知立南 1976年 八ツ田 1967年 知立東 1908年 来迎寺• その他の学校 [ ] 自動車学校• 交通 [ ] 市内には、()、など幹線道路が通っている。 しかし、主要道路以外の道路は比較的狭く、Y字路やT字路などの変則が多い。 鉄道は、とがそれぞれ通っており、で両線が交差する。 現在、知立駅周辺の事業と三河線の複線化事業が進められているが、財政的な事情により豊田市に比べて進捗度が遅く、一部区間を除いて単線とする計画になっている。 また、市内にはが走っているが、駅はない。 知立駅から名鉄名古屋駅までは快速特急または特急で約20分(神宮前駅(名古屋市熱田区)まで途中無停車)。 急行は一部を除いて鳴海駅(名古屋市緑区)や前後駅(豊明市)などで快速特急または特急を待避するため、知立駅から名古屋方面への急行利用者は少ない。 豊橋方面においては、特急で東岡崎駅に約10分、豊橋駅に約30分。 市南部の地域では刈谷市にあるのやも利用可能。 バス [ ] 路線バス• 知立駅 - 前 - 前 - ・• 名鉄バスの路線は知立駅から北へ向かう愛教大線のみが残っている。 (ミニバス)• 一部は秋田病院や知立団地などを通るため、名鉄バスの廃止区間もカバーしている。 行きリムジンバスが知立駅前から発着している。 道路 [ ] 一般有料道路• - - - - (豊田市) 一般国道 ()• (刈谷市)- - -(刈谷市) 主要地方道• 一般県道• 観光 [ ] 知立市歴史民俗資料館 名所・史跡 [ ] 主な城郭• - 跡地に上重原町公民館がある。 跡 - で落城。 知立市指定文化財。 主な寺院• 知立毘沙門寺• - の寺院。 三河三弘法一番札所。 - の寺院。 本堂・山門・鐘楼が。 樹齢500年以上のイブキが愛知県指定天然記念物。 - の寺院。 が詠んだ八橋にあり、江戸時代末期には八橋の風景を再現した園が造営された。 主な神社• 二の宮。 主な団地• - 外国人居住者が特に多い団地。 来迎寺一里塚 - 旧東海道に設けられた。 愛知県指定史跡。 池鯉鮒大明神常夜燈• 馬市の跡 - 知立市指定文化財。 知立松並木 - 知立市指定文化財。 観光スポット [ ] 主な公園• 大流公園• かきつ姫公園• 源田谷公園• 昭和6号公園• 新地公園• 文化施設• 知立市八橋史跡保存館 文化 [ ] 祭事・催事 [ ] 主な祭事• (、) 名物 [ ]• (三河仏壇) 出身著名人 [ ]• (別名:於万の方、初代藩主のの生母)• (・・元・元・元知立)• (・(現)・元)• 黒柳能生()• (・元)• (元)• (・元プレイヤー)• (・)• (・出場)• (・・ 所属)• (元)• えいた マスコットキャラクター [ ] 知立市のマスコットキャラクターとしてがある。 その他 [ ]• は、市内全域で 0566(刈谷)が使用される。 市内局番は、主に80番台を使用する。 のが本市の自動車には、 が交付される。 脚注 [ ] []• 知立市役所. 2019年4月28日閲覧。 知立市役所. 2019年4月28日閲覧。 神谷慶「子育て環境や教育充実 知立市予算案 市税収入と総額最高」 『中日新聞』2019年2月19日付朝刊、西三河版、12面。 2018年10月27日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2015年4月12日. 2019年4月7日閲覧。 2019年1月27日. 2019年1月27日閲覧。 『図書館のあらまし 平成27年度(平成26年度版)』知立市図書館, 2015年• (あいちフレンドシップ交流アルバム)• 知立市• 『中日新聞』2014年8月8日付 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の