無職 お金を借りる方法。 無職でもお金を借りる方法はたくさん?失業中や学生、年金受給者でもOK

無職でもお金を借りる方法まとめ!年金受給者、学生、失業中の人必見

無職 お金を借りる方法

このページの目次• 無職や低収入でもお金を借りる方法はある? 無職や低収入の方でもお金を借りられるかどうかをまとめました。 ただし、仕事をしていない状態は同じでも無職には次のようにさまざまな状況があります。 失業者、ニート• 年金受給者• 配偶者に収入のある専業主婦• 就職内定者• シングルマザーなどのひとり親• 不労所得がある人 同じ無職でも状況によって利用できる借入方法は異なります。 自身の属性に適した借入方法を選択しないと融資を受けられない可能性もありますので、自分に合った借入先の選択が重要です。 低収入の人がお金を借りる方法 正社員でないとお金を借りられないイメージがあるかもしれませんが、パート・アルバイト勤務などあまり収入が多くない方でもお金を借りることができます。 低収入の人がカードローン審査に通るためのポイント 低収入の方がカードローン審査に申し込む場合は、次の2点を意識すると通過する確率が上がります。 借入限度額を少なめに申請する• 一社に絞って申し込む パート主婦や週2~3日の勤務形態の方の初回借入額は10万円程度に設定されるケースがほとんどです。 高額融資を希望すると審査落ちしてしまう可能性が高くなりますので、必要最低限の額で申し込みましょう。 金融業者により異なりますが、目安としては半年以上滞りなく返済を行ったり繰り上げ返済を活用したりすると、増額案内が届くことがあります。 また、低収入の方に限りませんが複数のカードローン審査に同時に申し込むと困窮している印象を与えてしまい審査に通りづらくなってしまいますので、一社に絞って申し込みましょう。 同時ではなくても一ヵ月以内に3件以上の審査申し込みをすると申し込みブラックに陥りますます審査に通過できなくなってしまいます。 高額借入を希望するパート主婦は配偶者貸付も検討する パート主婦の方の初回限度額は多くの場合10万円程度ですので、より高額の融資を希望する場合は配偶者貸付制度の利用を検討しましょう。 消費者金融は総量規制の対象ですので年収の3分の1を越える貸付は禁止されていますが、配偶者貸付は総量規制の例外貸付で配偶者の収入と合わせた額の3分の1までの融資が認められています。 仮に配偶者の年収が400万円、申込者の年収が50万円だとすると150万円まで借りられる可能性があります。 しかし、配偶者貸付を導入している消費者金融は少なく大手消費者金融では利用できませんので、ベルーナノーティスなど中小消費者金融に申し込む必要があります。 また、配偶者の同意書や婚姻関係を証明する書類の提出が必要ですので内緒で借りたい方には不向きでしょう。 無職の人がお金を借りる方法 無職の方がお金を借りる方法について、属性別にご紹介します。 失業中・ニートは国の制度を利用する 失業中やニートなど現在職に就いておらず収入を得ていない方は、銀行や消費者金融からの借入はできません。 国の制度である生活福祉資金貸付制度の総合支援資金の利用をおすすめします。 総合支援資金は低所得世帯や障害者・高齢者などがいる世帯に対し、経済的に安定した生活が送れるよう無利子または低利子で融資を行う制度です。 低所得世帯には失業者やニートも含まれます。 社会復帰の支援を目的とした制度ですので、働く意思がなく支援を受けても自立できる見込みがない人は借りられません。 市役所にある社会福祉協議会の窓口で申し込みを受け付けていますので、急な失業や減収で生活に困っている方は検討してください。 年金受給者は年金担保融資を利用する 年金を受け取っている人は、独立行政法人福祉医療機構または日本政策金融公庫の年金担保融資制度でお金を借りられます。 年金担保融資制度は年金受給者が利用できる公的融資で将来受給する年金を担保にお金を借りられる制度です。 年金から返済分が天引きされるため生計費設計をしっかりと行う必要がある点、融資までに約1か月かかるため急いでいる方には不便な点がデメリットですが、住宅ローン並みの低金利で借りられるメリットがあります。 独立行政法人福祉医療機構と日本政策金融公庫では担保にできる年金の種類が異なりますので、ご自身の年金が該当する方に申し込みましょう。 独立行政法人福祉医療機構 厚生年金 国民年金 船員保険年金 労災年金 (老齢年金・老齢基礎年金・障害年金・遺族年金のいずれも可) 日本政策金融公庫 恩給 災害補償年金 共済年金 共済組合の厚生年金 カードローン利用も可能 多くの銀行や消費者金融は年金収入を安定した収入とはみなさず融資を行わない傾向がありますが、年金収入のみでも利用できるカードローンもあります。 年金担保融資よりも金利が上がりますのでしっかりと返済計画を立てて利用しましょう。 年金収入のみで申込できるおもなカードローンは次の通りです。 金融業者名 申込上限年齢 金利 みずほ銀行カードローン 66 歳未満 2. 2%~17. 5% レイクALSA 70歳以下 4. ただし、申込年齢の条件を満たす必要がありますし、高齢者は病気などのリスクが高いと判断されるためあまり高額融資は受けられません。 専業主婦は銀行カードローンか配偶者貸付を利用して消費者金融で借りる パートなどの収入を得ていない専業主婦の方も無職に該当しますが、専業主婦として生活が成り立っている時点で安定した世帯収入があると判断されるためカードローンの利用が可能です。 配偶者に安定収入がないと利用できませんが、銀行カードローンは配偶者の同意書等の提出は不要で電話連絡がいくこともありません。 専業主婦からの申し込みを受け付けているおもな銀行は次の通りです。 金融機関名 金利 備考 楽天銀行 1. 9~14. 5% 専業主婦は申込年齢60歳以下 イオン銀行 3. 8~13. 8% 専業主婦の申し込みは限度額50万円まで ジャパンネット銀行 1. 59~18. 0% 特になし 専業主婦が銀行カードローンを利用する際は、借入限度額が10万円以下など少額に制限される可能性が高いです。 さらに高額融資を希望する場合は同時申し込みを避けて複数の銀行カードローンを利用するか、配偶者の同意が必要ですが配偶者貸付の利用できる消費者金融を検討しましょう。 就職内定者は内定者ローンを利用する 20歳以上の学生はカードローンを利用できますが、アルバイトなどの定期収入が条件となります。 アルバイトをしていない学生でも就職内定者は内定者ローンの利用が可能です。 銀行やろうきんが提供する内定者ローンは卒業後の就職先が決定している学生向けのローンです。 収入の有無は問われないため卒業までの期間を有効活用して自動車免許を取得したい、就職に向けた引っ越し費用を借りたいなどの用途で利用できます。 就職する予定があるとはいえ無収入の状態でお金を借りると返済に困る可能性もありますので慎重に利用すべきですが、一般のカードローン上限金利が15. 0~18. 0%程度であるのに対し好条件で借入できますし、初任給を受け取るまでは利息のみの返済も選択できますので検討してみてください。 おもな内定者ローンは次の通りです。 申込者の居住地・勤務地が利用条件に含まれるケースがほとんどですので、条件を満たしているかよく確認しましょう。 金融業者 金利 居住地・勤務地の利用条件 武蔵野銀行 「むさしの新卒予定者応援ローン ルーキー」 年8. 0% (変動金利・保証料込) 就職後、埼玉県内または東京都内に勤務先もしくは自宅がある方 新潟ろうきん 「就職内定者向けローン」 年5. 375~7. 775% (変動金利) 新潟県内に居住し、新潟県内に勤務する見込みの方 静岡ろうきん 「就職内定者応援ローン」 年2. 50% (固定金利)返済5年以内 年3. 70% (変動金利)全期間 静岡県内に居住、もしくは静岡県内の企業への内定が決まった、新卒内定者 東海ろうきん 「未来図」 年4. 7% (変動金利・保証料込) 愛知・岐阜・三重県内に居住し、東海3県下で勤務(見込)の方 長野ろうきん 「就職内定者向けローン」 年4. 20% (固定金利)返済5年以内 年3. 無職の人はカードローン契約ができませんが、たとえ失業が決まっていても在勤中はカードローン審査に申し込み可能です。 審査に通過し契約しておけばいざという時の生活費として借入できますので、失業前にカードローン契約を行うことをおすすめします。 契約のみならばお金もかかりません。 カードローンを利用する際は次の2点に注意しましょう。 失業前に必要な額を借りておく• 失業中でも返済できる分しか借りない カードローンの契約中に勤務先が変わったらカードローン会社に申告しなくてはいけません。 無職になったからと言って借入残高の一括返済を求められたりはしませんが、新たな借入は不可となります。 そのため、借入できるうちに必要な額を借りておきましょう。 また、失業中でも月々の返済を免除してもらうことはできません。 数日間日雇いのバイトをして返済するなど、返済計画を立てたうえで借入しましょう。 無職でも利用してはいけない手法に注意 無職だからといってカードローン審査で虚偽の申告をしてはいけません。 専業主婦や内定者を除き、安定収入のない人がカードローンを利用できる可能性はほぼありません。 しかし、審査に通過するために職業や勤務先を次のように偽ると必ずばれてしまいます。 適当な会社名を書いて勤務していると偽る• 派遣登録のみで実際は働いていないのに派遣社員だと偽る• 個人事業主だと偽る• アリバイ会社を利用する 審査ノウハウに長けたカードローン会社は必ず嘘を見抜きます。 契約時を乗り切っても利用中に嘘がばれると一括返済を迫られたり強制解約されたりするケースもありますので、虚偽申告は絶対にやめましょう。 まとめ 無職の人でもご自身の状況に合った借入方法を選択すればお金を借りられる可能性があります。 低収入でも毎月収入があればカードローンの利用ができる• 失業者、ニートは総合支援資金制度を利用する• 年金受給者は年金担保融資またはカードローンを利用する• 配偶者に収入のある専業主婦は銀行カードローンを利用する• 就職内定者は内定者向けローンを利用する• ひとり親は国の母子父子寡婦福祉資金貸付金制度を利用する• 不労所得がある人はカードローンを利用する ただし、無職の人はお金を借りることをゴールとしてはいけません。 借りられたからと言って安心せず、収入を得たり増やしたりするための活動を行わないと返済が滞ってしまいますので、しっかりと返済計画を立てて生活しましょう。

次の

無職でもお金を借りる方法まとめ!年金受給者、学生、失業中の人必見

無職 お金を借りる方法

Contents• 無職の種類…どんな人でも安定収入があれば借りられる 無職の種類別、金融機関からの借入 学生 安定収入があれば借りれる 主婦 パート・アルバイトなどで安定収入があれば借りれる 年金生活者 一部銀行系ローンで可能 失業者 不可 まず、簡単に無職について分類します。 働ける状態なのに、働いていない人と、何か他にやるべきことがあって働いていない人では、考え方が全く違ってきます。 主に、無職とされるのは次の4つです。 年金生活者• 失業中・ニート状態 学生-安定した収入があれば、借り入れ問題なし まずは、大学生、専門学校生など学生です。 こちらは、 20歳以上で、アルバイトなどで安定した収入があればカードローンなど利用することができます。 本人の収入が審査対象になるため、親の収入で借りることはできません。 主婦-パートやアルバイトで収入があれば借入可能 次に主婦のかたですが、パートやアルバイトなどで収入があれば借入ができます。 まったく収入がない場合には利用できませんので注意しておきましょう。 このように審査通過のカギは、本人収入の有無が大きくなっています。 年金受給者…一部カードローンの利用と、年金を担保に借りることが可能 年金受給者の場合も、カードローンが利用できる場合があります。 ただし、 満20歳から満60歳までの方というふうに、年齢制限を設けているところも多いため、基礎年金が支給される65歳の時点では借りれないところもあります。 また、年金収入のみで、お金が借りれるところも限定されてきます。 2016年時点で、年金収入のみで借りれるのは、以下の2社です。 年金収入で借りれる金融機関 みずほ銀行 満20歳から満66歳までの方 もうひとつが、 独立行政法人福祉医療機構が実施する年金担保融資です。 でも紹介しましたが、年金を受け取る権利を担保にすれば、最高200万円までが借りられる制度です。 制度の詳細やメリットについてはこちらのページで解説しています。 失業中・ニート状態-失業前に借りる手を打つのが基本 失業中で、就労による収入がない、主婦、年金受給者以外は、新規でローン契約することはほぼ不可能です。 そのため、退職、失業が予めわかっている場合は、退職前にクレジットカードを作ったり、カードローン契約を済ませておくことで、退職後の収入を確保することができます。 逆に退職前に、収入確保の手立てを何もしなかった場合は、金融機関以外からお金を借りるのが基本になります。 失業中の人がお金を借りる方法 専業主婦や年金受給者を除いて、失業中や休職中で無職状態にある人がお金を借りる方法を紹介します。 現実的で簡単にできる方法から順に紹介します。 「キャッシュ」アプリでお金を引き出す 「キャッシュというアプリをご存知でしょうか? 簡単に言えば、 「買い取りアプリ」です。 よくある買い取りサービスとの違いは、 商品を手元に置いたまま入金できる点です。 スマホで撮影した自分の持ち物の画像を送信し、査定が完了次第、入金されます。 2週間以内に、お金を返金、商品を「キャッシュ」に郵送して売却のどちらかを選びます。 2017年6月にサービス開始後、16時間で一旦サービスが終了し、怪しさだけが残りましたが、11月に動画配信で有名なDMM. comが買収したことで、現在も人気を博しています。 とにかく早く現金を手に入れるという点では、他に類を見ないサービスです。 手持ちのクレジットカードでキャッシングする クレジットカードを持っている人は、そのカードのキャッシング枠を使えば、新たに審査を受けることなく、お金を借りることができます。 これが一番早くて確実な方法です。 問題は、手持ちのクレカにキャッシング枠がついていない、もしくは枠が小さい場合です。 この場合は、新たに枠をつける、増枠審査を受けることになるので、無職の場合は審査に落ちる場合があります。 ただし30万円程度までは、ネット上からの申込で可能なところが多くなります。 増枠の際もなるべく少額にしておくのがポイントです。 制度の詳細についてはこちらのページで紹介しています。 不動産や株券などを担保に金融機関から借りる 担保に出来るものがあれば金融機関からお金を借りることは不可能ではありません。 金融機関からお金を借りるときの担保になるのは次のようなものです。 不動産• 有価証券や会員権 基本的には不動産か株券、そしてゴルフの会員権などはお金を借りるときの担保に出来ます。 何を担保にすればいくら借りられるかは金融機関によって違います。 担保に出来そうなものがある場合は、普段利用している銀行の窓口で貸付の可否を相談してみましょう。 生活福祉資金貸付制度-無職の場合、利用しにくい 生活困難者向けに社会福祉協議会が実施している生活福祉資金貸付制度があります。 生活福祉資金貸付制度は連帯保証人が付く場合、無利子でお金を借りることができます。 借りたお金の使用用途は限られているのですが、失業中の人が再就職するためには十分な内容になっています。 引越し費用• 就労のための技術習得の費用• 緊急時の小口資金など ただし、これは給付金ではなく貸付ですので 「返すことが出来ること」がお金を借りるための大前提になります。 再就職の意志もない無職やニートの場合は、審査で落ちる可能性が高くなります。 制度よりも失業保険が優先されるので注意 また失業保険をもらえる場合は、生活福祉資金貸付制度よりも失業保険を優先する必要があります。 失業中• 失業保険の受給資格がない• ハローワークなどで求職をしている 上記の条件が揃えば、無職やニートであっても生活福祉資金貸付制度を利用する資格あります。 ただし逆を言えば、働く意志のない人には利用できない制度ですので注意が必要です。 また、社会福祉協議会が実施する社会福祉施策の一環です。 包括的支援という名のもとに、生活全般を支援されることになります。 実際にケースワーカーが自宅を訪問することになります。 他人に干渉されるのがイヤという人には不向きな制度です。 金融機関の審査対策-派遣会社に登録する 特に資産もなく、保険にも入っていないという場合は、金融機関でお金を借りるしかありません。 ただし、無職の場合、借り入れ申込時点に、職業欄を埋めることができません。 無職の場合はほぼ確実に審査に通りません。 どうしてもお金を借りたい場合は、審査対策で就業先を作る必要があります。 その場合、最も有利なのが派遣会社です。 派遣会社は労働実績が必要ない 派遣会社の場合は、まず実際に派遣先で働くかどうかは別として、登録することは簡単です。 なので、手っ取り早く勤務先を作ることができます。 本来であれば、実際に派遣スタッフとして働くのが理想的ですが、何らかの事情で働かない場合でも、所属年数は経過していきます。 半年から1年が、ローン審査に通る勤務歴の目安です。 運がよければ派遣会社に登録だけして半年も経過すれば、カードローン審査に通る可能性もあります。 返済時の収入はどうするか、という問題は残りますが、ひとまず審査を通したい場合は、派遣会社に登録するという方法がおすすめです。 まとめ:無職になる前に、資金確保しておくのが必須 無職でも借りる方法についていくつかまとめてきました。 やはり実際に無職状態になってからは、お金が借りにくいのが現状です。 無職状態で借りるには、担保となる資産が必要であったり、資金の使用目的が限定される借り先しかありません。 不測の事態で無職を余儀なくされたという場合を除いては、退職前にクレジットカードやローンカードの発行を行い、無職に備えておきましょう。

次の

無職や低収入でもお金を借りる方法は複数あり。属性ごとに適した借入方法を解説

無職 お金を借りる方法

クリックできる目次• 無職・失業中でもお金を借りる方法はある? 銀行カードローン・消費者金融は審査落ち 銀行カードローンや消費者金融では、無職・失業中だと審査に通ることはできません。 無職・失業者の人は借入審査で無収入と見なされ、返済能力がないと判断されるからです。 申し込みの際は、必ずあなたの年収や勤務先などを申告することになります。 基本的に勤務先への電話連絡で在籍確認が行われるので、ウソは通用しません。 借入の条件は安定収入があること 銀行・消費者金融でお金を借りるには、必ず「安定収入がある」という条件が必要です。 たとえ、どんなに審査が甘いとされる中小消費者金融でも、安定収入という条件を満たさなければ、審査に通ることはありません。 無職(失業中)の人は例外なく、銀行・消費者金融からは借りれないので、質屋の利用や持ち物を売るなど、「審査なし」でお金を作る方法を探しましょう。 年金受給者が銀行でお金を借りる方法 年金受給者はカードローンの商品によって、借りれる場合と借りれない場合があります。 カードローンごとに利用できる年齢の条件が異なるからです。 ここでは銀行系カードローンと消費者金融に分けて、解説します。 三井住友銀行カードローンは69歳まで利用できますが、原則安定収入が必要なので、年金以外の収入が必要になると考えられます。 ポイントは年金が安定収入になるかどうかですが、年金受給者でも借りられる銀行は、年金も安定収入として判断しています。 審査結果や利用限度額は、あなたの返済能力に応じた結果になるので、年金受給者の方はそれほど高額な融資は期待できないでしょう。 消費者金融ではほぼ借りれない 消費者金融も業者によりますが、ほとんどの業者では年金受給者の借入はできません。 プロミスやSMBCモビット、アコムなどの大手消費者金融は69歳まで借りれますが、収入が年金のみの場合は借りれなくなっています。 年金の他にアルバイトなどの収入が必要ということです。 大手消費者金融の中では「」のみ、収入が年金だけの方でも申し込みが可能となっています。 中小消費者金融も業者によってケースバイケースです。 筆者が調べたところ、ベルーナノーティスのカードローンは75歳まで利用が可能となっており、年金受給者でも審査に通る可能性があります。 アルバイトの学生は借りられる 学生やフリーターでもアルバイトによる安定収入があれば、銀行・消費者金融からお金を借りれます。 学生は状況によって無職に分類されることもあり、アルバイトによる収入がない学生は借入の審査に通りません。 アルバイトの場合は、アルバイト先に在籍確認の電話連絡があります。 基本的に未成年は法律でお金を借りることができませんが、18歳以上の学生であれば、専用の学生ローンで借りれる場合もあります(高校生は不可)。 パートの主婦も借りられる パートで働いている主婦は、銀行や消費者金融から即日でお金を借りることができます。 アルバイト・パートは無職ではない 無職の人はお金を借りれないと言っても、アルバイト・パートは無職ではなく、お金を借りるのに定職に就いている必要はありません。 安定収入とはつまり、毎月もらっているお給料のことなので、アルバイト・パートでも十分に借入の条件を満たしています。 専業主婦(主夫)は収入が0円なので、通常なら総量規制の決まりで、法的に借入の審査には通りません。 しかし、次の2つの方法を利用すれば、専業主婦でもお金を借りることが可能になります。 銀行系カードローンで借りる• 中小消費者金融の配偶者貸付システムを利用する 銀行系カードローンは、婚姻関係を証明する書類の提出などで、専業主婦でも借りれるカードローンがあります。 また、中小消費者金融には、配偶者の収入と合算して、二人分の年収の合計の3分の1まで借入ができる配偶者貸付というシステムがあります。 配偶者貸付の場合は、配偶者との婚姻関係を証明する書類(住民票や戸籍抄本)と、配偶者の同意書、収入証明書を提出する必要があります。 まずはアルバイトで収入を得ることを考えましょう。 事情があって働けない場合は後述の通り、 ・審査なしでお金を作る ・身内から借りる ・自治体、市役所に相談する などの方法があります。 無職・無収入でも就職が決まっている人 就職が決まっている人でも、現在は収入が0円であれば借入は難しいです。 就職先が決まっていて、初めてのお給料が入るまでの生活維持のために借りたいという人もいるでしょう。 就職が決まっているのだから、何とか相談に乗ってもらえないか期待してしまうかもしれません。 しかし、現在無収入の人にお金を貸すのは法的に反していますし、就職が取り消しになるというリスクもあるのです。 「審査なし」なら無職でもお金を作れる ここまで見てきたとおり、無職の人がお金を借りれないのは審査落ちとなるからです。 つまり「審査なし」の方法なら、無職の人でもお金を借りたり、作ったりできるということです。 例えば審査なしでお金を借りたり、作ったりする方法には次のようなものがあります。 クレジットカードのキャッシング• クレジットカード現金化• 不要品を売る• 質屋で借りる 上記4つの方法は、あなたの現在の収入に関する審査はありませんので、無職でもお金を借りたり、作ったりできます。 それぞれの方法については以下の記事で詳しく解説しています。 どこからも借りれない時に最初にとるべき現実的な方法は、親にお願いをすることです。 言い辛いことではありますが、明日の生活費の方が最優先ではないでしょうか。 これまでの親子関係などで難しい場合は、すぐに日雇いのアルバイトを探すことで、給料の日払いOKなアルバイトを見つけることも可能です。 生活福祉資金の一つ「総合支援資金(生活支援費)」 生活福祉資金の一つである、総合支援資金(生活支援費)を利用すれば、失業をしてから生活が再建されるまでの間に必要な生活費を借りることができます。 総合支援資金(生活支援費)は、失業などにより生活が困窮している人を貸付の対象としており、原則3ヶ月の間、月20万円までの貸付をしてもらえるという制度です。 連帯保証人なしでも借りれますが、連帯保証人がいる場合は無利子、連帯保証人なしの場合は年1. 参照: 総合支援資金でお金を借りる2つの条件 総合支援資金でお金を借りるには、次の2つの条件が必要です。 求職中であること• 失業保険(失業手当)の受給資格がないこと 失業保険(失業手当)がもらえる場合は、手当を生活費に充てられるとされ、総合支援資金でお金を借りることはできません。 求職中でないと借りれないことから、総合支援資金でも、ちゃんと返済の見込みがある人に貸付をしていることが分かります。 総合支援資金に申し込むには、まずはハローワークで求職登録をして、あなたがお住まいの自治体の社会福祉協議会に相談をしましょう。 ちなみに諸事情で働けない場合や、生活費が足りない場合など、あなたの状況によっては、総合支援資金よりも生活保護を優先的に勧められる場合もあります。 つまり失業保険(手当)を安定収入として、銀行や消費者金融のカードローンでは借りれないということです。 カードローンでは、あなたの返済能力がどれほどあるかを審査されます。 失業保険(手当)は必要最低限のお金ということなので、返済能力が十分にあると判断されることは難しいでしょう。 コメントありがとうございます。 求職中ということであれば、まずはお住まいの地域の社会福祉協議会に、お金を借りれないか、問い合わせてみてはいかがでしょうか? どうしてもお金が足りないということであれば、理由や資金の用途によっては、社会福祉資金で借りれるかもしれません。 ただ、失業保険と障害年金がネックとなり、借りれない可能性もありますし、今日中という条件は厳しいと思われます。 その他には、可能であればクレジットカードのキャッシング枠や、質屋で借りる、不要品を売るという手段もあります。 お金を借りること以外で、お金を作る方法についてはこちらの記事でも解説していますので、参考にしてみてください。 コメントする.

次の