稲城 産婦人科。 稲城市の産婦人科の病院・クリニック 2件 口コミ・評判 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

産婦人科:診療科紹介

稲城 産婦人科

氏名 役職 診療内容及び 専門分野 資格 櫻井信行 産婦人科部長 産婦人科一般 内視鏡手術 (腹腔鏡、子宮鏡)• 医学博士• 慶應義塾大学医学部非常勤講師• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科指導医• 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医• 日本内視鏡外科学会技術認定医• 日本周産期・新生児学会 暫定指導医• 母体保護法指定医 増田充 産婦人科部長 産婦人科一般 井口蓉子 産婦人科医長 産婦人科一般 婦人科腫瘍• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 母体保護法指定医 中里紀彦 産婦人科医員 産婦人科一般• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医 吉浜智子 産婦人科医員 産婦人科一般• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 臨床遺伝専門医 南木佳子 産婦人科医員 産婦人科一般 竹田将人 産婦人科専修医 産婦人科一般 伊東正昭 産婦人科顧問 産婦人科一般• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 母体保護法指定医 北井啓勝 産婦人科顧問 産婦人科一般 不妊症相談• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医• 母体保護法指定医• 日本医師会認定産業医 菅裕佳子 非常勤医師 産婦人科一般 女性医学• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医 稲城市立病院の婦人科では、内視鏡手術を積極的に行っています。 櫻井信行産婦人科部長は日本産科婦人科内視鏡学会ならびに日本内視鏡外科学会の技術認定医です。 レベルの高い、安全な腹腔鏡下手術および子宮鏡下手術を提供いたします。 適応となる疾患は卵巣嚢腫、子宮筋腫などの良性疾患のほか、異所性妊娠(子宮外妊娠)や 不妊症の検査としての腹腔鏡手術にも対応します。 子宮粘膜下筋腫・内膜ポリープなどについては子宮鏡により手術を行います。 当院にはフルハイビジョンの腹腔鏡手術システムおよび、3D(三次元)のシステムが備えられています。 3Dの手術は、術者が立体感や奥行きを感じながら手術をすることができるため、安全な手術が可能です。 フルハイビジョンのシステムは画像が極めて鮮明なため、開腹手術よりも腹腔内が精細に観察可能です。 当院での婦人科内視鏡手術について、さらに詳しくお知りになりたい方や、手術を受ける予定になっている方はをご覧ください。 婦人科悪性腫瘍については、手術療法、抗癌剤による化学療法、放射線治療による集学的治療をおこなっています。 難易度の高い手術については、当院は慶應義塾大学医学部産婦人科の連携施設であるため、やその関連施設の婦人科腫瘍専門医を招聘して行います。 子宮頸がんの前癌状態である異形成や、ごく初期の子宮頸がんについては子宮を温存し頸部のみを切除する円錐切除術を行います。 CO2レーザーや超音波凝固切開装置を用いることで、出血の少ない手術が受けられます。 また、中等度異形成から高度異形成の一部については、病変を切らずにCO2レーザーを照射することにより病変を蒸散する治療も行います。 この手術は、術後に妊娠した場合の流産・早産リスクを上昇させないことが医学的に証明されており、極めて侵襲性の低い治療です。 緩和医療は定期的なカンファレンスを開催し医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどが情報を共有し治療にあたるとともに、必要に応じて院内緩和ケア回診を実施します。 情報の利用目的および利用方法(他の機関へ提供される場合はその方法を含む。 ) 本邦における産婦人科領域の診療の現状(妊娠、分娩、不妊、悪性腫瘍など)を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産婦人科医療に反映することを目的として、日本産科婦人科学会ではデータベース登録事業を行っています。 診療記録から抽出された情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにしたうえで、WEBまたは郵送にて日本産科婦人科学会に提供しています。 日本産科婦人科学会でデータの統計解析を行い、その結果を日本産科婦人科学会雑誌や日本産科婦人科学会ホームページに掲載しています。 また、研究代表者を日本産科婦人科学会会員が務めており、かつ日本産科婦人科学会が審査を行い承認された臨床研究に対しては、データが提供(二次利用)されることもあります。 利用し、または提供する情報の項目 現在当院で日本産科婦人科学会にデータを登録しているのは婦人科腫瘍領域となります。 患者さんの年齢、疾患名、治療開始日、進行期分類(FIGO分類およびTNM分類)、組織分類、局所進展、所属リンパ節転移、遠隔転移、治療内容と手術術式、予後について登録しています。 利用する者の範囲 主に日本産科婦人科学会がデータを利用します。 また、日本産科婦人科学会で審査を行い、承認された臨床研究に二次利用されることがあります。 その際には、二次利用先の情報は、に掲載されますので、そちらをご参照下さい。 情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 日本産科婦人科学会 理事長 藤井 知行 事務局 TEL: 03-5524-6900 FAX: 03-5524-6911 E-mail: nissanfu jsog. jp 5. 本研究の対象になると思われる方、またはその代理人の方が「この研究課題に対して利用・提供してほしくない」と思われた場合は、研究対象者が識別されるような診療情報の提供を停止することができます。 その場合は、下記へお問い合わせください。 より多くの情報を収集、解析することで、データベースの正確性が向上し、有益な知見が得られることが期待されます。 今後の産婦人科医療の発展のためにも、1人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。 【問合せ先】 稲城市立病院産婦人科 042 377-0931.

次の

稲城市の産婦人科の病院とクリニック【お医者さんガイド】2件の該当があります

稲城 産婦人科

氏名 役職 診療内容及び 専門分野 資格 櫻井信行 産婦人科部長 産婦人科一般 内視鏡手術 (腹腔鏡、子宮鏡)• 医学博士• 慶應義塾大学医学部非常勤講師• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科指導医• 日本臨床細胞学会認定 細胞診専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医• 日本内視鏡外科学会技術認定医• 日本周産期・新生児学会 暫定指導医• 母体保護法指定医 増田充 産婦人科部長 産婦人科一般 井口蓉子 産婦人科医長 産婦人科一般 婦人科腫瘍• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 母体保護法指定医 中里紀彦 産婦人科医員 産婦人科一般• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医 吉浜智子 産婦人科医員 産婦人科一般• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医• 臨床遺伝専門医 南木佳子 産婦人科医員 産婦人科一般 竹田将人 産婦人科専修医 産婦人科一般 伊東正昭 産婦人科顧問 産婦人科一般• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 母体保護法指定医 北井啓勝 産婦人科顧問 産婦人科一般 不妊症相談• 医学博士• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医• 日本生殖医学会認定 生殖医療専門医• 母体保護法指定医• 日本医師会認定産業医 菅裕佳子 非常勤医師 産婦人科一般 女性医学• 日本産科婦人科学会認定 産婦人科専門医 稲城市立病院の婦人科では、内視鏡手術を積極的に行っています。 櫻井信行産婦人科部長は日本産科婦人科内視鏡学会ならびに日本内視鏡外科学会の技術認定医です。 レベルの高い、安全な腹腔鏡下手術および子宮鏡下手術を提供いたします。 適応となる疾患は卵巣嚢腫、子宮筋腫などの良性疾患のほか、異所性妊娠(子宮外妊娠)や 不妊症の検査としての腹腔鏡手術にも対応します。 子宮粘膜下筋腫・内膜ポリープなどについては子宮鏡により手術を行います。 当院にはフルハイビジョンの腹腔鏡手術システムおよび、3D(三次元)のシステムが備えられています。 3Dの手術は、術者が立体感や奥行きを感じながら手術をすることができるため、安全な手術が可能です。 フルハイビジョンのシステムは画像が極めて鮮明なため、開腹手術よりも腹腔内が精細に観察可能です。 当院での婦人科内視鏡手術について、さらに詳しくお知りになりたい方や、手術を受ける予定になっている方はをご覧ください。 婦人科悪性腫瘍については、手術療法、抗癌剤による化学療法、放射線治療による集学的治療をおこなっています。 難易度の高い手術については、当院は慶應義塾大学医学部産婦人科の連携施設であるため、やその関連施設の婦人科腫瘍専門医を招聘して行います。 子宮頸がんの前癌状態である異形成や、ごく初期の子宮頸がんについては子宮を温存し頸部のみを切除する円錐切除術を行います。 CO2レーザーや超音波凝固切開装置を用いることで、出血の少ない手術が受けられます。 また、中等度異形成から高度異形成の一部については、病変を切らずにCO2レーザーを照射することにより病変を蒸散する治療も行います。 この手術は、術後に妊娠した場合の流産・早産リスクを上昇させないことが医学的に証明されており、極めて侵襲性の低い治療です。 緩和医療は定期的なカンファレンスを開催し医師、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなどが情報を共有し治療にあたるとともに、必要に応じて院内緩和ケア回診を実施します。 情報の利用目的および利用方法(他の機関へ提供される場合はその方法を含む。 ) 本邦における産婦人科領域の診療の現状(妊娠、分娩、不妊、悪性腫瘍など)を把握することで、さまざまな課題を抽出し、より良い産婦人科医療に反映することを目的として、日本産科婦人科学会ではデータベース登録事業を行っています。 診療記録から抽出された情報を匿名化し、誰の情報かわからないようにしたうえで、WEBまたは郵送にて日本産科婦人科学会に提供しています。 日本産科婦人科学会でデータの統計解析を行い、その結果を日本産科婦人科学会雑誌や日本産科婦人科学会ホームページに掲載しています。 また、研究代表者を日本産科婦人科学会会員が務めており、かつ日本産科婦人科学会が審査を行い承認された臨床研究に対しては、データが提供(二次利用)されることもあります。 利用し、または提供する情報の項目 現在当院で日本産科婦人科学会にデータを登録しているのは婦人科腫瘍領域となります。 患者さんの年齢、疾患名、治療開始日、進行期分類(FIGO分類およびTNM分類)、組織分類、局所進展、所属リンパ節転移、遠隔転移、治療内容と手術術式、予後について登録しています。 利用する者の範囲 主に日本産科婦人科学会がデータを利用します。 また、日本産科婦人科学会で審査を行い、承認された臨床研究に二次利用されることがあります。 その際には、二次利用先の情報は、に掲載されますので、そちらをご参照下さい。 情報の管理について責任を有する者の氏名又は名称 日本産科婦人科学会 理事長 藤井 知行 事務局 TEL: 03-5524-6900 FAX: 03-5524-6911 E-mail: nissanfu jsog. jp 5. 本研究の対象になると思われる方、またはその代理人の方が「この研究課題に対して利用・提供してほしくない」と思われた場合は、研究対象者が識別されるような診療情報の提供を停止することができます。 その場合は、下記へお問い合わせください。 より多くの情報を収集、解析することで、データベースの正確性が向上し、有益な知見が得られることが期待されます。 今後の産婦人科医療の発展のためにも、1人でも多くの皆様のご協力をお願いいたします。 【問合せ先】 稲城市立病院産婦人科 042 377-0931.

次の

東京の「あなたの名医」をさがす(524人) イシュラン婦人科がん 病院・医師ガイド

稲城 産婦人科

和痛分娩とは何? 陣痛による苦痛をある程度和らげる方法であり、妊婦さんの肉体的苦痛のみならず精神的負担も緩和させる方法です。 和痛分娩の目的とは? 妊婦さんの分娩による精神的・肉体的負担を減らし、分娩をスムーズにおこない、分娩後も 産褥期が順調に経過することを目的としています。 和痛分娩の方法は? 陣痛開始後、陣痛の最もピークとなる時点において、筋肉注射による麻酔・鎮痛剤投与をおこないます。 薬剤投与後は観察を続け、効果により追加投与をおこなうこともあります。 どの国でもおこなわれているのですか? 先進国ではほとんどの国でおこなわれています。 特に欧州では英国、ベルギー等をはじめ広くおこなわれております。 副作用はありますか? 麻酔・鎮痛剤のような薬剤が投与されますので頻度は少ないですが次のような副作用が考えられます。 妊婦さんの呼吸抑制• 注射部位の腫脹、疼痛、発赤• 新生児の傾眠• 妊婦さんの鎮痛剤による嘔気、嘔吐• 費用:自費診療として通常の分娩費用の他に約22,000円がかかります。 乳房マッサージ• 乳房トラベル• 授乳のお手伝い• 沐浴指導• 体重・黄疸・排泄チェック• 沐浴 etc 対象の方• 産後経過が順調なママ(産後3ケ月まで)• 出生後、経過が順調な赤ちゃん(生後3ヶ月まで) *当院分娩後、引き続き入院継続、当院あるいは他院を一度退院後に 「産後ケア入院」をご希望の方は、産婦人科病棟までお問合せください。 パジャマ(部屋着)• パット(出血のある方)• アメニティセット• スリッパ• おむつ• お尻ふき• 哺乳瓶と乳首(100ml以上飲む赤ちゃん、アレルギー用ミルク使用の方はご準備ください)• 1ヶ月以上の赤ちゃんはベビー衣類 病院設備• テレビ、冷蔵庫、洗濯機は有料でご利用いただけます。 ドライヤー、授乳クッションの貸出がございます。

次の