すき家 持ち帰り レンジ。 すき家・吉野家の牛丼持ち帰りをレンジで温めよう!美味しくなる方法を紹介

すき家の注文方法!持ち帰り(テイクアウト)容器は電子レンジOK?

すき家 持ち帰り レンジ

すき家のお持ち帰り、メニュー値段一覧 すき家って、店舗で食べることも多いけど持ち帰りも多いですよね。 やっぱり家に持ち帰って食べるすき家の牛丼も最高においしいです。 でも、メニューを前もって確認したいということも多い、、、。 ということで今回は すき家で持ち帰りできるメニューについてメニュー価格一覧をまとめました。 今回、すき家の持ち帰りメニュー価格関連でまとめた情報• すき家の持ち帰りメニュー価格一覧表(並基準)• すき家の期間限定メニュー価格一覧(サイズ別)• すき家のレギュラーメニュー価格一覧(サイズ別)• すき家の持ち帰り予約や注文方法• 牛皿などの単品メニューについて• すき家の持ち帰り容器はレンジ可能? 最初に並基準でメニュー価格一覧表をまとめています。 サイズ別など詳細を確認したい場合には更に下がって確認ください。 すき家の持ち帰りメニュー一覧表(文字ベース) すき家の持ち帰りメニュー価格一覧表になります。 価格は全て並盛りでの表示です。 それ以外のサイズの価格や商品画像を見たい場合は次の項目でチェックしてください。 牛丼類の価格一覧表(並基準) 牛丼類の価格一覧。 全て並の価格です。 牛丼ライトのテイクアウトがありません。 牛丼類 価格 注記 和風オニサラ牛丼 480円 期間限定 牛丼 350円 キムチ牛丼 480円 ねぎ玉牛丼 480円 とろーり3種のチーズ牛丼 500円 おろしポン酢牛丼 480円 高菜明太マヨ牛丼 480円 わわび山かけ牛丼 480円 かつぶしオクラ牛丼 480円 牛丼しじみ汁おしんこセット 550円 期間限定 牛丼しじみ汁たまごセット 550円 期間限定 牛丼とん汁おしんこセット 550円 牛丼とん汁たまごセット 550円 豚丼類の価格一覧表(並基準) 豚丼類の価格一覧。 全て並の価格です。 牛丼より30円高くなります。 豚丼類 価格 注記 和風オニサラ豚丼 510円 期間限定 豚丼 380円 キムチ豚丼 510円 ねぎ玉豚丼 510円 とろーり3種のチーズ豚丼 530円 おろしポン酢豚丼 510円 高菜明太マヨ豚丼 510円 わわび山かけ豚丼 510円 かつぶしオクラ豚丼 510円 カレー類の価格一覧表(並基準) サイズがあるメニューは全て並の価格です。 カレー 価格 注記 サラ旨ポークカレー 490円 オクラカレー 620円 デラックスカレー 830円 牛あいがけカレー 690円 豚あいがけカレー 690円 とろーりチーズカレー 640円 おんたまカレー 560円 からあげカレー 640円 店舗限定 海鮮・丼の価格一覧表(並基準) 海鮮・丼の価格一覧です。 全て並の価格です。 ロカボ牛麺の持ち帰りがありません。 海鮮・丼 価格 注記 豚生姜焼き丼 550円 期間限定 とりそぼろ丼 350円 鉄火丼 680円 山かけ鉄火丼 780円 まぐろたたき丼 580円 まぐろユッケ丼 650円 お子様向けメニューの価格一覧表 お子様向け 価格 注記 お子様牛丼すきすきセット 400円 ドリンク選択可 お子様豚丼すきすきセット 400円 ドリンク選択可 お子様カレーすきすきセット 400円 ドリンク選択可 お子様そぼろ丼すきすきセット 400円 ドリンク選択可 サイドメニューの価格一覧表(並基準) サイズがあるメニューは全て並の価格です。 サイドメニュー 価格 注記 和風オニサラ 130円 期間限定 しじみ汁 170円 期間限定 みそ汁 80円 とん汁 190円 おしんこ 80円 たまご 60円 おんたま 70円 サラダ 140円 ポテトサラダ 180円 オクラサラダ 180円 カットりんこ 80円 マヨポテ 80円 豚生姜焼き 450円 期間限定 牛皿 260円 豚皿 260円 かつぶしオクラ 130円 さば 220円 鮭 220円 からあげ 80円 店舗限定 ごはん 160円 ねぎキムチ 130円 山かけ(わさび付) 130円 おろしポン酢 130円 高菜明太マヨ 130円 高菜 100円 明太マヨ 40円 マヨネーズ 30円 ドリンク・デザートメニューの価格一覧表 Mサイズ、LサイズのあるドリンクはMサイズでの価格になっています。 ドリンク・デザート 価格 注記 いちごアイス 120円 期間限定 とろける口どけ杏仁豆腐 120円 期間限定 濃密ショコラ〜ムース仕立て〜 100円 期間限定 とろーりこくプリン 120円 コカ・コーラ 110円 店舗限定 ミニッツメイドオレンジ 110円 店舗限定 ファンタメロン 110円 店舗限定 カルピス 110円 店舗限定 緑茶 100円 黒烏龍茶 100円 ホットコーヒー 100円 店舗限定 アイスコーヒー 100円 店舗限定 りんごジュース 110円 やさいとフルーツジュース 110円 フェアトレードコーヒー 50円 すき家の持ち帰り、期間限定メニュー価格一覧(サイズ別) 以下はすき家の期間限定商品の価格です。 店舗により取り扱いメニューや価格が違う場合もあるとのことで、参考ということでお願いします。 和風オニサラシリーズ(2019年3月27日~) ・ 和風オニサラ牛丼 (ミニ)420円 (並盛)480円 (中盛)610円 (大盛)610円 (特盛)760円 (メガ)910円 ・ 和風オニサラ豚丼 (ミニ)440円 (並盛)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (特盛)760円 (メガ)910円 ・ 和風オニサラ単品 価格:130円 豚生姜焼きシリーズ(2019年3月20日~) ・ 豚生姜焼き丼 (並盛)550円 (肉1. 5倍盛)650円 (大盛(肉2倍ごはん大盛))780円 ・ 豚生姜焼き単品 価格:450円 しじみ汁(2019年2月13日~) ・ しじみ汁 単品:170円 牛丼しじみ汁おしんこセット:550円 牛丼しじみ汁たまごセット:550円 (その他、お得なセットあり) すき家のお持ち帰り、通常メニュー価格一覧(サイズ別) すき家の持ち帰り牛丼など、メニュー価格一覧です。 サイズ別情報もまとめています。 お持ち帰り、牛丼のメニュー価格一覧 牛丼類のお持ち帰りメニューです。 7倍、お肉が並みの0. 7倍) 中盛(お肉が並の1. 6倍 大盛り ご飯が並の1. 4倍、お肉が並の1. 4倍 得盛(ご飯が並の1. 4倍、お肉が並の2倍) メガ(ご飯が並の1. 4倍、お肉が並の3倍) お持ち帰り、豚丼類のメニュー価格一覧 豚丼類のお持ち帰りメニューです。 豚丼 (ミニ)310円 (並)380円 (中盛)480円 (大盛)480円 (得盛)630円 (メガ)780円 (キング)なしと思われる ねぎキムチ豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 ねぎ玉豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 とろ〜り3種のチーズ豚丼 (ミニ)460円 (並)530円 (中盛)630円 (大盛)630円 (得盛)780円 (メガ)930円 おろしポン酢豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 高菜明太マヨ豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 わさび山かけ豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 かつぶしオクラ豚丼 (ミニ)440円 (並)510円 (中盛)610円 (大盛)610円 (得盛)760円 (メガ)910円 お持ち帰りカレーのメニュー価格一覧 カレーのお持ち帰りメニューです。 カレーが弁当でお持ち帰りできるって素敵ですね! ポークカレー ミニ)390円 並)490円 1. 5盛り)590円 大)620円 特盛)720円 オクラカレー ミニ)520円 並)620円 1. 5盛り)720円 大)750円 特盛)850円 デラックスカレー ミニ)730円 並)830円 1. 5盛り)930円 大)960円 特盛)1060円 牛あいがけカレー ミニ)590円 並)690円 1. 5盛り)790円 大)820円 特盛)920円 豚あいがけカレー ミニ)590円 並)690円 1. 5盛り)790円 大)820円 特盛)920円 とろーりチーズカレー ミニ)540円 並)640円 1. 5盛り)740円 大)770円 特盛)870円 おんたまカレー ミニ)460円 並)560円 1. 5盛り)660円 大)690円 特盛)790円 からあげカレー(店舗限定) ミニ)540円 並)640円 1. 5盛り)740円 大)770円 特盛)870円 まぐろ・丼メニュー 新とりそぼろ丼 並)350円 大)380円(ごはん大) 特盛570円(とりそぼろ2倍ごはん1. 4倍) 鉄火丼 並)680円 大)710円(ごはん大) 特)930円(まぐろ2倍、ごはん大) 山かけ鉄火丼 並)780円 大)810円(ごはん大) 特)1030円(まぐろ2倍、ごはん大) まぐろたたき丼 並)580円 大)610円(ごはん大) 特)830円(まぐろ2倍、ごはん大) まぐろユッケ丼 並)650円 大)680円(ごはん大) 特)900円(まぐろ2倍、ごはん大) お持ち帰りお子様メニュー価格一覧 お子様メニューもお持ち帰り可能です。 お子様牛丼すきすきセット (お子様牛丼、おもちゃ、ドリンク、ひじき煮のセット) 400円 お子様豚丼すきすきセット (お子様牛丼、おもちゃ、ドリンク、ひじき煮のセット) 400円 お子様カレーすきすきセット (お子様カレー、おもちゃ、ドリンク、ひじき煮のセット) 400円 お子様とりそぼろ丼すきすきセット (お子様カレー、おもちゃ、ドリンク、ひじき煮のセット) 400円 (ドリンクはりんごジューズ、やさいとフルーツジュース、緑茶、黒烏龍茶から選択可) サイドメニューのメニュー価格一覧 サイドメニューの価格一覧です。 一部店舗限定や季節限定商品があります。 みそ汁 80円 とん汁 190円 おしんこ 80円 たまご 50円(季節によってお持ち帰りできない場合もあります) おんたま 60円 サラダ 140円 ポテトサラダ 180円 オクラサラダ 180円 マヨポテ 80円 牛皿 ミニ)220円 並)260円 中盛)380円 2倍盛)470円 3倍盛)680円 4倍盛)890円 5倍盛)1100円 豚皿 ミニ)220円 並)260円 中盛)390円 2倍盛)490円 3倍盛)720円 4倍盛)950円 5倍盛)1180円 かつぶしおくら 120円 さば 220円 鮭 220円 からあげ(店舗限定) 2個80円 6個230円 ごはん ミニ)130円 並)160円 大盛)190円 ねぎキムチ 120円 山かけ(わさび付) 120円 おろしポン酢 120円 高菜明太マヨ 120円 高菜 90円 明太マヨ 40円 ひじき煮 120円 マヨネーズ 30円 デザート、ドリンクメニュー価格一覧 以下はデザート、ドリンクメニュー一覧です。 店舗により取扱商品が異なる場合があります。 また、期間限定商品もあります。 とろーりコクぷりん 価格:120円 コカコーラ(店舗限定) M)110円 L)150円 ミニッツメイドオレンジ(店舗限定) M)110円 L)150円 ファンタメロン(店舗限定) M)110円 L)150円 カルピス(店舗限定) M)110円 L)150円 緑茶(ペットボトル) 100円 黒烏龍茶(ペットボトル) 100円 ホットコーヒー(店舗限定) 100円 アイスコーヒー(店舗限定) M)100円 L)160円 (シロップ、ミルク無し) りんごジュース(紙パック) 110円 やさいとフルーツジュース(紙パック) 110円 フェアトレードコーヒー(持ち帰り専用) 50円 すき家のお持ち帰り弁当の予約や注文 価格一覧の前にすき家のお持ち帰り弁当の予約や注文方法や注意点などをまとめます。 すき家のお持ち帰りの予約や注文方法(電話・フリーダイヤルも) お弁当の注文はお店に入ったすぐにあるレジで可能です。 弁当専用メニューもあるので、注文する商品が決まっていない場合はメニュー表(看板、チラシなど)を見てゆっくり決めるといいでしょう。 (詳細:) また、電話予約で待たずに買える「すき家 お弁当ダイヤル」もあります。 時間限定ではありますがフリーダイヤル: 0120-554-489にて注文できるので状況に応じてご利用ください。 (注文可能時間:9:00~20:00、注文時間によって希望時間に受け取れない場合もあります。 希望時間の30分以上前に連絡してください) すき家の持ち帰り、牛皿など単品メニューについて(ご飯なしも可) すでにご飯を炊いている時などは牛皿、豚皿などの単品メニューでも十分ということもあるでしょう。 すき家では単品メニューの販売もしています。 単品メニューの方が良い場合はそちらを選択するといいでしょう。 それ以外にも単品で注文できる商品が多数あります。 場合によっては変形することもあるそうです。 私も何度かそのまま温めて特に問題は無かったのですが耐熱容器ではないと後から知って少しびっくりしました。 すき家 販売終了した商品のメニュー価格一覧 以下は販売終了した商品のメニュー価格一覧になります(期間限定で復活する場合もあり)。 参考まで。 共に並盛は550円です。 牛ビビンバ丼定食は例外です) つぶつぶいちごジェラート 120円 とろける杏仁豆腐 100円 みかんゼリー 100円 春のえび塩キャベツ牛丼(2016年3月1日~) (ミニ)440円 (並)500円 (中盛)620円 (大盛)620円 (得盛)730円 (メガ)880円 春のえび塩キャベツ豚丼(2016年3月1日~) (ミニ)460円 (並)500円 (中盛)620円 (大盛)630円 (得盛)730円 (メガ)880円 ごまだれ豚丼 (ミニ)350円 (並)390円 (中盛)510円 (大盛)520円 (得盛)620円 (メガ)770円 海鮮中華丼(~2016年2月29日頃) 並)490円 ごはん大)520円 炭火旨だれやきとり丼 並)450円 ごはん大)480円 炭火旨だれとりマヨ丼 並)560円 ごはん大)590円 おんたま牛あいがけカレー ミニ)630円 並)690円 大)800円 メガ)910円 てり焼きハンバーグカレー ミニ)660円 並)720円 大)830円 メガ)940円 チーズてり焼きハンバーグカレー ミニ)800円 並)860円 大)970円 メガ)1080円 チキンと彩り野菜カレー 並)580円 ご飯大盛)610円 (参照:) すき家の持ち帰りメニューまとめ 今回はすき家のお持ち帰り弁当類のメニュー値段一覧をまとめました。 基本的には店内と同じメニューが注文可能ですが、一部注文できない商品(定食類は基本的に持ち帰り不可)もありますのでご注意ください。 まだ弁当の注文をしたことがなくて不安という人もおられるかもしれませんが、特に難しいことはありませんので、気軽に注文してみてください。 (合わせて読んでね).

次の

すき家の【まぐろ】は持ち帰りできる商品なんでしょうか?すき家の海鮮について紹介します。

すき家 持ち帰り レンジ

【冷めたマックを復活させるカギはレンジとオーブントースターにあり!】 それでは早速冷めたマックのハンバーガーを復活させていきましょう。 ハンバーガーを温め直す2つの方法とは、• レンジを使った方法• オーブントースターを使った方法 となっています。 どちらも方法としてはとても簡単なのですが、 手間として考えると、楽なのはレンジかなと思います。 中にはレンジが家にない方もいらっしゃるかと思いますので、トーストや冷凍ピザを焼くのに使うオーブントースターを使った方法もご紹介したいと思います。 オーブントースターを使った方法でも十分簡単なので、是非試して頂ければと思います。 レンジの「解凍」で1分チンする。 出来上がり! はい、 たったこれだけです。 とても簡単すぎるのですが、ポイントは「あたため」じゃなくて 「解凍」を使うところです。 どうしてもレンジで温めるとなれば、躊躇することなく「あたため」を使いがちですが、ハンバーガーには向いていません。 「あたため」を使うと、やり過ぎてバンズが固くなってしまうんですよね。 ちゃんと温まるけど、食べてみたらあまり美味しくない…というのが「あたため」です。 かといって短い時間にしてしまうと、全体的に温まりきらない… 万能だと思われがちな「あたため」は実は万能ではないので、使わない方が良いです。 じっくりと温めることにより、 バンズは固くならずにフカフカとなり、全体的に熱が行き渡って温かくなるのです! ちなみに「解凍」する際、ラップで包んだりしてはいけません。 レンジでラップを使うと、水分が外部に出てきてしまうため、バンズがグッショリ濡れてしまって美味しくありません。 ハンバーガーをアルミホイルで包む。 およそ30秒~1分で、少しずつ様子を見ながら待つ。 以上となります。 レンジ派と比べると、アルミホイルで包むという行程が追加されています。 オーブントースターは外部から熱を与えるため、内部まで十分温まらない恐れがあるのですが、アルミホイルで包むことにより内部まで熱を通しやすくする効果があるのです! ですから、オーブントースターを使う場合は、ちょっと面倒でも是非アルミホイルで包んでいただければと思います。 【冷めたポテトやナゲットを温め直す方法も一気にご紹介!】 マックで後から温め直して食べたいメニューと言えば、ハンバーガーよりもポテトの方が多いのでは?と思います。 我が家でも子どもがポテトを残すのですが、残すとわかった時にはもうポテトは冷めちゃっていますからね… ポテトの温め直しをやりたいあなたのために、冷めたポテトを温め直す方法をまとめてみました!• マックフライポテト• チキンマックナゲット• 三角チョコパイ• アップルパイ 大人気のマックメニューを美味しくあたため復活する方法を伝授! 【マックのカロリーを気にせずに楽しみたい!そんな方法はあるのか?】 マックの復活により、マックメニューはどれも美味しくなりましたが、カロリーは相変わらず高いままです。

次の

すき家や吉野家の持ち帰り牛丼は冷蔵庫や冷凍で保存しても大丈夫?食べてみた結果

すき家 持ち帰り レンジ

先日、牛丼を食べていた記者は具材とご飯を別々に持ち帰れる某チェーンの仕組みを発見。 しかも、イートインと同じ値段で(!)。 今回は牛丼のテークアウトにスポットを当てます。 牛丼屋さんといえば、店内でサクッと食べられるのも魅力ですが、家庭の食卓や自動車の車内で楽しむために「テークアウト」ができるのも、ありがたいですよね。 これは丼メニューなどを持ち帰る際に、具材とご飯を別々にできる仕組みのようです。 運営する松屋フーズによると、セパレートのメリットは「お持ち帰り後にレンジで温めなおしても、できたての美味しさをキープ」できること。 そこで、「テークアウトはここまで進化していたのか」と驚きを隠せない記者が、大手3社の事情を取材しました。 とはどうなっているのか… まず松屋では、プレミアム牛めし以外にも、看板メニューの「牛めし」(並盛290円)などの丼類はすべてセパレートが可能。 しかも、ありがたいことに、全メニューがイートインと同じ値段で持ち帰りできます。 ほかのチェーンはどうでしょうか。 吉野家を運営する吉野家ホールディングス(HD)によると、たとえば「牛丼」(並盛380円)を具材とご飯に分けてテークアウトしたい人は「牛皿」(並盛330円)と「ご飯」(140円)を個別に注文する必要があるそう。 つまり合計470円となり、牛丼を1人前頼むよりも90円高くなる計算です。 これは牛丼に限らず、あらゆる丼メニューに共通だそう。 同社担当者は、その理由について「古くからの販売方法なので」と話します。 同様に「すき家」も、丼の具材とご飯を別個に注文する必要があるとのこと。 「牛丼」(並盛350円)であれば、「牛皿」(並盛260円)と「ごはん」(並160円)を買う必要があり、やはり牛丼を1人前注文するよりも70円高くなります。 運営するゼンショーHDの担当者は「『定食』としてのお持ち帰りもやっていませんし、個別に注文していただくしかありません。 店舗のオペレーション上の問題もあります」と説明します。 セパレートの秘密は「容器」にあった つまり、大手3社の中で唯一、松屋だけが通常と変わらない値段で具材とご飯を別個に持ち帰りできるようです。 松屋フーズの担当者は「そもそもテークアウト用の容器が他社さんと異なり、(具材とご飯を分けても)1つの容器で済む特徴があります」と話しています。 (オトナンサー編集部) 外部サイト.

次の