古希 の お祝い の 言葉。 古希祝いの熨斗(のし)、のし袋、封筒について| 古希祝い本舗

古希祝いのメッセージ文例集

古希 の お祝い の 言葉

長寿祝いの種類 長寿を祝う節目の年齢には、還暦や古希、喜寿などの名称があります。 本来は数え年で祝いますが、現在では満年齢で祝うことが多くなってきています。 ただし、還暦だけは数え年で61歳、満年齢60歳でお祝いします。 以下、主な長寿のお祝いをご紹介します。 還暦(かんれき)…61歳(満60歳) 生まれた年の干支に還ることから、「還暦」と呼ばれるようになりました。 赤いちゃんちゃんこの風習があり、赤が長寿祝いの色とされています。 古希【古稀】(こき)…70歳 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩の一節である「人生七十古来稀なり」に由来しています。 現代では還暦よりも本格的な長寿の祝いと考えられているようです。 紫が長寿祝いの色とされています。 喜寿(きじゅ)…77歳 「喜」という字の草書体が七を3つ重ねた形になり、七十七と読めることに由来しています。 紫が長寿祝いの色とされています。 傘寿(さんじゅ)…80歳 「傘」の略字が八と十を重ねた形になり、八十と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 米寿(べいじゅ)…88歳 「米」の字をくずすと八十八と読めることに由来しています。 黄(金茶)が長寿祝いの色とされています。 卒寿(そつじゅ)…90歳 「卒」の略字である「卆」が九十と読めることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 白寿(はくじゅ)…99歳 百から一を引くと「白」となることに由来しています。 白が長寿祝いの色とされています。 紀寿(きじゅ)または百寿(ひゃくじゅ)…100歳 100年が一世紀ということから紀寿、また100歳であることから百寿と呼ばれています。 白が長寿祝いの色とされています。 100歳を超えた長寿祝いには、108歳の茶寿や111歳の皇寿、120歳の大還暦があります。 また、250歳で天寿というものもあります。 長寿祝いの祝い方 お祝いをされる方が主催となりお祝いの会を開いていましたが、現代では家族や身近な人がお祝いの会を開くことが一般的なようです。 特に決まった祝い方はありませんので、お祝いされる方の意向に沿った形がよいでしょう。 健康状態によっては長時間の祝宴や旅行の招待などは負担になる場合もありますので、祝い方に配慮する必要があります。 長寿祝いのお祝い品&金額の相場は? 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品以外がおすすめ! 還暦では赤い頭巾やちゃんちゃんこを贈る風習がありますが、その他の長寿祝いでは特に決まったものはありません。 人生の区切りとなるお祝いなので、消耗品ではなく記念になるプレゼントや思い出に残る旅行や食事会などを贈るのがおすすめです。 もし迷ったときは、傘寿で傘を贈るなど、長寿祝いの名称にちなんだものや長寿祝いの色の品を選ぶとよいでしょう。 プレゼントの金額の相場は、贈る相手が両親の場合は2~3万円、祖父母の場合は1~2万円、親戚などの場合は1万円前後、それ以外の場合は数千円程度とされています。 少し高価なプレゼントを贈りたい場合は、家族や兄弟などと共同購入するのがよいでしょう。 おすすめのギフト「を贈る体験型ギフト」 ギフトを贈るときに特別な気持ちをしっかり伝えたいなら、リンベルのスペシャルラッピングサービスを利用することもできます。 このサービスで使用される和紙や紐は、ラッピング技能士の資格を持ったプロの講師やデザイナーにより共同で開発されたものです。 デザインは3種類あり、贈る相手の好みや届けたい気持ちに合わせて選ぶことができます。 包装は、ラッピング職人がひとつひとつ手作業で丁寧に担当しています。 「おめでとう」の気持ちを届けるにはぴったりの美しい仕上がりに、受け取った相手もきっと喜んでくれるはず。 メッセージカードもついているので、気持ちをしっかり伝えることができます。 大切な人へギフトを贈る際には、ギフトを紐解くときの感動まで届けられるスペシャルラッピングサービスをぜひ利用してみましょう。 長寿祝いで喜ばれるギフトを贈ろう 人生の区切りとなる長寿祝いでは、後からでも思い出せる記念に残るものを選びながら、「おめでとう」の気持ちをしっかりと伝えることが大切です。 後で「あのときやっておけばよかった」と後悔することのないように、長生きをお祝いする心のこもったギフトを選びましょう。 ギフトを選ぶときのポイントは、相手の好みや状況に合わせたものを贈ることです。 両親や祖父母など身近な人に贈るときは、相手の嗜好やライフスタイルをよく知っているので、それほど迷わずに選べるかもしれません。 しかし、相手のことをそれほどよく知らない場合はどうでしょうか。 贈り先が何を必要としているのか、普段どのような消耗品を使っているのかなどがよくわからない場合は、ギフト選びがなかなか決まらず困ってしまうこともあります。 そんなときは、カタログギフトを贈るとよいでしょう。 カタログギフトには、グルメやグッズ、体験型チケットなどさまざまなアイテムが掲載されており、好きなものを自由に選ぶことができます。 受け取った人が一番欲しいものを選べるので、贈るものに迷ったらぜひカタログギフトを利用してみましょう。

次の

古希祝いのメッセージ文例集

古希 の お祝い の 言葉

いつも私達に笑いと勇気をありがとうございます。 これからもお元気で、日々愉しく過ごされる事を心から祈念しています。 つつがなく古希を迎えられたことを心よりお祝い申し上げます。 平素、ご無沙汰をいたしまして申し訳ございませんが、お世話になっております感謝の気持ちを込めまして、心ばかりの品を送りました。 ご笑納いただければ幸いでございます。 益々のご活躍とご健勝をお祈りいたします。 そして、今もお変わりなくお元気とのことで何よりです。 最近はご無沙汰して申し訳ございませんが、お世話になっております感謝の気持ちを込めまして心ばかりの品を送りました。 ご笑納いただければ幸いです。 お母さん(お父さん)、古希のお祝いおめでとうございます。 益々長生きして、日本の平均寿命をどんどん延ばしてください。 そして月日がたち、還暦が過ぎ、古希を迎えました。 今までありがとう。 そしてこれからもいつまでも元気でいてね。 お父さん(お母さん)、古希祝い本当におめでとうございます! いつも孫の面倒を見てくれてありがとう。 いつまでも健康に気をつけてまたみんなで遊びにいきましょう。 お母様(お父様)、古希おめでとうございます。 毎日忙しく活躍されているお母様(お父様)のご健康とお幸せを 家族一同、心より願っております。 古希おめでとうございます。 お祖母ちゃん(お祖父ちゃん)は70歳には見えないほどお洒落で若々しくて、私の自慢です。 いつまでも元気で長生きしてね。 もらって嬉しいお中元として毎年人気のある「ギフトカタログ」。 本当に好きなもの、欲しかったものを選んでいただけます。 それに冷凍ものや冷蔵ものが同時に届いて困ったり、使いようの無いものを頂いたり、というようなことも避けられます。 お好きな時にお好きなものを楽しんで頂けるのがカタログギフトの一番のメリット。 さて、ギフトカタログといっても千差万別。 そこで、オールマイティ、掲載数もジャンルも多く、趣味嗜好のわからない方にも心配なく贈れる「総合カタログ」。 誰もが嬉しい美味しいものを集めた「グルメカタログ」。 それてブランドやスタイルに特化した「こだわりのカタログ」に分けて人気のカタログをご紹介します。 今年のお中元はこれで安心ですね。

次の

【古希祝いの言葉】お祝いの文例を紹介

古希 の お祝い の 言葉

目次(もくじ)• 古希のお祝いの仕方は? 実際にどんなことをするのかなと思ったら、毎年開催している誕生会を豪華にしたものでした。 いつも通り誕生日前後の休日に集まりました。 主人は三男なので、具体的にどうするのかは長男にまかせていましたが、自宅で集まってみんなでお酒を飲むという会でした。 お酒が大好きな義父なので、お祝いもちょっと良いお酒にしました。 改まってお祝いの会という雰囲気ではなかったですね。 私の場合はこんな感じでしたが、一般的にはいつお祝いをするべきなのか、どんなことをするのか確認しておきましょう。 古希のお祝いはいつする? もともと古希とは数え年で70歳です。 満69歳の年です。 数え年というのは元旦で一斉に歳をとります。 なのでお正月にお祝いをすることが多かったようです。 お正月の他には節句ですね。 菊に長寿を願う重陽の節句(9月9日)もふさわしいです。 現在は数え年はほとんど使わないことから満70歳でお祝いするのが主流です。。 古希のお祝いをいつするかというと、時期については特に決まりはありません。 誕生日付近に家族が集まれる日をみんなで決めることが多いようです。 古希の意味と由来 古希とは杜甫の「曲江」という漢詩から来ています。 「人生七十古来稀なり(じんせいしちじゅうこらいまれなり)」 人間は70歳まで生きることは古来からとても少ない、という意味です。 つまり70歳まで生きていることはとても素晴らしいということですね。 現代は長生きで70歳は珍しくありませんが、人生の節目としてお祝いしたいものですよね。 古希の色とその意味 還暦は赤いものを贈るというのは有名ですよね。 これは人生が一周して赤ちゃんに戻る、つまり新しい人生の始まりをお祝いするといわれています。 古希の色は紫です。 紫は古来より高貴な人しか着ることが許されませんでした。 つまり長寿に対する尊敬として紫のものが贈られるようです。 でも紫の贈り物は難しかったりします。 その場合はプレゼントと一緒に紫の花を贈るのがおすすめですよ。 喪中での古希祝いについて 喪中で古希祝いをしても良いのか疑問ですよね。 これは喪中であっても忌明けしているのであれば問題ないとされています。 忌明けとは• 仏式の場合は四十九日• 神式の場合は五十日 です。 喪中は1年間という考え方がありますが、現在では結婚披露宴への出席も忌明けならOKという流れになっています。 でも心情的なものがありますよね。 悲しい気持ちになる人がいるのであれば日程を延期するのが良いのではないでしょうか。 数え年でお祝いする予定だったなら満70歳でのお祝いにすればいいですし、春先の予定であったなら重陽の節句や敬老の日などに振り替えたりなど、工夫しましょう。 でも長寿のお祝いです。 70歳は現代では若いとはいえ、正直この先何が起きるかわからないですよね。 何かあった時に「あの時古希祝いをしておけばよかった」なんて後悔しないように、できるだけ早くお祝いをする方がいいと思います。 スポンサーリンク 古希のお祝いの相場 古希のお祝いは、ご祝儀でも贈り物でも相場というものは特にありません。 友人に聞いてみると1万~20万とさまざまでした。 古希というのはほとんど家族でのお祝いです。 長寿のお祝いなので基本的に、子供から親など目上の人に対してお祝いをすることになります。 ご祝儀ではなく食事代を出したり、補聴器をプレゼントしたりなどいろんなパターンがあります。 いわゆる気持ちでお祝いってやつですね。 経済状況は家で様々なので、自宅で食事をすることもあれば、外食で食事会、旅行に連れて行く、などさまざまです。 それぞれの家でどのようにするかを決めるので、世間一般に合わせる必要はありません。 親や兄弟などみんなで相談して決めると良いでしょう。 古希のお祝いの言葉 古希のお祝いといっても実際にどのような言葉を贈ればいいのでしょうか。 古希のお祝いの言葉というのは特に決まっていませんが、誕生日や長寿、健康をお祝いするメッセージがふさわしいですね。 古希おめでとうございます• 70歳の誕生日おめでとうございます• 健康でなによりです• これからも元気でいてください• 体には気を付けてください• あまり無理しないように• 元気でいてくれると皆うれしいです このような定番の言葉であっても子供や孫からのお祝いは嬉しいものですよ。

次の