デーツ ドライ フルーツ。 【楽天市場】ドライフルーツ > デーツ:オーケーフルーツ

ドライフルーツ 通販

デーツ ドライ フルーツ

ドライデーツとは? デーツはメソポタミア文明時代からあるとされている食材で、とても栄養価が高いとされ アフリカやペルシャなどでは主要な食べ物として有名です。 基本的にはデーツは樹齢約100年といわれていますが、丈夫なもので200年の木もあり、 生命力の長さからも栄養価が高いことがうなずけますね。 デーツはナツメヤシといも呼ばれていてその由来は「なつめ」に似ている事から来ています。 なつめはクロウメモドキ科の果実ですが、デーツはヤシの木の実なので全くの別ものだという事を覚えておいてくださいね。 食物繊維 食物繊維は 腸の働きをサポートしたり、便秘の解消にも良いとされている有名な成分。 食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あるのですが、ドライデーツはこの2種類ともふくんでいるのが魅力なのです。 不溶性食物繊維は水分を含むことで膨張し、 腸中を刺激しすることでたまった便を押し出してくれる効果があります。 また水溶性食物繊維は水分に溶ける性質で、体内でゲル状になるため 不要な物質を吸着し一緒に体外へ排出してくれる効果をもっています。 マグネシウム マグネシウムは 酵素をサポートする役目を担っているミネラルです。 摂取したマグネシウムの約半分は骨になり、のこりの半分で臓器や筋肉などに変わっていきます。 健康を維持するのはもちろん体を作ってくれるので重要な成分と言えます。 リン リンはミネラルの一種でカルシウムの次に体内に多く含まれているといわれています。 亜鉛 亜鉛はカルシウムの吸収を促す効果があります。 民間研究機関が科学技術庁放射線医学総合研究所と合同で行った実験で 骨粗鬆症の治療に効果があると発見しています。 そしてアルコールを分解する時にも活躍するため、 飲みすぎや二日酔いの防止にもつながります。 また亜鉛が不足してしまうと味覚障害に陥る可能性もあります。 舌にある味蕾という味を感じ取る所が、 亜鉛が不足することで細胞のターンオーバーをすることができず味覚異常につながります。 そうならないためにも、しっかりと亜鉛をとることが大切です。 ビタミンA ビタミンAの効果で有名なのは 眼の機能を守る・ガン予防・皮膚や粘膜を守るなどです。 ビタミンAは視力維持、夜盲症予防・改善にも効果があります。 夜盲症は暗闇での光を感じにくくなり、鳥目のように目がきかなくなる症状を言います。 改善方法として網膜に光があたったことを脳に通達する ロドプシンという成分を増やすというものがあります。 そのロドプシンを作りだすサポートをするのがビタミンAなのです。 皮膚や粘膜の働きをよくするのもビタミンAで、菌やウイルスを体に侵入させないという効果が高まります。 風邪やインフルエンザなどにかかりにくくしてくれるので、 子供や老人に積極的にとらせたい成分です。 ビタミンE ビタミンEには抗酸化作用があると有名です。 抗酸化作用は老化や万病の素となる活性酸素を抑制してくれる力のことを言います。 シミやシワ、たるみなどの原因をおさえてくれるのですから、女性にはうれしい成分ですよね。 その他にも 悪玉コレステロールが酸化するのをおさえる効果もあり、血流をサラサラにしてくれる効果もあります。 血中に悪玉コレステロールが多いと血栓などになりやすいので、健康にも一役かってくれる成分です。 5粒食べたら100キロカロリーですから案外高カロリーな印象です。 ドライフルーツの甘み成分は果糖なので血糖値をあげないとされていますが、加工する段階で添加物や甘味料をまぜて販売している商品も多いので一概にそうとは限りません。 大量に摂取してしまうと肥満や肌荒れなどのトラブルを招く可能性もありますから、摂取量に注意しましょう。 あらかじめ1日分を小分けにしておくと摂りすぎる心配はなくなりますし、直接食べるのではなく調理などで個数を決めて使用するのも良いです。 食べ過ぎない工夫を自分なりに見つけてみてくださいね。

次の

大人気!ドライデーツのカロリーと栄養

デーツ ドライ フルーツ

「あさイチ」2020年ブレイク必至のスーパーフルーツ「デーツ」とは? 2020年1月9日(木)の「 あさイチ」では、 今注目の スーパーフルーツ「デーツ」が紹介されました。 東京都新宿区の ドライフルーツ専門店で、 2020年ブレイクしそうなフルーツを紹介しました。 デーツは、もともとは 中近東原産のナツメヤシというフルーツで、 クレオパトラも愛したといわれ、ドライフルーツは テニスプレーヤーのジョコビッチ選手も 試合の合間に 栄養補給に食べていたそうです。 デーツの味はとても 甘く、歯ごたえも柔らかいので、 お子様や年配の方でも食べることができそうです。 デーツは 皮がやわらかく、ねっとりとした食感です。 デーツは 干し柿に似た甘みで、 しつこくなく後味はすっきりとしています。 「あさイチ」スーパーフルーツ「デーツ」の効果や栄養は? 東京都新宿区のドライフルーツ専門店では、すべてのドライフルーツの中で、 デーツの販売量が一番多いそうです。 デーツは専門店以外の スーパーマーケットでも取り扱いが広がっています。 デーツは 砂漠の過酷な条件で生育し、その 生命力の強さから 「生命の木」と呼ばれています デーツに含まれる 鉄分はブルーベリーの3倍、 食物繊維はバナナの7倍、 豊富なミネラルが含まれているそうです。 デーツに多く含まれる糖の成分は、 吸収の速いブドウ糖・果糖なので、 運動や仕事・勉強中の 即効性の高いエネルギー補給として適しています。 亜鉛を含んでいるため、 デーツは ヘモグロビンや赤血球の生成に効果があります。 デーツは、月経で血液が失われる 女性は特に摂取するとよいとされています。 「あさイチ」では、管理栄養士・園部裕美さんが、 デーツは繊維が多いため血糖値が上がりにくく太りにくいと説明していました。 甘いのに太りにくいと珍しい食品で、 デーツはダイエットにもよさそうですね。 デーツは サウジアラビアでは、 女性の体にとても良いとされています。 イスラムの国では 1日3粒のデーツを食べると、 元気な赤ちゃんが生まれると言われているそうです。 デーツは 世界中で食され、特に 中近東諸国では必要不可欠な食品です。 海外では以前からデーツに関する研究が盛んに行われています。 近年では動物や細胞を使った試験等により、健康への効果が期待される結果も得られているようです。 デーツの 1日の目安は3~4粒です。 デーツは、 食べすぎるとお腹がゆるくなってしまうという可能性もあるそうです。 デーツは、アマゾンや楽天など通販でも購入可能です! リンク 「あさイチ」スーパーフルーツ「デーツ」の効果的な食べ方は? デーツは 料理の隠し味にも使用されていて、 広島市のお好み焼きソースを製造する会社では 40年前からソースにデーツを使ってきたそうです。 (番組では会社名はだされていませんでしたが、有名なオタフクソースの会社ですね。 ) デーツを使うと、 砂糖を使うよりも コクや深み、そして とろみがでるそうです。 広島の会社では、ソースだけでなく、デーツを使った様々な商品の開発を進めているそうです。 デーツを刻んでパンやケーキに入れたり、クリームチーズを閉じ込め生ハムで巻くといったアレンジもできます。 イチオシでは、 デーツを切ってクリームチーズとナッツを挟むというアレンジをすすめていました。 ヨーグルトにフルーツを加え、そこにデーツシロップをかけるのもいいですね。 また デーツとグラノーラと一緒に食べるのもおすすめです。 デーツはブルーチーズ、ベーコン、チョコレートといった素材と組み合わせたレシピが多く、おしゃれなメニューに変身させることも可能です。 デーツは 栄養満点で、 美容や健康にもよさそうです。 まとめ:「あさイチ」デーツの効果や栄養は?スーパーフルーツの食べ方は? 2020年1月9日「 あさイチ」で紹介された スーパーフルーツ「デーツ」の 効果や栄養や食べ方に、 追加情報を加えて公開しました。 2020年ブレイク必至のスーパーフルーツ「デーツ」はますます注目されるでしょう。 デーツには、驚くほどの栄養や効果がありますね。 食べ方も色々あり、デーツを使用した料理レシピも増えています。 ぜひスーパーフルーツ「デーツ」を入手し、2020年も元気に過ごしましょう! 最後まで読んで頂いて有難うございます。

次の

ダイエットにおすすめ!ドライデーツの効果・効能

デーツ ドライ フルーツ

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『ドライフルーツ「デーツ」の驚きの効果』をご紹介させて頂きます。 美容食としても人気急上昇 いま人気急上昇の「デーツ」は、ナツメヤシの実です。 日本ではドライフルーツとして、スーパーマーケットでも見かけることが増えています。 デーツにはビタミンやミネラルが豊富に含まれ、紀元前6000年から栽培され、中近東諸国を中心に栄養源として、人々の健康を支えてきた大事な食べ物です。 イスラム教の聖典コーランには「神の与えた食物」、旧約聖書には「エデンの園の果実」と記載されています。 現在では、イラン、エジプト、サウジアラビア、オマーン、パキスタン、北アフリカなどの国々で生産・輸出されています。 妊娠中の女性が栄養補給として食べるほか、アンチエイジングやダイエットなどに効果がある美容食として、女性を中心に人気が高まっています。 上質な「黒糖のような」甘さ デーツの形は直径2~3cm、長さ3~7cmの楕円で、しっとりした食感で、味は上質な黒糖のような、濃厚な甘みが特徴です。 レーズンが苦手な人も、デーツはおいしく感じるようです。 また、プルーンのようにクセがないのも、女性に好まれる理由のひとつでしょう。 栄養価では、鉄分、カルシウム、カリウムなどのミネラルや食物繊維が豊富で、その含有量は、ミラクルフルーツとも呼ばれる「プルーン」を上回り、果実のなかでもトップクラスです。 そして栄養分は、乾燥(ドライ)させ、日数が経過しても効果がほとんど失われないのが大きな魅力です。 そのため、昔から、砂漠を移動するキャラバンはドライ状にしたデーツを保存食として持ち歩き、旅を続けていたといいます。 健康と美容から見る、デーツの効果 さまざまな栄養を持つデーツを摂取するには、ドライフルーツとして加工されたものを「そのまま食べる」のが簡単でよいでしょう。 甘さが気になる人は、クルミなどのナッツ類とあわせると食べやすくなります。 そして、気になるその効果について、健康と美容から5つ紹介します。 <貧血予防> 貧血予防に欠かせない鉄分、葉酸、亜鉛を含んでいるため、ヘモグロビンや赤血球の生成に効果があります。 月経で血液が失われる女性は特に摂取するとよいでしょう。 <ストレス緩和> デーツには、ストレス緩和に関与するカルシウム、ビタミンB、亜鉛、パントテン酸、セロトニンが含まれています。 カルシウム、ビタミンB、亜鉛にはイライラを鎮める効果があります。 パントテン酸は、副腎皮質ホルモンの生成を助け、ストレス耐性を高めます。 セロトニンは、心の安らぎなどに関与する神経伝達物質です。 < 改善> デーツに含まれるマグネシウムや食物繊維は便通の改善に効果が期待できます。 特に食物繊維は豊富で、デーツ3粒を食べたときの食物繊維の摂取量は、バナナ1本分に相当します。 <ダイエット効果> デーツは、GI値(Glycemic Index値:食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったもの) が低いため、血糖値が急激に上昇しないことから、食べ過ぎを防ぎ、ダイエット中の「甘いもの」対策に適しています。 細胞を活性化させる、コラーゲンの生成をサポートする、お肌のターンオーバーを正常化させる、など美肌やアンチエイジングに役立つ食材です。 まずは「1日3粒」から始めよう デーツは「甘いのに太りにくい」と言われますが、まずは1日に3粒程度を目安に、サプリメントのような感覚で試してみてはいかがでしょう。 最近では、デーツを使ったレシピがインターネットで紹介され、食べ方のバリエーションを増やして楽しむ人も増えています。

次の