フォールン オーダー クリア 後。 【スターウォーズ ジェダイ フォールンオーダー】クリア後の追加要素とできること

【スターウォーズ ジェダイ フォールンオーダー】クリア後の追加要素とできること

フォールン オーダー クリア 後

はじめに ここではスタウォーズ・ジェダイ:フォールンオーダーをクリアした感想をつらつら書いていきます。 ゲーム概要 ストーリー ジェダイの大粛清からしばらく後。 主人公カルは元パダワン(ジェダイの卵)だったが辛くも粛清を生き延び、辺境の惑星で解体工としてひっそりと暮らしていた。 だがある時、同僚を助けようとしてフォースを使ってしまい、ジェダイ粛清の実行部隊である尋問官に居場所を知られてしまう。 尋問官から必死に逃走するカル。 そんなカルの窮地を救ったのは、元ジェダイのシアと運送屋のグリーズだった。 二人はジェダイオーダー再建のため、生き残ったジェダイを探しているのだという。 逃亡生活はもう止めだと帝国への反抗を決意するカル。 オーダーを再建しジェダイを復活させるための長い戦いが始まる。 本作の特徴 ジェダイを操作する本格アクション 主人公は厳密にはジェダイではないが、 戦い方・戦闘スタイルはまさにジェダイそのもの。 ライトセーバーを駆使し、フォースで敵を翻弄しながら戦うという 映画さながらのアクションが可能となっている。 ただしフォース自体には攻撃力がなく、ダメージソースはほぼライトセーバーに集約されているため、 戦闘は接近戦がメイン。 が、一口に接近戦メインと言ってもそこはジェダイ。 襲いかかってくる敵は フォースで動きを遅くさせる、 距離を取ってくる敵は フォースで引き寄せて自分の土俵に引き込む、 銃を撃ってくる敵は セーバーで弾をはじき返して返り討ちにする、 崖際にいる敵は フォースで押して落とす、 というように 状況をコントロールする力に長けているため、 かなりオールラウンドに戦える。 スタミナはゲージこそあるがダッシュや攻撃では消費されず、ガードやパリィでのみ消費される。 そのため 行動のほとんどがスタミナに縛られることがなく快適(特に移動時)。 同様に フォースにも専用ゲージがあり、こちらも非戦闘時こそ消費しないものの戦闘では使うたび消費するため、 無闇に多用できないようになっている。 ジェダイの暗黒時代を描くストーリー 本作のストーリーはシリーズで言うと エピソード3と4の間。 粛清を生き延び、暗黒の時代を生きるジェダイ達の再起をかけた物語が展開される。 そのため 全編にわたってシリアスかつ暗い。 反逆者として帝国や賞金稼ぎから追われる傍ら、ジェダイオーダーを再建するため奔走するさまは、その後辿った歴史を考えると哀しいものがあるがそういう 知られざる戦いをジェダイ視点でしっかり描いている。 スターウォーズの世界に没入できる 本作はスターウォーズらしく惑星間を自由に行き来でき、かつ惑星1つにつき1ステージと壮大。 マップの作り込みも上々で、敵やギミックも惑星ごとの特徴が色濃く出ている。 牧歌的な惑星ボガーノ。 一部の人間以外はその存在すら知られておらず自然豊か(終盤は敵に知られる)。 おどろおどろしい惑星ダソミア。 クローン戦争で甚大な被害を受けたため住民は閉鎖的で、よそ者には容赦なく襲いかかってくる。 ウーキー(チューバッカの種族)たちが住まう惑星キャッシーク。 天然資源略奪のため帝国に侵略されており、帝国とレジスタンスの激戦地となっている。 森には人間を丸呑みにする巨大植物も。 なので単純にライトセーバーをブンブン振り回してるだけでも楽しいです。 パワーバランスも上手く練られていて、帝国兵一人が相手ならまず負けないものの囲まれると結構きつく、ボスは基本向こうが格上で良くて拮抗という具合で 強いけど無敵じゃない感じがジェダイ っぽくて スリリングでした。 特に ボス戦は感覚としてはSEKIROに近く、回避に徹するよりはパリィを狙った方が被ダメを抑えられる上攻撃チャンスも増えるとメリットも多いです。 ただパリィでスタミナを削り切っても 忍殺みたいな特殊な大技を繰り出せないのは少し残念でした。 その登場シーンもおそろしく、主人公が苦労して倒したラスボスを 用済みだと言い後ろからバッサリ斬り倒すという冷酷っぷり。 しかも実際(イベント戦扱いですが)戦うこともでき、その強さを身をもって思い知らされます。 歩く時もコトッコトッではなく ドスッドスッという禍々しさすら感じる音を鳴らして接近してくるので単純に怖かったです。 しかも戦術ガイドという敵の攻略方法が書かれたファイルがあるんですが、それのダースベイダーの項目には「 生き延びるには逃げるしかない」と書かれているというまさかの攻略放棄。 スターウォーズのレジェンドというだけあって かなり異質な扱いなのが見て取れます。 悪かった点 ハクスラ要素が薄すぎる 個人的には一番もにょるポイントでした。 本作はライトセーバー以外の武器を使えず、使えるアイテムはスティムという回復アイテムしかない上防具にいたっては概念すらなく、 装備を整えるという工程がないに等しいです。 なので敵を倒しても経験値以外何も落とさず、道中にある宝箱からは基本的に服やライトセーバーなどの見た目を変えるスキンしか出ないので、 正直ハクスラの楽しさというのがほぼありませんでした。 見つけてテンションが上がるのは、3つ集めると最大HPやフォース使用量が上がるアイテムとスティムぐらいです。 一番嬉しい瞬間 運要素や収集作業といった煩わしさがないのはいいことなんですが、 そういうのが好きな自分にとってはちょっと残念でした。 ロードが長い ゲームオーバーからリトライする時、ロードが結構長く 大体30秒近くかかります。 その間Tipsもありません。 自分が使ってるのはSSDなしのノーマルps4なのでスペック的な問題もあるのかもしれませんが・・・。 また、エレベーターなどでエリアからエリアへ移動する時、高確率で 5秒程度のロードが入り、その間操作キャラが固まるのも気になりました。 やっぱProだと違うんですかね・・・。 おわりに 細かい部分での不満はありますが、 スターウォーズファンならやって損はない作品です。 難易度設定もかなり良心的でVery EasyからHardまで4段階あるため、アクションが苦手という方でも問題ありません。 自分はノーマルでやりましたが結構サクサク進み、 クリア時間はそこそこ探索して30時間弱ぐらいでした。 感想でも書きましたがプレイ感覚はSEKIROに近いので(特にボス戦)、SEKIROが好きな方は肌に合うかもしれません。

次の

ジェダイ・フォールン・オーダー: スキルツリーのお勧めスキル

フォールン オーダー クリア 後

ご覧いただきありがとうございます。 ビービーです。 「STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー」 スターウォーズファンの自分がプレイしても十分に楽しめる内容のゲームでした。 ストーリーはあってないようなもの(ってかない... )でしたが、ライトセーバーを操る主人公カルのジェダイっぽい動きや効果音、そしてスターウォーズらしい音楽に、最後まで楽しみながらプレイすることが出来たと思います。 マップの複雑さや謎解きの難しさが若干ゲームのテンポを悪くしているようにも感じましたが、総合的には満足な出来です。 そして今回も無事にプラチナトロフィーを獲得(トロコン)出来たので、各トロフィーに関する攻略情報をまとめておきます。 トロフィー攻略の参考になれば幸いです。 STAR WARS ジェダイ:フォールン・オーダー プラチナ:新たなる希望 すべてのトロフィーを獲得する 解説 本作ではゲーム開始時に難易度の選択が出来るのですが(プレイ中、ゲームメニューでいつでも変更可能)、難易度の違いによって獲得が出来ないトロフィーなどは一切ありません。 そのため、特にこだわりがない限り最も易しい難易度である「ストーリーモード」でトロフィー攻略するのが一番効率が良いでしょう。 (もちろん難易度は易しいですが、戦闘は問題なく楽しめます) また、時限トロフィー(所謂、取り逃すとその周回では獲得出来なくなるトロフィー)も一切ないので、初見プレイ時はトロフィーを気にせず純粋にゲームを楽しむことが出来ます。 収集系のトロフィーもそれほど大変なものはなく、特定の行動を繰り返す作業系のトロフィーも気がつけば獲得出来ているくらいの易しいものになっています。 プラチナトロフィーの獲得難易度としては非常に簡単な部類に入るでしょう。 ブロンズ:蹴り返せ 蹴ってきたフィラックを蹴り返す 解説 【必須スキル】回避キック 惑星ゼフォに生息するフィラックに蹴り飛ばされた後、蹴り返すことでトロフィーを獲得出来ます。 まずはフィラックと一対一の状況をつくるため、周りの敵は一掃しておきましょう。 一掃し終わったら次にフィラックの蹴り飛ばし攻撃を誘います。 フィラックの蹴り飛ばし攻撃はフィラックの背後に回ることで誘うことが出来ます。 フィラックの周りをグルグルと回っていてもなかなか背後は取れないので、一度フィラックの正面で突進攻撃を誘い、回避行動で躱してから背後を取るのがおすすめです。 フィラックの両後ろ足での蹴り飛ばし攻撃を受けた後、こちらもスキル「回避キック」で蹴り返せばトロフィー獲得です。 ゴールド:コレクター ゴールド:すべてのアイテムボックスとシークレットを集める 解説 各惑星に存在するアイテムボックスとシークレットをすべて集めることでトロフィーを獲得出来ます。 (最終決戦の場、惑星ナーにはアイテムボックス、シークレットは存在しないので、最終決戦前にトロフィーの獲得が可能です) アイテムボックス、シークレットの中には「非常にわかりづらい場所にあるもの」や「仕掛けを上手く利用する必要があるもの」など、簡単には辿り着けないものもいくつか存在します。 また、アイテムボックス、シークレットの隠し場所によっては必要なアビリティが解禁されていないと辿り着くことが不可能なものもあり、何度も探索するにはマップも広いので、カルがすべてのアビリティを取り戻した後(ジェダイフリップ解禁後)に各惑星を探索するのが良いでしょう。 いくら探しても見つからない時は、とりあえず「頭上に行けそうな場所がないかよく確認する」「行けそうな場所で、まだマップに表示されていないところがないか確認する」「見渡しの良い高い場所でアイテムボックスやシークレットを探す」などしてみてください。 自分の記憶では、わかりづらい場所のほとんどが高い位置にあったような気がします。 シルバー:伝説の獣 4体の謎めいた生物を倒す 解説 各惑星に存在する隠しボス計4体を倒すことでトロフィーを獲得出来ます。 ゴールド:フォースを感じよ すべてのジェダイ・スキルをアンロックする 解説 各惑星のアイテムボックス、シークレットを探索する過程で遭遇する敵を都度倒していれば、自然とすべてのスキルを解放出来るだけのスキルポイントを獲得出来ます。 自分の場合、各惑星の探索時、敵の復活が煩わしかったので休息せずに探索(最低限の戦闘のみで進行)していましたが、ストーリークリア時には3ポイントほどスキルポイントが余っている状態でした。 (難易度:ストーリーモード) シルバー:はるかかなたの銀河系 BD-1のホロマップをすべて完成させる 解説 ほとんどの場合、各惑星のアイテムボックス、シークレットをすべて回収する過程でトロフィーを獲得出来ると思います。 (最終決戦の場、惑星ナーはホロマップの条件に含まれていないので、最終決戦前にトロフィーの獲得が可能です) ゴールド:フォースだけを信じろ ストーリーを完了する 解説 ストーリーをクリアすることでトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:マンティス 船の仲間に加わる 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:遠い昔 ボガーノの宝物庫を見つける 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:障害こそが道となる エイルラムの霊廟をクリアする 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:すべては繋がっている ミクトレルの霊廟をクリアする 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:待ち受けるホロクロン 宝物庫を開ける 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:ウーキーに自由を 帝国に囚われたウーキーたちを解放する 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 シルバー:その名はマサナ・タイド ナインス・シスターを倒す 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:オルデランの地を求めて 墜落したヴェネターを探索する 解説 惑星ゼフォにある墜落したヴェネターを探索し、船内を抜ければトロフィーを獲得出来ます。 ストーリークリアを目指す上で探索が必須な場所ではありませんが、すべてのアイテムボックス、シークレットを回収するためには訪れる必要のある場所です。 シルバー:落ちしゴルガラ ダソミアの翼ある悪魔を倒す 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:文明的な武器 自分のライトセーバーを作る 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 シルバー:これでよかった かつてのジェダイ・マスターを倒す 解説 ストーリークリアの過程でトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:お返しだ ブラスター弾を反射して敵を50体倒す 解説 普段からブラスター弾を反射して敵を倒すよう意識していれば、割とストーリーの早い段階でトロフィーを獲得出来ます。 ストームトルーパーは射撃前に必ず構える動作を行うので、構え終わったらボタンを押すくらいのタイミングでガードをすると上手く反射出来ます。 スカウト・トルーパーが頻繁にしてくる振りかぶっての横殴り攻撃はタメも長く見切りやすいので狙い目です。 ブロンズ:キックオフ 蹴りのみで敵を倒す 解説 【必須スキル】回避キック 敵1体をスキル「回避キック」の蹴りのみで倒すとトロフィーを獲得出来ます。 体力が少なく攻撃も見切りやすい敵(ストームトルーパーかな... )を狙えば、それほど苦労なく獲得出来ると思います。 何度か繰り返し挑戦することになるかもしれませんが、続けていれば必ず獲得出来るはずです。 繰り返し挑戦することが苦にならないよう瞑想ポイント(休息してすぐに敵を復活させられる)の近くで挑戦するのが良いでしょう。 ブロンズ:回りまわって... スロウを受けた敵自身のブラスター弾で敵を倒す 解説 【必須アビリティ】プル スロウをかけた敵が放ったブラスター弾に、その敵をすぐさまプルすることで敵自身が放ったブラスター弾に追いつかせて(ヒットさせて)倒すことでトロフィーを獲得出来ます。 まずスロウはストームトルーパーがブラスターを構える動作を取った後(ブラスター弾が放たれる直前)にかけます。 その後ストームトルーパーがブラスター弾を放ち、放ったブラスター弾がゆっくりと進む細長く赤白い線で表示されます。 ブラスター弾の表示を確認したらすぐさまプルを行いましょう。 するとブラスターを放ったストームトルーパーが引き寄せられ勝手にブラスター弾にヒットして倒れます。 説明は若干ややこしいですが、実際にやってみるとそこまで難しくはないので気軽に挑戦してみてください。 )を利用して敵を倒すか、惑星キャッシークに生息するフレイム・ビートルを利用して敵を倒す(計20体)ことでトロフィーを獲得出来ます。 どちらも対象(爆弾もしくはフレイム・ビートル)をプルで引き寄せてから敵に向けてプッシュしぶつけて倒すことで撃破数を稼ぎます。 おすすめの獲得方法は断然後者です。 惑星キャッシークを攻略中にフレイム・ビートルは数多く現れるので、発見したら都度引き寄せてぶつけるを繰り返していればそのうち獲得出来ると思います。 ブロンズ:BD-1を怒らせるな ハックしたドロイドで敵を倒す 解説 【必須アビリティ(BD-1)】ハック:偵察ドロイド もしくは ハック:セキュリティ・ドロイド BD-1に偵察ドロイドもしくはセキュリティ・ドロイドをハックさせ、ハックしたドロイドが敵を倒せばトロフィーを獲得出来ます。 ストームトルーパーやスカウト・トルーパーのいる場所で先に対象のドロイドをハックし、自分はガードに専念していればすぐにトロフィーを獲得出来ると思います。 シルバー:かすりもしない ジャスト回避を100回決める 解説 【必須スキル】ジャスト回避 敵の攻撃をヒット直前に躱すことで発生するジャスト回避(見た目一瞬スロウになる)を100回決めるとトロフィーを獲得出来ます。 消費したフォースの回復も出来るのでタイミングさえつかめれば意外に便利なスキルです。 敵の攻撃を極力見切って、躱すときには常にジャスト回避を狙えれば理想的なのですが、実際にはなかなか難しいです。 簡単な獲得方法としてはスカウト・トルーパーと一対一の状態にして、頻繁にしてくる振りかぶっての横殴り攻撃(左右1回づつ)をトロフィー獲得まで躱し続けるのがおすすめです。 「倒した感」はないですが、状況によっては崖下に敵を落としてしまうのは非常に有効な戦法です。 特に真面目に相手をすると少々厄介な強めのトルーパーや賞金稼ぎに対して猛威を振るいます。 ハウリング・プッシュを習得してしまえばタイマンでも複数いても関係なしに崖際にいる敵を一掃出来てしまうので、普段からそういった状況があればどんどん狙ってみてください。 少し意識して狙っていればすぐにトロフィーを獲得出来ると思います。 ブロンズ:あわてるな 強化スロウの効果を受けている敵を25体倒す 解説 【必須スキル】バースト・スロウ(パワー・スロウでも獲得出来るかは未検証) 強化スロウ(バースト・スロウ)の効果を受けている敵を25体倒すとトロフィーを獲得出来ます。 バースト・スロウは発生までに結構大きな隙があるので、敵と接近し過ぎないよう間合いには気をつけて行いましょう。 一気にトロフィー獲得まで狙う場合は何度も繰り返し挑戦することになるので、瞑想ポイント(休息してすぐに敵を復活させられる)の近くで挑戦すると良いでしょう。 ブロンズ:バンクショット 敵を他の敵に衝突させて倒す 解説 【必須アビリティ】プッシュ 【有用アビリティ】プル 敵が直線状に並んでいるところや密集しているところに向かってプッシュ、もしくは敵を一度プルして引き寄せた後にプッシュし、他の敵に衝突させて倒せればトロフィーを獲得出来ます。 プルで引き寄せられる敵を利用すれば簡単に衝突を狙えるので、獲得タイミングにこだわりがなければプルを覚えてから挑戦すると楽です。 体力が多めの敵(画像はウィーショック)に、ライトセーバー(通常のシングルブレード)で1発攻撃、ダブルブレード・ライトセーバーで1発攻撃、スプリット・セーバーで1発攻撃を当てればいいだけです。 ブロンズ:何か言ってみろ オグドの舌を切り裂く 解説 【必須アビリティ】プル オグドに対してプルを行い、出てきた舌をライトセーバーで攻撃するとトロフィーを獲得出来ます。 一撃必殺かと思いきや、オグドはその後も普通に襲ってきますのでご注意を。 笑 シルバー:医療ドロイド BD-1のスティム・キャニスターをすべて集める 解説 隠されたスティム・キャニスターをすべて集めることでトロフィーを獲得出来ます。 (最終決戦の場、惑星ナーに隠されたスティム・キャニスターは存在しないので、最終決戦前にトロフィーの獲得が可能です) トロフィー「コレクター」と解説が重複してしまいますが、隠されたスティム・キャニスターの中には「非常にわかりづらい場所にあるもの」や「仕掛けを上手く利用する必要があるもの」など、簡単には辿り着けないものもいくつか存在します。 また、トロフィー「コレクター」と同様に、隠し場所によっては必要なアビリティが解禁されていないと辿り着くことが不可能なものもあり、何度も探索するにはマップも広いので、カルがすべてのアビリティを取り戻した後(ジェダイフリップ解禁後)に各惑星を探索するのが良いでしょう。 いくら探しても見つからない時は、とりあえず「頭上に行けそうな場所がないかよく確認する」「行けそうな場所で、まだマップに表示されていないところがないか確認する」「見渡しの良い高い場所で黄色いボックス(スティム・キャニスターのボックス)を探す」などしてみてください。 自分の記憶では、わかりづらい場所のほとんどが高い位置にあったような気がします。 シルバー:園芸師 テラリウムのすべての植物を最大まで成長させる 解説 10種類の隠れた植物を集め、すべての植物が最大まで成長する(植物は何もしなくても自然と成長する)とトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:フルハウス マンティスの仲間を全員集める 解説 【必須アビリティ】プッシュ ダソミアの「ナイトシスター・メリン」と、ボガーノにいる「ボグリング」を仲間にすることでトロフィーを獲得出来ます。 「ナイトシスター・メリン」はストーリー上必ず仲間になるので、実質「ボグリング」を仲間に出来ればOKです。 「ボグリング」は惑星ボガーノに到着後、船が着陸したエリアの地下(船を出て右斜め前方5mくらいのところに地下へ続く道がある)に向かい、降りたところにあるボグリングの隠れている壁をプッシュで破壊すると仲間にすることが出来ます。 ブロンズ:データディスク BD-1の暗号化された記録をすべて見つける 解説 詳しい獲得条件がよくわかりませんが、おそらくイーノ・コルドヴァが残したすべてのメッセージを見つけることがトロフィー獲得の条件だと思います。 イーノ・コルドヴァが滞在していたと思われるボガーノの住まいを念入りに調査しましょう。 ブロンズ:セーバースミス ライトセーバーをフルカスタマイズする 解説 ライトセーバーのカスタマイズ可能な箇所すべてを1回以上変更するとトロフィーを獲得出来ます。 ブロンズ:メーク完了 カル、BD-1、マンティスの見た目をカスタマイズする 解説 カル、BD-1、マンティスの見た目をそれぞれ1回以上変更するとトロフィーを獲得出来ます。 シルバー:データ収集者 全種類の敵をスキャンする 解説 遭遇した敵を初めて倒した時に出来るスキャンを徹底していれば、ダース・ベイダーと遭遇した後にトロフィーを獲得出来ます。 敵をプッシュして崖下に落としてばかりいると、意外とスキャン出来ていない敵がいるかもしれないので、初めて見るような敵とはしっかり戦って、撃破後のスキャンを徹底した方が良いかもしれません。 シルバー:ありとあらゆる悪党ども 全種類の賞金稼ぎを倒す 解説 遭遇した賞金稼ぎを都度倒していれば、おそらくストーリークリアの過程で自然とトロフィーを獲得出来ていると思います。 ブロンズ:エコー探査 フォース・エコーを75個見つける 解説 フォース・エコーの全数に対してかなり少ない数です。 道中で簡単に見つけられるフォース・エコーを調べるだけでも、ストーリークリア前にはトロフィーを獲得出来ていると思います。 コメントありがとうございます。 返信が遅れてしまいすみません。 ホロマップのトロフィーですが、自分もほとんどの場合、ゆーさんの仰るように収集物をすべて回収する過程で獲得出来ると思っていました。 その他、エリアとしてはすべて探索済みでも"ショートカット"をすべて繋げていないなども、もしかしたら関係しているかもしれません。 ハッキリとした原因がわからずお役に立てなくて申し訳ないです。 自分もこのゲームやっていて何度もバグかと思ったことがありましたが、念入りに調べるとちゃんと抜け道があったりしたので、諦めずに頑張ってみてください!.

次の

クリア後について

フォールン オーダー クリア 後

はじめに ここではスタウォーズ・ジェダイ:フォールンオーダーをクリアした感想をつらつら書いていきます。 ゲーム概要 ストーリー ジェダイの大粛清からしばらく後。 主人公カルは元パダワン(ジェダイの卵)だったが辛くも粛清を生き延び、辺境の惑星で解体工としてひっそりと暮らしていた。 だがある時、同僚を助けようとしてフォースを使ってしまい、ジェダイ粛清の実行部隊である尋問官に居場所を知られてしまう。 尋問官から必死に逃走するカル。 そんなカルの窮地を救ったのは、元ジェダイのシアと運送屋のグリーズだった。 二人はジェダイオーダー再建のため、生き残ったジェダイを探しているのだという。 逃亡生活はもう止めだと帝国への反抗を決意するカル。 オーダーを再建しジェダイを復活させるための長い戦いが始まる。 本作の特徴 ジェダイを操作する本格アクション 主人公は厳密にはジェダイではないが、 戦い方・戦闘スタイルはまさにジェダイそのもの。 ライトセーバーを駆使し、フォースで敵を翻弄しながら戦うという 映画さながらのアクションが可能となっている。 ただしフォース自体には攻撃力がなく、ダメージソースはほぼライトセーバーに集約されているため、 戦闘は接近戦がメイン。 が、一口に接近戦メインと言ってもそこはジェダイ。 襲いかかってくる敵は フォースで動きを遅くさせる、 距離を取ってくる敵は フォースで引き寄せて自分の土俵に引き込む、 銃を撃ってくる敵は セーバーで弾をはじき返して返り討ちにする、 崖際にいる敵は フォースで押して落とす、 というように 状況をコントロールする力に長けているため、 かなりオールラウンドに戦える。 スタミナはゲージこそあるがダッシュや攻撃では消費されず、ガードやパリィでのみ消費される。 そのため 行動のほとんどがスタミナに縛られることがなく快適(特に移動時)。 同様に フォースにも専用ゲージがあり、こちらも非戦闘時こそ消費しないものの戦闘では使うたび消費するため、 無闇に多用できないようになっている。 ジェダイの暗黒時代を描くストーリー 本作のストーリーはシリーズで言うと エピソード3と4の間。 粛清を生き延び、暗黒の時代を生きるジェダイ達の再起をかけた物語が展開される。 そのため 全編にわたってシリアスかつ暗い。 反逆者として帝国や賞金稼ぎから追われる傍ら、ジェダイオーダーを再建するため奔走するさまは、その後辿った歴史を考えると哀しいものがあるがそういう 知られざる戦いをジェダイ視点でしっかり描いている。 スターウォーズの世界に没入できる 本作はスターウォーズらしく惑星間を自由に行き来でき、かつ惑星1つにつき1ステージと壮大。 マップの作り込みも上々で、敵やギミックも惑星ごとの特徴が色濃く出ている。 牧歌的な惑星ボガーノ。 一部の人間以外はその存在すら知られておらず自然豊か(終盤は敵に知られる)。 おどろおどろしい惑星ダソミア。 クローン戦争で甚大な被害を受けたため住民は閉鎖的で、よそ者には容赦なく襲いかかってくる。 ウーキー(チューバッカの種族)たちが住まう惑星キャッシーク。 天然資源略奪のため帝国に侵略されており、帝国とレジスタンスの激戦地となっている。 森には人間を丸呑みにする巨大植物も。 なので単純にライトセーバーをブンブン振り回してるだけでも楽しいです。 パワーバランスも上手く練られていて、帝国兵一人が相手ならまず負けないものの囲まれると結構きつく、ボスは基本向こうが格上で良くて拮抗という具合で 強いけど無敵じゃない感じがジェダイ っぽくて スリリングでした。 特に ボス戦は感覚としてはSEKIROに近く、回避に徹するよりはパリィを狙った方が被ダメを抑えられる上攻撃チャンスも増えるとメリットも多いです。 ただパリィでスタミナを削り切っても 忍殺みたいな特殊な大技を繰り出せないのは少し残念でした。 その登場シーンもおそろしく、主人公が苦労して倒したラスボスを 用済みだと言い後ろからバッサリ斬り倒すという冷酷っぷり。 しかも実際(イベント戦扱いですが)戦うこともでき、その強さを身をもって思い知らされます。 歩く時もコトッコトッではなく ドスッドスッという禍々しさすら感じる音を鳴らして接近してくるので単純に怖かったです。 しかも戦術ガイドという敵の攻略方法が書かれたファイルがあるんですが、それのダースベイダーの項目には「 生き延びるには逃げるしかない」と書かれているというまさかの攻略放棄。 スターウォーズのレジェンドというだけあって かなり異質な扱いなのが見て取れます。 悪かった点 ハクスラ要素が薄すぎる 個人的には一番もにょるポイントでした。 本作はライトセーバー以外の武器を使えず、使えるアイテムはスティムという回復アイテムしかない上防具にいたっては概念すらなく、 装備を整えるという工程がないに等しいです。 なので敵を倒しても経験値以外何も落とさず、道中にある宝箱からは基本的に服やライトセーバーなどの見た目を変えるスキンしか出ないので、 正直ハクスラの楽しさというのがほぼありませんでした。 見つけてテンションが上がるのは、3つ集めると最大HPやフォース使用量が上がるアイテムとスティムぐらいです。 一番嬉しい瞬間 運要素や収集作業といった煩わしさがないのはいいことなんですが、 そういうのが好きな自分にとってはちょっと残念でした。 ロードが長い ゲームオーバーからリトライする時、ロードが結構長く 大体30秒近くかかります。 その間Tipsもありません。 自分が使ってるのはSSDなしのノーマルps4なのでスペック的な問題もあるのかもしれませんが・・・。 また、エレベーターなどでエリアからエリアへ移動する時、高確率で 5秒程度のロードが入り、その間操作キャラが固まるのも気になりました。 やっぱProだと違うんですかね・・・。 おわりに 細かい部分での不満はありますが、 スターウォーズファンならやって損はない作品です。 難易度設定もかなり良心的でVery EasyからHardまで4段階あるため、アクションが苦手という方でも問題ありません。 自分はノーマルでやりましたが結構サクサク進み、 クリア時間はそこそこ探索して30時間弱ぐらいでした。 感想でも書きましたがプレイ感覚はSEKIROに近いので(特にボス戦)、SEKIROが好きな方は肌に合うかもしれません。

次の