ブリティッシュショートヘア 販売。 ブリティッシュショートヘアを販売しているブリーダーやショップを紹介

ブリティッシュショートヘアってどんな猫?まるわかり大辞典

ブリティッシュショートヘア 販売

【目次】• 2世紀頃に古代ローマ帝国がイギリスを襲撃し、ローマ人達はイギリスに農耕を取り入れました。 農耕を取り入れると、作物をご飯とするネズミや害虫が発生するということもあり、ネズミや害虫を駆除するためにブリティッシュショートヘアーが持ち込まれたといわれています。 1870年代には、ネズミ捕りがとても得意な猫として繁殖されるようになりました。 また、より優秀な猫を誕生させるために改良もされていきました。 1871年にはイギリスで初めてのキャットショーが開催され、ブリティッシュショートヘアーはいくつもの優秀賞を授賞しました。 そして、1890年代にようやくイギリスで公式な猫の品種に認定されました。 ブリティッシュショートヘアーは、1970年代にアメリカに持ち込まれると、瞬く間に人気がでました。 2000年代からは、東洋系の猫の品種との交配がすすめられ、様々な色合いのブリティッシュショートヘアーが誕生しています。 猫にまで食べ物がまわることが難しくなり、一時期、ブリティッシュショートヘアーは絶滅しそうになるまでの状況になりました。 そこで、「ブリティッシュショートヘアーを後世に残していきたい」というブリーダーたちの思いがあり、その結果、似ている猫の品種といわれていた長毛種の「ペルシャ」との交配がすすめられました。 ペルシャとの交配によって、ブリティッシュショートヘアーは絶滅を免れました。 ペルシャとの交配により、これまでになかった長毛種の「ブリティッシュロングヘア」や体格の違う猫が誕生しました。 今ではペルシャとの交配が行われなくなってきているので、短毛種のブリティッシュが主になっています。 5~6. 5kg、メスは3. 5~5. 5kgです。 猫の平均的な体重ですが、完全な成猫になるまで3年はかかるとされるほど、しっかりとした体格の猫です。 ブリティッシュショートヘアーは、丸く大きな顔、頬も目も丸く、鼻は短め、離れ気味の小さな耳が特徴です。 目の色は、ブルーが多いようです。 体は胸が厚く、広い肩幅、足はがっしりとしていてやや短めで足先は丸みがあります。 尻尾の長さは体の3分の2ほどの長さで、尻尾の先が丸くなっているのが特徴です。 ボディタイプは中型からやや大型のセミコビータイプです。 元々は農作物をネズミや害虫を駆除するために、イギリスで改良を繰り返されていたため、運動をするのが大好きな猫が多いです。 筋肉質な体でスタミナもあります。 運動不足になると、骨格が太いため太りやすくなります。 被毛は短く厚く密生しており、ごく細かく縮れています。 毛質の手触りはとても良く、被毛の質のよさは有名です。 毛色は、ブリティッシュショートヘアーの独特の灰色「ブリティッシュブルー」と呼ばれるほど代表的な色があります。 他にはブラック、クリームタビー、キャリコ、ブルークリーム、シルバーパッチドタビーなどがあります。 近年では、様々な異色交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだために、あらゆる色が誕生しています。 ブリティッシュショートヘアーの性格は? ブリティッシュショートヘアーは、知的で学習能力の高い性格の持ち主であるといわれています。 物静かでとても穏やかな性格をしており、賢い上に自立心が高く、無駄に鳴くことはありません。 堂々とした雰囲気をしているのがブリティッシュショートヘアーの性格の特徴です。 ネズミや害虫の駆除をするハンターとして過ごしてきている環境の影響もあり、我慢強い性格なので普段はあまり感情を見せないといわれています。 ネズミ捕りのハンターとして過ごしてきた分、おもちゃで遊ぶのがとても大好きです。 運動能力も高いのでいろんなおもちゃで遊んでくれると思います。 ハンター気質なので、おもちゃで遊ぶ時は狩りの真似をし、遊んだ後に飼い主さんに褒められることが大好きな性格をしています。 人の膝に乗るより、ソファで寝ていることのほうが好きな性格の猫です。 必要以上に触ろうとすると、猫にストレスがかかってしまうのでやめましょう。 ブリティッシュショートヘアーはとても賢く、飼い主さんの言うことをきちんと聞いてくれます。 むやみに鳴くこともないので、飼いやすい猫の性格といえます。 自立心が高いため、他の猫と比べて留守番も苦にならない性格だといわれています。 周りが騒がしいのを苦手とする性格です。 大家族で普段から常に賑やかな環境であったり、小さい子供がいる環境は好みません。 飼い主さんが住んでいる場所が騒がしい所だった場合は、ブリティッシュショートヘアーはおすすめできません。 静かな環境を好む性格の猫なので騒がしい場所では、猫にストレスがかかってしまう恐れがあります。 ブリティッシュショートヘアーの値段は? ブリティッシュショートヘアーの子猫の値段は 10万円~25万円が多いようです。 両親がチャンピオン猫でその血を引き継いでいて血統書がついている猫だと50万円の値段にもなります。 ペットの専門店コジマでの参考価格は、10万円~30万円程度となっているようです(2019年12月現在)。 基本は、子猫より成猫のほうが値段は安くなっています。 あまりにも値段が安い猫の場合は、なぜ安いのか理由を聞いたほうがいいでしょう。 ・代表的な毛色「ブリティッシュブルー」 「ブリティッシュブルー」と呼ばれる代表的な毛色のブリティッシュショートヘアーは、少々値段が高くなる傾向があります。 人気があるブリティッシュショートヘアーは、比較的入手しやすい猫の品種です。 ペットショップやブリーダーから入手しやすい値段で購入することができます。 里親探しをすれば、里親として迎えることも可能だと思われます。 ・珍しい毛色「ダイリュートキャリコ」 「ダイリュートキャリコ」と呼ばれる色味が薄くなった毛色をしている猫も高い値段がついています。 ダイリュートキャリコの毛色は、パステル三毛といわれる薄い色の毛なのが特徴で、三毛猫の中でも淡い色のポイントカラーを持った猫のことをいいます。 黒、濃いオレンジ、白とはっきりとした3色ではなく、それに白色を足して薄めたような淡いカラーリングが特徴です。 この「ダイリュートキャリコ」は日本猫の毛色にはなかった色で、海外の猫の血が入っていると思われます。 珍しい毛色のため、高い値段がつくことがあります。 ブリティッシュショートヘアーの子猫を選ぶときは、体ががっしりとしていて重量感がある子猫がおすすめです。 被毛が密生しているタイプがいいでしょう。 毛色はあらゆる色が誕生していて、その中でも人気があるのはブルーです。 ブルーを選ぶならば、毛先がシルバーではっきりとした毛並みになっている子猫がいいでしょう。 骨格が太く、体質的に太りやすいため、あまり運動をしないとすぐに太ってしまいます。 ブリティッシュショートヘアーを太らせないためには、家の中には動き回って遊べるスペースやキャットタワーなど、遊べる環境を整えましょう。 運動不足にならないように日頃から注意しましょう。 また、高齢期(7歳以上)になるとほとんど遊ばなくなるといわれています。 骨格も太く、体質的に太りやすいので、高齢期以降は運動をさせるための工夫が必要になります。 無理に触って追い詰めたりすると怒る可能性がありますので、運動不足やストレス解消にはお気に入りのおもちゃや新しいおもちゃを与えましょう。 抜け毛などが気になるときに1日1回のブラッシングをしましょう。 ブリティッシュショートヘアーの性格からして、人に体を触られるのはあまり好みません。 子猫の頃から、シャンプーやブラッシングなどを日頃からしておくと、成猫になってもブラッシングなどを嫌がることなく、手間取ることが少なくなるそうです。 そのため、「しつけは難しいのかな?」というイメージを持つかもしれません。 騒がしいのが嫌いでとてもクールですが、頭が良く飼い主さんの言うことを理解しようと「頑張り屋さん」の一面もあります。 そのため、しつけにはあまり困らない猫種と言えるでしょう。 また、抱っこは苦手としつつも、褒められることに対しては、とても喜びを感じてくれます。 褒めれば褒めるほど学習能力が高まっていく、優秀な猫ちゃんなのです。 ブリティッシュショートヘアーを褒めるときに効果的なのは、褒めながら撫でてあげること。 飼い主さんの気分次第でむやみに触られるのは嫌う傾向にありますが、「褒められる&撫でられる」のは喜ぶようです。 優しく撫でてあげてくださいね。 ただ、褒めてばかりだとしつけが成功しないでしょう。 「しつけ」は、ダメなことも教えていかなければなりません。 叱るときは、声のトーンなどで「叱る」と「褒める」を区別して、猫が分かるようにしましょう。 「飼ってみたい」と思う人も多いでしょう。 そこで悩むのが「オスとメス、どっちを飼うべき?」ということですよね。 さきほど、ブリティッシュショートヘアーの一般的な性格についてお伝えしましたが、実は「オス」と「メス」で少し違う点もあります。 基本的に自立心が高く、飼い主さんとも適度な距離を取ろうとするブリティッシュショートヘアーですが、オスは若干その傾向が薄れます。 飼い主さんに、近づこうとする様子も見られるので、少し近い距離で接することができそうです。 ただ、オスの本能的な闘争心もあり、「メスを探したい」と脱走しようとすることも少なからずあります。 一方のメスは、自立心が高めです。 飼い主さんとの距離を縮めることがなく、クールビューティーぶりを発揮することでしょう。 飼い主さんからベタベタしようとしても、シャットアウトされてしまうかもしれません。 オスはスプレー行動、メスは発情期で夜鳴きなど、性別が持つ本能で悩むことがあるでしょう。 それをおさえる意味で去勢手術や避妊手術をする飼い主さんもいます。 手術をすると、少し性格が丸くなるメリットもあります。 ただ、全身麻酔で手術をしなければならないこと、太りやすくなり肥満のリスクが増えること…と、少なからずデメリットも。 メリットやデメリットをしっかり理解したうえで、検討することが大事です。 ブリティッシュショートヘアーの寿命、気を付けたい病気は? ブリティッシュショートヘアーを飼ううえで知っておきたい寿命や病気について説明していきます。 普通の猫の平均寿命は15年ほど…と言われているため、ちょっと長寿傾向にあると考えてもいいでしょう。 遺伝疾患の有無や生活環境、飼い主さんのケアなど、生きていく環境次第で寿命は長くなったり短くなったりもします。 日頃から、「栄養のあるフードを食べさせる」「健康的でいられるように運動させる」など、食事管理や健康管理を意識し、寿命を延ばしましょう。 ・尿結石 名前からもイメージできるかもしれませんが、尿結石は「石」が腎臓や尿管、膀胱の付近にできてしまう病気です。 おしっこしたいのにうまく排出できなくなり、猫のストレスは高くなるでしょう。 尿管にできた石が引き金となり、痛みを訴えることもあります。 人間のように「痛い」と伝えることができず、「ソワソワしている」「排尿時に痛がるように鳴く」など、普段と違う行動で気づくかもしれません。 ひどくなると、おしっこが出ずに、命の危険にもつながることも…。 尿に血が混じっていたり、排尿時にいつもと違う行動をとったりなど、尿関係で気づいたことがあったら動物病院で相談してみてくださいね。 ・糖尿病 ブリティッシュショートヘアーは、糖尿病にも注意すべきと言われています。 先天性でこの病気にかかるケースもありますが、肥満やストレスなど後天的な原因によって引き起こされることもあります。 後天的な原因による糖尿病は、飼い主さんの健康管理で回避することができます。 ブリティッシュショートヘアーは、そもそも太りやすい体質なので、「適度に運動をさせる」「食事を食べさせ過ぎない」など、太らせないように注意しましょう。 糖尿病は、人と同じように猫がなってしまうことも珍しくありません。 飼っている猫が糖尿病になった時、投薬をしたり、食事の管理をしなくてはなりませんが、猫にとって投薬や好きなご飯を食べられないことはストレスにもなります。 猫が糖尿病になる原因なんなのでしょうか。 どういった症状や治療方法、予防方法があるのでしょうか。 どんな猫にも言えますが、平均的な体重よりもかなりオーバーすると、関節や体に負担が大きくなってしまいます。 骨以外にも、心臓や器官など、体の内部にまで影響が出て、病気を発症するかもしれません。 また、ストレスも病気のリスクを高めます。 一緒に遊んであげることで、「運動不足」「ストレス発散」の両面をケアできるので、日頃からコミュニケーションを取りましょう。 ただ、構いすぎると、自立心の高いブリティッシュショートヘアーにとってはストレスになることも。 適度な距離を保ちつつも、愛情を持って「体のケア」「心のケア」を心がけてくださいね。 まとめ ブリティッシュショートヘアーは、イギリスでは最も古い猫の品種で、とても長い間、人と過ごしてきた猫です。 略して「ブリショー」と呼ばれており、とても人気があります。 ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫のモデルになったともいわれています。 ブリティッシュショートヘアーは、狩りがとても上手でその名残が今でも残っています。 そのため、体を動かすことが大好きで飼い主さんと遊ぶ時間も普通の猫と比べると長くなるでしょう。 飼い主さんは遊ぶことで猫とのコミュニケーションをとれると思います。 褒められるのが大好きなので遊んだ後などには思いっきり褒めてあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の

関東のブリティッシュショートヘアの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

ブリティッシュショートヘア 販売

ずんぐりとした丸みのある見た目と、「ブリティッシュブルー」と呼ばれる青みがかったグレーの被毛が特徴のブリティッシュ・ショートヘア。 イギリスで最も古い歴史を持つ猫種といわれているほか、アメリカン・ショートヘアの起源になった猫とも考えられています。 今回は、そんなブリティッシュ・ショートヘアの性格や飼い方、しつけの仕方、かかりやすい病気についてご紹介します。 ブリティッシュ・ショートヘアの性格 子猫の頃は他の猫種同様にとても甘えん坊な性格です。 しかし、個体にもよりますが、成長とともに自立心が強くなる傾向があり、撫でられたり抱かれたりなどのスキンシップをあまり好まなくなります。 のんびり屋でマイペースな性質ではあるものの、胸板が厚くて脚も太く、筋肉質のがっしりとした体格の個体が多く、運動能力が高いという特徴もあります。 そのため、おもちゃなどを見せると機敏に動き回ったり、ジャンプしたりもします。 また、頭がとても良いため、しつけがしやすく手がかかりにくい品種です。 ブリティッシュ・ショートヘアは 「猫とほどよい距離感で暮らしたい」という方にピッタリの猫といえます。 ブリティッシュ・ショートヘアの飼い方 ブリティッシュ・ショートヘアを飼ううえで、気をつけなければならないポイントは、運動・食事・騒音の3つです。 運動ができる環境づくり 丸みがある体形で性格ものんびりとしているため、一見運動が苦手なように思えますが、実は運動能力がとても高く、走ったりジャンプしたりするのも得意です。 しかし、自ら激しく動き回ることがほとんどないため、運動ができる環境を与えてあげないと運動不足に陥ってしまいます。 そのため、 おもちゃで定期的に一緒に遊んであげることはもちろん、キャットタワーなどを設置して、ひとりで遊んだり運動したりできるような環境をつくってあげることが大切です。 高タンパク・高カロリーの食事 ブリティッシュ・ショートヘアは筋肉量が多いため、食事はなるべく高タンパク・高カロリーのものを与えるようにしましょう。 ただしそれらの栄養素が高い食事は太りやすくもあるため、運動量をしっかりと確保することも大切です。 静かな環境づくりが重要 ブリティッシュ・ショートヘアは騒がしい場所が苦手で、騒音によってストレスを感じやすい性質です。 普段過ごす部屋が道路沿いで車や人通りが激しい場合、ストレスを感じて体調を崩してしまうこともあるので注意が必要です。 また、テレビや音楽などの音量にも敏感です。 側にいるときはなるべく低めに設定するようにしましょう。 ブリティッシュ・ショートヘアのしつけ方 前述のとおり、ブリティッシュ・ショートヘアはとても頭が良いため、しつけにはあまり困りません。 褒められるのが大好きな性格のため、上手におもちゃをキャッチできたときなどは、しっかりと褒めてあげるようにしましょう。 褒めながら耳のうしろやあごを優しく撫でてあげると喜びます。 ブリティッシュ・ショートヘアがかかりやすい病気 ここでは、ブリティッシュ・ショートヘアがかかりやすい代表的な病気をいくつかご紹介します。 糖尿病 ブリティッシュ・ショートヘアは運動好きですが、肥満になりやすい体質です。 肥満が引き金となり、糖尿病にもかかりやすいといわれています。 成猫になると運動量が減るため、運動不足にならないように注意してあげましょう。 皮膚病 ノミやダニのほか、アレルギーが原因の皮膚炎や、ストレスや栄養の偏りによる湿疹や脱毛などにも注意が必要です。 ブリティッシュ・ショートヘアが苦手なスキンシップを無理やり行ったり、騒がしい中で過ごさせたりすることは避け、なるべくストレスがかからないような環境を与えてあげるようにしましょう。 尿結石 水をあまり飲まない猫や、去勢後のオス、肥満気味のメス猫などは、尿結石にかかりやすいといわれています。 尿結石は、症状が進むと重症になるケースもあるため、早めに気がついてあげることが大切です。 食欲低下のほか、トイレに行く回数が増えたのに尿の量が少なかったり、排尿時に痛そうにしていたりする場合は、すぐに動物病院を受診しましょう。 おわりに 今回は、丸みのある愛らしい見た目と美しいグレーの被毛が特徴の、ブリティッシュ・ショートヘアについてご紹介しました。 ブリティッシュ・ショートヘアは、運動不足とフードの栄養バランス、騒音に気を配ってあげると、基本的に穏やかで頭が良いため、とても飼いやすい猫です。 適度な距離感を保ちつつも、猫の存在を感じながら生活したいという方は、ぜひ候補に入れてみてくださいね。

次の

関東のブリティッシュショートヘアの子猫を探す|専門ブリーダー直販の子猫販売【みんなの子猫ブリーダー】

ブリティッシュショートヘア 販売

【目次】• 2世紀頃に古代ローマ帝国がイギリスを襲撃し、ローマ人達はイギリスに農耕を取り入れました。 農耕を取り入れると、作物をご飯とするネズミや害虫が発生するということもあり、ネズミや害虫を駆除するためにブリティッシュショートヘアーが持ち込まれたといわれています。 1870年代には、ネズミ捕りがとても得意な猫として繁殖されるようになりました。 また、より優秀な猫を誕生させるために改良もされていきました。 1871年にはイギリスで初めてのキャットショーが開催され、ブリティッシュショートヘアーはいくつもの優秀賞を授賞しました。 そして、1890年代にようやくイギリスで公式な猫の品種に認定されました。 ブリティッシュショートヘアーは、1970年代にアメリカに持ち込まれると、瞬く間に人気がでました。 2000年代からは、東洋系の猫の品種との交配がすすめられ、様々な色合いのブリティッシュショートヘアーが誕生しています。 猫にまで食べ物がまわることが難しくなり、一時期、ブリティッシュショートヘアーは絶滅しそうになるまでの状況になりました。 そこで、「ブリティッシュショートヘアーを後世に残していきたい」というブリーダーたちの思いがあり、その結果、似ている猫の品種といわれていた長毛種の「ペルシャ」との交配がすすめられました。 ペルシャとの交配によって、ブリティッシュショートヘアーは絶滅を免れました。 ペルシャとの交配により、これまでになかった長毛種の「ブリティッシュロングヘア」や体格の違う猫が誕生しました。 今ではペルシャとの交配が行われなくなってきているので、短毛種のブリティッシュが主になっています。 5~6. 5kg、メスは3. 5~5. 5kgです。 猫の平均的な体重ですが、完全な成猫になるまで3年はかかるとされるほど、しっかりとした体格の猫です。 ブリティッシュショートヘアーは、丸く大きな顔、頬も目も丸く、鼻は短め、離れ気味の小さな耳が特徴です。 目の色は、ブルーが多いようです。 体は胸が厚く、広い肩幅、足はがっしりとしていてやや短めで足先は丸みがあります。 尻尾の長さは体の3分の2ほどの長さで、尻尾の先が丸くなっているのが特徴です。 ボディタイプは中型からやや大型のセミコビータイプです。 元々は農作物をネズミや害虫を駆除するために、イギリスで改良を繰り返されていたため、運動をするのが大好きな猫が多いです。 筋肉質な体でスタミナもあります。 運動不足になると、骨格が太いため太りやすくなります。 被毛は短く厚く密生しており、ごく細かく縮れています。 毛質の手触りはとても良く、被毛の質のよさは有名です。 毛色は、ブリティッシュショートヘアーの独特の灰色「ブリティッシュブルー」と呼ばれるほど代表的な色があります。 他にはブラック、クリームタビー、キャリコ、ブルークリーム、シルバーパッチドタビーなどがあります。 近年では、様々な異色交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだために、あらゆる色が誕生しています。 ブリティッシュショートヘアーの性格は? ブリティッシュショートヘアーは、知的で学習能力の高い性格の持ち主であるといわれています。 物静かでとても穏やかな性格をしており、賢い上に自立心が高く、無駄に鳴くことはありません。 堂々とした雰囲気をしているのがブリティッシュショートヘアーの性格の特徴です。 ネズミや害虫の駆除をするハンターとして過ごしてきている環境の影響もあり、我慢強い性格なので普段はあまり感情を見せないといわれています。 ネズミ捕りのハンターとして過ごしてきた分、おもちゃで遊ぶのがとても大好きです。 運動能力も高いのでいろんなおもちゃで遊んでくれると思います。 ハンター気質なので、おもちゃで遊ぶ時は狩りの真似をし、遊んだ後に飼い主さんに褒められることが大好きな性格をしています。 人の膝に乗るより、ソファで寝ていることのほうが好きな性格の猫です。 必要以上に触ろうとすると、猫にストレスがかかってしまうのでやめましょう。 ブリティッシュショートヘアーはとても賢く、飼い主さんの言うことをきちんと聞いてくれます。 むやみに鳴くこともないので、飼いやすい猫の性格といえます。 自立心が高いため、他の猫と比べて留守番も苦にならない性格だといわれています。 周りが騒がしいのを苦手とする性格です。 大家族で普段から常に賑やかな環境であったり、小さい子供がいる環境は好みません。 飼い主さんが住んでいる場所が騒がしい所だった場合は、ブリティッシュショートヘアーはおすすめできません。 静かな環境を好む性格の猫なので騒がしい場所では、猫にストレスがかかってしまう恐れがあります。 ブリティッシュショートヘアーの値段は? ブリティッシュショートヘアーの子猫の値段は 10万円~25万円が多いようです。 両親がチャンピオン猫でその血を引き継いでいて血統書がついている猫だと50万円の値段にもなります。 ペットの専門店コジマでの参考価格は、10万円~30万円程度となっているようです(2019年12月現在)。 基本は、子猫より成猫のほうが値段は安くなっています。 あまりにも値段が安い猫の場合は、なぜ安いのか理由を聞いたほうがいいでしょう。 ・代表的な毛色「ブリティッシュブルー」 「ブリティッシュブルー」と呼ばれる代表的な毛色のブリティッシュショートヘアーは、少々値段が高くなる傾向があります。 人気があるブリティッシュショートヘアーは、比較的入手しやすい猫の品種です。 ペットショップやブリーダーから入手しやすい値段で購入することができます。 里親探しをすれば、里親として迎えることも可能だと思われます。 ・珍しい毛色「ダイリュートキャリコ」 「ダイリュートキャリコ」と呼ばれる色味が薄くなった毛色をしている猫も高い値段がついています。 ダイリュートキャリコの毛色は、パステル三毛といわれる薄い色の毛なのが特徴で、三毛猫の中でも淡い色のポイントカラーを持った猫のことをいいます。 黒、濃いオレンジ、白とはっきりとした3色ではなく、それに白色を足して薄めたような淡いカラーリングが特徴です。 この「ダイリュートキャリコ」は日本猫の毛色にはなかった色で、海外の猫の血が入っていると思われます。 珍しい毛色のため、高い値段がつくことがあります。 ブリティッシュショートヘアーの子猫を選ぶときは、体ががっしりとしていて重量感がある子猫がおすすめです。 被毛が密生しているタイプがいいでしょう。 毛色はあらゆる色が誕生していて、その中でも人気があるのはブルーです。 ブルーを選ぶならば、毛先がシルバーではっきりとした毛並みになっている子猫がいいでしょう。 骨格が太く、体質的に太りやすいため、あまり運動をしないとすぐに太ってしまいます。 ブリティッシュショートヘアーを太らせないためには、家の中には動き回って遊べるスペースやキャットタワーなど、遊べる環境を整えましょう。 運動不足にならないように日頃から注意しましょう。 また、高齢期(7歳以上)になるとほとんど遊ばなくなるといわれています。 骨格も太く、体質的に太りやすいので、高齢期以降は運動をさせるための工夫が必要になります。 無理に触って追い詰めたりすると怒る可能性がありますので、運動不足やストレス解消にはお気に入りのおもちゃや新しいおもちゃを与えましょう。 抜け毛などが気になるときに1日1回のブラッシングをしましょう。 ブリティッシュショートヘアーの性格からして、人に体を触られるのはあまり好みません。 子猫の頃から、シャンプーやブラッシングなどを日頃からしておくと、成猫になってもブラッシングなどを嫌がることなく、手間取ることが少なくなるそうです。 そのため、「しつけは難しいのかな?」というイメージを持つかもしれません。 騒がしいのが嫌いでとてもクールですが、頭が良く飼い主さんの言うことを理解しようと「頑張り屋さん」の一面もあります。 そのため、しつけにはあまり困らない猫種と言えるでしょう。 また、抱っこは苦手としつつも、褒められることに対しては、とても喜びを感じてくれます。 褒めれば褒めるほど学習能力が高まっていく、優秀な猫ちゃんなのです。 ブリティッシュショートヘアーを褒めるときに効果的なのは、褒めながら撫でてあげること。 飼い主さんの気分次第でむやみに触られるのは嫌う傾向にありますが、「褒められる&撫でられる」のは喜ぶようです。 優しく撫でてあげてくださいね。 ただ、褒めてばかりだとしつけが成功しないでしょう。 「しつけ」は、ダメなことも教えていかなければなりません。 叱るときは、声のトーンなどで「叱る」と「褒める」を区別して、猫が分かるようにしましょう。 「飼ってみたい」と思う人も多いでしょう。 そこで悩むのが「オスとメス、どっちを飼うべき?」ということですよね。 さきほど、ブリティッシュショートヘアーの一般的な性格についてお伝えしましたが、実は「オス」と「メス」で少し違う点もあります。 基本的に自立心が高く、飼い主さんとも適度な距離を取ろうとするブリティッシュショートヘアーですが、オスは若干その傾向が薄れます。 飼い主さんに、近づこうとする様子も見られるので、少し近い距離で接することができそうです。 ただ、オスの本能的な闘争心もあり、「メスを探したい」と脱走しようとすることも少なからずあります。 一方のメスは、自立心が高めです。 飼い主さんとの距離を縮めることがなく、クールビューティーぶりを発揮することでしょう。 飼い主さんからベタベタしようとしても、シャットアウトされてしまうかもしれません。 オスはスプレー行動、メスは発情期で夜鳴きなど、性別が持つ本能で悩むことがあるでしょう。 それをおさえる意味で去勢手術や避妊手術をする飼い主さんもいます。 手術をすると、少し性格が丸くなるメリットもあります。 ただ、全身麻酔で手術をしなければならないこと、太りやすくなり肥満のリスクが増えること…と、少なからずデメリットも。 メリットやデメリットをしっかり理解したうえで、検討することが大事です。 ブリティッシュショートヘアーの寿命、気を付けたい病気は? ブリティッシュショートヘアーを飼ううえで知っておきたい寿命や病気について説明していきます。 普通の猫の平均寿命は15年ほど…と言われているため、ちょっと長寿傾向にあると考えてもいいでしょう。 遺伝疾患の有無や生活環境、飼い主さんのケアなど、生きていく環境次第で寿命は長くなったり短くなったりもします。 日頃から、「栄養のあるフードを食べさせる」「健康的でいられるように運動させる」など、食事管理や健康管理を意識し、寿命を延ばしましょう。 ・尿結石 名前からもイメージできるかもしれませんが、尿結石は「石」が腎臓や尿管、膀胱の付近にできてしまう病気です。 おしっこしたいのにうまく排出できなくなり、猫のストレスは高くなるでしょう。 尿管にできた石が引き金となり、痛みを訴えることもあります。 人間のように「痛い」と伝えることができず、「ソワソワしている」「排尿時に痛がるように鳴く」など、普段と違う行動で気づくかもしれません。 ひどくなると、おしっこが出ずに、命の危険にもつながることも…。 尿に血が混じっていたり、排尿時にいつもと違う行動をとったりなど、尿関係で気づいたことがあったら動物病院で相談してみてくださいね。 ・糖尿病 ブリティッシュショートヘアーは、糖尿病にも注意すべきと言われています。 先天性でこの病気にかかるケースもありますが、肥満やストレスなど後天的な原因によって引き起こされることもあります。 後天的な原因による糖尿病は、飼い主さんの健康管理で回避することができます。 ブリティッシュショートヘアーは、そもそも太りやすい体質なので、「適度に運動をさせる」「食事を食べさせ過ぎない」など、太らせないように注意しましょう。 糖尿病は、人と同じように猫がなってしまうことも珍しくありません。 飼っている猫が糖尿病になった時、投薬をしたり、食事の管理をしなくてはなりませんが、猫にとって投薬や好きなご飯を食べられないことはストレスにもなります。 猫が糖尿病になる原因なんなのでしょうか。 どういった症状や治療方法、予防方法があるのでしょうか。 どんな猫にも言えますが、平均的な体重よりもかなりオーバーすると、関節や体に負担が大きくなってしまいます。 骨以外にも、心臓や器官など、体の内部にまで影響が出て、病気を発症するかもしれません。 また、ストレスも病気のリスクを高めます。 一緒に遊んであげることで、「運動不足」「ストレス発散」の両面をケアできるので、日頃からコミュニケーションを取りましょう。 ただ、構いすぎると、自立心の高いブリティッシュショートヘアーにとってはストレスになることも。 適度な距離を保ちつつも、愛情を持って「体のケア」「心のケア」を心がけてくださいね。 まとめ ブリティッシュショートヘアーは、イギリスでは最も古い猫の品種で、とても長い間、人と過ごしてきた猫です。 略して「ブリショー」と呼ばれており、とても人気があります。 ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫のモデルになったともいわれています。 ブリティッシュショートヘアーは、狩りがとても上手でその名残が今でも残っています。 そのため、体を動かすことが大好きで飼い主さんと遊ぶ時間も普通の猫と比べると長くなるでしょう。 飼い主さんは遊ぶことで猫とのコミュニケーションをとれると思います。 褒められるのが大好きなので遊んだ後などには思いっきり褒めてあげましょう。 — おすすめ記事 —.

次の